今回水揚げされた珍魚は専門家の同定結果、和名「ハナビラウオ」だそうです。外見上は日本海でも頻繁に漁獲される「メダイ」の様ですが、黒っぽく、スレンダーな体系です。口は柔らかく、両顎と口腔内には歯は見当たりません、口の中はノドグロより真っ黒でした。

漁獲した船主さんから「この魚は食えんぞ!」と貴重なアドバイスを頂きました。
どうも魚肉に毒があるようです(珍魚イーター汗)・・・(^^;)

分布は近縁のメダイと同じく釧路以南の日本各地である為、当水域での出現は珍しくありませんが、成魚での捕獲例は国内でも稀な様です。

因みに、名前の由来は幼魚の形状が花びらに似ている為だそうで、稚魚の時代は表層を漂うクラゲなどの下について育つそうです。近縁のメダイの場合、日本海側では、九州方面で生まれた稚魚は、この様にクラゲの下や流れ藻を生育場として対馬暖流に乗って成長しながら日本海を北上し、北海道近海で30cm程に成長すると水深100m前後の深場へ移動し、反転して生まれ故郷へ南下する様です。

また、関連資料を調べている中で、メダイが近年、日本海での漁獲量が増加傾向にあるとの報告が島根県からみられました。今後、佐渡水域でもメダイ漁を期待したいところです。

新栄丸さん、いつも珍魚の提供、ありがとうございます。m(__)m

DSC01175
DSC01178 (1)
DSC01177