昨年、リニューアルした真野新町のイベント「竹灯籠・麦飯まつり」が、
今年も更にパワーアップして開催されます。

IMG_チラシ

~「麦飯まつり」とは
新町村に神社が出来たのは慶長五年(1600年)でした。当時の新町村には田地が少なく、畑しか持っていなかった多くの人たちが麦秋の喜びと感謝を込め、旧暦6月16日に「麦飯祭り」を行ってきたということです。
(新町大神宮司 佐々木義榮書「新町大神宮の神さまたち」より抜粋)

こうした伝統を守り、商店街の活性化に繋げようと20年ほど前より商店主有志が集まり関連イベントを行ってきました。

昨年は、真野新町の三叉路近くにあるオアシスステーションを開放し、新たにバンド演奏を取入れるなど、かつての賑わいを取り戻そうと、住民一丸となって盛り上げました。

DSC_0161

来場者に麦飯おにぎりを配ります。
真野新町ならではの祭事として根付いたものです。これからも大事にして行きたいと思います。

DSC_0112

新町大神宮の参道や商店街の街路を、手作りの竹灯籠で飾りました。
今年もイベント会場入り口に大きなオブジェを組み立てます。

DSC01400

毎年麦飯まつり本祭の日に、新町大神宮の本殿で文弥人形が演じられました。
今年は諸般の事情により中止となりましたが、永く続く伝統行事が途切れてしまうのはたいへん惜しいことです。
今年はこうした伝統を何とか次世代に繋げて行きたいとの思いで、イベントの中で演じていただくことになりました。

DSC_0038
<昨年の公演>
麦飯まつりは、新町大神宮の氏子たちが連綿と受け継いできた町の小さな祭事です。
地域の行事が衰退するなか、新町商店主有志「歴史街道新鮮組」は、新しいものも取り入れながらこうした伝統を守り続けていきます。

何はともあれ、多くの方々が集い楽しいひとときを過ごしていただければ幸いです。


イベント名:納涼 竹灯籠・麦飯まつり
開催日時 :平成28年7月15日(金)18:00~21:00
       (荒天延期翌16日(土) ※決定は15日正午)
開催場所 :真野新町オアシスステーション(きはちや横)
お問合せ :佐渡観光協会中央支部(TEL 0259-55-3589)