今日は和名:イトヒキヒメです。ヒメの仲間は暖かい暖流域に棲息する
そうで、九州方面でも太平洋側にしか見られない様です。小型の別種は
外海府、姫津にある新潟大学臨海研究所で捕獲されている様ですが、
本種に付いては不明です。こうして、越佐海峡に面した赤泊水域で本種が
確認されるのは稀な事例なのかもしれません。寒流に住む魚もいれば南洋
に見られる本種などが漁獲される佐渡の水域は本当に魚にとっても住みや
すい海域なのかもしれません。不思議ですね。

AKD kame