今日は浜河内の女子×祭りで料理を教えてくれるお母さんと当日出す料理の試作をしました。
 やせごまはお団子の金太郎あめみたいなものです。 以前も一緒に作ったことありますが、こねこね、もみもみ、粘土をやってるみたいでとても面白い。

 今回挑戦するのは「祭」と「とき」!  
 材料はこれだけ

P1130421_R

 生地をこねて食紅でそれぞれ色を付ける。さあ、いざつくり開始!

 まずは「祭」、頭で文字を思い浮かべながら団子記事を並べる。文字と余白を緑と、白をうまくはさみながらやるとこうなる(はず)!緻密な計算がすごい!
IMG_0248_R

 
次は気を付けながらどんどん丸めて細めていく。この工程が一番重要で均等に細めていかないとせっかくの図案が歪んでしまうんです。

P1130457_R

 「うまくできるかな」とか、「もうむりだ」とか、「大丈夫よ」とかお互い励ましながら作っていくと完成品を見るのが待ち遠しく感じる。さ~切ってみようかな。こればかりは切ってみないとわからないのだ。

P1130467_R

うまくできました!達成感を感じる瞬間です。

P1130468_R 

 次はトキを作ります。
 今回トキ初挑戦。赤と緑の食紅を混ぜながらくちばしの色を出しました。

 先と同じ要領で作っていきます。「おばけみたいだね」と作者は不満げ。
P1130477_R

 これをまた細めていくのだ!
P1130479_R

完成品はこちら!

P1130481_R
 いけるんじゃないですか!ウィングしているようでかわいい!

 切る断面によってそれぞれのトキの表情も微妙に違ってくる。それも楽しみの一つ。

 IMG_0259_R

 私も挑戦してみましたが、こんな感じ。個性でますな~

 P1130499_R

 出来が悪くてもわが子、愛着がわくもんだ。

 4月3日女子×祭りの参加者も楽しんでいただけると嬉しいなあ。