佐渡市地域おこし協力隊サイト

佐渡市地域おこし協力隊全メンバーによる活動報告のサイトです

佐渡市地域おこし協力隊サイト

佐渡の暮らし/楽しみ方

相川は冬本番の天候になってきました。
室内にいても、ゴーーーと恐ろしい波の音が聞こえてきます。

尖閣湾揚島遊園のまわりも波しぶきが立ち、かなり荒れています。
そんな中、時々、太陽が海を照らして何ともいえない光景を見ることができます。
PC156312 (2)

現在、園内にあるあげしま水族館は、
クリスマスムードを楽しむことができます。
PC156344 (2)

PC156318 (2)
✨すてきな雰囲気です✨

PC156322 (2)
🎄木の魚箱に、フグに、水族館ならではのツリーですね🎄

水槽の中も…
PC156323 (2)
かわいく飾られています。

PC156354 (2)
写真右側に、体の真ん中に横線が入っている魚が泳いでいます。
この魚は「ヨコスジフエダイ」といいます。

が!
本来なら、頭からしっぽにかけて見られる線は「タテスジ」と呼ぶそうなのです。
なのに、ヨコスジ・・・
「誰がつけたのかおもしろいよな~」館長さんは笑って説明してくれました。

私が調べたところ、
「タテフエダイ」という種類も存在するそうで、そのタテスジの色に違いがあるそうです。上:タテフエダイ / 下:ヨコスジフエダイ
タテフエダイ・ヨコスジフエダイ比較

コブダイの幼魚もいます。まだコブはありません。
PC156334 (2)

フグが砂に潜ることを初めて知りました!🐡
PC156337 (2)

毎回いろいろな発見がある楽しい水族館です!

尖閣湾揚島遊園は、
年末年始も休まず営業しており、
元旦~3日までお神酒とお餅を振る舞うそうです。
初詣にお出かけの際はぜひお立ち寄りください。

※海中透視船は3月中旬頃まで運休。

お問合せ先:
尖閣湾揚島遊園☎0259-75-2311
http://ageshima.eek.jp/index.html


この時期としては強い寒気が流れ込み、
日本海側では雪や雨が降るでしょう。

という、今日のお天気。

例によって、外海府の海はモリモリと時化ております。

DSC_0288 - コピー
<矢柄の海>
DSC_0296 - コピー

私は、夏の穏やかで、透きとおるような外海府の海も大好きですが、
ゴォゴォという音とともに、波が膨らんでは押し寄せる、
冬の海のほうが、どちらかと言えば好きです。

さむーーーーーーい日に、暴風でガシャガシャと家がきしむ音を聞きながら
コタツに入ってウトウトするのも、かなり好きです。

そんな冬の訪れを感じずにはいられない、今日の天気。

DSC_0306 - コピー

DSC_0300 - コピー

DSC_0301 - コピー

DSC_0313 - コピー


午前中は、たくさんのミゾレが降り、
畑のネギのまわりが白くなるほど積もっていました。

車を走らせていると、潮風で窓が真っ白になってしまい、
ウォッシャー液もあっという間に空っぽになるし、
少し外へ出れば、強風で髪はボッサボサになる。

DSC_0305

DSC_0316 - コピー

それでも、この時化た海を眺めることをやめられないのは、
曇っていても、荒れ狂っていても、深く青い光を放ちつづける外海府海岸ならではの景色が広がっているから。

潮を浴びまくる家々が小さく見え、自分もすっかり潮まみれなのに、
なぜか満たされる気持ちになるのです。

DSC_0311 - コピー

DSC_0291 - コピー

いよいよ冬がやって来ます。
皆さん、コタツに入って暖まる準備はお済みでしょうか。

冬の佐渡は、なんにもしないで、ただ時化た海を眺めるだけ、
という旅も、おすすめです。



 すっかり秋めいてきた今日この頃。お米をはじめ、ナシやブドウなどの収穫が始まり、佐渡の豊かさを舌で実感できる季節になってきました。佐渡の魅力は、それだけではありません。暖流と寒流がぶつかる佐渡ならではの海の食材も見逃せませんよね。今回紹介するお店では、貸し竿のサービスを提供しているため、手ぶらで始められます。気持ちのいい秋晴れの日には、秋の味覚を釣り上げに出かけてみませんか。

vol.26
とみしん
R0018098

釣り人の幅広いニーズに応えて半世紀以上

初級者から上級者まで、様々なレベルに応じた海釣り用品を販売している釣具店。もともと日用雑貨をメインにしていたそうですが、戦後まもなく釣り具を扱い始め、今では売り場の半分以上を占めるまでに。グローブライドやシマノなどのメーカーを中心に、釣り竿やリール、釣りエサなど、バラエティー豊かに取り揃えています。

ただ初めての人にとって、どんなアイテムを買い揃えばいいかは悩ましい問題です。でも安心して。同店では竿やリールなどを組み合わせたセット商品を用意。また、ウキ釣り、サビキ釣り、投げ釣りといった3種類の貸し竿(エサ付き11,500円)も行っているため、お試ししたいという人にはお勧めです。

 今年は特にスミイカが豊漁。エギというルアーを使えば、初級者でも気軽に楽しむことができます。これからは、タコやアブラメ(アイナメ)、クロダイ、マダイなどの釣果が期待できるそう。周りを海に囲まれた佐渡の醍醐味を味わって。

R0018090

R0018085

R0018082

R0018111

<お勧めサービス>

特定の商品がお得に手に入るキャンペーンをその都度実施


<ピックアップ>

・「ライトエギングセット」(2,980円~)

釣り竿やリールなどがセットになっている

・「エギ」(200円~)

若い人を中心に人気のイカ用ルアー

R0018119

【data】
住所/佐渡市相川羽田町50

電話番号/0259-74-4181

営業時間/8:0019:00

※都合により変動の可能性あり

定休/無休

駐車場/あり

HP/あり


CMテーマは「佐渡の暮らしの中にある佐渡らしさ」
制作したのは島外の29歳以下の若者20名(7チーム)
まずはご覧下さい^^



この企画は「Creative Summer Camp」という地域の魅力を30秒のCM作品に収める映像制作の合宿プログラムとして、8/26〜8/28の3日間開催されました。2日間で撮影と編集を行い、3日目に現地で作品を発表します。参加者は島外に住む29歳以下の若者で佐渡のことを知っている人は、ほとんどいませんでした。

