佐渡市地域おこし協力隊サイト

佐渡市地域おこし協力隊全メンバーによる活動報告のサイトです

佐渡市地域おこし協力隊サイト

2015年06月

今年も、不思議な風貌のあの人たちがやってくる?!

iwakubi 大道芸

2png


昨年も、何度も佐渡を訪れて大道芸公演を各地でしてくれた芸人さんたちが帰ってきます!


佐渡大好き芸人の不思議な風貌のおじゃるずさんをはじめ、世界で活躍する方々が各地に驚きと笑いを届けます!
お近くの公演にぜひ見に来てくださいね♪


各地での日程はこちら★

6月14日(日) カンゾウまつり 
6月15日(月) 羽茂まつり  
6月16日(火) 赤泊総合文化会館前広場  18時スタート(投げ銭)
6月17日(水) 岩首談義所  19時開演(投げ銭)
6月19日(金) 羽茂温泉クアテルメ  18時からワークショップ(無料) 19時開演(投げ銭) 
6月20日(土) 民話の里 北片辺 17時からワークショップ(無料) 18時開演(投げ銭)
6月21日(日) さざえ祭り 小木 
6月22日(月) 宿根木公会堂  19時開演(投げ銭)

※ 各地の出演者は異なります。 お問い合わせは、各地の地域おこし協力隊へ

hamochi


大道芸


1417482_809475695788568_4670413969029573216_o

羽茂祭り詳細 澤村隊員の記事へ
カンゾウまつり詳細 木野本隊員の記事へ


 

※ご成約いただきました!ありがとうございます(6.15)※

なんて嬉しい♪初めて赤泊のレポです。
古いもの好きの私としては「民話の里 赤泊」・・・『民話』を大切にしているというだけでも素敵な土地だなと思います。

そんな民話の里赤泊から古民家物件の到着です。
『むかーし、むかしのことじゃったぁ・・・が頭から離れないひっそり佇む森の中の物件』です。

どんなんかなぁ~お邪魔します!
IMG_6379
玄関入るとすぐに目に入った応接セット。
こ・・・このテレビのアンテナ!!!
タイムスリップ感がすごい。。。

お部屋を見ていきましょう。
IMG_6384
綺麗に整理されているお家です。
住むハードルが下がります・・・ありがたいっ!

IMG_6395
明かり取り一つとっても古いお家は素敵だな・・・と思います。
直線だけで、こんな美しいデザインになるなんて・・・うっとり。

更にこんな面白いコーナーを見つけましたよ!
IMG_6391
手洗い場が・・・なんかちょっとした石庭になっています・・・。
この遊び心っ!このセンスっ! とってもインタレスティング

外へ出てみましょう・・・
赤泊

この日は天気もよく、鳥のさえずりがよく聞こえました。

都会の喧騒を離れて・・・どころか時代までさかのぼってしまいそう。
※ご成約いただきました!ありがとうございます(6.15)※
気になるこちらの物件、詳しくは→→→佐渡市空き家情報  こちらの物件は『赤泊-2』です。 




地域振興課離島交流係では空き家情報に登録していただける物件をお待ちしています。
「島を離れてもう帰る予定がない」「親と同居を決めたので家が空く」などなど、特に賃貸物件を探しています
「まだ相続とか整理がついてないから売れない」と言っているそこのあなたっ!だったら整理がつくまで貸していただけませんか?移住者の相談はたくさん頂きますが、家が本当にありませんっ!

でも、「物が多く残ってるし」・・・今年から「不要物撤去に関する補助金」が空き家登録物件には適用になります。生活用品から重機まで。撤去にかかる費用なら2分の1の負担でできます(上限20万円)
詳しい内容は地域振興課離島交流係tel:0259-63-4152 fax:0259-63-5125
お問合せフォームはこちら→地域振興課お問合せフォーム

皆様のご連絡心よりお待ちしております。

今回で空き家レポも14回目になりました。

ある意味、私たちが当たり前のごとく扱うのはこういう物件で、
ある意味、皆さんが「空き家物件を探している」というのはこういうことです。という物件です。 

『空き家のリアルな実態!化けるか化かすかはあなた次第!物件』 です。

世界遺産登録に向けて盛り上がっている相川。
どんなんかなぁ~お邪魔します!
IMG_6337
・・・
・・・・
・・・・・
・・・・・・・おぉ、キタ―――――――――( ゚Д゚)―――――――――――――

