佐渡市地域おこし協力隊サイト

佐渡市地域おこし協力隊全メンバーによる活動報告のサイトです

佐渡市地域おこし協力隊サイト

退任隊員

☆成約しました!ありがとうございます!☆
秋の果実の収穫が始まった佐渡。
本日は「これぞ佐渡の魅力!が詰まった畑付物件!」

どんなんかなぁ~お邪魔します!
IMGP2792
新しいお家です。それもそのはずなんと築9年! 
新潟と佐渡の二地域居住として建てたお家。快適な田舎暮らしをする方にはもってこいの物件です♪

IMGP2789

IMGP2784

IMGP2788
ほら、水回りはとても快適☆ 修理の必要がありません。IMGP2791
リビングダイビング。写真に見えているテーブル・座椅子・飾り棚は置いて行かれるとのことです。
(選別して引き渡すとのことです)
IMGP2780

IMGP2779
和室が2部屋。手入れされたお庭を見ながらの月光浴・・・「そこでやる一杯は格別!」と家主さん。
IMGP2776
そのために・・・?なのでしょうか、ロールカーテンが凝っています。目隠し(左)のスクリーンを引くとさらに出てきたのは明かりが抜ける(右)スクリーンが出てきました^^

この家の遊び方まで教えてくださいましたよ。

遊び方と言えば、このお家の裏に20種類くらいの果樹・野菜が植わっている畑をご紹介頂きました。
IMGP2797
写真に見えるブドウの他に、ビワ・アプリコット・ブルーベリー・山ぶどう・・・
野菜はサツマイモ・ウリ・ナス・ネギ・・・山菜はウド・タラの芽・コゴミ・・・・
「庭でBBQなんかしたら仲間が喜ぶんだ―」^^ あぁ、私もその仲間に入りたい( ˘ω˘ )

IMGP2796
お庭には「どこからか飛んできた」コスモスが花盛りでした。
よい環境のようで、家のすぐ横のスギ林ではトキのペアが巣を作っているそうですよ^^
☆成約しました!ありがとうございます!☆
さーて、気になるこちらの物件!
IMGP2795
詳しくは!佐渡島移住定住支援情報 金井ー23 をご覧ください!




スポーツの秋に食欲の秋!
10月1日(日)に、小木地区の運動会がありました。


秋晴れのもと、小木地区に在住あるいは小木地区出身者の老若男女が
旧小木小学校のグラウンドに集結!
DSC04359



小木小学校の生徒によるマーチングバンドの入場行進☆
息もぴったり!衣装もばっちり!
DSC04348
DSC04350


DSC04356

小木中心部の町場で2分団、まわりの集落を組み合わせて2分団構成し、
計4分団からなるチーム編成です。
地図上で分けるとこんなかんじでしょうか。
IMG_20171005_0005
     青➡第1分団紫➡第2分団緑➡第3分団赤➡第4分団
なんだか・・・町場とまわりの集落の、人口の偏りが・・・。




種目は、大玉送りから始まり、保育園・幼稚園とその父兄による踊り、
ゲートボールリレー、じゃんけんサッカーなど、
お年寄りから子どもまで活躍できるよう、多種多様に展開されました。
DSC04366DSC04379
ゲートボールリレー        近代5種リレー
DSC04397DSC04402
玉入れ競争             男女混合リレー


宿根木に住む私は第4分団として、
大綱引きと、玉入れ、〇✖クイズに出たほかは、
記録係と応援に徹しました。

お昼には、宿根木産コシヒカリの新米でにぎったおにぎり🍙をいただき、
DSC04389
久しぶりの🍙おぎにぎり🍙!具は、宿根木のおばあちゃんからもらった梅漬け!



そして午後も運動会は熱気に満ちあふれました。
DSC04403

総合優勝は、第4分団🚩🚩
2位と1点差という、最後の最後まで結果の読めない!?運動会となりました。

地区の運動会は、私が想像していたよりも大々的でした。
普段はお勤めなどの若い人もこの日はいっぱいいて、
年配の方々も家から出て来られて、
みんなの顔が集まるいい場だなぁと思いました。






佐渡は稲刈りが終盤を迎え、夜になれば肌寒いと感じるくらいになりました。
佐渡は秋が長く楽しめ、秋が一番好きな私としてはとてもいいところだなぁと思っています。

さて、本日は「海近!夏・秋は合宿だーーー!広ーい物件」

自転車や釣りやアクティブに遊ぶ友だちが多い方、移住先の佐渡に遊びに来てもらえるくらい広いお家のご用意はいかがでしょうか!

どんなんかなぁ~お邪魔します^^
IMGP2646
玄関を開けると掛け時計と赤じゅうたんの階段がレトロで好みです!
IMGP2643
お風呂!このレトロな柄は何度見たことでしょう!一世を風靡したのでしょうか。
IMGP2642

IMGP2640
水回りの改修は小規模でよさそうに見えます。
IMGP2639
お部屋の印象は・・・「床がしっかりしている」
床がベコベコしているとこがあったり不安な建てつけはありません。
それもそのはず、元々の家主さんが大工。栗の木を使っているのがこだわりだとか。

2階へ行ってみましょう。
IMGP2653
(あぁ、昭和レトロ♪ 一周回ってモダン。)
IMGP2659
広い!
IMGP2635
基本的に居ぬきでお願いしたいとのことです。ので、この机はついてきます。
IMGP2659
・・・布団がめちゃ多い。これは合宿をするしかないですね。
IMGP2658
部屋数が2階だけで6部屋!
・・・やはり友だち呼んで合宿するしかないですね・・・。
IMGP2655
階段の手すりなっているこのオブジェ?アート??ちょっとしたこだわりが大工さんが作った感を醸し出しています。

外へ出ると、海が見えました。
IMGP2649
今日はいいお天気。夕陽もきれいに見えるでしょうか。

さーて、気になるこちらの物件!
IMGP2647
詳しくは佐渡島移住定住支援情報 相川ー47をご覧ください^^

佐渡へ移住をご検討の方が増えました。こちらの空き家レポを参考にしてくださっているようで、とてもうれしいです。佐渡UIターンサポートセンターでは住むところの他に、お仕事のご相談も受け付けています。「どこへ相談したらわからない」という移住相談迷子を一人でも減らせることができたらな、という気持ちですが、ほどよい距離感で見守りながら応援できればと思っています。












佐渡は夏空と海がとても似合う!
大勢の方が夏休みに佐渡にいらっしゃいますが、住んでいる私でも「夏の佐渡はいいなぁ」と思っています。

本日は「釣ってきた魚が朝ごはん?海近物件」

どんなんかなぁ~お邪魔します!
IMG_2536

IMG_2532
二間を大部屋にしているところがありますが、
IMG_2522
小さい部屋もあるし、用途によって使い分けがしやすそうです。
IMG_2514

IMG_2515
お風呂はちょっと修理が必要かなと思いますが、トイレは水洗下水が通っています。
IMG_2527
ベランダからは海が見えます。そしてこの坂道はドラマに出てくるような、どこか懐かしい雰囲気が感じられました。姫津は大きな漁港のある港町です。
IMG_2538
台所には冷蔵庫庫。
「とれすぎた魚を冷凍している」という話をよく聞きましたが、こういうことなんですね(゚∀゚)



さーて、気になるこちらの物件
IMG_2526
詳しくは 佐渡島移住・定住支援情報 相川ー46 をご覧ください!








