松ヶ崎小中学校の放課後プロジェクト(※今年度より正式な「放課後子ども教室」という名称になっています)について、前回の投稿までで2つのバージョンをご紹介しましたが、
今回は最後のバージョン…「イベント版」をご紹介します!

「イベント版」は、主に土日を使って 地域の名人に講師になって頂き「〇〇教室」という形で開催するものです。小中学生対象ですが、保護者や地域の大人も参加してくださいます。

これまでに開催した「イベント版」はというと…

★紅葉山を知ろう&焼き芋大会(講師:地域の自然や歴史に詳しい名人)※紅葉山=学区内にある紅葉の名所

焼き芋ボカシ

焼き芋

★木工教室(講師:その道
50年の大工さん)

木工ボカシ

木工

★釣り教室(講師:海釣り名人たち)

釣りボカシ

釣り

「イベント版」で大事にしているポイントは…

➀地域に住んでいるスゴイ人を発掘、講師としてスポットライトを当てる
②企画・進行は、地元ママさんチーム 自らの手で

の2点です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【➀講師について】

子どもたちにとって、普段よく会う地域のオトナ…

「あのおじさんは、よく学校で顔を合わせるよね」
「あの人が大工さんだってことは知ってる」
「いつも釣りしてるよね」

…という感覚はあるものの、その人が一体どれぐらいスゴイのか?どんな人生を生きてきたのか? それをリアルに知ったり見たりする機会は…実は、中々ありません。

そのようなオトナたちを 「〇〇教室」の講師に指名させて頂くことで、参加する子どもたちは、昔話や仕事の話を聞きながら、その人しか持っていないスペシャルな知識や技を目の当たりにできるのです。

講師1

講師2

だから…

「近所のおじさん」が「スゴイ人」に見えてくる…!!


子どもたちの感想は、

「いつもよく行っている紅葉山の自然が、〇〇さん(=講師名)たち
 地域の人々の努力で守られてきたことを初めて知った」

「今回自分で小さい作品を作るだけでも、ズレが出て大変だったので、
 家みたいな大きなものをズレなく作れる大工さんは、カッコいい!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【②ママさんチームについて】

「放課後子ども教室」では、「運営委員」というメンバーが企画・運営を担うのですが、松ヶ崎では主に小中保育園のママさんたちが運営委員をやって下さっています。つまり子どもにとっては…

企画を練って当日の司会進行をするのが、自分たちのママ!!

ママたち

これは、少人数で保護者同士の距離が近い松ヶ崎だからこそ、のウリです。普段から地域行事に積極的で、卓越した企画力や行動力を持ったパパママがわんさかいて、しかもチームワークがバツグン!

だから、協力隊の私がやることとしては、ミーティングを招集するぐらい(笑)あとはどんどんママさんたちのアイデアで、子どもが喜ぶ企画が生み出されていきますし、当日はパパさんも加わって、準備から撤収までの段取りもカンペキです!

自分たちの子どもを楽しませたい…

そんなピュアでシンプルな親御さんたちの想いから来る行動力は、東京から来た私には とても新鮮にうつり、学ぶところが多々ありました。

(なぜなら東京では親が自ら開かなくても、色んなイベントがあちこちで開かれていて、親はただ連れていくだけのことも多いので。それはそれで、子どもがたくさんいる都会の良さでもあるのですが…)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<最後に>

近所に住むスゴイ大人たち、そして自ら行動する親の背中こそが、
子どもたちにとって最高のお手本であり、未来へと導く指針になる――

…それが、私が協力隊員として 松ヶ崎小中の放課後プロジェクトに関わる中で、一番強く心に刻まれたことです。私自身が親としてみなさんから教わったメッセージでもあり、私からみなさんに贈りたいラブレターでもあります。そう、あなたたちは、みんなステキだ――!!

************************************

私事で大変恐縮ですが、8月末をもって地域おこし協力隊を退任することになりましたので、ここにご報告させて頂きます。短い任期の中で、どこまで佐渡や松ヶ崎のみなさんのお役に立てたか分かりませんが…

協力隊ではなくなっても、佐渡の子どもたちの幸せな未来を願う気持ちは、ずっと変わりません。

大変お世話になりました。ありがとうございました!!!