長い、長いぞ廊下っ。
奥に見えるのは台所、そのまた奥にお手洗い。
・・・・・なかなか入るのに勇気がいる・・・・・
今日は整髪剤を付けてないな、よしっ。
蜘蛛の巣は頭につきにくいぞ、よしっ。

いざっっっ・・・・
IMG_6336
相川は町家が立ち並ぶ地区。
ここの物件もその一つ。
町家の特徴は言わずもがな、間口が狭く細長いというもの。
明かりとりが十分でない個所は、暗く見えてしまいます。
IMG_6340
その細長い中、部屋は3部屋 
平屋が多い中、こちらのお家は2階もあります。
IMG_6339
昔と違い、現在は明かりとりや照明で明るく快適な町家建築を実現していらっしゃる方もたくさんいます。
テレビでよく見るあの番組・・・!

ぜひ、ここもチャレンジしてみて、「なんということでしょう~」と言ってみたいものです。
IMG_6343
まさにDIY物件!
安く手に入れ、自分でリノベーション!「リアルなんということでしょう~」を体験できます!


さぁ~~気になるこちらの物件、詳しくは→→→佐渡市空き家情報 こちらの物件は『相川-32』です。


あなたのチャレンジを待つ!


地域振興課離島交流係では空き家情報に登録していただける物件をお待ちしています。
「島を離れてもう帰る予定がない」「親と同居を決めたので家が空く」などなど、特に賃貸物件を探しています
「まだ相続とか整理がついてないから売れない」と言っているそこのあなたっ!だったら整理がつくまで貸していただけませんか?移住者の相談はたくさん頂きますが、家が本当にありませんっ!

でも、「物が多く残ってるし」・・・今年から「不要物撤去に関する補助金」が空き家登録物件には適用になります。生活用品から重機まで。撤去にかかる費用なら2分の1の負担でできます(上限20万円)
詳しい内容は地域振興課離島交流係tel:0259-63-4152 fax:0259-63-5125
お問合せフォームはこちら→地域振興課お問合せフォーム

皆様のご連絡心よりお待ちしております。

 
 

IMG_3519

先週末は天候もよく大勢のお客様がいらしていただきました!
今日は幾分涼しい一日でしたが、相変わらず混み合っていました。

IMG_3498

バスも駐車場に入れず待機しています。

IMG_3513

現在は二ツ亀方向の遊歩道が人気。10分くらいでひと回りできます。

IMG_3500

日当たりのよい場所は散ってしまった花も多いですが
代わりに種が出来始めました。
この種が数年後美しい花を咲かせてくれることでしょう。


※ここでお知らせです。
本日9日、テレビ新潟「夕方ワイド新潟一番(1部)」のテレビ伝言板に出演します!
もちろんカンゾウ祭りの宣伝です。
だいたい16時半くらいに放送予定です。
あがり症の私、かなりカミカミだと思いますが、お時間のある方はご覧ください。

「土曜日の朝くらいは、のんびりさせておくれ~」

そうつぶやきたいお母さん、お父さん、そして子どもたちの皆さん!

 皆さんには、河原田本町商店街の第一土曜恒例!
「ぷち本町市」がおすすめですよ。 
 24

「ほぉ~ら、このもちもち食べてみぃ!」と近所のおばあちゃん一押しのドーナッツ。
01

このドーナッツは「ぷち本町市」名物で、いつも大人気の一品!

ドーナッツと一緒に、自家焙煎のオーガニックコーヒーも販売しているので、のんびりほっと一息なブランチ」には最適です。


36 (2)
 
 
フェアトレードのチョコレート雑貨も販売しています! DSCF3730

  おおっと!スタミナ料理が何品も作れそうな農家さん自慢のにんにく!
DSCF3704
(注:販売商品は日によって違うので、同じものが売っていない場合もあります。)

そして先週は・・
特別ゲストの演奏や、ペシャルランチの販売も行われました!
03 (2)
 
外国はパリ、プラハ、ウィーン、ザルツブルグ、台湾、台北、国内は、つくばまちかど音楽祭、つくばの季節市、巣鴨とげぬき地蔵尊での定例ライブ、札幌から長崎までさまざまな街角で、ライブをしている・・・
ストリートミュージシャン「のぶさん」
日本抒情歌・・・「故郷」「赤とんぼ」「浜辺の歌」などをぷち本町市で演奏をし、ゆるりとした雰囲気をつくってくれました。

今回スペシャルランチで提供されたメニューもご紹介!