姫津漁港の風景・・・
IMG_2542
毎日夕日が沈むのがみれるでしょうか・・・
IMG_2541
猫が寝てるのも?(*´▽`*)

漁港には猫が似合いますね。


さーて
更に詳しくは、地域おこし協力隊小林美由紀隊員の過去記事をご覧ください♪→姫津祭り


祭り女の渋谷です。

この頃、会う人会う人に「黒くなったね」と言われます。

夏の佐渡を満喫した証拠ですかね。

 

さて、楽しかった夏休みシーズンもだんだんおしまいです。

お盆は「帰省で人口が倍くらいに増えたのでは?」というほど賑やかだった佐渡。

 

各地域で盆踊りや花火大会、納涼会がありました。

私も赤泊唯一の盆踊り「山田盆踊り」に参加してきました!

IMG_0814

山田盆踊りは毎年8月13日~15日3日間開かれます。

山田には、地元独自の三民謡

「山田ハンヤ節」「ヤットコセー」「ソーメンさん」

があり、やぐらを囲んで来た人全員で踊ります。

 

私のお気に入りの「ソーメンさん」です↓


山田ではただ踊るばかりでなく、イベント盛りだくさん!

1日目は、名物の「穀醤(こくしょう)」とそうめんの振る舞いがありました↓
写真 2017-08-13 17 31 56

穀醤は初めて食べましたが、甘じょっぱくて、具だくさんでとっておもおいしい!

3杯はおかわりしましたね!

「地域の変わらない味」というのはいいものです~

お腹がふくれたらお次は・・・↓
IMG_0762

「みんなで遊ばん会」で昔の遊びを楽しみます。

実は竹の名所で、昔は竹細工や竹産業が盛んだった赤泊。

竹馬や竹の輪回しなど、手作りの遊び道具で楽しみます。

 

私もチャレンジしてみましたが、どちらも難しい!

子供の習得の早いこと!あっという間に遊び道具を使いこなしていました。

 

人も増えて、会場が盛り上がってきたら・・・↓
IMG_0795

バンドの演奏です!

地元赤泊で組んでいる2組のバンドが演奏を披露してくれました。

 

2日目は、バルーンアート屋さんも来てくださいました↓
写真 2017-08-14 19 18 16

子供たちに大人気で、行列ができていました!

じゃんけん大会や風船割りレース、
岩澤あゆみさんのコンサートと盛りだくさんな日でした。

 

3日目はカラオケ大会!歌ってきましたよ~↓IMG_0938


曲は、自分へのエールを込めて「負けないで」です(笑)

他の出場者の歌が上手すぎて、出ているのが恥ずかしかったです・・・

地元野菜のバーベキューを食べながら、皆さん温かく見守ってくれました。

 

さてさて、余興やイベントが終わり、夜は主役の盆踊り↓
IMG_0853

20時頃から人がどんどん集まって来て、21時から踊り始めます。

伴奏となる楽器や歌は地域の方々の生演奏!

ステキな音が響き渡ります。

 

里帰りの方も、他の地域から来た人も、踊れなくても大丈夫!

真似して踊るうちに覚えますよ!

みんなで輪になって踊ろう~!

 

踊ってひと汗かいた後にはお待ちかねの・・・↓
IMG_0803

抽選会だーーー!

豪華賞品が当たるんです!しかも結構な確率で!

 

扇風機や布団、クーラーボックス、温泉入浴券、生活雑貨…

私も海苔と焼酎が当たりました!やったね!

中学生も活躍していました↓
IMG_0789

昨年から山田の中学生を中心に活動している「山田盆踊り盛り上げ隊」

今年は盆踊りに来てくださった人に、アンケートをしていました。

 

知らない大人に躊躇って声をかけられなかったり、

アンケート用紙を渡すだけで話が続かなかったり、

最初は苦戦していた中学生たちですが、少しずつ自信がついて積極的になっていきました。

 

いろんなところから来てくれているんです↓
21076676_1491388590940636_785921590_n21076933_1491388680940627_1653951575_n

21100990_1491388617607300_1122656717_n

県外からいらっしゃる方が多くて、中学生もびっくり!

帰省の人も多いですが、わざわざ山田盆踊りを見に来たなんて人も・・・

 

山田盆踊りに来たきっかけや楽しみにしていること、今後どうしたらよくなるかなど

今年のアンケートを活かして、来年はどんな活動をするのか楽しみです♪

 

子供から大人、おじいちゃん、帰省の親戚の方々、来場のお客さんまで、

地域で一体となって作り、踊るとっても素敵な山田盆踊りでした。

 

来年お時間があれば、ぜひお気軽にお越しくださいね^^

☆成約しました!ありがとうございます!☆

暑さのピークがすぎ、朝夕が本当に涼しい佐渡です。海水浴の人もぐんと減りました・・・。
「あぁ、夏の佐渡・・・楽しかったなぁ・・・」と佐渡ロスになっているそこのあなた!

本日は「別荘にオススメ!海の音が聞こえる海近物件!」

どんなんかなぁ~お邪魔します^^
IMG_2505
実際に家主さんは別荘として利用されていました。
IMG_2495
家具付きです。すぐ別荘として使えるのはいいかも?
IMG_2491
広く新しいキッチンです。使い勝手がよさそう!
IMG_2497
 
IMG_2499
お風呂・トイレがきれいなので、本当にすぐ住めます!いませんか??夏佐渡で遊びすぎて「佐渡ロス」の方!友だちとシェア別荘なんかいいかもしれませんよ?
IMG_2494
なにせ6畳間が1つと
IMG_2489
そして8畳間が2つ!!
これは家族や友だちでシェア別荘、本気でありかもしれません・・・。

IMG_2509
ここでバーベキューをするなんていいかもしれません・・・
子どもたちのスイカ割りを見ながらウッドデッキで大人たちはビールをごくり。
あぁ、妄想が膨らむばかり。


磯遊びや釣りが楽しめそうな海までたった1分。
佐渡らしい遊びが楽しめそうですね♪
☆成約しました!ありがとうございます!☆
さーて、気になるこちらの物件!
IMG_2487
詳しくは 佐渡島移住・定住支援情報 相川ー45 をご覧ください!