14188148_1299270366757724_5985595546271024362_o

*開催までの経緯*
私はこの企画の現地コーディネーターとして、彼らと地域を繋げる役を担いました。実は私自身も、この運営団体の立ち上げメンバーとして、大学時代にCMコンテストを企画していた過去があり、そのご縁もあって佐渡島での開催が決まりました。後輩達が長年この企画を守り続けながらより良く進化させている様子を見て、なんだか嬉しくなりました^^

IMG_3172

(写真:山へ入って、食べられる・おかずになる植物があることに驚く参加者)

*佐渡のテーマ*
この企画は、開催地域がテーマを設定することができるので、今回佐渡市は地域振興課の事業として「移住の促進」を大きな目的にこの企画を動かすことになりました。「移住」というキーワードを参加者にどう理解してもらえるか悩みに悩んだ結果、自分自身の移住のきっかけにもなった「佐渡の暮らし」を見てもらい、体験してもらう中で、そこに見える「佐渡らしさ」を動画に収めてもらおうということに決まりました。

*企画の全体像*
運営スタッフが作ったダイジェスト動画↓


<オリエンテーション>

企画は、約4ヶ月続きます。まず6月に東京で地域の説明、テーマの共有、参加者の顔合わせを行います。私も佐渡から東京へ足を運び、参加者へ直接会って佐渡の課題やテーマについて伝えました。みんな真剣にメモを取ってくれる姿に感動。

IMG_2969


<ロケハン(現地視察)>
その後、7月にロケハン(現地視察)として参加者が佐渡へやってきました。「佐渡の暮らし」を知るには、佐渡の人と生活を共にしてもらうしかないと思い、参加者を7チームに分け、集落に送り出し民泊を体験してもらいました。「いってらっしゃい」と海外のホームステイのように、送り出してからはあえて手助けはせず、参加者と地域の方のコミュニケーションを最大限引き出せる環境づくりを心がけました。

IMG_3174


※ロケハンの様子は、運営スタッフの学生がブログでまとめてくれています↓
Creative Summer Camp 2016〜佐渡島でロケハン「島ならではの自給自足を感じる2日間」

<本番 (撮影・編集・発表)>
ロケハン後に、各チームが企画を考え、それをもとに絵コンテやキャスティングに関してまとめます。私は各チームの企画内容を見ながら、地域の方への声かけや現地での撮影調整を行いました。参加者はみな本気だったので、できる限りチームの要望に応えたいという思いのもと調整を進めました。

IMG_4026

<現地発表会>
現地発表会は3日目にあいぽーと佐渡で開催しました。当日の朝6時を作品提出の締め切りとし、参加者はほとんど寝ずに作品を作り上げ、発表会に挑みました。この発表会では現地賞を決めるため、現地審査員として、三浦基裕氏(佐渡市長)、齋藤 勉氏(みなとオアシス佐渡両津運営協議会〈仮称〉会長) 、吉田 モリト氏(さどの島銀河芸術祭 アートディレクター/美術家) の3名と、講師として参加者と一緒に佐渡へ来ていただいた須田和博氏(博報堂)をゲスト審査員として審査が行われました。

IMG_4001

現地審査員の方には、島外の若者が見つけた「佐渡らしさ」の切り口を知ってもらうことができたこと、ゲスト審査員で講師の方には、佐渡との繋がりをつくる場となり今後さらなる発展がありそうです。

IMG_4003
(写真:最優勝賞を受賞した「オンラインサロンプラットフォーム・シナプス」チームに佐渡市長から景品贈呈)

<審査結果>
現地発表会の審査結果は、このようになりました。
受賞者の皆さんおめでとうございます!
現地最優秀賞:チーム名 「オンラインサロンプラットフォーム・シナプス」
作品名  「堂々と、佐渡島。」
現地優秀賞:チーム名「じゅべん」作品名「しんこに惚れて」
現地特別賞:チーム名「クリ爆」作品名「ぼくのおじいちゃん」

<最終審査会と渋谷のスクラブンル交差点で放映>
しかしこの企画、このままでは終わらないのです。
今回の審査結果や講評を受けて、作品をさらに良くするための時間が与えられ、決戦は9/29(木)!佐渡の他に徳島県神山町、福島県田村市でも同じ企画が開催されており、この3地域合同の最終審査会が行われます。この審査会で選ばれたチームの作品は、なんと渋谷のスクラブンル交差点の大型ビジョンに放映さ得る権利が与えられるそうです。佐渡の作品も必ず1つは放映されることが決まっています。

<ECステージで作品紹介>
ちなみに現地発表会当日は、アースセレブレーション真っ只中ということもあり、この企画もアースの関連イベントとして、最終日28日の夜のハーバーマーケット会場で野外上映をする機会もいただき、最後まで残ってくれた運営スタッフと私とでステージに上がって皆さんに作品を紹介させていただきました^^
鼓童の皆さん、素敵な機会をいただきありがとうございました。

IMG_4007

(写真:ハーバーマーケット野外ステージのスクーンにて作品上映)

何はともあれこの企画を佐渡で行うことができたのは、運営スタッフ、佐渡市の関係者の方、そして参加者を快く受け入れていただいた地域の方の多大なるご協力があったからであり、ご協力いただいた皆さん、本当にありがとうございました!!!無理なお願いにも「仕方ないな〜」と引き受けていただいた地域の方の姿が、参加者にとって一番の「佐渡の魅力」になって帰って行ったのではないかと思います。

13620801_1134576803251263_1963330353065603171_n
(写真:Creative Summer Camp 佐渡島コース 参加者/運営スタッフ集合写真)

現地コーディネーターとしての私の仕事も、まだ終わりません。この7つの素敵な作品(切り口)を佐渡でどう生かしていくか、佐渡にとってはこれからが本番です。よく考えて活用していきたいと思っています!