家族が喜ぶみんなが大好きな定番メニューが、持ち帰りもOKで販売されていたら、お母さんも助かりますよね♪

焼き立ての香りがふわぁ~と広がる「佐渡産イカのお好み焼」
04
「できたてアツアツのうちに食べぇ!」
45 (3)
ボリューム満点!旬の野菜を使ったキーマカレーとデザート♪
04 (2)
今話題の「おにぎらず?!」おばあちゃんの”おけさんど”
28 (2)

「ぷち本町市」は気どらず、ゆるりゆるりとした時間の流れる、
そんなイベントとして毎月第一土曜に開催されています。
<時間:10時~15時頃まで 場所:本町会館(河原田本町商店街内)>

今回は特別ゲストや、スペシャルランチの提供がありましたが、
その都度、内容は変わってきます。
毎月のイベント案内は、
「かわはらだ本町商店街 facebookページ」(クリック可)
に情報を載せているそうなので、ぜひ「ぷち本町市」が気になった方は、チェックをして遊びに行ってみてください♪

青天に恵まれた昨日、標高150mに位置する川茂地区旧川茂小学校のグランドで集落対抗の運動会が行われました。一昨年閉校・閉園となった川茂小学校と隣接の川茂保育園、そしてその生徒と園児、保護者と家族によって営まれてきた運動会は、その後、地域イベントとしてその名前を変えて行きました。今年で3年目となったこのイベントはさらに地域の絆を強固なものへと強めているようです。昨年、よそ者目線で見学させて頂き、各集落のあまりのチーム力に感動を覚え、今年は是非参戦と思い、集落戸数の少ない「外山(とやま)チーム」の助っ人として入れて頂きました。

競技種目は昨年とほぼ同じで、工夫を凝らした「やって楽しく、観て面白い」ゲームです。

3種目程出場させて頂き、種目ごと、順位毎にもれなく素晴らしい賞品(家庭用雑貨)をゲットしました。そして、閉会式が終わり、三々五々それぞれの集会所へ移り、その後は酒宴での反省兼親睦会です。私も声が掛り、二集落の酒宴を梯子させて頂きました。

各集落とも、子供達、両親、そしてそのご家族と楽しい寄合です。まるで集落一族の和やかなうたげです。この光景こそが、地域の源であると教えて頂き、また、この様な地域間交流イベントが、これからも他の地区に於いても、とわに続いて行くべきだと感じました。

川茂の皆さん、今年も大変お世話になりました。<m(__)m>


DSC04726

DSC04739

DSC04755

DSC04745

☆ご成約いただきました!ありがとうございます!(9月18日追記)☆
6月!佐渡も夏のような日差しを感じる日が増えました。

山が大好きな私ですが、あまりの海の美しさに「海もいいなぁ・・・」と浮気気味。

今日は『仕事の前に釣り、仕事の後に釣り、釣りの合間に仕事ができる?海の音に包まれる物件』です。

どんなんかなぁ~お邪魔します!
IMG_6365
 おぉ~きれい
大家さんが物を撤去してくださっています。

お部屋も広くて明るい!
ベランダが中庭に面してあったり、トイレも1階2階両方に設置してあったりとちょっとした便利なところが魅力的です。
IMG_6357

お風呂ですが、この明るい窓からは・・・
IMG_6349
海が見えます!
IMG_6350
すぐ目の前が海!
この日も釣りに来ている人がいました。

朝釣った魚が夕飯のおかず!・・・なんてことも。

暮らしの中に楽しみがある、島である佐渡ならではの暮らし方。
ここでは実現できるかもしれません。
☆ご成約いただきました!ありがとうございます!(9月18日追記)☆
釣り好きにぜひプッシュしたいこちらの物件、詳しくはこちら→→→佐渡市空き家情報  こちらの物件は『相川-33』です。



地域振興課利用交流係では、空き家情報に登録していただける物件をお待ちしています。
「島を離れてもう帰る予定がない」「親と同居を始めたので家が空いた」などなど、屋根が落ちてからでは登録することができません。
佐渡市では空き家登録をしてくださるお家には「改修補助」「不要物撤去補助」もございます。
空き家の登録・補助金の詳しいお問合せは 地域振興課離島交流係tel0259-63-4152またはfax0259-63-5125まで!