夏は、空き家の相談がたくさんありました。
空き家情報も市、不動産屋さんとも増えています。「佐渡市 不動産屋」を検索!







お盆が終わり、佐渡の夏も半分以上が過ぎたという感じがしますね。
皆様にとって、今年はどんな夏になったでしょうか。

さて、相川地区で活動を行う地域おこし協力隊から、写真展開催のお知らせです。


写真展チラシ2


昨年に続く、写真展第2弾です!
【昨年の様子】→http://sado-chiiki-okoshi.blog.jp/archives/1059873355.html

今年の写真展は、現在、相川地区で活動を行う小林美由紀(金泉地域)と、重盛真知子(外海府地域)2名によるものです。

私たちは、この写真展を通じて、「日常」の中にこそ、数多くの地域の素晴らしさが詰まっているのだということを伝えたいと思っています。

その土地で暮らす人々にとって当たり前の事や、淡々と過ぎゆく出来事の中には、その地域や集落の個性を形作る歴史がそれぞれにあり、綿々と続けられてきた行事が「民俗風習」となって、地域の特色が創り出されています。
そして、それこそが、最大の「地域の魅力」ではないかと、私たちは感じています。

本展を観に来られた方々に、少しでもそれらを感じ取っていただけたら幸いです。


IMG_1087
↑ 会場内の様子(左:小林、右:重盛)
※画像には、あえてモノクロ/ぼかしを入れています。

☺↓↓↓↓↓↓↓↓ 詳細 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓☺

【相川地区ふたりの写真展】

<開催期間>
2017年8月10日(木)~9月10日(日) 8:30~17:30

<場所>
佐州お~やり館 1F 展示室
佐渡市相川羽田町15
Tel:0259-67-7275

<入場料> 
無料

<内容>
・ 地域のできごと
・ 自慢したい食文化
・ 暮らしのひとコマ
・ 知られざるストーリー
・ 特大版!地域新聞
・ 閲覧コーナー(地域新聞バックナンバー、アンケートなど)


会場となる佐州お~やり館は、かつて太宰治などの文豪たちが宿泊したといわれる歴史ある宿泊施設。
昨年4月にリニューアルオープンし、現在は、学生向けの簡易宿泊所となっていますが、地域の方々も、休憩所として気軽に利用できる場所でもあります。

とっっっっても居心地の良い空間を、たくさんの人に堪能してもらいたい!
ということで、特別企画をご用意しました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

☺ 8月22日(火)は、お~やり館でひと休みしよう!☺

この日は、相川羽田商店街で定期市が開かれます。
それに合わせ、佐州お~やり館で、1日限定のカフェを行います!!☺

<メニュー>
◆ 佐渡で焙煎されたコーヒー
◆ 手作りおやつ(ワッフルなど)
◆ 梅ソーダ

<時間>
10:00頃~15:00頃(無くなり次第終了)

コーヒーは、羽茂のコーヒー焙煎所のオケサドコーヒーさんによる販売です!
コーヒー豆の販売も行うそうですので、ぜひお越しください。

header04
↑ オケサドコーヒーさん

また、手作りおやつと梅ソーダは、両津のあいぽーと前で開かれている「ぽーとカフェ」さんによるものです!

image1
image2
↑ ぽーとカフェさん

どちらも、元・地域おこし協力隊の方々が立ち上げた事業です。
この機会に、是非、ご堪能ください。


佐州お~やり館にて、お待ちしております!!





皆様、こんにちは!夏を満喫していますか?
今週18日~20日と佐渡は【アース・セレブレーション2017】一色になります!
2017年、アース・セレブレーションは30周年を迎え、音楽とアートで佐渡と世界をつなぐコミュニティとして深化する30年目の記念すべき「佐渡の祝祭」というビックイベントです。
https://www.earthcelebration.jp/

佐渡全体がECに包まれる中、あいぽーと会場では表玄関のインフォメーションセンターとして、超豪華イベントが盛り沢山になっています。ワークショップ、フードイベント、フォーラム、講座、マーケット等の参加型イベントが開催されます。
R3

■音とダンスのワークショップ 定員:各30名 料金:大人 1,000円、中学生以下 500円

8月19日(土)14:00〜 「音のワークショップ」
体を使って音を奏でるボディーパーカッション。みんなで作った音楽はインターネット等で全世界へ発信します。

  
Kujun 音楽家/サウンド・インスタレーション/ドラマー

8月20日(日)13:30〜 「ダンスワークショップ」
五感を解放し日常生活では使わない感覚を再発見します。ダンス経験のない方も歓迎します。

 
松崎友紀 即興舞踊家/ダンサー(佐渡出身)

■インスタレーション (入場無料)
佐渡の竹と音楽・映像による展示を予定。
佐渡バンブークラブ × Kujun × 吉田モリト

■フードイベント

8月19日(土)11:30〜13:30(予定) 
「音と香りの島食材スペシャルランチ」
定員 50名(コース:20名、ビュッフェ:30名)
料金 コース:3,500円(テーブル席)、ビュッフェ:1,500円(いずれもライブ鑑賞付)

8月20日(日)第1部 17:00〜 / 第2部 19:00〜
「島食材ディナー」(佐和田地区)
会場 SEISUKE NEXT DOOR
定員 18名 料金  コース:8,000円(Khakiライブ鑑賞付)
申込・問合せ UMAMI LABO × さどの島銀河芸術祭プロジェクト Tel.0259-58-7077

 Khaki

■フォーラム・講座 (入場無料)

台湾芸術フォーラム in 佐渡 〜島の芸能と現代美術〜
台湾側ゲストと日本側ゲストによる鼎談

8月20日(日)13:00〜15:00 さどの島銀河芸術祭プロジェクト2017公開講座
「芸術祭のつくりかた」 第5回
講師 : 小川弘幸さん(水と土の芸術祭2015総合ディレクター)
お問合せ : さどの島銀河芸術祭プロジェクト実行委員会
E-mail: info@sado-art.com

8月19日(土) 第4回キラ☆キラふぇすた (入場無料)
佐渡島内で活躍中の女性が大集結 ! ハンドメイド作品などのフリーマーケットをお楽しみください。
お問合せ : キラ☆キラふぇすた実行員会  
Tel. 090-2518-2085 (かたおか)

■あいぽーとマーケット

8月18日(金)~ 8月20日(日)
佐渡島内の有名店による初コラボ企画 !へんじんもっこのソーセージとクレアーレのパンが夢の競演。「クロワッサンピザ」「チリコンカンドック」が初登場!!島内で食べれるのはここだけ!

