投稿名 青木秀輔(世界農業遺産・潟上地区)
 
担当地区 潟上地区 
 
出身地 東京江東区
大学卒業後 原宿の古着屋ショップスタッフ→関西の美術館内のカフェにて料飲部スタッフとして4年半勤務→東京の代々木と晴海にて洗濯代行サービス業会社に勤務
 
任期 2017年4月~2020年3月予定
 
ひとことコメント
毎日トキを目にする!小鳥の声で目が覚める!米、水、魚がうまい!農と能始めました。
ふれあいショップフジサワとぎょうざらーめん伝次郎が好きです。

地域おこし協力隊への応募動機
父親の実家が佐渡で、幼い頃から訪れていた。日本の伝統芸能や文化に興味があり、佐渡には能、民謡、太鼓、無名異焼、裂け織など多様な文化が残っており可能性を感じる。
実際に農業に携わりながら、持続可能な農業や文化(パーマカルチャー)を佐渡で実践したい。地域とのコミュニケーションの中で、佐渡の魅力を再発見、発掘し、発信するとともに地域おこしにつなげたいです。

担当地区の紹介
新穂は朱鷺の施設も多くある地域のためか潟上の人は朱鷺を見つけるのが早い。朱鷺とカラスの鳴き声の違いが最初はわからなかったです。カラスが朱鷺の声を真似しているらしいです。潟上の方の鬼太鼓への思いが強い。

IMG_0245

IMG_0291IMG_0323



今後の活動予定
トキの餌場となる環境守る活動支援
世界農業遺産への取組み(生物多様性、棚田協議会、伝統芸能)の活動支援、情報発信