連日の真夏のような天気から一転、雨や肌寒い日が続いていますね。

でもそのおかげでカンゾウの開花も遅くなり、まだまだ見ごろが続いています。

IMG_3477

IMG_3480

IMG_3488

今のおススメコースは二ツ亀方向に進んだ遊歩道です。
遊歩道脇や林の中にもたくさん咲いていますよ。

IMG_3494


IMG_3491

週末は天気も回復するようなので、大野亀に是非遊びに来てください!

来週のカンゾウ祭りまで花が持ってほしいなぁ。

佐渡に住んでいるひとでも、羽茂に足を運ぶ機会はあまりないと思います。

観光地ではないし、交通の拠点でもないし、わざわざ行く理由もないし…

そんなひとでも、6月15日に開催される羽茂まつりは一見の価値あり!

昨年、東京から遊びに来られたある方(東京在住のライターさん)は、初めて羽茂まつりに参加して度肝を抜かれてしまったようです。その方の記事がこちらで紹介されています。

佐渡島の「羽茂まつり」は最高だった!
http://chikyu-no-cocolo.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-11232.html

鬼太鼓や獅子をはじめ、日本でも有数の奇祭と名高いつぶろさしが見られるのは、ここ羽茂まつりだけ。
佐渡南部らしい、のんびりとしておおらかな、自由な雰囲気に、毎年訪れる観光客や帰省客も多いようです。

今年は、昨年に引き続き獅子をモチーフにしたポスターを制作して、全島に掲示を行っています。

2015Hamochi2-01

ババン!と獅子がかっこいいですね!!

さらに今年は、ウェブなどで使用するための羽茂まつりオリジナルのデザイン画像を、佐渡在住のデザイナーさんに依頼して作成しました。

羽茂まつりweb素材-3
寺田地域の太神楽つぶろさし!(シブい!)


羽茂まつりweb素材-2
飯岡地区の妹背神楽つぶろさし!!(イケてる!)

羽茂まつりweb素材-1
村山の鬼舞つぶろさし!!(カワイイ!)

つぶろも獅子も鬼もおけさも巫女さんも みんなそろって
shikaku

羽茂まつりナンジャー!!!

ちなみに、各地区のつぶろさしは、それぞれ囃子もメンバー(?)も違っていて、各地区オリジナルのつぶろさしが楽しめます。

さらにこの日は一日中、大道芸や鼓童の太鼓、さまざまな芸能や出し物がこれでもかと企画され、夜には薪能も予定されています。

1-IMG_20150604_0002
※掲載されている内容・スケジュールは変更の可能性があります。

なお、羽茂まつりの最新情報は、Facebookの羽茂商工会ページでも随時更新中です。

ぜひ6月15日は!佐渡の別世界を体験しに、羽茂へお越しください!!

ファイル 2015-06-05 14 34 04


 

夏、佐渡へ移住下見の計画を作成中の方へ・・・

過去記事再掲載

夏が近くなり、「子供の夏休みに会わせて移住の下見へ・・・」とたくさんのお問合せを頂くようになりました。

本当にありがとうございます!

雑誌の取材協力も増え、『今、佐渡が熱い』そう感じている次第です。

しかし、追いつかないほどになってきていますので、熊野から切実なお願いがございます


1.まずご自身が見たい物件を佐渡市空き家情報でチェック! 
・・・「お任せします」「何かありますか?」はご希望者様にとって、結局2度手間3度手間になってしまうので、ある程度ご自身で決めてきてください!

2.空き家情報利用希望者登録申請書をご用意
・・・HP上掲載場所が分かりにくくてすみません。
佐渡市HP→(左・特設サイト)佐渡へ遊びにきてみよう!住んでみよう!→住んでみよう!→借りたい・買いたい申請書
※郵送先/FAX/メール・・・空き家情報希望書類在中と明記の上 、
〒952-1292佐渡市千種232 佐渡市役所地域振興課離島交流係
FAX:0259-63-5125
※FAX/メールの方は、来島時押印したものが必要になるので、印鑑をお忘れなく!!!

3.空き家物件見学希望日 第一希望から第三希望くらいまで教えてください。
・・・大家さん・鍵守さんのご都合も聞かなくてはいけないので、第三希望まであると助かります。

4.空き家現地視察に係る旅費補助または島暮らし定住体験旅費補助利用されるかたはその旨をお伝えください。書類をご用意いたします。


5.さぁ!佐渡へ!!!



