佐渡市地域おこし協力隊サイト

佐渡市地域おこし協力隊全メンバーによる活動報告のサイトです

佐渡市地域おこし協力隊サイト

2014年12月

実りの秋の各種農産物収穫もほぼ終わった昨今、柿栽培で出荷出来なかったハネ柿を使って、現在も干し柿作りをされている地先の農家さんを、昨日訪れました。

ここ赤泊地区内、山田中集落は中山間地に見られる山肌斜面を利用しての各果樹栽培が盛んですが、中でも温暖な気候を利用した柿栽培は代表的な産業です。お邪魔した石田孝さまご夫妻宅敷地内にある作業場では、10月中旬から始めた干し柿作りの作業に追われていました。今年は柿の作柄も良く、おけさ柿の出荷増に伴い、ハネも多かった為、干し柿作りも大忙しの様です。

作業工程は大まかに、 皮むき⇒燻蒸(吊るし)⇒乾燥(吊るし)⇒粉付け⇒選別⇒梱包⇒出荷 となりますが、細かな技術と経験を必要とし、また、乾燥だけでも2週間はかかる為、なかなか大変な作業で、お二人が協力して行わないとはかどらない様です。

最終製品となる「島娘」の250g入りパックを今年は2,000パックを目標に年明け1月上旬頃まで出荷予定だそうです。

アンポ柿より乾燥期間が格段に長く、水分含有量が約30%と言われる干し柿は、甘味も強く、粘り気が強い為、触感も良く、栄養価の高い美味しい自然食です。

佐渡名物「島娘」をお召し上がりの時は、生産者のバックグラウンドも思い浮かべて

食してみては如何でしょうか・・・(^^)/ 

石田夫妻、これからも美味しい佐渡・赤泊の干し柿作りを宜しくお願いします、そして、

有難うございました。<m(__)m>DSC00161

DSC00179
DSC00184
DSC00193

はじめまして、11月から着任いたしました熊野です。
担当は金井地区(および島内全域・空き家)
初仕事の一問一答!お答えします


●佐渡でのあなたの癒しスポット、一番好きな佐渡での場所は?

ドンデン山 花盛りの時に訪れ一目惚れしました。

●好きなおにぎりの具は?
昆布・鮭・いかなごのくぎ煮(私の地元の郷土料理です)

●佐渡で一番美味しいと思う食べ物は?
刺身と天然キノコ

●好きなタレント・作家・アーティストは?
アーティストはミュシャとかシシリーメアリーバーカー、ラファエロなどの花・天使・妖精の絵が好きです。

●好きな異性のタイプは?
同性の友達の多い人。人付き合いを大切にする人。何かしらこだわりのある人。

●自分について人から言われた事で印象的な言葉は?

「今日よりきれいな明日はない」

結婚写真を撮るのか、撮るなら髪が伸びてからにしようかダイエットしてからにしようか迷っていた時に、大先輩でもある歳の離れた友人に言われました。「刻一刻、肌の潤いはなくなるよ」と。
即、スタジオを予約しました。

自分についてというより言われて印象大だった言葉です。

●日々の楽しみは何ですか?
新しい出会いが明日待っていると思うと毎日楽しいです。

●十年以上好きで食べ続けてきたものは?

粒あんの和菓子が好きです。 その中でも岡山の銘菓「むらすずめ」

●カラオケ十八番は?

タッチと学園天国を先日佐和田のスナックで歌ってきました。

新しい歌より歌謡曲や演歌のほうが好きです。

●お気に入りの映画やシーンは?

グーニーズ ゴーストバスターズ 

  心引かれる場所は?
稜線 

山登りが趣味です。ピークハントよりロングトレイルの方が好きで「稜線」を見ると萌えます。

●任期終了後の自分はみえていますか? 10年後は何をしていますか?