あいぽーと会場による超豪華イベントで皆様の
ご参加、ご来島をお待ちしております。

フードイベント・ワークショップは予約制になります。
ご予約はこちらから↓
https://reserva.be/sadoart
お問い合わせ:あいぽーと佐渡 Tel. 0259-67-7633 佐渡市両津夷384-11





☆成約しました!ありがとうございます!☆
暑い日が続きます・・・が、朝夕はやはり涼しいです・・・それだけで、佐渡に来てよかった~などと思う私は単純でしょうか。でも「エアコンが切れると寝苦しくて起きてしまう」生活とおさらばできて私は本当によかったと思いますよ。睡眠は大切です。

さて!今日はインターンに来ているリエちゃんと空き家調査に来ました~。
リエちゃんは佐渡出身。佐渡の人から見た空き家の感想を聞きたいなぁ^^
「はい、任せてください^^」

では・・・どんなんかなぁ~。おじゃましまーす!
IMG_2369
玄関開けると御前。「うちの実家の作りとよく似ています!」
御前、小座敷、奥座敷は佐渡によくあるパターンです。だけど初めての人にはびっくりするこの神棚。
IMG_2361
ここのおうちは大黒さん、宇賀神さん、えべっさんが仲良く祀られていました。
IMG_2348
収納もばっちり。
「畳が多くて落ち付きます」
ここのお家は1部屋が非常に大きくどの部屋にも畳が敷き詰められていました。
IMG_2363
・・・広っ。
IMG_2366
2階へ続くこの手すり・・・いい具合に使いこまれていて歴史を見た素敵な色に変化。
IMG_2343
2階からの眺めもよい。
IMG_2344
「こんなに広いのにアノお値段なんですか?都会の家よりかなり広い!!」
そうなんです。アノお値段なんです。
IMG_2338
お風呂も
IMG_2341
トイレも
IMG_2337
台所もすぐ使えるのに『アノお値段』なんです。
私の気に入った今回のポイント。
IMG_2354
玄関の土間と
IMG_2356
床の間のこの深い緑。落ち着きます。

リエちゃん最後に一言!
「はい!都会の家よりも全然広いですし、しかも安いです!佐渡の中心街・海ヘは歩いて行ける距離なので立地の良い物件だと思います。中庭もあるので家の中で緑が楽しめますよ」
☆成約しました!ありがとうございます!☆
さーて、気になるこちらの物件、佐渡島移住・定住支援情報 佐和田ー17 をご覧ください^^

夏になり空き家案内も忙しくなってきました!来島される方は必ずご連絡をください。










4月から市役所地域振興課内に佐渡UIターンサポートセンターができ、移住の相談窓口としてオープンしました。空き家情報など佐渡暮らしの情報収集に訪問してくださるがいらっしゃいます。

そしてこの度、Facebookページが開設されました!

FBトップ画像

左端のキャラクターは佐渡暮らしを目指した人に見える妖精(たらい舟に住んでいる)です。

みえましたか??みえましたよね (*´▽`*)



Facebookページでは、佐渡に暮らす・佐渡に住む・佐渡で働く+セミナー・ツアー情報などをお知らせする予定です。



佐渡に住むでは、協力隊ブログで発信してきた「隊員的空き家レポ」を佐渡UIターンサポートセンターにもアップします。

佐渡で働くでは、サポートセンターに直接寄せられた求人ネタを発信していきます。短期のアルバイトや事業所さんの顔が見えるような内容にしていていきたいと思います。

佐渡に暮らすは、佐渡へ移住した方を中心に佐渡暮らしの声を拾っていきたいと思っています。



後々、佐渡暮らし交流会など企画したいと思っています。移住してから同じ移住者との交流が持ちたいという声がありました。その気持ち・・・よくわかります(笑)
私の思いとしては、移住者だけの会もあれば、たとえば30・40代の会やスポーツ好きな人の会など同じ年頃や趣味を持つ島民を交えた仲間作りをしていきたいと思っているので、バラエティ豊かな佐渡暮らし交流会を目指すつもりです。



そして、佐渡UIターンサポートセンターのHPも現在作成中です。



10月末を持って、3年間の協力隊活動は終わりますが、この佐渡UIターンサポートセンターが私の協力隊活動の集大成でもあり、新たな佐渡暮らしの出発になりそうです。



新たなフェーズに入った「佐渡・移住」
これからもどうぞよろしくお願いいたします。







 ふるさと納税返礼品リサーチの第4弾は、旬なサービスです。

 日本の夏の重要行事といえば何を思い浮かべますか。
 近年は様々な催しが開催されていますが、昔から変わらないのは「旧暦のお盆」ではないでしょうか。特に地方におけるお盆と正月は、国内で民族大移動を引き起こす程のそれは大切な行事です。年に一度、お盆にしか会うことのない「親戚のおじさん、おばさん」や「いとこ」等がいませんでしたか。そして何よりも大切なのは「お墓参り」です。何があってもこれだけは欠かせません。
 しかしながら、少子高齢化から始まり、過疎化、空き家という現象は今や日本中の社会課題となりました。残念ながらその先頭を行く佐渡市ですが、だからこそのサービスが提供されています。その名も「お墓のお掃除」と、そのままのネーミングですが・・・。
DSC_1258


 進学や就職で佐渡を離れてしまい、そのまま島内に家族がいなくなれば、お墓の掃除や管理等のためにそう度々帰省というわけにはいきません。これも時代の流れと若干寂しい気もしますが、一方でこのサービス、ニッチですが今の地方のニーズを的確に掴んでいると思います。

 それでは現場リサーチ開始です。
 今回、同行取材の了承をいただいたのは、このサービスを返礼品提供しているアイマーク環境㈱様です。

 某月某日の市内寺院の墓所、といっても当然昼間の作業です。
 まずは合掌し、作業開始。墓石に水をかけて全体にブラシをかけます。その後、秘伝のタレならぬ洗浄剤をかけさらにブラシをかけます。(なお、この洗浄剤は企業秘密とのことです)
 サバッと水洗いして墓石は一旦終了ですが、それで完了ではありません。
 次は一回りして土台もチェック。すると発見したのは「カビ」でしょうか。早速秘伝の洗浄剤攻撃開始。更に執拗なブラッシングの連続攻撃で見事カビ退治ができ、元の姿に戻りました。
 以下、作業の様子です。
DSC00535
DSC00541
DSC00545
DSC00548
DSC00553
DSC00562
DSC00565
DSC00570