夏休みなど、大型のお休みのときに視察をしようとお考えの皆様・・・同じ考えの方はたくさんいます!
なるべく早いご連絡をお願いします。
突然、窓口に来られ「空き家見に来ました」という方がいらっしゃいますが、市役所で鍵の管理はしていませんし、私を含め担当者は現場案内または新規登録のため外出していることがほとんどです。
当然市役所は土日開いていません!!
折角、佐渡まで来ていただいても対応できない場合が出てきて申し訳ないので、事前の連絡をお願いいたします。


それでは、皆様の来島をお待ちしています!
また、佐渡に空き家をお持ちの方、活用にぜひ空き家登録にご協力ください。
お家に風を入れるだけで、お家が長持ちいたします
空き家の登録は佐渡市地域振興課離島交流係0259-63-4152まで!

 

すっかりご無沙汰していた我が家のごはんシリーズ。

食べるものは食べていたのですが、山で過ごす時間が長くなるとついつい雑な食事になってしまいます。
家に帰ると、ちゃっちゃっと食事をすませ、ごろんとしたまま寝てしまう・・という日がいつのまにか増えていました。
山の猛烈なエネルギー、草花の素早い成長についていくのに必死です。


さて、冬の間に保存していた野菜たち、塩漬けしていた山菜や海草もすっかり食べ切ってしまい、新しい食材たちのお出迎えです。季節が巡り、次々と顔をだす旬もの。



IMG_4169
木苺。
もみじいちごでしょうか。

今まさに食べ頃。 たまに酸っぱいものに出会いますが、それはそれで刺激的。

赤、黄、紫と様々な木苺がよくみると山のあちらこちらから顔を覗かせているじゃないですか!!

いくつかの実をとって、山から家までの帰り道にほおばります。



車社会になって、忘れ去られた山のご馳走たち。歩いてみると、目線が変わり色々な発見があります。

山の声がよく聞こえる気がします。


鳥の声、カエルの合唱、山野草のパレード、竹林の中に生まれる木漏れ日。

様々な声のする山に行く時間があることが私にとって一番の癒しです。
春の匂い、夏の色、秋の収穫、冬の静けさ、色んな刺激をもらい、恵みを頂きます。


次の日。

学校から帰ってきた子供たちを連れて木苺を摘みに。



とげとげの枝に苦戦しながらも、「いくつでも食べていいよー。」の声に夢中で摘んでいきます。


DSC_0781

DSC_0791
 
とっても柔らかいので、潰してしまったものもあるけどそれも子供たちにとってはよい経験。

次からは優しく実をとろうとしたり、高いところにある大きな実は枝で叩いて落としてみたり。

子供たちは凄いです。すぐに覚えて、試してみて、吸収していきます。 



5時のサイレンが鳴ったらお家に帰ろう。

いっぱい旬を頂きました。

DSC_0799

夕飯前のおやつに。

夕飯の後のデザートに。


美味しく召し上がれ♪






 

6月に入り、当地・赤泊でも少しずつ観光客を見かけることが多くなって来ました。

昨日は当地にある体験型宿泊施設「サンライズ城が浜」へ今シーズン最初の修学旅行客が訪れました。新潟市秋葉区の小学6年生30数名と引率の先生方5名様程がこの施設をベースに佐渡旅行です。初日の昨日は、島内観光後、各種体験学習を履修されました。この施設と係わりのある当隊員もお手伝いです。まず、全員ではんぎり体験(たらい舟操縦)、その後、各グループに分かれ、水産加工体験、裂き織教室、海釣り体験とそれぞれ佐渡・修学旅行での思い出づくりの開始です。

はんぎり体験は施設裏の海水浴場で34人に分かれ円形の船を漕ぐ体験です。なかなかうまく漕げず、風に流されながらも、透明度の高い佐渡の海を肌で感じておられた様です。

水産加工は佐渡特産のイカの一夜干し作りをしました。一人3杯というノルマを皆さん黄色い声を揚げて達成です。裂き織教室は地元の名手の指導のもと、坦々と生徒たちは自分の世界へ入る如くハタを織っていました。海釣り体験は施設横の漁港では魚影が薄く、車で5分程の赤泊港へ移動、開始早々アジの入れ食い状態でしたが、その後、大型のイナダが現れ、小魚は逃げ、全く釣れなくなるという自然の生態を学んだ様です。

これら体験のインストラクターは全て地元の方々のボランティアです。生徒の皆さんは各体験の始めと終りにしっかりとした挨拶もされ、私もとてもすがすがしい体験をさせて頂きました。