旅人と住民に開かれたゲストハウスをしたいと思っています。もしくは自分が旅人していたい。

これから出会えるたくさん人・物・コトを楽しみに佐渡生活を満喫したいと思います

8月1日に着任しました、武田雄二と申します。
すでに4カ月も経っているため、"新隊員"とは言い難いのですが、
以下、恒例(?)の隊員紹介一問一答にて、自己紹介をさせていただきます。

■佐渡でのあなたの癒しスポット、一番好きな佐渡での場所は?
石名の天然杉。異形の杉の群生は神々しくて、なぜかホッとします。

■好きなおにぎりの具は?
おかか。でしゃばり過ぎない奥ゆかしさが好ましい。

■佐渡で一番美味しいと思う食べ物は?
まだあまり名物を食べていないのですが、釣れたてのスミイカの刺身は最高でした!

■好きなタレント・作家・アーティストは?
何をおいても司馬遼太郎先生。『坂の上の雲』『翔ぶが如く』『花神』等々、心に沁みます。

■好きな異性のタイプは?
う~む、年齢的にあまりこだわりはないかもしれません。強いて挙げれば、自分がちびっ子なので身長が低い人ですかね。

■自分について人から言われて印象的な言葉は?
八方美人。

■日々の楽しみは何ですか?
就寝前の読書。

■十年以上好きで食べ続けてきたものは?
とんかつ(含むカツカレー)。

■カラオケ十八番は?
沢田研二の「勝手にしやがれ」は、歌います。

■お気に入りの映画やシーンは?
『ニュー・シネマ・パラダイス』。なかでも、映画監督になったトトが故郷の映画館でキスシーンばかりを集めたフィルムを観ながら涙するラストシーンは、こみ上げてきます。

■心引かれる場所は?
水辺。特に溜まった水(湖沼)には、昔から何故か惹かれます。

■任期終了後の自分はみえていますか? 10年後は何をしていますか?
将来的に佐渡に永住しようと思い隊員を志願しましたので、当然ながら、3年間の任期後、そしてその先の10年後も島に残りたいと思っています。しかしながら退任後、具体的にどのようにして糧を得るかについては、まだ不透明。これから日々の生活を送りつつ、自分なりに見付けていければいいですね。

中村です。


12月に入った途端に寒波がやってきました・・


IMG_3283



IMG_4068
(入崎キャンプ場から外海府方面を望んでいます。奥には大野亀が小さく見えます)


昨日から佐渡は暴風・波浪警報がずっと続いております

唯一の本土への交通手段の佐渡汽船もフェリー、ジェットフォイル共に欠航のままです。


今年も佐渡の冬がやってきたそうです。


私は、昨年の1月に佐渡へ来たのでこれで3度目の冬を過ごすことになります。

東京に住んでいた頃とはまったく別の世界で、びっくりしました。

夏の青々とした穏やかな海からは想像がつかないほどの荒々しい ”THE 日本海” の海です。
(ちなみに佐渡では大時化の海のことを ”のた” といいます) 

テトラポットは景観をくずすという人もいるかもしれないですが、テトラポットがなければ私たち海岸線に住む人の家はどうなってることやら、、と思います。


ちなみに冬ですが

車を走らせると、フロントガラスはすぐ潮だらけになります。
(ウォッシャー液がすぐ減ります)

