佐渡市地域おこし協力隊サイト

佐渡市地域おこし協力隊全メンバーによる活動報告のサイトです

佐渡市地域おこし協力隊サイト

江龍田崇大(ふるさと納税推進)

読者の皆様

こんにちは。
ふるさと納税担当の江龍田(えりゅうでん)です。


11月26日(土曜日)東京・八重洲の「移住・交流ガーデン」にて開催された
『佐渡部vol.8』にゲストスピーカーとして参加してきました。
11月、3回目の東京出張です!!



Fg3nNotaMAIFfVe



■「佐渡部」とは
佐渡にゆかりのある若者のコミュニティの場が「佐渡部」。
「本人または親族が佐渡出身」または「その友人」で、佐渡暮らしや佐渡との繋がりを考えてみたい20~39歳の方を参加対象にしています。

かつて、私も東京で暮らしていた際に一参加者として、通っていました。
また、佐渡に移住してからは「佐渡部!ラジオ」の第1回目のゲストとしても呼んでいただきました。


sadobu
初めて参加した佐渡部! vol.3



■当日の様子

PXL_20221103_235722658_2
朝イチJFで佐渡を出発!9:05新潟発の新幹線は大宮だけの停車でらくらく


PXL_20221126_033811916~2


PXL_20221126_045639571


PXL_20221126_035332643~2



第1部の佐渡部員トークで、移住前の佐渡との関わりや
移住後の活動と、1年半を過ごした私が考える佐渡の魅力などお話させていただきました。



original_0efa37c4-a6a3-41ae-9a20-f71406551842_1669763096748
表紙は、この週に訪問した松丘農園さんの干柿の製造風景.
季節感があって、好評でした!


original_3b780769-9dc8-4561-8820-8ce4465e7075_1669763085331
もうお一方のゲストは、佐渡で小中高を過ごされた十文字さん.
10月に相川の北沢浮遊選鉱場でスカイランタンのイベントをされたお話がとても興味深かったです!


第2部は「交流コーナー」
今熱い!佐渡の話題のスポットをもとにしたクイズをしました。
後半は、住んでいる私でも難しく、各チーム白熱した展開になりました。


PXL_20221126_065811197~2


PXL_20221126_071116046
最後は移住交流課の遠藤さんが、補助金制度についてご紹介.


PXL_20221126_130946283




〜ここからお知らせ〜





■【お知らせ】「新潟ドッカン祭り」参加します!
11月30日(水)~12月5日(月)
東武百貨店 池袋店 8F催事場
営業時間:午前10時〜午後7時

dokkan
詳細はこちら(東武百貨店)

佐渡関連では、金塊つかみのほか
石原水産さんによる「寒ブリ」解体ショーもあります!!
〜〜〜〜〜
佐渡島の金山!「金の延べ棒掴み体験」
■11/30(水)〜12/4(日)
午前11時〜12時・午後2時〜3時30分・午後5時〜6時30分
■12/5(月) 午前11時〜12時
〜〜〜〜〜




ということで、引き続き11月は東京月間です。
どうぞよろしくお願いします!
日々の活動はTwitterでも発信しております。



江龍田

読者の皆様

こんにちは。
ふるさと納税担当の江龍田(えりゅうでん)です。


19日(土曜日)・20日(日曜日)池袋サンシャインシティで開催された
「アイランダー2022」に
佐渡産品のPRで参加してきました!
11月、2回目の東京出張です!!


flyer_page-0001



flyer_page-0002




■アイランダーとは
「アイランダー」とは、全国の島が一体となって島の持つ自然・歴史・文化・生活などのすばらしさをアピールし、交流人口の拡大、UJIターンの促進を図り、離島地域の活性化に資する目的で行う「離島」や「都市」、「その他地域」との交流事業です。(公式HPより)


PXL_20221120_010455256
八丈島の方々の太鼓で開場!


PXL_20221119_081059412_2
全国の島々が集まり、会場には熱気がありました!



■佐渡ブースの様子
来場いただいた方に人気だったのは、なんといっても「金塊つかみ」!
皆さんコツを知っているようで、成功される方がたくさんいらっしゃいましたヨ◎

PXL_20221119_012016611~2


PXL_20221119_033902497~2
佐渡産品紹介&移住相談ブース(佐渡UIターンサポートセンター)


PXL_20221120_013812173_2
今回は金銀山のPRもあったので、海洋深層水「金銀山パッケージ」をずらりと並べました.
\目を引いて立ち止まってくださる方も/




■佐渡産品紹介ブース

大田区のイベントに続き、今年度から取り組み始めた
ふるさと納税協力事業者さんへのインタビュー記事を
チラシの裏面につくり、配布しました。

今回は、回答いただいた方に
JA佐渡様から提供いただいた「朱鷺と暮らす郷」のお米をプレゼント!
多くの方に佐渡産品の特長を知っていただく機会を設けることができました。

PXL_20221119_022832830


PXL_20221119_071234167
QRコードを読み込むと、ヒントが書かれています.
みんさん、スマホ片手に記事を読みながら素早くこたえられていました.

event202211_page-0002


〜ここからお知らせ〜



■【お知らせ①】佐渡部 vol.8 にゲストで参加します!
11月26日(土)14:00~ @東京・移住交流情報ガーデン
こちらは佐渡UIターンサポートセンターさんにお誘いいただき
お話をさせていただきます!

