今年も西三川のりんごオーナー園で収穫祭が行われました。
この日を界に1カ月ほど農園を解放して、オーナー自身が自由に収穫することができます。

DSC00930

昨年は知人のおすそ分けに預かり収穫の体験をさせて戴きましたが、今年ははれてオーナーの一員として存分収穫することができました。

DSC00929
DSC00911

オープニングはオーナー園園長の挨拶。
今年佐渡では長雨や台風の影響もなく、リンゴの出来は近年になく良いとのことです。

DSC00913

大きな木ではまだ色づきも少なめですが、これから12月の始めまで徐々に甘味がましてきます。

DSC00932

私の木はわい小化栽培で、日当りが良いせいか皆真っ赤に色づいていました。

DSC00940

でも色気に騙されてはいけません。
リンゴのおしりが黄色く色づいたのが甘くなった証拠。

DSC00937

下の写真のように十分赤くてもおしりが黄色くないものはまだまだすっぱいので、もう少し置いておきましょう。

DSC00939

農作業は収穫しか手伝わない私の奥さんも上機嫌です。
まだまだ早いと言っているのに、次々ともぎ取ってしまいました。

DSC00914

私もたまらずその場でかじりつきます。
ん~~、十分甘い!!

DSC00917

収穫の後は果樹組合の出荷倉庫で懇親会。
今年は天気も良く大勢の人が来て下さり、女性スタッフの皆さんが用意した料理を食べながら、楽し一日を過ごすことが出来ました。
収穫で忙しい時期にもかかわらず、どうもありがとうございました。

DSC00918

オーナー園は果樹組合の有志が利益を度返しして行っている消費者との交流の場です。皆さんも自分のリンゴをもぎ取ってかじる醍醐味を味わってみませんか?

オーナーは一年契約ですが、来年も是非続けたいと思います。