と言いつつ、ほぼ寝ずに活動していた参加者と同じペースで動いていたので、恐ろしいぐらいの疲労感。大学生の若いパワーは素晴らしいと感じた3日間でした。笑
 


慌ただしくも、賑やかだったお盆が終わりました。

普段は静かな外海府の村も、子供のはしゃぐ声が聞こえ、
「夏休み」を一緒に味わえるような、そんな和やかな雰囲気でした。

私が地域おこし協力隊となる前、何度か佐渡に旅行に来ていたのも
大抵、このお盆の時期でした。

その時、始めてみた盆船流し(精霊流しともいいます)には、
本当に感動したことを覚えています。


DSC_1357
<盆船流し(木製の船)>

DSC_1365
<浜には沢山の花が残る>


都会生まれの私には、お盆に帰る田舎というものが無く、
「お盆=夏休み」というイメージしかなかっただけに、
佐渡の人々が普段からご先祖様を大切にしている姿はとても感動的なもので、
お盆には家族で墓参りへ行くというシンプルな事も、羨ましいと感じるほどでした。


DSC_1379
<アケビ製の精霊馬・・・シッポが・・・>


それぞれの家庭でのお盆が、どんな風なものであるのか知りたい・見てみたいという気持ちは、かねてからあったのもです。

そして今年、ある一家の盆船流しを見せていただけることになりました。



DSC_1380
<岩谷口の浜>


最近では、毎年同じ木製の船を使い、ある程度海へ浮かせたら、
お供え物を流してかえってくるという家庭も多くなったと聞きますが、
岩谷口のこの一家は、毎年必ず、ワラで船を手作りします。

DSC_1395
<稲ワラ製の船、盆花(ミソハギ)とともに>


「自分が佐渡汽船に乗っていて、船がひっくり返ったら嫌だよなぁ」と、
船に乗って見送られるご先祖様の気持ちになることも忘れません。


DSC_1396

船を沖へ運び・・・

DSC_1397


どんぶらっこっこ、どんぶらこっこ。

後は、風まかせ、波まかせの旅。

DSC_1401


様々な理由から行事の簡素化が進むことは、誰にも止められない事かも知れません。

それでも、「行事」本来の意味や目的を考えれば、
簡素化することはできないと考える人々も、まだちゃんと居ます。

それぞれが大切にしているお盆を、今年も佐渡で過ごせたことは、
私にとって、嬉しいできごとでした。



おわり



 お盆時期、懐かしい人たちと会う機会も増えますよね。お酒をいつも以上に飲んだり、生活習慣が乱れたりしてしまい、お盆明けは体がぐったり…なんてことにならないよう気を付けたいものです。しかし分かっていても誘惑に負けてしまうことはあります。自制できるか不安な人や、二日酔いなどになってしまった人は、薬店で売られているドリンク剤などで対処してみては。

vol.25

アクア天領店
R0017638

また行ってみたいと思わせるおもてなし

 来店するだけで元気になれる――。そんなドラッグストアを目指して、10年ほど前から営業し、現在は佐渡セントラルタウン内に薬店、相川病院のそばに薬局も店舗を構えています。「今日は暑いねぇ」「体の調子はどう」といった何気ない言葉を掛けて、年配の方の話し相手になることも多いそうです。

店内には、薬はもちろんのこと、日用品や介護用品、化粧品などがジャンル別にきれいに陳列。季節や要望で品ぞろえを変えながら、毎月1週間ほどの特売を行っています。薬は、取り扱いできないものも一部ありますが、中には島内で同店と佐渡セントラルタウン内の店舗でしか販売していない日邦薬品の栄養ドリンクや栄養剤もあり、無料でお試しすることも。また、化粧品はカネボウ化粧品専門で、一緒に化粧品を選んだり、使い心地を試していただいたりしています。

 お店に足を運ぶのが大変な方でも電話一本で、二見地区から北狄地区までなら無料で配達してくれますよ。

 R0017632

R0017644

R0017651

R0017643
<お勧めサービス>

毎週第4週の火・水・木曜はポイントカードが3倍に

<ピックアップ>

・「レバコール」(250ml×23,888円)

カツオの天然アミノ酸などが内包され、貧血の方、食用不振の方、栄養バランスが気になる方へお勧め

・「ミラグレーン」(15648円~)

お酒を飲むことが多い方、肝臓の数値にお悩みの方にピッタリ
・「若甦」(1648円)

薬用ニンジンの力でつらい疲れや冷えを改善。糖質ゼロやノンカフェインのタイプも
R0017660

【data】

住所/佐渡市相川一町目26-2

電話番号/0259-61-2502

営業時間/9:0018:00

定休/土・日曜、祝日

駐車場/なし

HP/なし

 前回のお店探訪から2か月…。ブログがリニューアルしてからは、今回が初投稿となり、ちょっとドキマギしています。
 そんな話はこの辺にしておき、この時期、相川は観光で来られる人や帰省される人でいつもより賑わっております。今回紹介するお店は、帰省される人には懐かしく感じられ、観光で来られる人には目を見張るであろう、魚の種類が豊富なスーパーです。一度足を運ぶと、魚のように目が真ん丸になるはずです。

vol.24

ショッピングプラザ キング相川店

R0017661

思わず目を見張る、鮮魚の品ぞろえと低価格


 島内に4店舗を展開している、安さが売りのスーパー。奥に細長い形をした、相川らしい建物の1階では、生鮮食品をメインに取り扱っています。中でも目を引くのは、魚の種類の豊富さと価格。「相川店は固定のお客様が多いため、飽きられないようなるべく多くの品種を揃えるようにしています。漁師から直接買うこともあるから、珍しい魚が入ることもありますよ」と売り場担当者は話します。価格に関しては、魚市場の競りに参加できる買参権を取得していることが、中間マージンを省いた低価格での提供を可能にしています。