Fg3nNotaMAIFfVe


■【お知らせ②】「新潟ドッカン祭り」参加します!
11月30日(水)~12月5日(月)
東武百貨店 池袋店 8F催事場
営業時間:午前10時〜午後7時

dokkan
詳細はこちら(東武百貨店)

佐渡関連では、金塊つかみのほか
石原水産さんによる「寒ブリ」解体ショーもあります!!
〜〜〜〜〜
佐渡島の金山!「金の延べ棒掴み体験」
■11/30(水)〜12/4(日)
午前11時〜12時・午後2時〜3時30分・午後5時〜6時30分
■12/5(月) 午前11時〜12時
〜〜〜〜〜




ということで、引き続き11月は東京月間です。
どうぞよろしくお願いします!
日々の活動はTwitterでも発信しております。



江龍田

読者の皆様

こんにちは。
ふるさと納税担当の江龍田(えりゅうでん)です。


11月12日(土)佐渡国小木民俗博物館で『小木のこと♪知らNight!秋』が開催されました。
第1回目は参加者だったこのイベントに、
なんとこの度、奥野隊員からお誘いいただき
小木地区のふるさと納税についてお話をしてきました。



314076065_493128886191316_7717163958729342087_n


第1回目のレポートはこちら(奥野隊員)



受講生は定員いっぱいの19名。授業時間は20分。

ふるさと納税の概要から紹介して、
小木の事業者さんとその返礼品について詳しくお話しましたヨ。




■会場の様子

PXL_20221112_093400862
奥野先生から始まりのあいさつ

1668393413090_2
順番入れ替わって、私がトップバッター!

小木のこと♪知らNight!_202211



PXL_20221112_104501723_2
メモを取っている方、質問も多く熱気がありました.
(右奥に写っているのは奥野さんです笑)


■次回も楽しみ!
なんといっても、木造校舎の雰囲気が良かったです!
また、他の先生方の授業も興味深く聴きました。
次の開催も一参加者として楽しみです!!



〜ここからお知らせ〜




■【お知らせ①】アイランダー2022に出展します!
11月19日(土曜日)・20日(日曜日)@池袋サンシャインシティ
こちらは、年末ということでふるさと納税のPRです。
会場では数量限定でプレゼントもあるとのこと。
お近くの方はぜひお越しくださいませ。


2_title
https://www.i-lander.com/2022/
(TOPが佐渡の画像ですね!)



■【お知らせ②】佐渡部 vol.8 にゲストで参加します!
11月26日(土)14:00~ @東京・移住交流情報ガーデン
こちらは佐渡UIターンサポートセンターさんにお誘いいただき
お話をさせていただきます!

Fg3nNotaMAIFfVe


■【お知らせ③】新潟ドッカン祭り @東武百貨店 池袋店
◯日時 2022年11月30日(水)~12月5日(月)
午前10時~午後7時
◯会場 
東武百貨店 池袋店 8F催事場

※詳細情報待ち(お手伝いで行ってきます)
https://www.tobu-dept.jp/ikebukuro/event/detail/1167



ということで、11月は盛り沢山です苦笑
どうぞよろしくお願いします!
日々の活動はTwitterでも発信しております。



江龍田

読者の皆様

こんにちは。
ふるさと納税担当の江龍田(えりゅうでん)です。


11月5日(土曜日)・6日(日曜日)に開催された
第33回「OTAふれあいフェスタ」に
物産販売のお手伝いと、
ふるさと納税をはじめ、観光・金山のPRで
参加してきました!


kohoshi_page-0001


kohoshi_page-0002


kohoshi_page-0002


佐渡市は大田区と「自治体交流」という縁で
これまで当フェスタに参加してきたという歴史があるそうです。



■会場の様子
ちなみに協力隊になってからは、
昨年末の上越市&新潟市で行った物産イベントに続き3回目の催事でした。
東京は初!

コロナの影響で、3年ぶりの開催もあってか、
想定を超えて、たくさんの方にお立ち寄りをいただきました。


PXL_20221105_023705981~3


PXL_20221105_024317022~3
ブースの場所は...
そうです!平和島のボートレース場!!


PXL_20221105_003927705_3
佐渡出身の方や、
私のようにおじいちゃん・おばあちゃんの家が佐渡にあるという縁の方も多くお立ち寄りいただきました.

