かりんです。
今日はビーチの第二弾!赤亀・風島なぎさ公園海水浴場です。おそらく多くのキャンパーにとってここは佐渡のすべてが詰まっている、家族と一緒に一週間も二週間もずっと滞在して、毎日毎日ひたすら海に入る夏の楽園だと思います。

海水浴場の南のほうに大きな弁天崎という岩があるので、西風、南風が吹いてもここは比較的静かなのでいつも澄んだ海を楽しめます。
P8040691

まるでサンゴ礁があるような海面、実は白い岩がゴロゴロ。
P8060116
 
小石の上に太陽が金の網目を下します。目の前が光ります。
DSCF0011

よく見ると色鮮やかな魚が!キュウセンという魚ですが、佐渡ではバクトと呼びます。佐渡の海ではよく見かける魚で、好奇心豊富でよく人についてきます。
DSCF0166

シュノーケリングの時にずっと海底を眺めがちですが、水面にも魚が現れるのです。今日はクサフグの群れに遭遇。実は6cmぐらいのサヨリも見かけました。
DSCF0045

大きな石でできた堤防の近くに行きましたが、1mみたずの浅くて明るいところでスズメダイをいっぱいみました。
DSCF0089

青色がきれいですね。神秘的。
DSCF0116

光の届くところでは藻がきれいに見えます。
DSCF0107

藻があると貝も、ムラサキウニも見えます。
DSCF0150

魚も集まります。
佐渡 シュノーケル

少し弁天側へ移動します。解放的な水面では魚だけでなく波でゆらゆらと藻が自由を感じさせます。
DSCF0206

岩と岩の間をくぐり抜けて前へと進みます。
DSCF0283

堤防側には人工石やコンクリートブロックが多いですが、弁天側に行くと本当の石が並んでいます。
DSCF0286

こここそが本物の海岸!不規則だからこそ面白い!
DSC00275

ついに弁天の真下まで移動しました。大きな石の下へと潜ります。白黒のイシダイが体をひねりながら泳いでいきました。
佐渡 シュノーケル


海に入る際は自分の安全と佐渡の海を守りながら、楽しくやりましょう。
佐渡でシュノーケリングの時の道具、注意事項とおすすめスポットは佐渡観光協会のサイトをご参照ください。

http://www.visitsado.com/00sp/1105/diving1.shtml