田舎暮らしを目指している人の中には、「自分の食べるものは自分で作りたい!」そういう志の人、決して少なくはありません。
移住相談をしていると「東日本大震災のときに価値観が変わりました」とおっしゃる方は非常に多い。「スーパーに物が入ってこなくてお金あっても買えませんでした・・・」と。

田んぼや畑をやってみたい!という方には佐渡という土地はいいところだと思うんですよね。

なにせ、イノシシ・鹿がいないから獣害対策に費用がかからない!

だから色んなものが作れます!
うちは今年、ラディッシュから始まって、豆、ナス、ゴーヤ、きゅうり、レタス、ネギ、生姜、ニラ、長いも、イチゴ、かぼちゃ、しそ・・・農業ど素人の私たちでも近所の方々に教えてもらって収穫できています。

イノシシと戦うことなく 笑



さて、本日は「田んぼ・畑・大きな納屋、牛小屋も?農業してみませんか・・・物件」

どんなんかなぁ~お邪魔します!
IMG_1743
これは・・・「もったいない!」と思わず声が出てしまいました・・・。
鍵守さんも思わず苦笑い「だろ?せっかくきれいに直したってのに、ここの倅が帰ってこないっていうんだもんな。せつねぇよ、俺はここで生まれ育ったんだ」
IMG_1732
床が悪いところはなく畳もきれい。
IMG_1727 IMG_1728
お風呂やトイレにいたってはピカピカ。改修必要なしです。
IMG_1731
応接セットもそのままの居抜きという形で。

いやぁ~やっぱりもったいない!

外へ出てみましょう。
IMG_1746
ザ・立派な農家!
IMG_1754
見てください、この大きな納屋!農家と言えば納屋!農機具たくさん入りそう!
IMG_1749
そして牛小屋!・・・跡。
ここを改装して飲み会会場になんてどうでしょう( *´艸`)

田んぼも畑も蔵もあります。

害獣もいなくて、そしてこの広い納屋・・・新規で農業したい人は佐渡でしないでどうする?!
ここが該当するかわかりませんが、佐渡は条件が満たされれば100㎡から農地の取得が可能!
農地の獲得については佐渡市農業委員会(0259‐63-5115)へお問合せ下さい。
IMG_1750

冬も楽しませてくれるお庭付。


さぁ、かーなーり、新規就農を志す人には好物件・・・かも?
気になるこちらの物件!詳しくは→→→佐渡市空き家情報 『新穂-14』をご覧ください♪


空き家案内希望の皆様へ
今年度「移住コンシェルジュ」が始まりました。
移住希望の方の移住前相談などに乗ってくださいます。
私たちは、ぜひ、ご紹介したいし不安な島暮らしを解消する一歩になれば・・・と思っています。
んが、「今佐渡に到着したんですけど、空き家見れますか?」ってのは、コンシェルジュさんたちと調整がつかないですし、そもそも空き家の鍵を市役所は管理していません。
空き家案内希望はご計画的に。
佐渡来島が決まったら、地域振興課離島交流係 0259-63-4152まで。

賃貸物件急募!
地域振興課では空き家情報を求めています。
「島から出てもう戻ることはない」「盆しか帰らないし、誰かに入ってもらえると・・・」などなど、誰かに貸してもいいよという物件をお待ちしています。
風が入らないお家は、あっという間に朽ちてしまいます。
佐渡移住を希望されている方に、貸し出してみませんか?

登録・お問合せは・・・地域振興課離島交流係 0259-63-4152まで!