PXL_20221106_012214760~3
物産販売を担当した市川さんこと「なみごん」
佐渡が好きで、最近移住したそう!チェック->(Instagram


■ふるさと納税

また、今年度から取り組み始めた
ふるさと納税協力事業者さんへのインタビュー記事を
チラシの裏面につくり、配布しました。

event202211_page-0002


〜ここからお知らせ〜



■【お知らせ①】小木のこと♪知らNight!秋
11月12日(土)18:30~ @佐渡国小木民俗博物館
こちらは小木を担当する奥野隊員にお誘いいただき、
小木地区のふるさと納税協力事業者さんのお話をしようと考えています。
ぜひ島内の方は、お誘い合わせのうえお越しくださいませ。

314076065_493128886191316_7717163958729342087_n



■【お知らせ②】アイランダー2022に出展します!
11月19日(土曜日)・20日(日曜日)@池袋サンシャインシティ
こちらは、年末ということでふるさと納税のPRです。
会場では数量限定でプレゼントもあるとのこと。
お近くの方はぜひお越しくださいませ。


2_title
https://www.i-lander.com/2022/
(TOPが佐渡の画像ですね!)



■【お知らせ③】佐渡部 vol.8 にゲストで参加します!
11月26日(土)14:00~ @東京・移住交流情報ガーデン
こちらは佐渡UIターンサポートセンターさんにお誘いいただき
お話をさせていただきます!

Fg3nNotaMAIFfVe


ということで、11月は盛り沢山です苦笑
どうぞよろしくお願いします!
日々の活動はTwitterでも発信しております。



江龍田

読者の皆様

こんにちは。
ふるさと納税担当の江龍田(えりゅうでん)です。


8/22(月)市長定例記者会見での発表にもあった通り
「ふるさと納税特設サイト」がオープンしました!


スクリーンショット 2022-08-26 14.00.02
■特設サイトはこちら
https://www.visitsado.com/furusato/



スクリーンショット 2022-08-26 13.47.27

https://youtu.be/bAr0B0YMUis?t=303



■開設の背景

佐渡市では、平成20年度よりふるさと納税を開始し、
2022年現在、8つのポータルサイトで返礼品の取り扱いをしています。
サイトを横断的に、より多くの方に情報をお伝えできるようサイトを開設しました。

開設にあたっては「さど観光ナビ」内に作成をしております。
新潟県内の観光情報サイトの中で最も多く見られているサイトであること、
また、佐渡に関心をもっていただいている方にも「佐渡の特産品」という観点から情報発信をできればと考えております。


■「特集」コンテンツ
特集では「つくり手の想い」というコンセプトで
生産者へインタビューを行い、より佐渡を知っていただけるようなコンテンツをつくっていきます。

スクリーンショット 2022-08-26 14.20.00


スクリーンショット 2022-08-26 14.20.16

第1弾は「佐渡乳業」様 「大上塚本商店」様 からご協力をいただきました.



■「新着情報」コンテンツ

新着情報では、新規掲載された返礼品や、季節商品の情報を更新していきます。


スクリーンショット 2022-08-26 14.26.35



引き続き、市政へのご理解とご協力のほど、
何卒よろしくお願いいたします。
(日々の活動はTwitterでも発信しております)



江龍田


読者の皆様

こんにちは。
ふるさと納税担当の江龍田(えりゅうでん)です。
ここ数日の佐渡は暖かく、すっかり春の陽気。桜も満開です。

今回はふるさと納税では2年目を迎えた『佐渡満開さくらます』※をご紹介します。
4月1日から水揚げが始まったという情報を得て、早速取材に行ってきました!
※『佐渡満開さくらます』は2018年から弓ヶ浜水産(株)で養殖されているサクラマスです(参考

 
whitemap_sadowaki
水揚げ場所は「和木漁港」両津港から車で15分ほど.


■朝6:00出発
いつもより早起きをして向かったのは、内海府の和木漁港。
お天気がよく、加茂線を走っているときの朝日ですっかり目がさめました。


IMG_8829
到着すると、すでに氷をタンクに入れる作業をされていました.

7:00の朝礼では、その日の水揚げ量の確認をします。
この日は、1,200匹あまり=約2トンという予定で作業がスタート。
まずは、生け簀の魚を岸側へ移動させます。


IMG_8784


さて、どうやって海から陸へ魚を揚げるのかと思っていたところ登場したのが..!
「ショベルカー」!!


IMG_8791


ショベルでダイレクトに!と驚きましたが、先端に付けた網で丁寧にすくって捕獲していきます。
山形県の某芋煮会を思い出したのは私だけではないはずです..笑


IMG_8793

揚げたあとは、1尾ずつ手作業ですぐに「活〆」。
活〆することによって、
魚の体内から血を抜き、高い鮮度を持続するとともに、
しっかりとした肉質を維持したままの、高品質提供に努めていらっしゃるそうです。

IMG_8806
パタパタと動き回るサクラマス.まさに活きの良さを見ることができました!

そして、もう一つ鮮度を保つ上で大事なのが「氷」。
活〆したあとすぐに、水氷タンクに運ばれていました。

IMG_8828

そして、水氷タンクをトラックに積んで、両津の加工場へ。
このあと、発泡スチロールに入れられ、水揚げしたその日のうちに出荷しているそうです!