その日の魚が店頭に並び切るのは、だいたい午前11時から正午までだそうで、この時期はマイカやトウオ、シイラなどがお勧め。三枚おろしや皮引きの要望があれば無料で行ってくれるほか、系列店の中で唯一、鮮魚の全国発送も請け負ってくれます。

 また2階には、保存食品や菓子類、日用品などがずらり。暮らしに欠けたものがあれば、あれこれ物色してみて。

R0017665

R0017678

R0017694

R0017670

<お勧めサービス>

鮮魚の値引きは、午後630分頃から

<ピックアップ>

・「火曜~木曜と金曜~月曜の週2回行う特売」

何が安いかは来てみてのお楽しみ

R0017709

【data】

住所/佐渡市相川羽田町44

電話番号/0259-74-4321

営業時間/9:0019:00

定休/元旦

駐車場/なし

HP/なし

凪のいい日が続き、今日は念願だった長手岬で素潜りしました。長手岬は毎年何回も何回も行くとても好きな場所です。
P1120419
 
長手岬のイメージはこのようにいつも波が高く、迫力があるところです。潜りたくてもなかなか入れるもんではないと、思いを寄せていてもお近づきになれないイメージを持っています。
P1100262 - コピー

また青緑の岩石はまるで氷山のように見えます。
P1120390

今日のように波がなく太陽が光るいい日がなかなか巡り会えないけど、普段でも磯遊びする場所としてもとても面白いです、並外れた風景もあるけどカニやイソキンチャクはいたるところに生息しています。
P7240403

またこのようにとんがりの巻貝の中にはヤドカリが入居し、人に動きに反応してばらばらと動きます。写真の中で小さい目と触角見えますか。
P7240424

長手岬の海は名の通り水中にも平べったい岬が長く伸びています。水中の入江は稚魚の隠れ家になっています。
P7240464

この写真をよく見ると銀色に光る水面にスケルトンの稚魚が群がっています。
P7240493

浅く長い岬が通路になって、たまに這うように進まないといけない場所があり、またそこを通るとひらけたさらに長い岬がずっと続きます。
P7240486

ちびイシダイの群れ発見。イシダイは小さい時にカワイイ黄色が見られます。
P7240451

指で突いてみました。イシダイは好奇心旺盛なのでじょりじょり突き返すかもしれません。佐渡の海でのシュノーケリングは多くの生物と出会えます。
P7240448

さりげなく現れたのはカサゴ。わかりますか。保護色でほとんど岩と分別がつかない。知らないうちに裸足で踏んでしまうと痛い目にあうのでご注意を。
P7240482

もう一匹のカサゴ。こいつはレベル高い。見つけられましたか。手かがりは目玉ですよ。
P7240530

色鮮やかなウミウシは小さな花冠をかぶっているよう。これは二ツ亀海水浴場でも見たことあります。
P7240499

長手岬の一番の特徴はとてつもなく豊富な生物量です。一つの穴に一つのうにが納まっています。ウニは自分で穴を掘り住みかを作ります。このように海のブラックホールが延々と続いています。
P7240525

岬が途切れたところで海は急深になります。もう少し探険したいと思うが水温がまだ低く身震いがしてきました。向こう側の神秘はまだ今度に残し私は温かい入り江に戻っていきました。
P7240540



注意:長手岬は海水浴場ではありません。地元の方の大切な場所です。マナーを守り、安全に注意して遊泳してください。 

IMG_3038

協力隊で活動しているとこんな質問をされることがあります。
佐渡に来た頃は「佐渡産」という言葉につられ、あえてその表示がある
商品を買って、「これが佐渡の味かぁ〜」と楽しんでいました^^

そうはいっても「まだまだ佐渡産品が買えるお店が少ないな〜」と感じ、
できれば地域に近い商店街にそういった場所をつくりたいという思いが
この度、河原田本町商店街の協同組合事業として形になりました。

<本町会館にて、佐渡産〜商品〜直売所♪>
IMG_3298

7月から毎週金曜日11時〜13時の時間帯で、
河原田本町商店街の真ん中あたりにある「本町会館」にて、
佐渡特選市場』さんが移動販売としてきています!

な・なんと、初回のお客さんは2時間で70名を超え、
その後も平均40〜50人のお客さんで商店街が賑わうようになりました^^

<お客さんから「商品が選べるのが楽しい」という声>
IMG_3048

野菜・食料品(冷蔵 /冷凍)・惣菜・弁当・パン・お菓子などなど
佐渡産の商品を中心に、近所のお母さんたちのお買い物に便利な
商品ラインナップが揃っています。

それでは少しお店を覗いてみましょう!

<その時の佐渡の旬物もあります>
IMG_3303

新潟名物の笹団子もあり、小さいお子さん(お孫さん)も喜びそう
IMG_3307

<冷凍庫を覗いてみましょう〜>
IMG_3305

新潟県産のこだわり肉なども冷凍でご用意しております〜
IMG_3306

<冷蔵庫の中身もチェック!>
IMG_3313

もちろん「いごねり」は欠かせないですよね!
IMG_3314

<もちろん佐渡でつくられた野菜もたくさん>
IMG_3316

「トマトは、一個から好きな数を選べる商品もありました」
IMG_3318

「玉ねぎ1個20円は、佐渡価格ですね」
IMG_3321

 <地元のお母さんたちのつくった手作り惣菜・弁当もあります>
佐渡の食材にこだわったお弁当(1つ500円で人気です)
IMG_3335

夜やお昼のおかずにもう一品に役立つお惣菜も(全部手作り)
IMG_3334
 
<大きなお買い物に困ってる年配の方からリクエストで並ぶ商品>
IMG_3328

IMG_3329

<ちょっとしたおやつになるパンやお菓子もあります>
IMG_3322

IMG_3327
 
 お店のコンセプトが「佐渡の商品」なので、島外のお客さんや、
休みで佐渡に帰ってきたお子さん達もお買い物を楽しめると思います!

7月は「商店街活性のモデル事業」としてお試し期間でしたが、
大盛況のため事業の継続が決まり、8月も引き続き営業します♪
今週7月29日も営業予定なので、皆さんぜひ遊びにいらしてください!

