小木地域では9月29日の沢崎祭りを皮切りに、11月の下旬まで集落ごとに祭りが行われます。

祭りでは獅子や鬼太鼓が門づけに回りますが、中には人手不足でそれらを出せなくなったところもあります。それでも祭りの日には神社にのぼりを立てて、各家で親類やお客さんを呼んでお酒や料理を振舞う「祭り」を行います。 

私は祭りの料理が大好きです。
祭りの料理というとだいたい「これ」といった定番の品があり、味付けや具材で家の個性が出ます。また、量が半端じゃない!これを家の女性がほぼ手作りします。その豪勢さたるや…いつも残さず食べようと、つい食べ過ぎてしまいます。

ある日の祭りの食卓をのぞいてみましょう♪

IMG_2536


IMG_2540
「いもこ」?佐渡で初めて食べました。これは煮物。
※「むかご」のことをこう呼ぶそうです。(11/17追記)

IMG_2541
「いごねり」いご(えご)草 から手作りしています。生姜とお醤油が合います。

IMG_2542
 「身欠きニシン」祭りでよく見る料理です。少し甘みがあってやわらかい。

IMG_2544
「カマスの煮物」こちらも定番。焼いてから煮るのが特徴です。

IMG_2545
「煮しめ」必ず出てくる料理。私は出汁が染みこんだ豆腐が好きです。

IMG_2546
「昆布巻き」中身は家によって色々。魚やお肉やゴボウなど。

IMG_2548
大事な脇役!お漬物。

IMG_2550
スミイカ(アオリイカ)、サザエはお刺身で。さばくのは漁師のお父さんの仕事。

IMG_2547
「おけさ柿」季節ですね。

IMG_2549
 「いちじく」小木のいちじく「小木ビオレ」もとってもおいしいです。

IMG_2553
「草餅」手作り。やわらかくて甘くて、とろけます。


最後はオリ(タッパー)に料理を入れて、一人だからと、お土産をたくさん頂きます。

佐渡の家庭で頂く料理は普段からおいしいものばかり。それでもこんな特別な機会に呼んでいただけると嬉しさも相まってより一層おいしく感じます。

「ええ祭りになりました。」
感謝の気持ちを込めて、来年の祭りを楽しみに待ちましょう。