IMG_8812



■「サクラマス」とは
「ます」といえば私の知識では富山の「ます寿司」くらいで...サクラマスのことも調べました。
サクラマスは、鮭の仲間。
川で産まれて、
海へ下るものが「サクラマス」・川に残るものが「ヤマメ」というそうです。

名前の由来は、
戻ってくる時期が桜の咲く頃であること、
あるいは身肉の色が桜色であることから「桜鱒(サクラマス)」と呼ばれるようになった、と言われているそうです。(参考



■こんなに現場で見ていたら、食べたくなりました..!
ここまで見たら..食べたい..!早速、スーパーに行って調達してきました。
そして、特製『佐渡満開さくらます丼』に!!!

PXL_20220411_040854399.PORTRAIT

PXL_20220411_040924983.PORTRAIT

PXL_20220411_035939949.PORTRAIT
もっと撮りたかたったですが、あまりに美味しそうで...すぐに実食.


お味はというと..
・パックを開けた瞬間から、魚の甘い良い香りが漂って
・口に入れると、舌の上でとろける..
・そして、上質な脂の香りが口いっぱい広がります
大満足でした!!

4月上旬時点で、島内スーパーをまわったところ
私はマツヤさんでGETできました。ぜひ、チェックしてみてください!



■ふるさと納税の返礼品でも!
ふるさと納税では、昨年度から開始した真野鶴さんとの\コラボ商品/をご用意しております。
さくらますは、塩水に付け込み、切り身になっておりますので、そのまま焼くだけでお召し上がりいただけます♪
お酒は、関東信越清酒鑑評会2021 吟醸の部にて金賞受賞した「真野鶴 万穂」。
こちらも要チェックです!

sd1_bf239027a081a46a08dd5ec2a2e2e46b45505feb
これまでは、単品の返礼品が多かった中で、
昨年度ご協力をいただきセットの返礼品をつくることができました!


1尾まるごと(約1.6kg)の寄付は、毎年11月頃から受付を開始してます!
昨年度、寄付いただいた皆さま、ありがとうございました。
順次発送しておりますので、お楽しみに。
57030472_01_web_s


今回は、『佐渡満開さくらます』をご紹介いたしました。
日々の活動や佐渡暮らしの様子は、Twitterでも発信しております。よろしくお願いいたします。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

江龍田



IMG_8831
帰り道にて、両津湾に浮かぶ生け簀
少し中心が盛り上がっているのは、自動の餌やり機械->魚の養殖現場でも機械化・自動化が進んでいることを知りました.

読者の皆様

こんにちは。
ふるさと納税担当の江龍田(えりゅうでん)です。

2021年の4月1日に着任をして、ちょうど1年が経ちました。寒かった冬も乗りきってあっという間です!
例年であれば、年度末に市民への活動周知として、報告会を開催していたようですが、コロナの関係でリアルでの開催は今年度も見送りとなったため、報告書を作成しました。
こちらのブログでも同じものをご報告いたします。



■ふるさと納税の現状

佐渡市では、平成20年度よりふるさと納税を開始しております。
直近の平成
30年度からは、毎年1億円ずつ寄付額が増加し、令和2年度では3.3億円のご寄付を全国の皆さまからいただきました。さらに私が着任した令和3年度も、前年度をさらに上まわる4億円近いご寄付をいただいております。


furusato_Y



新規事業者20社・新規返礼品179点を追加しました!
返礼品の登録数を増やすべく、着任後の春・夏は、すでにご協力いただいている島内120の事業者様を訪問して商品の掘り起こし・改善をしました。
また、秋からは、新たにふるさと納税にご興味をお持ちいただけた事業者様へ、制度のご紹介にお伺いをしました。令和3年度は、20の新規事業者様に新たに参画いただき、全体では179点(2月末時点)の新規返礼品を追加いたしました。

スクリーンショット 2022-03-31 10.38.16
2021年度に追加した新規返礼品の一部
新規返礼品は、毎週土曜日にふるさとチョイス「最新情報」にて更新!


寄付者の方へ情報発信をしています!

寄付者の方に、魅力や価値が伝わるように広報活動もしています。
ふるさと納税の申込みができる
Webサイトでは、秋に旬を迎える果物特集、また「佐渡島の金山」世界遺産推薦決定を受けて、金山にゆかりのある返礼品を紹介するなど、時期に合わせた情報をお届けしています。

gpfd_d18b87d26d37b673af9304f550484597f2f6a32d
\祝/『佐渡島(さど)の金山』世界遺産推薦決定記念 ~佐渡金山ゆかりの返礼品をご紹介~(ふるさとチョイス)



さらに12月には、上越市「無印良品」・新潟市「ホテルイタリア軒」で行われた物産イベントに出店をしました。佐渡に興味をお持ちいただいているお客様と直接お話することで、より寄付をしていただきやすい環境づくりに努めました。