<営業予定>
8月より毎週火曜日と隔週の金曜日に変更になります!
なお、8月16日はお盆でお休みです。
2016年9月より毎週火曜日に固定となりました。
8月2日(火)8月5日(金)8月9日(火)8月19日(金)
8月23日(火)8月30日(火)全6回
11時〜13時(2時間)河原田本町商店街 本町会館内

7月実施してみて、思っていた以上に商店街にお客さんが集まり、
食を通じて、年配の方の交流の場にもなってきているようでした。

今まで商店街で長く愛されてきたスーパーも5月に閉店してしまい
皆さんが困っている時に「動こう!」とした商店街の活動によって、
お客さんの賑わいが見え活性化としての兆しを感じた気がします。
来月以降は、周りの商店も連動して販売企画を検討予定です!

「皆さんに喜んでもらえる本町商店街へ」これからも活動はつづく
IMG_3337


 

今年初めてのビーチ紹介。
シュノーケリングシーズン始まりましたよ。

木流集落から井坪集落までは佐渡の中での離島、ほとんど通る人がいなく、砂浜は海水浴場として指定されているわけではないです。しかし佐渡では唯一といえるほどの白い砂浜です。もちろん海もエメラルドグリーンに輝いています。
P8160750
 
ここの海はとてつもなくきれいな色ですが、残念ながら風がよく吹き今まで一度も潜ることができませんでした。天気の良く晴れた7月の北東風のある日中、やっと念願を達成しました。
P8160760
 
まるでサンゴ礁がある南国の海です。
P8160792

今回はこの白い丸で囲まれたテトラの内側範囲で潜りました。
図2

海中の状況を見ると陸上よりさらに広い白い砂浜が広がっています。天気がいい時はこのように太陽の光が金の鎖のように一面に広がります。
P7220356

それから陸の近くには藻のついた磯が森のように広がっています。
P7220348

砂と磯が入り混じったところもあり、潜っていて景色に飽きないし生物相が豊富です。
P7220342

テトラの付近では魚が多く、メジナ、おおあじ、大きなクロダイも見かけました。
P7220265

クラゲ一匹発見!緊張不要!これはプランクトン食のミズクラゲ、刺されることはほとんど心配ありません。
 P7220232

一匹、もう一匹
佐渡 クラゲ水族館

向こう側にもいっぱい見えてきました。クラゲは潮目に集まり、私はいつの間にかその群れに囲まれました。
P7220281

ミズクラゲは佐渡では決して珍しいものではありませんが、シュノーケリングの時に大群に遭遇するのは初めてです。海面からの光と相まって幻想的な空間が広がっていました。
P7220312

おまけにクラゲのマクロ写真です
P7220245

注意:このビーチは海水浴場ではありません。地元の方の大切な場所です。マナーを守り、安全に注意して遊泳してください。

 6月3日から相川地域の飲食店8店舗で提供がスタートしたG級グルメ。今回は、各店のメニューを掲載したパンフレット「相川ぶらりごはん」の中身を紹介します。メニューのほか、相川の観光スポットで思い出の一枚を残せるワンポイントカメラ講座も盛り込んでいます。今月中旬には、小判をかたどった統一看板が参加店に設置される予定なので、お探しの際の目印にしてください。
 またパンフレットは、島内の各観光案内所や相川の観光スポットなど約50か所に設置されていますよ。

IMG_20160606_0003
G1:「金山発掘ものがたり」 (そばとパスタの店 與左エ門/090-7832-5806)
G2:「磯の家の大立竪坑」 (磯の家/0259-74-2213)

IMG_20160606_0004
G3:「ゴールデン丼」 (パーラーつるや/0259-74-2495)
G4:「イカの黄金丼」 (板前の店 竹屋/0259-74-3328)

IMG_20160606_0002
G5:「金山の宝船定食」 (古民家食堂&カフェ&居酒屋 持田家/0259-67-7268)
G6:「金の延べ棒出し巻き」 (酒食屋 ちゃらくらげぇ/0259-74-2067)

IMG_20160606_0005
G7:「峠道」 (手打ちそば たておか/0259-74-4177)
G8:「黄金花咲く一夜干しイカ」 (スナックあっぷる/0259-74-3938)

IMG_20160606_0006

IMG_20160606_0007
ワンポイントカメラ講座

P1000827
現在制作中の統一看板

IMG_20160602_0001
 相川地域の飲食店8店舗による「佐渡金銀山のG級グルメ会」が明日3日から、佐渡金銀山にちなんだオリジナルメニューの提供を始めます。同会は2月、佐渡金銀山の世界遺産登録を「食」の面から盛り上げようと結成。それぞれお店が特徴を生かしてメニュー開発に取り組んできました。いずれも個性あふれるメニューに仕上がり、「Gold」や「ご当地」の頭文字を取って「G級グルメ」と名付けました
 また、各店のメニューを掲載したパンフレット「相川ぶらりごはん」を作成し、島内外約50か所に設置します。参加店では現在、統一看板も製作中。相川にお越しの際は、ぜひG級グルメを堪能してください。
 それぞれのメニューや参加店の詳細は後ほど。

【G級グルメ一覧】
G1:「金山発掘ものがたり」 (そばとパスタの店 與佐エ門)
G2:「磯の家の大立竪坑」 (磯の家)
G3:「ゴールデン丼」 (パーラーつるや)
G4:「イカの黄金丼」 (板前の店 竹屋)
G5:「金山の宝船定食」 (古民家食堂&カフェ&居酒屋 持田家)
G6:「金の延べ棒出し巻き」 (酒食屋ちゃらくらげぇ)
G7:「峠道」 (手打ちそば たておか)
G8:「黄金花咲く一夜干しイカ」 (スナックあっぷる)

