佐渡の初夏を彩るカンゾウ。
ドンピシャで見ごろを迎えた昨日、第36回カンゾウ祭りが開かれました。
先週からスタートしたカンゾウウィーク、天気にも恵まれ
締めくくりのカンゾウ祭りはまぶしいくらいの青空。
風も穏やかで絶好の祭り日和となりました。



カンゾウ祭りに協賛してくださったみなさま。有難うございます!



内海府小学校のマーチングでカンゾウ祭りがスタート。
カンゾウ色の帽子と上着、日本海の青のパンツ。組み合わせが可愛い♪



内海府中学校は伝統の海府太鼓を。大勢のお客様の前で披露。





ステージには佐渡島内から多くの団体が参加してくださいました。
佐渡の伝統芸能から、創作芸能、フラダンスとバラエティ豊かなラインナップ。



もちろん鬼太鼓もありました。
鷲崎からは「子供鬼太鼓」も参加し、堂々とした踊りに拍手喝采。



ふるさと屋台も大忙し。取れたての新鮮な魚を目の前で焼き上げます。
漂ってくる匂いにたまらずついつい買いすぎてしまう人も!?

おかげさまで今年のカンゾウ祭りも大盛況のうちに終了。
なんと当日だけで1万人以上の来場者があったそうです。

今回、準備段階から参加させていただいたおかげで、大野亀やカンゾウのこと
そして環境を守る様々な活動についていろいろと知ることができました。

当日も多くのお客様がカンゾウの花に魅入っていたり、ステージを楽しんでいる
姿を見るたびに、こちらまで嬉しく幸せな気持ちになりました。

終了後は心地よい疲労と少しだけ寂しい思いが。
もうちょっと楽しんでいたかったなぁ。。。

でも・・・



本日も大野亀にたくさんの観光客の方がいらっしゃっています。
カンゾウの見ごろもまだ続きます。

来年のカンゾウ祭りも、さらにパワーアップしてたくさんのお客様をお迎えしたい
今からもうやる気全開です(笑)。

ご来場いただきましたみなさま、有難うございました!