2021年度は、既存・新規事業者の皆さまから多くのご協力をいただきました。
2022年度は、引き続き佐渡島内の事業者を訪問しながら、より寄付者の皆さまのニーズに応えられるような取り組みをしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。
(日々の活動はTwitterでも発信しております)



江龍田


読者の皆様

こんにちは!
ふるさと納税担当の江龍田です。
佐渡はすっかり寒くなり、本格的な冬に備えてブルーヒーターを購入しました。

さて、今回は\特別企画/と題して、佐渡市地域おこし協力隊のメンバー5人で、新米【6種類】を食べ比べてみました!!その様子を各隊員から4回に分けてブログでお届けします。
実施日:2021/10/26)


IMG_1461
協力隊メンバーはこちら! @岩首
奥野-五百川-江龍田
山本-村山

【公開予定】
①準備編<--ココ!
②食べ比べ編
③棚田展望台編
④舞台裏編


佐渡の米を食べ比べてみたい
そもそも今回の企画は、私が業務でふるさと納税・返礼品のお米を扱う中で、
「品種」そして、佐渡の中でも「産地」の特徴を人に紹介できるようになりたい!と思ったことに始まります。そして、そのためには一度に食べ比べてみたいと。ただし、1人だと難しい。。そんなとき若手の隊員に声をかけたところ快諾してもらい、実施できました!もちろん、新米を味わい尽くすというのは言うまでもなくです🍚

【目標】
1.「産地」と「品種」の特徴を人に伝えることができる
  ->「おいしさ」を競うのではなく、どんなシーン・料理に合うか...
2.新米を味わう・楽しむ!



エントリー米は6種類
ふるさと納税でお世話になっている事業者さんや、隊員が活動する集落で栽培されているものを揃えました!すべてコシヒカリではなく、「こしいぶき」や「ササニシキ」という品種を混ぜることでより違いがわかるようにセレクトしてみました。

IMG_7326

========
No.1:トキ認証米
No.2:こしいぶき(国仲:向屋ファーム)
No.3:ササニシキ(国仲:高島農場)
No.4:岩首棚田米
No.5:お達者米
No.6:上横山米
========



■炊飯には「湧き水」を
少しでも条件を統一できるよう、お米を洗う・炊く際の水は同じものを使いました。
当日、岩首へ向かう途中にある、小倉地区にて。
小倉_湧き水
山の方では、木々が色づきはじめています.



すりきり2合・洗い方も統一に
そして、各隊員持ち寄りで、炊飯器を並べます。ジャジャーン!!

IMG_7334


IMG_7337


IMG_7338
すりきり2合を、普段の業務でお米を詰めているという山本隊員がきっちりはかってくれましたヨ。

IMG_7353
洗い方や炊き方は、こちら(全農パールライス)を参考に


IMG_7357
ちゃんとお水も均等になるよう、村山隊員が水平器を用いて入念なチェック👀


■スイッチON!
あとは、待つのみ!
6台もあるので、箇所を分散させて、「いっせーのーで」同時にスイッチを押しました。

IMG_7369



■次回予告:食べ比べ編
さて、次回はいよいよ「食べ比べ」の模様をお届けします。
どんな感想が出るのか・・お楽しみに〜〜

IMG_7379



[参加隊員]
小木町地区:奥野
放課後等学習支援:五百川
ふるさと納税推進:江龍田
達者集落:山本
岩首集落:村山


江龍田

読者の皆様

こんにちは。
ふるさと納税担当の江龍田(えりゅうでん)です。
佐渡では稲刈りのピークが過ぎ、朝晩も冷えて秋らしくなってきました。

さて、とある日に姫津の今井茂助商店3代目:今井茂人さんから連絡がありました。
「『いかとっくり』をつくるから、見に来ますか??」
ぜひ!と二つ返事で、姫津に行ってきましたので、
今回は、返礼品にも登録されている『いかとっくり』の製造工程をご紹介いたします。
(取材日:2021/09/29)


枠あり
『いかとっくり』はその名の通り、いかでできた徳利.
原材料は「するめいか」100%で、熱燗を入れたり、使用後は炙ったりして楽しみます.

お好みの日本酒でも味わっていただけるよう、この度、単品2コ入をご用意しました!



〜〜〜〜〜


whitemap_sado_hime


IMG_5728
姫津集落は、技術を持った石見(島根県)の漁師が集団で移住したことにはじまります.
その背景には、佐渡金銀山の採掘による、島内の人口の飛躍的な増加があったそうです.
(詳しくは、佐渡市HP・
佐渡島の村々への影響)



■いかとっくりの製造工程
事前に、どんな作業があるかを送っていただきました。情報によると、いかとっくりは、5日間の日程で製造が行われます。私は、一番の見どころだという2日目「いかに空気を入れて膨らます」作業を見させていただきました。

ーーーーー
[1日目]
ワタ抜き、皮むき、吊るして乾燥…夜に裏返す
[2日目] ★  ココ!★
コルクを装着し、空気入れ、吊るし直し乾燥、空気補充
[3日目] 
コルクをはずし、形を整え、吊るし直し乾燥
[4日目]
色、硬さ見て乾燥仕上げる
[5日目]
サイズ選別し、ゲソ、いかとっくり各袋詰めして、完成
ーーーーー


■いざ!工場へ!!