彼らが将来、この思い出をもとに、佐渡へ再び訪れて来て頂ければと、強く願いました。

生徒の皆さん、関係者の皆さん、楽しい思い出をありがとうございました。(^^)/


DSC04651

DSC04649

DSC04661

DSC04659

DSC04666

IMG_3435

6月に入りましたね。
おかげさまで大野亀は連日大賑わい。
島内や県内はもちろん、全国各地から来訪されています。
今日は高知から来たという団体客のみなさんも!!
本当にありがたいことです。

IMG_3406

IMG_3409

週末少し雨が降ったおかげで、花の色も鮮やかになったような気がします。

IMG_3433

昨年まであまり花がなかった入り口付近や斜面も黄色が目立ち始めました。
実はここ数年ボランティアで力を入れていた場所なのです。
カンゾウは花を咲かせるまで年数がかかります。
春に保護した苗がその年に花をつけるということはほとんどありません。
しかし年を追うごとに黄色い面積が徐々に広がっています。
それはボランティアの成果が少しずつ、しかし確実に出ている証拠なのです。
まだ若い株のため花も小さく色も薄めですが、頑張って成長しています。
自分が手をかけた場所にカンゾウが育ってくれると本当に嬉しいですね。

IMG_3425

昨年7月の大雨で大野亀にも被害が出ました。
参道が崩れ危険なため、残念ながら現在大野亀に登ることができないのです。
楽しみにしていらした方、申し訳ございません。

IMG_3424

大野亀から北鵜島にかけて、美しい海岸線が続きます。
めずらしい岩のトンネルがあったり、なかなか面白いスポットも!
相川回りの一周線も見所たくさんあります。
週末 相川宵の舞に行かれる方、足を伸ばして大野亀にいらっしゃいませんか?

せっかく大野亀まではるばる旅をしてきたなら、ちょっと周辺を散策しませんか?
大野亀のお膝元 願集落は「賽の河原」で有名です。
大野亀から遊歩道で賽の河原まで、大人の足なら1時間あれば往復できます。

ちなみに大野亀(願)~二ツ亀~弾崎(藻浦)まで海沿いを歩くことができます。
特に二ツ亀~弾崎の遊歩道は、この時期ハマナスやハマヒルガオ、岩ユリといった
海辺に咲く美しい花を楽しむことが出来ます。

IMG_3471

IMG_3447

IMG_3459

道端に咲く花と波音を聞きながらのんびり散策してみてはいかがでしょうか?

light_info1 - コピー

light_map - コピー

海府地区を紹介した海府ガイドマップ、少しだけですが増刷しました。
両津地区の観光協会や観光案内所二ツ亀や大野亀周辺に置いてあります。
旅の参考にしていただければ幸いです。

※海府マップは2年前の作成のため店によっては名称や営業形態、時間の変更
  などがある場合があります。
  ご利用の際は恐れ入りますが念のためお電話等でご確認ください。


最後までお付き合いいただきありがとうございました!

中村です

今日は珍しい人物に会うことが出来ました。 


なんと、

後ろ向きで歩いている方が いました!

IMG_3914
(撮った後に気付きましたが、写真じゃ後ろ歩きということが分からないですね・・・)



とても気になったので、 声をかけさせてもらいました。

中村「こんにちは~!すいません~、どちらからいらしたんですか~?」

旅人「こんにちは~。はい、わたくし、冒険家でして、世界大陸を歩いて回っている途中なんです」


なんと冒険家の方でした。

その後、色々お話を聞くと、高下倉吉さんという方で、4日前に佐渡に着いて両津の方から後ろ歩きでここまで来たそうです。

世界大陸を歩いて回るときは、後ろ歩きではないそうですが、
佐渡島を1週するならせっかくだし、後ろ歩きで回れるんじゃないか?
と思い、挑戦中なんだそうです。 

過去には、オセアニア大陸も横断したそうで、気温50度の乾燥した大地を歩いたときには2度くらい死にそうになったらしいです。

将来は、富士山を後ろ向きで登山するのが夢だそうです。恐るべし。

IMG_3912

 
テントや傘、飲み物、ご自身の旅の記録を撮るタブレットのソーラー充電器などを背負っておりました。

ちなみに世界大陸を歩くときは、ビーチサンダルで全部歩くそうです。
 
ですが、残念ながら後ろ歩きだとビーチサンダルが脱げてしまうので、スニーカーにしたそうです。


佐渡を回ったあとは、ゴビ砂漠を横断するそうです!