 久しぶりの投稿となります。サボっていたわけではありませんので、あしからず。
 今日から6月に入り、じめじめした梅雨がもうすぐやってくるのかと思うと気が滅入りそうです。でも、雨の日に家の中でお菓子をむしゃむしゃほおばりながら、映画を観たり、音楽を聴いたりして羽を伸ばそうと考えると気分が上がってきます。今回はそんな時に覚えておきたいお店です。

vol.23

スーパーつるや
P1000789

もったいないの精神が随所にあふれる老舗
 スーパーと衣料品店を展開する、今年で創業78年を迎えるお店。いずれももったいないの精神が感じられます。スーパーでは、廃棄処分されかねない賞味期限切れ間近のお菓子を安く仕入れることで、定価の半値以下で提供している商品があります。そのため、箱ごとまとめ買いする人をよく見かけます。ただ、同じ商品を常に同じ条件で入荷できる訳ではないので、見つけた時が買い時です。また、作り立てを味わえる日替わり弁当も販売しています。

一方、衣料品店では商品数に圧倒されます。できるだけ多くの商品を見てもらうには空間を有効活用しない手はないと、フロアはもちろん、天井から様々な商品が吊り下げられています。普段着からドレス、礼服までを扱うレディースが主流ですが、一部メンズも取り扱っています。他にはマツコデラックスさんをCMに起用した「ムアツまくら」といった寝具もあります。相川に来られた際には、もったいぶらずに気軽にのぞいてみて。

P1000813 P1000766 P1000762 P1000750


<お勧めサービス>

目玉商品を除く必要品や衣料品は、姫津から沢根までなら無料で配達

<ピックアップ>

・「お菓子」

箱買いする人も多いお菓子。定価の半値以下で購入できる商品もあります

・「弁当」(570円~)

国産の牛肉を使った焼肉丼やカツカレーなど、作り立てを3種類ほど提供

・「ムアツまくら」(5,000円、10,000円)

京都西川の枕。首の負担が軽くなるため、肩こりにお悩みの方にもお勧め

【data】

住所/佐渡市相川一町目27

電話番号/スーパー:0259-74-2233、衣料品店:0259-74-2248

営業時間/いずれも9:0018:30

定休/スーパー:日曜、衣料品店:無休

駐車場/あり

HP/なし

 隣に住むの男の子が「かりんさん!昨日のかあちゃんのFacebookの写真みた?」
 なんと!イワシとアジ120匹釣れたらしい!
 こういう確実に釣れるという情報は絶対逃がせない!

 昼ごはん食べる間もなく道具をもって直行、漁港まで徒歩4分!
 目を凝らせてみればこんなにいるんだね、これは釣れるわ。
佐渡 釣り
 
 私はサビキとまきえで釣るのですが、教わったポイントをしっかり踏まえて、①乾燥タイプのまきえの中にちゃんと冷凍オキアミも混ぜてあげること、②あまり釣りを急がず餌付けをし食いっ気にさせててから釣る、③まきえは多すぎるとお腹いっぱいになるからちびちびと。
佐渡 釣り
 
 お昼休みの四十分足らずでこれぐらい釣れた!まあまあかな。イワシはデカかった。
佐渡 釣り
 
 30匹強。また夕方仕事帰りに釣ろうかな。夕飯にアジのから揚げ、イワシはシンプルに焼く、大きいやつは刺身にだってできる。肉質が柔らかくておいしいのよ。これは佐渡に住んでる人しか味わえないおいしさだね。
 いつも野菜くれるおばあちゃんにもお裾分けしようかな。きっと喜んでくれると思う。
佐渡 釣り
 
 シンプルで確実に感じる幸せ、素朴ながらも最高に贅沢な体験がこの自然を愛し、佐渡を愛する原動力になっています。
 よかったら住んでみて、ご案内しますよ。

元気なお年寄り達で始めた「佐渡を歩こう会」改め「佐渡大人の遠足」。
今回は、春の花山にシラネアオイを求める行程です。

DSC02354

アオネバ登山口までのアプローチには両津港からドンデンライナーバスを利用します。
両津港から15分ほどバスに乗り、バス停から少し登ると登山道入り口の看板があります。

DSC02310

ライナーバスは事前に予約が必要ですので、前日までに電話で予約をお忘れなく。
 ◇新潟交通佐渡㈱定期観光バス予約センター TEL 0259-52-3200

登山道入り口で、いつものように入念に準備体操を行います。

DSC02311

ここからアオネバ峠までは約5km、梅津川沿いを2時間ほどひたすら登って行きます。

DSC02312

途中何ケ所か沢を渡ることもあり、ぬかるんだ所も多いので、足元はしっかりしたものを履いたほうが良いでしょう。

DSC02320

それにしてもこの時期、新緑と沢のせせらぎに包まれ歩く樹林はなんとも心地よく、長い登りの疲れも忘れさせてくれます。

DSC02316

標高767mのアオネバ峠までもう少し、ユブと呼ばれる広場を過ぎたころからたくさんの花々が迎えてくれました。

お目当てのシラネアオイ。

DSC02327

今回のコースは、シラネアオイ街道と呼ばれる人気のルートですが、今年は雪が少なかったせいか花の盛りはいつもより一ヶ月ほど早かったとのこと。
本来は一面咲き誇り、日本一とも言われる群生を目にすることができなかったのは残念。

それでも色々な花々が心を癒してくれました。

DSC02333
DSC02339

ところでアオネバ(青粘)の名は、この辺り青い粘土層(青粘層)が多いことに由来しています。
沢の付近に目を向けると、青い粘土層が現れているのが見られます。

DSC02335

無理せず、のんびりと2時間半ほどかけて目的地のアオネバ峠に到着しました。
ここでお楽しみの昼食。

DSC02345

今回も天気に恵まれ、美味しい食事で疲れを癒すことができました。
ここアオネバ十字路は、大佐渡山系トレッキングコースの交差点です。
一年で一番心地よいこの季節、多くの登山者が行き交いました。

食事の後は、なだらかな登りとなり、ドンデン山荘へ向かいます。
まだまだ歩き足りない人たちは、ドンデン高原を回り尻立山を越えるルートを取ります。

DSC02351

と思ったのですが、途中シラネアオイの見どころがあるとのことで、ちょっと道を外れます。

DSC02356

ルート上では咲いている花が少なく物足りなく感じた人も大満足。
今回の旅の目的を十分堪能できました。
ここで時間を取り過ぎ、尻立山は断念してドンデン山荘に向かいます。

ここからは再びドンデンライナーバスに乗り両津港に戻るだけ。
メンバーたちは地図を見ながらもう次の旅を捜しています。

DSC02363

月に一回ほどのトレッキングですが、皆さんこの楽しみを続けるために普段から歩く事を意識しているようです。

皆さんも健康を維持し、いつまでも楽しく過ごしていけるよう、気ままに佐渡をあるきませんか?