 今回は寺院の敷地内にあるお墓なので、墓石そのものの掃除ですみました。しかし、家の敷地内で、かつ藪の中にあるケースも多いのでは?との疑問がわきます。それに対して「つい先日の記録ですけれど・・・」と見せていただいた写真のビフォー・アフターに感嘆しました。(冒頭の写真のお墓です)
 同社お客様担当の斎藤氏によれば「(島外にお住いの)ご依頼者様からお礼のお手紙をいただきました。」とのことですが、なるほど納得です。
DSC_1259


 人は動けても、先祖代々のお墓を動かすことは容易なことではありません。とは言え、自分の祖先や家族の霊を敬うという日本の伝統文化「墓参」はそう容易く廃れるものではないでしょう。そのために絶対必要な「お墓のお掃除」は、「せめてお墓はきれいにしておきたい」という日本人の心のサービス化なのかも知れません。
 合掌。






 両津地区担当の武田雄二です。

 今月いっぱいを持ちまして、3年間にわたる「佐渡市地域おこし協力隊」隊員としての任期を終えます。

 在任中、皆さま方には大変お世話になりました。

 このブログを通して、佐渡の情報を発信できたかたどうかにつきましては甚だ心もとない面もございますが、3年の間、目を通してくださった方々には深く御礼を申し上げます。

 退任後も両津に残り、佐渡観光に関する仕事に携わらせていただきますので、引き続き、何卒よろしくお願いいたします。

 本当に長い間、誠にありがとうございました。

 

佐渡市地域おこし協力隊

武田雄二 拝

佐渡には7ヶ所の海水浴場があります。

そのうち、相川地区にある「達者海水浴場」の取組みをご紹介します!

 

達者までのアクセスは、以下のとおりです。
アクセス

(達者マップより抜粋)

 

透き通る海がとてもきれいで、魚の群れが海面から見えます。磯遊びもできます。

湾内にあり、テトラポットがあるため、大きな波はきません。
海開き
715日(土)~820日(日)は監視員がおり、安心して海で遊ぶことができます。

IMG_5177 (3)
この写真は昨年のお盆過ぎ、プライベートビーチの様でした。

そんな達者海水浴場では、

昨年、地元自慢のお米や野菜を通して、海水浴客に集落のことを知ってほしい、また遊びに来てほしいという思いから、農産物直売所を開設しました。人が集まる場所となり、おかげさまでとても賑わいました。

P8144150 (2)

P8144148 (2)

そして今年、
2年目の農産物直売所を営業します!!

日にち:729日(土)、30日(日)、

     85日(土)、6日(日)、11日(金㊗)、12日(土)、13日(日)
    
7日間  ※天候により中止する可能性もあります。

●時間:10時~15

●場所:達者海水浴場監視所のとなり

●内容:お達者米おにぎりの無料振る舞い(11個ずつ、各日約100個用意)

      お達者米の販売

            達者産野菜の販売

            ジュースの販売

            カップ麺の販売

            パラソル・レジャーシートの貸出

●日陰で休んだり食事を摂ったりできる休憩用テントを設けます。

●県道45号沿いにある「宮本商店」「川波酒店」で、パンやお菓子、アイス、アルコール類なども購入できます。

「昼食になるようなごはん物を置いてほしい」
という声が、昨年多く聞かれました。検討しましたが、<販売したいが、販売物を調理する条件に合う調理場がない、また、用意できても保冷する方法がない。→欲張り過ぎず、現状でできることをしよう!>という結論に至りました。

ということで、

カップ麺を販売することにしました!
せめてものおもてなしで、達者の清水、通称「お地蔵さんの水」を沸かします。
暑いなか熱い麺をすする…
山に囲まれて海を眺めて食べるカップ麺はいつもよりおいしいと思います!

昨年、直売所に来てくださったお客さんに尋ねた「どこから来ましたか?」。

P8164259 (2)

新潟のほか、長野、群馬、栃木、埼玉、東京から来られた方が多いです。達者を選んで来てくださるなんて、うれしい限りです!達者ファンが増えるといいな…♪今年も調査します。

達者の海は、集落の自慢です。
今年も賑わうことを願って、お待ちしています。


また、

金を中心とする佐渡鉱山の遺産群』として世界遺産になるかどうか、もうじき決断されます。

現在、50年に一度の記録的な大雨による水害や土砂災害が身近で起こり、自然の恐ろしさを実感しています。これから起こり得る二次災害が懸念されますが、喜ばしいニュースとして佐渡が世界遺産に選ばれてほしいなと思います。

P6292793
(達者浜に咲くハマナデシコ)

この夏、高校生6人の想いが佐和田海岸で形となるのをご存知でしょうか?私は4月からこの6人を見守りながらサポートを続けてきました。
そしてついに7/30(日)午前10時に彼らのアイディアが実現します!

witHus

佐渡の海を楽しんでいる若者が少ない。
彼らの企画は、この状況をなんとかしたいから始まりました。そのために、佐渡の若者が楽しめる場所を海につくり、海との接点をつくってみる。そのアイディアとして、自分たち同世代が考えた楽しいと思えることをやってみる。
その結果水上アスレチック(ウォータースライダー)」がやってきます!

スライダー

「やってくる!」ってそう簡単な話ではなかった。

ここまでくるのに、ヘトヘトになるような努力が積み重なっていることを、今回皆さんに少しご紹介したいと思います。この話の始まりは3月まで遡ります・・・

集合写真(ぼかし版)

最優秀賞を勝ち取ったチーム「witH us」
この企画を進めているチーム「witH us」は、今年の3月19日に開催された「佐渡のしゃべり場 佐渡を豊かにする中高生のプロジェクト発表会」(主催:佐渡キャリア教育ネットワーク)に出場し、見事最優秀賞を勝ち取ったチームでした。このイベントは、佐渡の中高生が佐渡を豊かにすることをテーマにアイディアを出し企画としてプレゼンをする大会として島内で初めて開催されたものです。

IMG_6487

「やりたい」と発言した責任感がじわじわ。

最優秀賞をとった「チーム witH us」を含め、発表した生徒たちは発表しただけで終わらせるのではなく、実現に向けて動き出すことになりました。発表の審査においても実現性は評価基準にありましたが、彼らの中で「頭の中の企画」と「実現に向けた動き」では大きなギャップがあり、「やりたい」と発言したことの責任をじわじわと感じはじめ、わくわくだけではない辛いことにも直面します。
with usチラシ画像