なんだかすごいバイタリティのある方で驚きましたが、どうかご無事に佐渡1週を成し遂げていただきたいです。

記念に応援メッセージも書かせてもらいました。

IMG_3911


さすがに佐渡のようなのどかな所で、いきなり道路を後ろ向きで歩いている人を見かけたらビックリしてしまうかもしれないですが、自転車で走っている人、バイクでツーリングしている人、そんな「たびんもん」がいたら気軽に声をかけてみてはいかがでしょうか◎
もしかしたら何かで困っているかもしれないですし、面白い旅の話を聞かせてくれるかもしれないですよ◎

高下さんは、6月17日までに佐渡を回る予定ですので、お見かけしたら是非声援よろしくお願いします♪


IMG_3913


動画その1
 



動画その2


 

佐渡にある様々な芸能の内、日本伝統芸能の代表格である「能」はその悠久の歴史と共に現在も佐渡に存在します。よそ者として当地に住んでいて不思議に思う事は、この様な高貴な芸能が、身近な庶民の皆さんの趣味(!?)として親しまれ、我々大衆へ演舞を提供されておられることです。

確かに、いにしえの室町時代に観阿弥を父に持つ世阿弥によりここ佐渡へ伝承された事は学びましたが、581年経った現在もこの芸能が継承されている訳ですから、その魅力は計りしれぬものがあるのでしょう、2001年に「能」がユネスコ世界無形遺産として宣言された事もうなずけます。

さて、当地では「能」を神社へ奉納される際、「薪能」(たきぎのう)として披露される事が多く、主に初夏の6月に多く行われる様で、佐渡薪能月刊とされています。

詳しくは、佐渡観光協会サイトを参照願います。

http://www.visitsado.com/main_page/06.html

今年の夏の宵は佐渡薪能を鑑賞され、「能」の優雅さを味わってみるのも風流ですね!(^.^)

写真は先月59日佐渡市椎崎諏訪神社能舞台で行われた演目「羽衣」です。


DSC03937

DSC03923 (1)

DSC03928 (1)

DSC03929 (1)

DSC03930 (1)

佐渡の山々が新緑を増して来ました!(^^)/ 
GW以降、連日の好天気続きで、トレッカーにはたまらない日々が続きます。先々週の5月22日は石名天然杉解禁日、その解禁を待って翌23日に大佐渡石名県有林・石名天然杉遊歩道先の檀特山へ行く機会があり、その奥にある知る人ぞ知る奥の院・おこもり堂を訪れました。

ルートは和木集落から車で入る和木登山口からです。ここは雪畑山・金剛山登山口入り口横から石名天然杉遊歩道が付いており、天然杉を楽しむには遊歩道入口より距離約800mを散策、約45分で遊歩道出口となります。この遊歩道はある程度軽装備で天然杉を鑑賞出来ますが、他の登山道ではそれなりの装備が必要です。

特に壇特山から奥の院と呼ばれるおこもり堂へは、かつて軽装備(サンダル又はハイヒール)で入山した観光客が滑落により死亡された事例があり、以降、立ち入り規制されています。

しかし、佐渡トレッキング協議会ガイドさんによると、それなりの装備を整えれば、入山は許可されるそうです。(あくまでも自己責任となりますが)

大まかなルートは、和木登山口―0.4km―石名天然杉遊歩道入口⇒約30分・壇特山入口⇒約40分・奥の院・おこもり堂(アバウトですみません)

このおこもり堂はかつて、僧侶の修行場だったとのガイドさんの説明でした。

壇特山からここまでは、距離はありませんが、つづら折りの勾配はきつく、通称「心臓破りの坂」だそうです。しかし、山道には島内では大佐渡でしか見られないと言われる「雪笹」が非常に多く群生しており、お伽の国へ来たような錯覚を覚えました。

また、佐渡市の木である「アテビ」が多く群生しており、小佐渡とは違った新緑が楽しめます。是非一度お越しください。(^.^)
DSC04337 (3)

DSC04307 (3)

DSC04310 (1)

DSC04318 (1)

DSC04321 (1)


小田集落の海岸が、すごいです!

DSC_0889

満開です!