家にいると窓ガラスがガタガタ言いますし、外はゴウゴウ・ビュービューとすごい音です。

日が照る日も少ないですし、 洗濯物も部屋干しでなかなか乾きません。

船が欠航になるとコンビニの棚は殻っぽになりますし、本屋さんの雑誌コーナーもさみしくなります。郵便物も届くのが遅くなります。

とにかく冬は風が強くて外に出るのもおっくうで、とても寂しいです。


けれど、

町には意外と雪が積もらないですし(両津方面はちょっと違いますが)、雪かきもほとんどすることはないです。

日本海の荒波もダイナミックで見ごたえがあります。(それが好きという人もいます)冬にしか見れない景色です。

新潟の本土よりも少し気温が高いです。



私は寒いのは苦手ですが、

この厳しい冬を耐えてその先の春が来たときの喜びを味わうのが好きです。

佐渡は四季がハッキリとしており、自然と密接に暮らしているので

それぞれの季節にしか味わえないこと、見れない景色を存分に楽しみたいと思います。 

低気圧襲来で大荒れの一日ですね。

さて、先週位から鷲崎でも寒ぶりの水揚げ量が増加しています。
この寒波でさらにぶりが入ってくれるといいなぁ。。。

そして今週末は寒ぶりまつりです。
今年は寒ぶり・海産物販売や恒例の寒ぶりレースの他
魚つかみ大会(小学生以下)、魚さばき講座、鷲崎まち歩きと
3つのイベントを企画しました。
魚つかみ大会は13:00~
いけすに入って泳いでいる魚をつかまえます。
魚さばき講座は11:00~ 13:00~
地元漁師の奥さんなど日頃魚に携わっている人たちが
さばき方を基礎から教えてくれます。
まち歩きは12:30~
ブリ漁で発展した鷲崎の町なみを歩き、観音寺の住職さんから
集落の成り立ちやエピソードなどをお話いただきます。
全て参加費500円。
事前に申し込みを受け付けていますので
興味のある方は事務局までお気軽にお電話ください。
(魚さばき講座は会場の都合で定員6名。残りわずかです!)
TEL(0258)27-3258

あ、ブリカツ君も来場予定です~♪

当日の天気が気がかりですが、きっと穏やかな一日になるはず!!
みなさまのお越しをお待ちしています。
埋め込み画像への固定リンク

暦の上ではディセンバーになりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

夜道を走るとタヌキや猫も道に飛び出してくるなど、なにかとあわただしい師走ですが、羽茂ではさまざまなイベントが予定されています!

まずは13日(土)、 羽茂温泉で絵本作家・切り絵師のチャンキー松本さんによる「チャンキー松本の『かきくけこ』」が開催されます。

2-kakikukeko

紙芝居や似顔絵切り絵など、多芸なチャンキーさんによるショーや、チャンキーさんがみなさんといっしょにこたつを囲んで佐渡の未来などを話し合う「こたつ会議」などが予定されています。

さらに翌日12月14日(日)は、羽茂の商店街で、毎年恒例の羽茂大市が開催されます。

文弥人形のストリート公演やオリジナル作家はごいたの販売のほか、むかしの佐渡のようすを写真や映像で紹介するあったか休憩スペースを設けるなど、今年は昨年以上に企画が盛りだくさん!
詳しい内容はあらためてご案内します。
ちなみに僕こと澤村も、昨年に引き続き「お多福いち」さんのお店スペースを借りて、「地域おこし協力隊のお店」を出店して、佐渡焙煎の大市オリジナルブレンドコーヒーや、昨年大好評だった大阪のココア専門店「アカイトリ」のホットココアなどを販売します。


 1-HamochiOichiPoster

そろそろ雪も降りそうな佐渡ですが、温泉と大市のダブルOh!なイベントで、心ワクワク体ポカポカとなっていただければ…!

みなさまのお越しを心からお待ちしております。

先週、富山湾では全国的にも非常にまれな「ベンテンウオ」が水揚げされた事が大ニュースになっていましたが、その数日前に赤泊では大きなアナゴが水揚げされました。

和名「クロアナゴ」というアナゴの仲間で、大きなものは1.4mにも達します。

写真の個体は目測1.3mです。いつもお世話になっている大型刺網船・新栄丸さんの網に掛りました。国内では特別珍魚ではありませんが、資料を調べた限り、生息域が南日本、

朝鮮半島とあり、また、捕獲事例で日本海からの報告が見当たらない為ここ佐渡・赤泊で水揚げされた事例は珍しいと解釈し、紹介させて頂きました。

勿論、当地でも珍しい魚です。外見上、アナゴとウナギはとても似ていますが、アナゴの種類(チンアナゴの類は除く)は上あごが下あごより突き出ているので、大体区別が付きます。

アナゴの種類なので、食べる事が出来ますが、ご覧の通り、白っぽくなり、鮮度が落ちていましたので、あきらめました。次回鮮度か良ければ、食べたいと思います、チョット気持ち悪いですが・・・(^^;)DSC00041
DSC00051
DSC00044

DSC00045

このページのトップヘ