IMG_20160516_0001

元気なお年寄り達で始めた「佐渡を歩こう会」改め「佐渡大人の遠足」。

現在佐渡では田植えの準備など農作業真っ盛り。
協力隊としてささやかな農地の世話をする身でも、この季節はスイカ畑の準備や柿畑の草刈りなどで、少々疲れぎみです。

そんな時は、軽めのウォーキングで気分を晴らすのも良いですね。
という事で、今回は外海府の小野見川沿いを遡上するコースです。

DSC02243

河口から緩やかな登りをのんびり歩けばすぐに渓流の雰囲気になります。

DSC02240

春の花を期待していたのですが、低地であるせいか、タイミングが悪かったのかあまり見られませんでしたが、山の中腹にはヤマザクラが満開でした。

DSC02246

清流の音を聞きながらのんびり一時間半ほど歩けば砂防ダムへ。

DSC02251

この先更に上流へ行くことも出来るそうですが、今回はここで昼食を取り引き返します。
とはいえ冒険好きのメンバーには物足りず、ダムの上を覗いてみたいという誘惑を止めることはできません。

DSC02253

ダムの上はこんな感じ。高所恐怖症の人は近づけません。
薮が深くなり、道を蔽ってしまうと危険なので注意しましょう。

DSC02254

下に戻って、ダムの前で昼食。
穏やかな季節、自然の中で食べる食事はほんとうに美味しく感じられます。

DSC02259

今回のウォーキングは河口まで戻って終了ですが、まだまだ陽が高いので帰路寄り道をしながら普段なかなか行けない隠れた名所を訪ねました。

まずは、高千小中学校の前に建つ「英国機着陸記念碑」。
終戦直後、英国の軍用輸送機「ダコダ」が不時着し、住民たちが浜に石を運んで滑走路を作ったという実話をもとに映画「飛べ!ダコダ」が作られました。

DSC02262


次は北片辺にある「夕鶴の碑」。
メンバーの方が、佐渡の昔話しと夕鶴の話しをおもしろおかしく説明してくれました。
各地域地域で、ガイドをして戴ける人がいるのもこの会の特徴です。

DSC02266

続いて鹿ノ浦の「安寿と厨子王の碑」。
森鴎外の「山椒大夫」で知られている物語ですが、それとも佐渡の他の地域とも違ったものとなっています。
各地域に伝承をじっくり聞くと、その地域の特色が分かるような気がします。

DSC02269


最後は七浦海岸の長手岬。
でこぼこした波食台は2000万年前の火山活動の痕跡とのこと。

DSC02277

こうした所へは、小学校の遠足以来なかなか足を向ける機会がありません。
皆さんも健康維持と知的好奇心を満たすため、気ままに佐渡をあるきませんか?

IMG_0001

 GWも、はや折り返し。前半は天気がぱっとせず、いまいちテンションが上がらない人も多いのでは。そんな時は潔くあきらめ、落ち着ける場所で紫煙をくゆらせながらまったりとしたひと時を過ごしてみてもいいかもしれませんね。
 愛煙家には肩身が狭いご時世ですが、ルールを守ってスモーキングライフを楽しむのが大人のたしなみ方。昔ながらのたばこ店にはそんな大人にぴったりなこだわりのたばこが置いてありますので、気軽にのぞいてみては。

vol.22

高野たばこ店

P1000634

二足の草鞋を履く昔ながらのたばこ店

 昔ながらのスタイルで、約200種類もの銘柄を扱うたばこ店。中には、伝説のたばことして知られ、2014年に復活を果たした「ジョーカー」、タールが日本ではありえないほど高い「ガラム」、高級シガー葉を3割混ぜて、味、コク、香りの3拍子を揃えた「ボヘーム」、キューバの葉で作られ、無添加を売りにしている「チェ」など、珍しい銘柄があります。店主の高野修さんは「人の好みは十人十色。いろいろな人の要望に応えていたら、どんどん種類が増えていった。数が出ないものはあるけれど、わざわざ買いに来る人がいるので、扱いはなかなか止められない」と振り返ります。

 度重なる増税による値上げや健康志向の強まりなどで、喫煙率は年々減少傾向にあります。「儲からなくてもいい。静かに暮らしたい」と高野さんは言いますが、行き交う人に街のことを尋ねられれば、いろいろと教えています。地域の案内所としての役割は今も変わらないようです。

P1000636

P1000637

P1000628

P1000630


<お勧めサービス>

店頭にない銘柄は国内外問わず、取り寄せてくれます


<ピックアップ>

・「ジョーカー」(500円)

「伝説のたばこ」との呼び声が高い120mmスリムシガレット。若者を中心に熱烈なファンがいる

・「ボヘーム」(420円)

高級シガー葉を30%使用したタバコ。キューバカクテルの代名詞ともいえるモヒート味タイプも
・「チェ」(430円)

