真野商工会の真野まつり振興会からお誘いがあり、ハッタンぼんぼり作りに
参加しました。

ハッタンとは、昔田植えの際に苗を植える目印をつけるために使用されてい
た農機具だそうです。このハッタンの骨組みに紙を貼り、思い思いに絵を描
きぼんぼりとしたものです。

十年ほど前、真野商工会の有志や地元の小中学生が作り始め色々なイベント
で展示されておりますが、特に春の真野公園桜まつりでは夜桜に添えてライ
トアップされ名物となっております。

ハッタンぼんぼりは現在120基ほどありますが、汚れたり破れたりするの
で2~3年で更新しなければなりません。
今回、夏まつりに合わせ20基ほど1週間かけて更新しました。

年々作る人が少なくなり時には2~3名しか集まらずに存亡の危機を向えて
いたとのことでしたが、飲食店のマスターでもある振興会長が、私を含め飲
食店に集まる客たちに声を掛けてくれたおかげで毎晩10人以上が集まり賑
やかな活動になりました。

実は、何をやるのかも良く分からずに真野商工会館を伺ったのですが、真っ
白な紙を貼ったハッタンに何でも良いから絵を描いてくれとのこと。
高校以来絵の具で絵など描いたこともないので、下書きもしないでさっさと
描きあげてゆく回りの人達を見てビビッてしまいました。

DSC00705

とうとう初日は筆が動かずハッタンに紙を貼る作業だけで終了。

一日図案を考え作業開始。
始めは六角柱にうまく円が描けずにちょっとスイカが歪んでしまったり、絵
の具が滲んでしまったりと苦戦しましたが、ビールが入ってだんだん調子が
出てきました。

DSC00698-1

絵を描かない人は描きあがったハッタンに雨除けのビニールを貼ったり、ビ
ールを飲みながらただ冷かしていたりと和気アイアイで進められました。

DSC00701

私の力作!! 名付けて「西三川フルーツパラダイス」です。
年と顔に似合わずだいぶ漫画チックになってしまいました。

DSC00710-1

頭の中ではもっと色々描いてみたいと思っていたのですが、いかんせん絵描
きの腕がついてゆきません、ともかくも一つは完成できてホッとしました。
夏まつりでお披露目されるのが楽しみです
回りからはおだてられて次回は3基描いてもらうと言われてしまいました。

最終日にはほんぼりを点灯した中で乾杯。
商店街のプロの料理に混じって婦人達も自慢の料理を持ち寄り大宴会となり
ました。

DSC00714

絵の達者な人達だけでなく、誰もが楽しみながら作り上げるものです。次回
はもっと多くの人達が参加できるよう協力したいと思います。
(そうすれば3基も描かずにすむかな。。)