IMG_7196


IMG_7200


まず、目に入ったのは干したイカの大群!
前日に加工処理をして乾燥したものが、並べられていました。
このイカたちを徳利(とっくり)にするため、空気を入れるコルクをつけるのが、1つ目の作業です。



IMG_7189
コルクは海のブイでつくられている.
どこか見覚えのある形だと思ったら、自転車の空気入れの口!


IMG_7205

コルクを付けたら輪ゴムでしばって、準備は完了!
あとは、エアコンプレッサーをつかって、慎重に空気を入れていきます。

IMG_7220
イカの大きさ、乾燥具合によって、膨らみ方もそれぞれ.
割れないように、熟練した手仕事で、丁寧に空気を入れていきます.
(ひと昔前は、手動の自転車空気入れでやっていたとか..!)


動画でもぜひ!こちら
(今井茂助商店・公式Facebook)



IMG_7190


IMG_7208

できあがったものは、きれいに吊るされて、乾燥室へ。
硬さなど状態をみながら中の空気も補充したり、夜間にも温度管理を行ったりしながら、このあと3日間乾燥させるそうです。

IMG_7216


■いかとっくりは昭和初期に誕生!
いかとっくりは、初代:今井茂助さんの代から製造を始めたとのこと。時期は、昭和初期頃。当時「北海道」にまでその製造工程を習いに行ったとお話を伺いました。現在、少なくとも新潟県内で製造しているのは今井茂助商店だけだそうです!


さとふる_金鶴セット
佐渡の地酒とセットにした返礼品もご用意しております!


■いかとっくりの取扱説明書
①「いかとっくり」をご家庭の「湯のみ」に立てます
②お酒の熱燗を注ぎ入れます
③2、3分で香り高い美味しい「するめ酒」が楽しめます
④使用後は焼いて「お酒のしみ込んだ、美味しいするめ」を召し上がれます
[参考]
今井茂助商店・公式HP
佐渡烏賊徳利研究所(イカケン)・Facebook


■基本情報
◯今井茂助商店
〒952-2134 新潟県佐渡市姫津229
0259752515
Googleマップ

〜〜〜〜〜


また、同じ姫津では、「姫津漁協」からも返礼品を出品しています。

■【新規返礼品】姫津漁協から
毎年7月に開催されている恒例イベント「姫津いかイカまつり」は、
新型コロナウイルスの影響で、2年連続で中止となりました。
そんな中でも「なかなか佐渡に帰ってこられない子供にイカを送りたい」「お世話になっている親戚にイカを送りたい」と思っている方々へ「姫津いかイカまつりセット」をふるさと納税にてご用意いたしました。こちらは「食卓のもう一品」にも便利なセットになってます!



姫津漁港_加工




今回は、姫津・今井茂助商店名物『いかとっくり』の製造工程をご紹介しました。
日々の活動や佐渡暮らしの様子は、Twitterでも発信しております。よろしくお願いいたします。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

江龍田

読者の皆様


こんにちは。
ふるさと納税担当の江龍田(えりゅうでん)です。

今回は、ふるさと納税で「小玉スイカ」の掲載がスタートしたということで、
御挨拶を兼ねて、西三川にある『松丘農園』さんに行ってまいりました!


バナー_西三川スイカ
『佐渡西三川の名産品「スイカ」(小玉2個)』(寄付額:1万円)
〜7/31までの「期間限定




〜〜〜〜〜



西三川地区
西三川地区は、佐渡の南西部に位置する.
比較的温暖で、島内では果樹の産地として有名.



IMG_5873
国道350号線から、山の上に一段上がった場所は、初めての景色
左手がスイカ畑・右手には田んぼ、奥には真野湾が広がっている


■祖父の代から続く農園
市役所(@金井)から、車を走らせること25分。
農園に到着して早速、スイカ畑に連れて行っていただきました。
案内いただいたのは、松丘農園・園主の佐々木さん。
スイカの栽培は、おじいさんの代から始められたそうです。


IMG_5853



「もっと株間を密にして育成している産地もありますが、
 ここでは比較的、間隔を広くとっているのが特徴です。」
3代にわたり色々と試す中で、この土地に適したやり方なのだと伺いました。


IMG_5856
これから大きくなるスイカ


私が何枚か記録用に写真を撮っていると、
「スイカって、畑だと写真映えするのが難しいんだよ・・苦笑」と佐々木さん。
たしかに、、緑に緑色なので、遠くからだと判別が難しい。。

sd2_71a6334eb85cfe30e99b7225f27a5d725481c67e
やはり切った写真が「夏」って雰囲気です!!


