赤泊地区新保の沖合1-2マイル付近に仕掛けられた定置網漁業を営む新保定置網組合様の職場を本日訪問しました。

今シーズンは2月に網入れをし、3月頃から漁を開始され、予定では7-8月頃までの期間操業されるそうです。従業員は12名おられ、土曜日が半網、その他月2回ほどの休漁以外は毎日出漁だそうで、大変なお仕事です。我々消費者の為に、有難うございます。

網の規模は本網(大謀型と思われる)が2つで身網の長さおおよそ100m(目測)同幅50m(目測)位と落とし網が2つだそうです。通常、朝は落とし網を揚げ、午後は本網を起こすそうで、今朝は落とし網でイナダ中心、午後は本網でコウグリ(ウマズラハギ)中心でした。これからコダイのシーズンを迎えると、網を徐々に起こしていくと一挙に海面に紅の花が咲いた様に水中から真っ赤なタイが一斉に現れ、とても綺麗だそうです。その頃、またお邪魔したいと思います。本日はお世話になりました。<m(__)m>

DSC05761
DSC05778
DSC05777
DSC05796
DSC05797