「佐渡まで持ってくるって・・大変なんだ。」
「水上アスレチックってさ〜どうやって持ってくる?」頭の中のふわっとした企画を現実にするってとても大変です。メンバーそれぞれが全国のレンタル企業を探し、リストアップした企業に声を震わせながら電話をかけ交渉を始めました。ほとんどの企業に断られる中、奇跡が起こりました。なんと!沖縄のレンタル企業が佐渡でのレンタルを承諾してくれたのです。「やっと決まった〜」とホッとしたいところでしたが、レンタルと送料合わせて50万と言う資金の壁が現れたのです。

応援金

「自分たちの頑張ってる姿が応援に繋がるんだ」
もちろん高校生のお小遣いをいくら集めても50万円には届きませんよね。「ではどうする?」この課題に対して自分たちができることを考え、お金を稼ぐことはできなくても、集めることはできる!島内のイベントで企画を紹介をしながら応援金を集める活動を始めました。最初はもじもじしていたメンバーも「頑張って!」「応援してるから!」と言う声がかかるようになると、自分たちの姿を見せることで、共感を生んで応援に繋がるんだ・・と言う自信が芽生え始め、週末のイベントを探しては応援金を集める活動を続けました。また島内の企業を回り自分たちの考えを話しながら協賛を得る活動も並行して行いました。ご協力頂いた皆さんありがとうございます!

そしてついに!イベント当日が迫る!
いよいよ実際に水上アスレチック(ウォータースライダー)が佐和田の海岸に現れる日がやってきます!資金もあともう少しのところまでやってきています。お金の心配も残る中、今は当日の運営方法やルール作りを進めており、メンバーも最後の最後まで必死です。当日は自分たちは遊ぶ側ではなく、遊んでもらうための裏方役であることを自覚しながら、「人を楽しませるって大変なんだ」ということを身をもって学んでいるようです。7/30(日)同日開催する「海の日フェス2017in佐和田」の方々に多大なるご協力をいただきながら、なんとか本番を迎える目処が立ちはじめています。

00

ぜひ高校生の頑張ってる姿を見に、この夏の思い出をつくりに、7/30(日)は佐和田海岸で!お待ちしてます^^

◎海の日フェス2017in佐和田

日時:7/30(日)10時〜15時
場所:佐和田海岸(Ryokan浦島うら)
事務局:0259-52-3148(佐和田商工会内)

◎Ocean Evolution(水上アスレチック)
詳細:海の日フェス同日・同会場にて開催
問合せ:withusproject@gmail.com

※参加条件※ ※参加費500円(時間制限・定員あり)

身長110cm以上     

・小学生以上        

・10歳未満の場合は保護者同伴

・一人で泳げること

・アルコールを摂取していない

・妊婦ではない

・医師等に遊泳を禁止されていない

・薬の服用等をしていない

小木町・宿根木地区の担当となって、
お会いしたい方のひとりに、竹細工職人さんがいました。


まずはその方の作品を…
①
◇本煤竹手付き花篭(千筋編み)◇
 

②
◇本煤竹長角黒竹手付き花篭(千筋編み)◇



「職人」さんだから堅気で気難しいお方かな~~~と、
すごくドキドキしながら伺ったのが4月末。

ちょうど新潟市であった展示会を終え、佐渡へ戻ってきたところで、
「一服するところだったんだよー」と作業場の中へ上がらせてもらい、
ご夫婦そろって応対してくださいました。

かつては佐渡全体で盛んだった竹細工も、生活様式の変化に伴い、
竹製品の需要が減った現在、それを生業にしている人は
小木ではいるか、いないかというくらいに僅かなのだそうです。

確かに我が家に竹製品はいくつあるかな。。。

花篭づくりに特化したものの、展示会を開くと「目の保養になりました」と
言ってもらえるけれど、なかなか購買にはつながらない…そんな話も。


私も、素敵だなぁとうっとりするばかりで、易々とは手が出ません。
今の身の丈に合ったものを身に着けさせてもらっています。
DSC03229
それが髪留めと、スカーフリング。
髪留めの色の濃い方は、秋・冬、白い方は春・夏に(^^♪

後日、何気なく身に付けて作業場へ伺った帰りに、
「スカーフリングしてくれていたのが分かりませんでした。
母さん、早う教えてくれりゃあいいのに。ありがとうございました。」と
メールをいただき、初めて伺った日のドキドキを上回る心拍数でした。



この小木の誇れる逸品を、より多くの方々に知ってもらいたいなぁと思っていたところ、
同じ4月から協力隊に着任した林隊員が「ふるさと納税」の担当で、
返礼品開拓をしていることを思いつき、相談を持ち掛けてみました。

そうして林隊員に小木まで来てもらって詳細を説明してもらい…
DSC02573
左が林隊員。右が竹細工職人の数馬さん。


私の熱い押しを受け入れてくださり、
このたび、佐渡市のふるさと納税返礼品に登録される見込みです!



囲炉裏やかまどが現役だった時代、その家の天井や屋根裏で二百年もの間
燻されてきた煤竹(すすだけ)は、今では本当に貴重なものです。
その煤竹を使った作品は、当然ながら1点1点色や模様が異なり、
そんな花篭に季節の草花を挿すと、より一層美しさが引き立ちます。

もう一度、載せさせてください。
①②


花篭だけではなく、バッグもあります。本当に素敵です。
ただ、ご紹介するにはまだまだ勉強不足なのでまた
のこのこと作業場へお邪魔させてもらおうと目論んでいるのです。

DSC03241
4月に催された展示会のDMはがき。
バッグやアクセサリーもご覧あれ!

こんにちは、祭り女の渋谷です。

 

最近「佐渡に来た時より大きくなった?」とよく言われます。

ええ、ええ、佐渡に来てから体の成長(横に)が止まりません。

佐渡の酒とご飯がおいしすぎるのがいけませんね。

 

さて、そんな私にぴったり!?のイベントがもうすぐ赤泊で行われます!

 

じゃーじゃん↓
2017赤泊港祭りポスター3校正◎

赤泊のビックイベント「赤泊港まつり」!!

 

港まつりの名物と言えば、何といっても「海上相撲」です。

海の上の土俵で、相撲の真剣勝負をします!

IMG_1957

おもしろそう!!!