奥へ進むと
さらに小さい、生まれたての赤ちゃんスイカも見せていただきました。
そこで、なにか「札」がかかっていることに気づいた私。


IMG_5868


よく見ると「21」という数字が書いてありました。


IMG_5869


これはスイカの「誕生日」、
つまり、実がついた日だそうです。(写真のスイカは、6/21が誕生日)
この札を頼りに「積算温度(せきさんおんど)」を計算して、収穫を迎えるとのこと。


◆積算温度とは
毎日の平均気温を合計したもの、これを積算温度という。
たとえば、スイカの果実の成熟には一定の日数がかかるが、日数よりもむしろ毎日の気温の累積が重要であり、それは800~1,000゚Cとみられている。つまり、快晴が続いた場合日数は少なくても、累計がこのぐらいの積算になれば成熟に達するとみられている。このように、積算温度は作物の栽培の多くの場面に共通した重要な意味をもつ。


ちなみに、松丘農園さんでは1,000゚Cを目安に
収穫時期を見極めていると伺いました。
たっぷり陽の光を浴びたものが、収穫されるんですね。


IMG_5865
取材中には、毎年、松丘農園さんでスイカを購入しているという
常連のお客さんが、注文書を持ってやって来た


IMG_5858
株元にある「ネギ」
連作障害を防ぐために植えている(なるほど..!)



IMG_5864
畑の上には、鳥に食べられないようにする「ネット」
収穫期には「とんちぼ(たぬき)」避けで電柵も設置する



■佐渡島内で購入したい!
島民の方にはおなじみ、西三川には「くだもの直売センター」で販売しています!
2021年は、7月15日にオープンして、
旬の果物をはじめ、野菜や加工品など販売しています。


IMG_5841 (1)


IMG_6037


IMG_6041

IMG_6042
「スイカ」といっても、品種は様々



■ふるさと納税:申込みサイト
本返礼品は、5つのポータルサイト 又は 郵送・FAXにてお申込みを承っております。
〜7/31までの「期間限定」です!
小玉なので、保管も比較的カンタン
冷蔵庫で冷やすも良し、これからの時期は、キャンプや海水浴にもぴったりな季節商品を、ぜひ一度ご賞味ください!

◯ポータルサイト

ふるさとチョイス

楽天ふるさと納税

ふるなび

au pay ふるさと納税

ふるさと納税ニッポン



◯郵送・FAX

詳しくは市HPをご確認いただけますようよろしくお願いいたします。



〜〜〜〜〜



IMG_6036
帰り道にて..佐渡の景色もすっかり夏っぽくなってきました..




今回は、旬の佐渡産スイカをご紹介しました!
今後も佐渡の「旬」な返礼品を中心に、お伝えしていきます。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。



江龍田



読者の皆様

ふるさと納税推進担当の江龍田です.
今回は私の業務内容について、ご紹介させていただきます.

「募集要項」が良くまとまっておりますので、
こちらを元に書きたいと思います.


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【募集要項】佐渡市地域おこし協力隊(ふるさと納税推進)_page-0001
【募集要項】佐渡市地域おこし協力隊(ふるさと納税推進)_page-0002
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


■業務内容
要項から抜粋すると私の活動内容は下記の通りです.
==========
①事業者を直接訪問しながら、ふるさと納税協力事業者及び
 新規返礼品の掘り起こし、既存事業者の返礼品の改善。
②ポータルサイトの掲載内容の写真や紹介文などの見せ方の改善。
③ポータルサイト、寄付者へのメール配信などの情報発信。
④島内事業者による返礼品管理業務の実施支援。
==========


■4月〜6月の活動(ダイジェスト版)
4月:ふるさと納税の制度理解と佐渡市の現状把握
    複数あるポータルサイトの実績データを、1つのファイルにまとめていました.

5月~:協力事業者様への訪問
      上記のデータを元に、約100ある事業者さんへ1軒ずつ訪問をしています.
      訪問先では、御挨拶と合わせて
         「令和2年度実績データ」「各ポータルサイト新しい運用情報」などを
           ご紹介しております.(活動①②④)


PXL_20210514_043811283.PORTRAIT
時にはネコにもお会いしたり


2021年06月末現在、約50の事業者さんを訪問させていただきました.
(未訪問の事業者様、遅くなりましてすみません、、順次、お伺いして参ります)

また、並行して
新規事業者様に向けたふるさと納税のご紹介(活動①)と
ポータルサイトでの情報発信(活動③)もしています.


■1日のスケジュール
市役所:地域振興課(本庁・第2庁舎)に席があります.
直近は、協力事業者様への訪問をメインにしているため外出が多く、
空き時間で事務作業をしています.

PXL_20210331_230347865_3
おじいちゃんの軽トラで事業者さんを訪問中


■これからの活動
引き続き7月以降も協力事業者さんへの訪問を続けていきます.

やるべきこと・やってみたいことはたくさんあります!
ただし、島内各所100の事業者様を一人で対応しているもので、
時には至らぬ点もあるかと存じます.
事業者様や市・他の協力隊員と一つずつ取り組んで参りますので
何卒よろしくお願いいたします.


