読者の皆様

こんにちは。
ふるさと納税担当の江龍田(えりゅうでん)です。

本日は、令和5年度の活動報告と退任のご挨拶を
こちらのブログにてご報告いたします。


【活動報告】
■ふるさと納税の現状

令和5年度は、令和4年度の4億2千万円を上まわり、

5億円を超えるご寄附をいただきました(2月末)。

今年度も、佐渡市へのご支援をありがとうございました。


R5.佐渡市ふるさと納税 年別寄付額推移



<PICK UP>
■全3回開催!事業者勉強会
新型コロナの5類感染症移行にともない、これまでなかなか実施できていなかった事業者向けの勉強会を対面形式で3回開催しました。各回では、楽天・ふるさとチョイス・さとふるのご担当者から寄付者のニーズにこたえるための施策について、お話いただきました。
特に2回目の季節商品を対象にした勉強会では、予約期間をこれまでより長く設定いただくよう事業者のみなさんにご協力をいただき、新米やおけさ柿などの果物を多くの寄付者の方に周知することができました。



PXL_20230928_051340755~2

PXL_20230621_064616022~2




【退任のご挨拶】
地域おこし協力隊の任期満了にともない
3月末をもってふるさと納税の担当を退任となります。

佐渡に移住したばかりでわからないことが多い中、
3年間のふるさと納税の業務を通じて
佐渡のみなさんから、商品のことだけでなく佐渡の歴史や文化も含めて様々な魅力を教えていただきました。
本当にありがとうございました。

今後について、すっかり佐渡での暮らしに魅了された私は
佐渡で一島民として生活をしていきます。
佐渡のみなさんには引き続きお世話になることもあるかと思いますので
どうぞよろしくお願いいたします。


末筆ながら、みなさまのご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
3年間、ありがとうございました。



江龍田