DSC_0865

黒々とした溶岩の上に自生する岩百合と、
反対側の岩には、一面のカンゾウ。
その向こうには、深く透きとおる海。

DSC_0895

今週いっぱいくらいでしょうか、
岩百合の群生を見るなら、
外海府の小田へ。

DSC_0890

大野亀のカンゾウを見た帰りにでも、
チラッとお立ち寄りください。
外海府の海沿いは、ドライブも最高ですよ。

中村隊員も、満開の岩百合を前にし、嬉しそうでした。

DSC_0877


小田集落といえば、
先日、小田郵便局にスズメが巣をつくりました。
ツバメではありません、スズメです。
室外機のすぐそばに、あの警戒心旺盛なスズメが、です。

DSC_0726 - コピー

郵便局員さんの気遣いで、
外海府を吹き抜ける強風にも耐えられるよう、
しっかり補強がしてあります。

DSC_0728

景色よし、海よし、空気よし、水よし、人も良し。
私がスズメでも、多分ここに巣をつくります。

DSC_0742 - コピー

外海府は今、花も、動物も、海も、パワーが溢れんばかりです。
景色を彩っているお花たちに癒されに、
生きる力をもらいに、
週末は外海府へどうぞ。

DSC_0899

みなさんは「クラウドファンディング」という言葉をご存じでしょうか?

クラウドファンディングはソーシャルファンドとも呼ばれています。大企業や銀行に頼るのではなく、たくさんのひとたちが、あるプロジェクトのためにいろんなかたちで協力する、というしくみで、主にインターネットなどを通じて呼びかけや意志の共有、協力(支援)が行われます。
あまり有名でなかったり、団体や企業のバックがないような個人や会社、グループでも、比較的簡単に実施することができて、インターネットを通じて、よりたくさんのひとたちに呼びかけを行うことができるしくみです。

佐渡のような、都市部から離れた地方や、大企業やたくさんの人口がない場所でも、そこでやろうと思っていることが多くのひとの共感を呼び、いっしょにやろう!と感じてもらえれば、協力してくれるひとが世界中から集まってくれるきっかけになります。
じつはクラウドファンドは、佐渡のようなちょっと不便だけど魅力あふれる場所にこそ、ピッタリ!なしくみなんだと思います。

今日・6月1日から、佐渡で毎年開催している本のフェスティバル HELLO!BOOKS(ハローブックス)のクラウドファンディングが開始されます。

11011549_10207076160729503_6643837100419571246_n

 ハローブックス・クラウドファンディング・プロジェクト
 https://www.makuake.com/project/hello-books/

ハローブックスは佐渡で本の文化、読書の文化を活性化させたい!という主旨で開催している非営利のイベントで、今年は9月20日(日)と21日(月)の2日間、佐渡南部の会場で開催されます(ちなみにこの前後はなんと5連休のシルバーウィークです!)。

今年のメインゲストは、料理愛好家の平野レミさん。今回、初の佐渡来島です! 佐渡の自然や食べ物や温泉に興味津々のレミさん、佐渡へ来るのを楽しみにしておられるそうです。

さらに、エッセイストの酒井順子さんや、写真家の川島小鳥さんなど、本の世界にかかわっている専門家(イラストレーターやデザイナー、編集者や出版社、書店などなど)が佐渡の山奥にある会場に集まって、2日間かぎりのフェスティバル(祝祭)を開催します!

 ハローブックス公式サイト
 http://hellobookssado.com/2015/

 ハローブックスFacebook
 ハローブックスTwitter
 https://twitter.com/hellobooks2015


今回、作成したオリジナルPVです。
 
映像とともに流れるBGMは、詩人の谷川俊太郎さんが書かれた詩を、作曲家の谷川賢作さんが曲をつけられた曲、「ほん」。昨年のハローブックスライブでシンガーソングライターの湯川潮音さんが歌われた、CD未収録のオリジナル音源です。 

有名な作家さんたちや、本の世界で活躍する方々が、わざわざ佐渡の山奥に集まってくるのも、佐渡がとても良い場所だから、都会にはない魅力をもった場所だから、なのだろうと思います。
そして、ハローブックスというイベントが、東京などでたくさんやっている出版関係・文化系のイベントよりも、はるかにおもしろくて、ユニークで、楽しい体験ができるイベントだから…?なのかもしれません。

CGFEsscVAAEP1xb


そんなハローブックスを、みんなでいっしょにつくろう!というのが、今回実施するクラウドファンディングです。
さらに、このプロジェクトをつうじて、佐渡の魅力を全世界に向けて発信しよう!という試みでもあります。

CGXpw2FW8AEw6EE (1)


みなさんもいっしょに、本のフェスティバル ハローブックスをつくってみませんか?

 ハローブックス・クラウドファンディング・プロジェクト
 https://www.makuake.com/project/hello-books/




このページのトップヘ