チェ・ゲバラの顔がプリントされた、インパクトのある一品。無添加タイプもあります


P1000648

【data】
住所/
佐渡市相川羽田町55

電話番号/0259-74-2416

営業時間/10:3020:00

定休/不定休

駐車場/なし

HP/なし

 先週末から始まった佐渡金山桜並木ライトアップ。今年は例年より開花が早く、17日の強風によりほとんどの花は散ってしまいました。桜を見られるのが1年後かと思うと寂しい気持ちになりますが、菜の花やチューリップなどが各地で彩を添えてくれています。
 食卓には新タマネギや新ジャガなど春の食材が増えてきました。すがすがしい屋外も良いですが、スーパーにも春を見つけに出かけてみては。

vol.21
児玉商店
P1000604

無料配達もする、地域密着型の食料品店

 開業から70年を超える、家庭にも財布にも優しい食料品店。近年は、農家や業者らと直接取り引きすることで、個性的なお米をはじめ、野菜や魚介類、加工品など、安心安全な地場産商品を少しずつ増やしています。これからは、関のワカメ、近隣で採れるタラの芽やフキ、イチゴなど、春めいた商品が出回り、店内がどんどんカラフルになっていきます。また、サラダや煮物などの惣菜は基本手作り。冷凍ものが多いコロッケも金曜だけはジャガイモの皮むきから作っています。平日は午後8時まで開いているため、夕食を手早く済ませたい時に利用できるのも嬉しいポイントです。

大型店と比べても見劣りしない価格設定にも取り組み、お買い得商品を打ち出した新聞チラシを月5回折り込んでいます。出費がかさみがちなアルコール類も例外ではありません。佐渡産リンゴを使ったスパークリングリキュールや柿の酒など、ユニークな銘柄も価格を抑えているので、一度のぞきに行ってみて。

P1000595

P1000591

P1000614

P1000618

<お勧めサービス>

合計1,000円以上を電話注文すると、旧相川地区を中心に無料で配達。午後2時までなら当日配達可能

<ピックアップ>

・「地酒」

島内5つの蔵を取り扱い、各蔵とも多彩な銘柄が揃っています

・「米」

岩首の棚田米や石名米など、個性的な農家から直接仕入れて販売

・「佐渡産一夜干しイカ」(850円)

味が抜群にいいと評判。他にもいろいろな冷凍シーフードがあります
P1000621

【data】
住所/佐渡市相川一町目38

電話番号/0259-74-2036

営業時間/9:3020:00(日曜、祝日は19:00まで)

定休/112

駐車場/あり

HP/なし

佐渡もいよいよお花見シーズン到来ですね!
「太陽の陽が暖かい、風が冷たくない、外に出るのが楽しい」
初めて佐渡の冬を越えた私の心は、こんな気持ちです。

今回は、佐和田の地元民がすすめる桜スポットを紹介します!

【セレクト1】河原田小学校のウェルカム桜
写真 2016-04-06 13 15 51

校門を囲うような桜の木が新入生を歓迎しているようでした。

【セレクト2】石田川沿いにしだれる桜ロード
写真 2016-04-06 14 09 08

写真 2016-04-06 14 03 46

背後に大佐渡の山々が見える情緒ある風景です。
二宮小学校に向かう坂道の手前のがっこう橋近く。

【セレクト3】二宮神社の鳥居と桜
写真 2016-04-06 14 25 28

写真 2016-04-06 14 20 00

趣のある二宮神社に桜色が美しく映えていました。

【セレクト4】遅咲きの佐和田ダム
写真 2016-04-06 14 54 30

写真 2016-04-06 14 47 16

まだまだ蕾の状態(4/6現在)なので、
お花見に乗り遅れても、4月後半まで見れそうです。

写真 2016-04-06 14 58 50

若干ピンク色に染まっているあたりが桜の木です。
満開になれば、水面に反射して美しいでしょうね。

【セレクト5】海を背した沢根小学校の桜

写真 2016-04-06 15 33 20

写真 2016-04-06 15 31 00


高台にある沢根小学校のグランドの桜は、海を背景に桜を見れる絶景スポットでした。 

【セレクト6】しっとりと桜に浸れる城ケ丘公園(沢根)
写真 2016-04-06 15 44 34
 
写真 2016-04-06 15 42 03

沢根の穴場的な桜スポットなので、人も少なくしっとりと桜を楽しめそう。この階段を上った先にも美しい桜が待っています。

【セレクト7】夜桜ライトアップで魅惑の八幡小学校
写真 2016-04-06 15 56 27

グランドを囲うように立派な桜の木が連なり、
道路沿いなので、車で走っていても目が留まります。


写真 2016-04-06 15 57 50

今回4月16日(土)、17日(日)の両日、午後6時30分~9時まで、夜桜ライトアップの企画を立てているそうです。(雨天中止)
主催:八幡・銀杏の会 
後援:八幡地区自治会/八幡地区分館連絡協議会
お問合せ:090-8588-0362(本間)

佐和田にもこんなに素晴らしい桜があり(紹介しきれず)
それを活かした素敵な企画を考える方もおられ、
桜を楽しむ日本人の文化は素晴らしいなと改めて感じました!

今回紹介しきれなかった素敵な桜スポットも合わせて、ぜひ今週~来週にかけて、見ごろの桜を楽しんでください^^


3月31日に越敷(おしき)神社の清掃活動に参加しました。
ちなみに、越敷神社は「佐渡百選」に選ばれている神社の一つです。oshiki1

まず、拝殿に積み上げられていた古い畳を運び出します。
(写真右側のガラス戸の中にあります)
oshiki3

神殿に向かって右側の様子です。
中央にある2本の柱と下の板を外すと、能舞台になる造りになっています。
oshiki4

奥には立派な神殿が。
oshiki5

畳を運び終えた後は、境内に積もった杉をかき出す作業に入ります。
oshiki6

境内一面にびっしりと積もった杉を熊手を使ってかき出します。
力が強すぎると竹がしなって折れてしまいますが、力が弱すぎるとしっかりかけません。
絶妙な力加減を要します。
oshiki7

作業を続けることおよそ2時間。だいぶきれいになりました。
oshiki8

わかりづらいですが、写真奥側にある、こんもりとしているのがかき出した杉です。
oshiki9


一人だったらほんの5分で嫌になる作業も、みんなでおしゃべりしながら取り組むと、いつのまにか時間が過ぎていることに驚きます。
「地域の力ってこういうところにあるんだな」と感じた体験でした。
oshiki10

清掃活動に参加された皆さん
越敷神社や熊手の使い方などいろんなことを教えてくださり、ありがとうございました。
 

このページのトップヘ