お待ちかね()、「おすすめスポット」第3弾です!

1弾(1214日)では群れなすお地蔵様を紹介しましたが、今回は佐渡の大地にすっくと立つ仏像・銅像を取り上げたいと思います。

「奈良・東大寺の大仏」「鎌倉・高徳院の大仏」をはじめ、「牛久大仏(茨城)」「東京湾観音(千葉)」にも負けない(はず)その威容、来島の際は、ぜひとも拝んでみてください。



【幸福地蔵】(宿根木)
[解説]
昭和57年に地蔵尊像建立の大願を起こし、翌58年に完成した仏像。17.5mの高さを誇り、白く気品に満ちたその姿は十上山の深い緑に映えます。両手を合わせ、慈愛に満ちたやさしい御尊顔で、名前の通り幸福を運んでくれそうです。

015

小木から宿根木へと車を走らせると、右手に見えてきます。場所は「花の木」さんのすぐ裏手。山々を背に立つ真っ白な姿は、一幅の絵のよう。失礼ですが、どことなく愛らしくもあり、思わず手を合わせてしまいました。

[アクセス]

・小木港より車で約8分。

・宿根木線「宿根木新田」バス停より徒歩約2分。






【佐渡日蓮聖人大銅像】(加茂歌代)
[
解説]

日蓮宗開宗750年事業として建立された巨大な日蓮聖人の銅像。全国3,000人を超える僧侶・信徒の協力を得て建てられたこの像は、高さ13m。山々の緑に包まれながらそびえ立つその姿は、得も言われぬ威厳に満ちています。

054


両津「佐渡中等教育学校」から歩いて
20分くらい。金色の「日蓮聖人」が、佇んでいます。キリっとした眉、遠く前方を見据える双眸は怖いくらいで、在りし日の聖人は、かくありなん、といった威圧感を放っています。
[アクセス]
両津港より車で約15分。
南線・東海岸線「佐渡中等教育学校前」より徒歩約20分。





【佐渡大観音(昭和殿)】(中興)
[
解説]
本尊である「十一面観音菩薩」は、石名清水寺のいまは亡き24世・山口隆海師の発願により、昭和45年に建立されました。樹齢2,200年のヒノキ材を用いた一刀彫で、高さは28尺(7m超)。また堂内には、220体の仏像もあります。

IMG_0927

両津から350号線を佐和田方面に行き、泉の交差点を右折しておよそ3㎞。阿・吽の仁王像が立つ白壁の建物のなかにあります。左右に2対の「聖観音」を従えた「十一面観音菩薩」は、長野の仏師が造り上げたものです。
※見学の際は、事前に「花善」さん(0259-63-4422)に要連絡。

[アクセス]

両津より車で約40分。

本線「泉」より徒歩約35分。





200とも300ともいわれるほどの寺社が点在する佐渡は、信仰の島でもあります。

その篤い信仰心が具現化した巨大な像からは、尊厳とともに慈しみもにじみ出ています。

合掌しながら頭を垂れ、発するオーラにしばし包まれれば、少しだけ心身が浄化されたような気分になってくると思いますよ。