最近成長の著しい私なら優勝も夢じゃないのでは・・・(笑)

 

そう、私は海上相撲に出る気満々なのですが、

海上相撲の話をするとき、佐渡の人の反応がみんな同じですごく面白いです。

 

相手「渋谷さん海上相撲に出るんでしょ~(ニヤニヤ」

私「出ますよ」

相手「え!?!本当に!?!??!!」

 

海上相撲出ますよ、出るからには優勝目指しますよ。

ぜひ一緒に戦いましょう!

 

女相撲も本気の取っ組み合いです↓
IMG_1969


当日飛び入り参加もOKですが、出たい方は先にご予約いただけると助かります。

詳細、申し込みは赤泊港祭り実行委員会へ↓

Tel: 0259-87-2200

 

今年は、佐渡出身の大相撲力士「魁渡」も来場します!

佐渡にゆかりのある力士に会えるなんて楽しみですね。

 

そして、もう一つの名物と言えば・・・↓
IMG_1933


「ダンボール舟レース」です!!

 

自作の段ボール舟で速さを競うレースです!

タイタニックのごとく沈没してしまうものまた一興ですね(笑)

 

早さだけでなく、舟のデザインにも注目!

優れた舟のデザインには「段ボール舟大賞」が贈呈されます。

 

「レースには出たいけど、舟を作って持っていくのは大変だな・・・」

 

という人もご安心を!

商工会が舟を貸し出してくれますよ。

 

こちらも当日参加できますが、事前の予約をお願いします。


夜の楽しみは・・・↓
IMG_1991

芸能披露!ビアガーデン!

バンドやおけさ、大道芸、演歌歌手など様々なステージ発表があります。

 

また、毎年恒例の花火大会もあります。

今年は昨年までと日程を変更し、8月5日(土)に花火が上がります。

 

佐渡島外からいらした方、佐渡に里帰りされた方も

花火を一緒に楽しめるようになりました。

 

ステージや花火を見ながらの醍醐味は・・・↓
IMG_1828

地元の商工会を中心に、うめぇもんをたくさんそろえたお店が出ます。

ゆっくり見ていってくらんせ~(ゆっくり見ていってください)

 

 

<赤泊港まつりスケジュール>

◎8月5日(土)

17:00~ 特産品販売

18:00~ 芸能披露

20:30~ 花火

 

◎8月6日(日)

9:30~ 小中学生マーチング・ブラスバンド

12:00~ ダンボール舟レース

13:00~ 日本海海上相撲

18:00~ 芸能披露

 

詳細情報・お申し込みは、港祭り実行委員会(赤泊商工会内)へ↓

Tel: 0259-87-2200


 ふるさと納税の人気返礼品リサーチの第3弾は「牛乳」です。
(なお、牛乳自体は返礼品にありませんので、あらかじめご承知おきください)

 お酒の好きな方は色々な銘柄の「飲み比べ」は経験ありますよね。では牛乳の飲み比べはいかがですか?
 市内のほとんどのスーパーでは牛乳コーナーに「**牛乳」と「佐渡牛乳」が並列して販売されています。後者のパッケージはとてもかわいいトキのデザインですぐにわかりますが、お値段は他より高めかも。「安い方でいいよね」とは佐渡暮らし初の私の妻。
 ある日、我が家の食卓に偶然その2種類の牛乳がありました。(母と妻が別々に買い物をしてきたようですが、嫁姑の諍いではありませんので、念のため)
そこで早速「うまい」と噂の佐渡牛乳と飲み比べを実行してみると、「確かに違う」と家族全員がトキのパッケージに軍配を上げました。正直、牛乳で味の違いがこんなにわかったことは驚きでした。(※これはあくまでも個人の感想ですので、ご了承ください)DSC00510
 それ以来、我が家の冷蔵庫にはトキのパッケージが常駐しています。
この牛乳から造られる「農場ナチュラルチーズ&バターセット」が返礼品として根強い人気を誇るのは当然なのかもしれません。pd_d2efda32af00556b4184ff885689b83e4f61eb5e[1]

 では、その源流となる酪農家の現場はどうなのでしょうか。またまたリサーチ開始です。

 今回訪問させていただいたのは、お父様の代から酪農を始めて約50年という藤原宏道氏のご自宅兼農場です。
 現在、肉牛10頭と乳牛40頭を飼育されているそうですが、山間部を切り開いた敷地は多くの設備や車両で一杯。牛舎の方へ足を向け入り口に立つや、「モォ~」と牛たちの大きな目が一斉に私に向けられ一瞬怯むも、さらに奥へ。DSC00507すると餌のお世話中だった藤原さん、笑顔のお出迎えに一安心です。(最初、藤原さんと牛が仲良く会話しているような印象を受けました:写真下)

 さて、酪農家の日々の仕事はどうなっているのでしょうか?
 高校卒業後、北海道の大学で勉強もされた藤原さんですが、「とにかく休む暇がないのと品質管理が大変ですね」というのが第一声。「特に夏場は牛の健康管理に気を遣う」そうで、「飼料の内容を変えたり、毎日の気温の変化にも気を配っていますよ。クリーンミルク認定農場(注)としてのプライドもあります。」(藤原氏) なるほどプロです。
 動物の命と向き合って日々暮らすというのは、言葉を介さないだけにもの凄い苦労があり、気配りが必要なのでしょう。

 藤原さんが目指す酪農とは?
 「休みがとれる酪農家かな(笑)。できることなら佐渡の草(飼料)100%で、今よりもっと健康な牛の乳を搾り、沢山の消費者が喜んでくれる顔が見たいですね。」(藤原氏)と、ちょっとはにかみながらもキッパリ!佐渡を愛する酪農のプロなのです。DSC00508



 もちろん、その牛乳を製品加工して販売している株式会社佐渡乳業さんの企業努力が大きいことは間違いないと思いますので、詳細は下記HPでご確認ください。
【㈱佐渡乳業】
http://sadonyugyo.com/
 なお、近々その生乳が「佐渡市ふるさと納税返礼品」でも飲めるようになるとの噂を耳にしましたが・・・?。

注:クリーンミルク認定農場
http://sadonyugyo.com/anshin/creanmilk.pdf


 ふるさと納税の人気返礼品リサーチの第2弾、今回は「柿」です。
(ちなみに第1弾は5割減減栽培のお米でした)

 「おけさ柿」というJAさんの商標名でご存知の方が多いかもしれませんが、以前は八珍柿(はっちんがき)と呼ぶのが一般的だったと記憶しています。ググってみると「種のないことが越後七不思議の次に珍しいので、八珍となった」と書いてあります。なるほど!pkudamono21

