第二回サロンじんのびを開催しました。

今回は、物づくり。



色々な布を並べて、組み合わせていきます。
2つ3つ4つ。
チクチク縫い合わせて出来たのは、



お手玉。

手芸が得意な方がたくさんいるけど、家で1人でやる
ことが多い。でも、1人よりはちょっとお喋りしなが
ら、誰かに喜んでもらったり、使ってもらえるものを
作りたいとのことから、サロンでみんなでお手玉を作
って近隣の保育園にプレゼントすることに。

参加した男性の中には、40,50年振りに針を使ったと
いう人も。
 
出来上がったお手玉をみると、なんだか人柄がでてい
て、面白い。1つ1つが愛らしく見えます。

これをもって、保育園で子ども達と作った方々とで遊
べたらいいなーっと思います。

「昔はPTAで紅白玉いれの玉を縫ったな。」
「まだ、倉庫の中にあるね。」
「夏祭りで組対抗の玉いれでもしてみるか。」
「いやいやいや、そんなら練習せにゃ。」

なんてお喋りも。



このサロンの場が、集落の方々にとってどんな場所
になるのか。

無理せず、行きたい時に来てくれればいいのです。
覗いてみようかな、楽しそうだなと、ちょこっと
思ってもらえたらいいのです。


去年もサロンの日は、お天気でした。
気楽にのんびり、暖かい気持ちでいつもサロンを開催
したいと思います。

お喋りは元気の源。

岩首地区 新田