かりんです。今日は船でしか行けない佐渡の秘境へシーカヤックでアプローチします。想像を絶するほど海水が透明でただただ海底をずっと眺めていました。そんな旅です。

岩谷口のこの景色は多くの人を引き付けたでしょう。まさにその海岸から出発します。
DSC07162

早く向こうの景色見てみたいと出発が待ち遠しいです。「ライフジャケット忘れてるぞ!」
DSCF4188

出発したらまずこの断崖絶壁を越えなければいけません。とても透明で水深が深いのかコバルトブルーの海でした。まるで宝石の中にペダルを入れて漕いでいるようでした。
DSCF4274

メインは大ザレの滝、そして大野亀の南側に多く存在する小さい島と岩をめぐる旅です。ここは聖地なかなかいけません。気分が高まります。

今日のジオ的な石です。下のほうが堆積でできたのかな。ごろごろした石が固められています。
DSCF4308

ついに滝が見えます。ここの絶壁を降りて滝までたどり着く人もいると聞きますが、まさに命知らずですね。
DSCF4318

大ザレの滝とシーカヤック。真下にきました。
DSCF4355
 
何度も何度も繰り返ししていますが、ここの海水は本当にきれいです。前に進みたくなくなるぐらい、ずっと眺めていたいぐらい本当にきれいです。
DSCF4357

いざ上陸!次はシュノーケリングして滝を探険をします。わくわくメニュー。
DSCF4407

この透明の下はどのような世界なのでしょうか。
DSCF4398

こんな感じで潜ります。いろいろ生物に出会います。エイに遭遇したり、スズキと目があって驚きます。シュノーケリングのレポートはこちらです。興味あれば押してみてくださいね。
DSCF6197

シュノーケリングの後は大ザレの滝で水シャワー。塩気を落とします。
DSCF4447

さあ、また次へ。地図で確認できますが、鴨島というちょっと大野亀に似た雰囲気の岩へ進みます。名付けて「小野亀」!
DSCF4557

ここはエメラルドグリーンの海、きっととても深いでしょうが水の透明さで、カヤックの上でも下の白い砂浜が見えます。
DSCF4612

実はグーグルマップでも少し白くなっているところが確認できます。推測ですが小野亀(鴨島)と周辺の岩は以前一つの島として存在し、下の白い砂浜が島の周辺で浸食してできた砂浜かもしれませんね。
図2

ここで素潜りでアワビ、サザエ漁師さん発見!周辺に船なし!真更川集落から出発だとしても、ここまできて潜ってまた帰るという体力は恐るべしです。
DSCF4617

大野亀目の前にして下ばかり向いています。水面がきれいすぎです。
DSCF4619

小野亀(鴨島)は大野亀そっくりでしょ!
DSCF4640

小野亀回ったところで超絶きれいなポイント発見!きっと適度な深さで海底まできれいに見えます。ここは一年二度は来てみたい場所です。
DSCF4681

シーカヤックの上から写真撮ってもこんなにきれい。この世界へは漁師さんは出入りしていますね。
DSCF6352

そろそろ戻ります。遊びふけて4時間近く経過しています。お腹がすいてきました!
DSCF4650

結局練習もかねて、帰りは引っ張ってもらいました。すいすい楽ちん!
DSC00532

12時過ぎには出ましたが、帰ってきたらもう日が沈み始めました。
DSCF4803

おまけに海府大橋からとった写真二枚!次の日の午前までわくわくが止まらない楽しい旅でした。
P8090781

DSCF4817