 私が子供の頃、秋から冬のおやつといえばこの柿でした。私の実家にも何本か柿の木があり、父が収穫して焼酎でさわしていました。「さわし柿、まだ食えんかなぁ~」と開封される日の待ち遠しいこと。そして母に剥いてもらった柿をコタツにあたりながらかぶりつくという、もう思い出すだけで口の中が・・・。
 ということで、その栽培方法等はどうなっているのか?南佐渡の農家さんに訪問取材させていただきました。
 まずは赤泊地区の上野初男氏をご訪問。
 レモン、サクランボ、ゴーヤ等々、まあいろいろ栽培しておられますが、そのレポートは赤泊地区担当の渋谷隊員にお任せして、柿のお話し。
 摘蕾(てきらい)をご存知ですか。実は私、初めて知りました。要は、良い実をつくるために一つの枝には1個の蕾(実)しか残さない。よって、その枝の他の蕾は切り落とす作業のことです。もちろん手作業で!DSC00498
「うちは1町5反(1.5ha)の畑でつくっている」(上野氏)そうで、遥かなる柿の木の並木道。この1本ずつの枝を手作業でとは、思わず「ぎゃー」と叫びたくなります。DSC00499

 「だから収穫の人手も大きな問題」(上野氏)と聞けば納得するしかありませんが、最後に一言「俺のつくった柿を大勢の人が喜んで食べてくれる、それがやりがいよ」と、上野さんカッコいい。



続いては小木地区の青木健一郎氏と奥様の多恵子さんに、作業中の柿畑でお話を伺いました。
「とにかく暑いね」の一言からはじまった青木さんのお話ですが、こんな厳しい夏の日差しの中で、もっと熱い柿への想いを語っていただきました。DSC00515
青木さんはその品質(糖度)にこだわりを持ち「枝の密度を3割程度落としても日当たりをよくして糖度を上げるのだが、剪定と肥料のバランスにも気を配る必要がある」とのこと。素人の私にはとても理解しきれませんが、きっと匠の技というやつでしょうね。
そして秋の20日間で約8万個の柿を出荷されると聞いて、ただただ脱帽です。

それにしても「この暑さの中、そんなに働かなくても・・・」と怠け者の私が切り出すと、それまで黙々と作業をされていた奥様の多恵子さんが「夏の今の苦労は秋に柿が恩返ししてくれるのよ!」とニッコリ。つまり「かいた汗の分だけ柿が質と量で答えてくれる」(青木氏)とのことです。ジ~ン!
こんなご夫妻のつくった柿がおいしいのは当然ですよね。DSC00517


秋になるとスーパーには「柿」コーナーができ、色々な柿が一斉に並べられます。その中で、「佐渡の八珍柿が一番美味しい」と胸を張って言える自信が沸いてきました。





突然ですが、
ご覧下さい、この田んぼ!


DSC_0015

田んぼの中に「ハート♥が・・・・


ここは、外海府は関集落、山の中にある田んぼです。

今春、小田の農事組合法人ケーエフが植えたものです。

DSC_0432

小田の農事組合法人ケーエフでは、耕作放棄地の利活用を目的として、お米をはじめとする様々な農作物の栽培に取り組んでいます。

その中のひとつに、「古代米」があります。

古代米には、赤・黒・緑など、実に豊富な種類があり、その穂の色もそれぞれ異なります。

「そんな穂の色を活かして田んぼアートをやってみないか?」
と、遊び心満載のお誘いを受けたのが今年の4月。

田植え~稲刈りまですべて手作業で行っているこの田んぼならではの提案です。

が、しかし、田んぼアートなんて初めての試み。
どうやったらいいんだろう?と、悩むところからのスタートでした。

そして・・・

DSC_0434

まずは八反で田んぼに枠をつけ・・・・

次に、紐と杭をうまく使って絵柄を描いていきます。(なんとなく)

DSC_0453

DSC_0456

指示を出す人と、紐を動かす人に分かれて、
「ここに黒米、あっちに赤米、周りは緑米」と、声を掛け合い・・・

DSC_0457

DSC_0460

あとはひたすら手で古代米の稲を植えていきます。

どんなふうに見えるかは、稲がある程度成長するまでのお楽しみ・・・

・・・と、いうことで、待ちに待った7月!
ようやく全容が見えてきました!

じゃーん!

DSC_0003

DSC_0013

題して【 I LOVE♥ 田んぼ 】です。☺

今日、こんなにもニヤニヤとした顔で田んぼを眺めていたのは、おそらく佐渡で私だけでしょう。

とってもとっても嬉しかったのです。

初めての取組みだったので、失敗するかもしれないという不安もありました。

細かい技術も無く、アートと呼ぶには程遠いかもしれません。
それでも、田んぼひとつでこんなにも嬉しく、元気をもらったのは初めてでした。


IMG_7108
<古代米の稲穂>

穂の色がとても美しい古代米。
秋の稲刈り時期には、もう少し見た目に変化があるでしょうか・・・

手刈りなので、その時には「手刈りアート」もできるかな・・・

田んぼアートの楽しみは尽きません。
つづく・・・・☺


DSC_0463
<ひとやすみ(最高)>




続々と申請があがってきました。空き家レポを待っている「空き家ファン」も増えている気がします(笑)

協力隊3年目ですが、当初は誰も振り向いてもいなかったただの「社会問題」でしかなかった空き家。
どんな形でも『空き家問題』という地域の問題に興味を持ってくれるのは嬉しいことですね。自分がそれに携われて、住民の意識が少し変わった実感を感じることができて嬉しいです。残り4か月の協力隊活動!フルスロットルで駆け抜けます!

さ、本日は「すぐにリンゴが食べられる??果樹がたくさんあるお家」
どんなんかなぁ~お邪魔します!
IMG_1787
「自分でこつこつ直した」という家主さん。

IMG_1785
一人暮らしにはちょうどいい大きさです。
IMG_1765
トイレは水洗。
IMG_1770
キッチンも新しいです。「ディスポーザーもつけたんだよ」と家主さん。ご趣味は釣りのよう。
IMG_1768
「ここが便利なんだよ~」外に設置された流しは魚や農作物を洗うのにとても重宝しそう。
IMG_1771
2階に2部屋と・・・
IMG_1776
お風呂。
IMG_1784
道具小屋は自作とのこと。
裏の畑には色んな作物がありました。
IMG_1781
私がいったころにはイチゴが♡

さーて、気になるこちらの物件。
IMG_1780
詳しくは佐渡島移住定住支援情報 新穂ー4 をご覧ください♪




このページのトップヘ