■新規事業者様を随時募集中!
もし「ふるさと納税」にご興味ある事業者様は
まずご相談からでも、ぜひご連絡いただけますと幸いです.
↓詳しくはこちら↓
事業者の方へ:佐渡ふるさと島づくり寄附金の協力事業者を募集します(佐渡市HP)



■佐渡市へのふるさと納税はこちら
佐渡ふるさと島づくり寄附金(ふるさと納税)(佐渡市HP)



今回は活動内容をご紹介させていただきました.

最後までご覧いただきありがとうございました.



江龍田


読者の皆様

はじめまして!
2021年4月より「ふるさと納税推進担当」として着任をいたしました
江龍田 崇大(えりゅうでん たかひろ)と申します.
どうぞよろしくお願いいたします.


初回のブログ投稿は
「自己紹介」をさせていただきます.
まずは経歴でございます.


■経歴
・新潟市東区出身
・大学(@和歌山)を卒業 -> IT系会社(@東京)にて3年勤務
・父親が旧両津出身という縁で、
 2021年3月に妻と2人で佐渡へ移住(孫ターン)


PXL_20210311_041535593
山形県鶴岡市・松ケ岡開墾記念館にて



ここからは、よく聞かれる質問についてお答えしていきます.
Q1.「江龍田(えりゅうでん)」ってどういうことですか・・?
日本で1軒の名字みたいです.
由来は詳しくわかりませんが苦笑、、
「江」「龍」とも水に関係がある漢字ですので
「田んぼ」にゆかりがあるのだと思っております.


Q2.佐渡へ来た経緯は・・?
①新型コロナウイルスが背中を押しました
3月まで東京で働いていましたが、
2020年の1年間は、狭いワンルームでの在宅勤務や外出できない日々が続き
住環境が良いところで暮らしたいと考えるようになりました.
②結婚を考えていたこと
もあり、場所をどこにしようかといくつか選択肢を探しました.

そんなとき、
③父親の実家(現住居)が空き家になっていたこと
④大学生3年生の半年間、佐渡に住んでいた時期があり知り合いの方が多くいたこと
4つが決め手となって、移住を決めました。

◯孫ターン
協力隊の先輩方をはじめ、「孫ターン」佐渡はすごく多いと感じています.
以前に記事として取り上げていただきました.
『佐渡島に「孫ターン」続々 移住スムーズ、観光振興にも一役』(産経新聞:2016/10/14)


Q3.ふるさと納税推進担当を希望した理由は・・?
私の場合は、住む家があったので、
集落にとらわれない、いわゆる「ミッション型」がいいなと考えていました.
①佐渡島内の全域で活動ができること
②一次・二次・三次と幅広い業種の方とお会いできること
2つを魅力的に感じ、ふるさと納税推進担当を応募をしました.


Q4.興味・関心は・・?
①国内旅行が好き!
とにかく旅が大好きで、これまで日本各地を訪ねました.

スクリーンショット 2021-06-29 10.41.43
離島では、粟島・隠岐・五島列島・屋久島・石垣島...など



②歴史が好き!
特に「幕末・明治維新」「上方 ⇔ 北方(越後・奥羽・蝦夷)」
という2つに関心を持っています.
例えば、下記のような内容です.

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

IMG_5397-min
移住当初に真野宮の狛犬・台座で偶然見つけた「北海道」の文字(筆者撮影)


増毛(ましけ)町・・?「たしか増毛の『國稀酒造』の創業者は佐渡出身だったような」と思い出し、スマホの写真フォルダを遡ると、まさにその方でした「本間 泰蔵(ほんま たいぞう)」氏


IMG_0076
佐渡・河原田諏訪町のお生まれ(筆者撮影)

IMG_0072
2018年に北海道・増毛町『國稀酒造』を訪問(筆者撮影)


旅の魅力の一つに、訪れた先で「点と点が繋がる瞬間」があると考えています.
そして、どういった背景でその「点が線・面」になったのか思いを馳せる時、
私はワクワクします.

佐渡は、流刑・金銀山・北前船と代表的な歴史コンテンツがあるため、
そういったポテンシャルを秘めているはず.
佐渡を巡る中で、各時代における「佐渡と他所」との繋がりを、
今後深めていきたいです.

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


初回の投稿は以上でございます.
日々の業務はもちろん、移住を検討されている方へ
佐渡暮らしの様子も発信できればと考えております.
Twitterでも投稿していますので、どうぞよろしくお願いいたします.


次回は「ふるさと納税推進」の業務内容について書きます.
最後までご覧いただき、ありがとうございました.


江龍田


eryuden160px

江龍田崇大隊員の記事一覧

投稿名 江龍田崇大(えりゅうでんたかひろ)

担当 ふるさと納税推進(佐渡全島)

出身地 新潟市東区
 
任期 2021年4月〜2024年3月予定

ひとことコメント
父親が旧両津市出身という縁から、
2021年3月に、妻と2人で佐渡へ移住(孫ターン)をしてきました。
活動を通じ、佐渡のファンを増やせるよう日々まい進していきます!

このページのトップヘ