佐渡市地域おこし協力隊サイト

佐渡市地域おこし協力隊全メンバーによる活動報告のサイトです

佐渡市地域おこし協力隊サイト

観光支援

冬型の気圧配置となった先週末、新潟県佐渡地域振興局と佐渡観光協会が主催する「佐渡金銀山ネットモニターツアー」に参加させて頂きました。

訪問地である金山周辺の上相川地区へは幾度となく訪れた事がありましたが、有料観光ルートの道遊抗、大立堅坑へ入ったのは初めての経験でした。加えて、当地の歴史、文化、地理、自然を熟知したベテランのガイドさんによる説明と、午後からの金山から奉行所へと至る歴史探訪の道を歩くツアーは、同じく博学多識ガイドさんの興味をそそる説明に耳を傾けながら、いにしえの鉱山町を開墾当時の慶長年間から諸施設が稼働していた昭和年間、そして、現在へと歴史絵巻のタイムトンネルを潜った様なムードとロマンのあるツアーでした。

このツアーで学んだことは、如何に佐渡金山発展が今日の佐渡へ重要な影響をもたらしたかということです。この町が栄華を極めた江戸時代には日本各地からその道のエキスパートが集められ、そして時間をへて、それぞれの匠の技が今世に息づいていることを垣間見ることが出来たことです。それが現在の佐渡に於ける農業溜池であったり、棚田であったり、漁業のノウハウであったり、街並みに残る商業、そして、第二次、第三次業への発展へもと至る様です。

私はこの素晴らしい佐渡を育んだ佐渡金銀山を、是非、国内のみならず、世界の人々へ知って頂きたいと思います。

素敵なツアーをプレゼント頂き、ありがとうございました。<m(__)m>
DSC09663
DSC09693
DSC09698
DSC09734


今年7月から営業を開始した佐渡島内唯一の遊漁船団体、あかどまり遊漁船協会の新加入船「マツオカ丸」による電気釣り試釣会へ昨晩、当会の事務局として参加しました。

因みに、本船は地元の造船所社長が自ら建造したハイテク船です。

赤泊港を出港したのは午後5時過ぎ、凪の良い莚場沖を目指しました。海況は南西の風、風力3、水温22度、気温20度、多少のうねりがありました。

高速船に付き、10分程で釣り場へ到着。水深42mラインへアンカーを打ち、投光器を水深10m程にセット、釣の開始です。早速仕掛けを落下すると、途中でアタリがあり、25cmサイズのマサバが2匹掛りました。その後、仕掛けをアジ専用に交換し投入すると強烈なアタリと共に40cmのマアジをゲット、その後、同じサイズを3尾追加し、釣り方を餌釣からジギングへ切り替えました。他の乗船者3名は餌釣、ジギングで同サイズのマアジ10数匹、コダイ2匹、イナダ2匹、マサバ6匹の釣果でした。2時間程の釣行でしたが、この時期の電気釣り釣果としてはマアマアの様でした。

来シーズンは夏場に納涼を兼ねたこの電気釣による夜釣をスタートさせる予定です。

この様に、赤泊に新しい釣のジャンルが誕生しましたので、是非、この遊漁船を
ご利用願いたいと思います。

DSC08976
DSC08977
DSC08983
DSC08980


こんにちは 
いいお天気が続いていますね。
農家の方々は稲刈りで大忙しです。

先日、宿根木で北陸新幹線「上越妙高駅」開業カウントダウン写真を撮影しました!
 
カウントダウン写真では、昨年の365日前からカウントが始まり、来年3月14日の開業に向けて、様々な団体や個人がカウントダウンの数字の入った写真で登場しています♪(越五の国 上越妙高駅開業カウントダウン→こちら

佐渡からも多数参加しており、
佐渡市地域おこし協力隊としても350日前に登場!(写真はこちら
小木地区からは稲荷町の小獅子舞も♪(写真はこちら

今回は白山丸友の会として、千石船の前でパチリ。
どんな写真なのかは、12月14日 越五の国HPでご確認下さいね。


終わってから、記念撮影です。
DSCF4884

来年の春は上越妙高駅の開業と小木~直江津航路の新造船就航で、関西方面から佐渡へのアクセスが良くなります。ぜひご利用下さい♪

宿根木で待ってまーす!

一昨日、面識のあった達者集落住人、池田寅一さまを外海府・高千地区担当、中村暢子隊員と二人で表敬訪問しました。目的は当集落の活性化案と、地先にある観光施設再建案への情報提供と意見交換を求められた為、現地へおもむき、視察と意見交換をさせて頂きました。

当地区は残念ながら、担当隊員がおらず、多岐にわたる支援活動を得づらい土地柄となっている様です。(恐らく、来年度には新たな隊員が相川地区へ派遣されると思われますが・・・)

集落の活性化案としては、中村隊員が実施されている「野菜の庭先集荷」に興味を持たれた様で、今後、集落内で検討される様です。

一方、観光施設再建案に付いては、観光漁業、海洋リクリエーション等いろいろと具体案を

話合わせて頂き、名実とも外海府の玄関口としての観光役割を果たすべく、休業中の施設再稼働も含め、新たな観光開発案を検討して頂ける事になりました。

当地は、全国的に名の知れた映画「君の名は」(チョット古いですが)のロケ地で景勝地の尖閣湾を有し、外海府観光の中心的存在となっています。その観光施設と遊覧船、海中透視船が営業を停止している事は如何に佐渡観光にとってマイナスであるか極めてその影響へは計り知れないものがあります。

我々隊員が出来る事には限度がありますが、その必要性を多くの佐渡ファンへ今後、訴える事により、陰ながらご支援出来るのではないかと感じます。これからも、許される限り、池田さま始め、達者住民の意向に沿って本件へご支援させて頂きたいと思います。

皆様もどうぞ、達者地区の未来へ向かう取り組みへご注目願います。DSC08360 (1)

DSC08347 (1)
DSC08345 (1)
DSC08392 (1)

99()当地、「民話の里・赤泊」にて開催されましたとてもユニークな本イベントの題目を、ご紹介させて頂きます。

以下の表の通り、島内各地に興味深いメルヘンチックでサッド・ストーリーの背景となる場所があります。この様な民話発祥地を訪れる「佐渡民話の旅」などあっても良いですね!(^^)/

色々な宝モノが詰まったS(エス)のシマ、SADO(GA)SHIMAへ思いを寄せて下さい!

語りプログラム

 

語り部(敬称略)

居住地

題名

背景場所


児玉 宗栄

金井

姉打島3話その③とどの巻

外海府・願集落

2 

金子 勝雄

赤泊・柳沢

加茂湖の竜

両津・加茂湖


中野奈美子

小木

山門洞クシキ

相川・達者


臼杵 房子

小木

シャリンバイ悲話

相川・小川


渡辺 タイ

赤泊・鍛冶屋

だんごと地蔵さん

外海府・関


山田ともよ

両津

養老の滝

前浜・岩首


中川キヨエ

羽茂

水神さんの詫び証文

羽茂・滝平


石塚ノブ子

小木

まんだら寺の又助さん

二見


児玉 宗栄

金井

姉打島3話その①姉慕の巻

外海府・願集落

10

斉藤一三代

佐和田

鵜島オンジャク

相川

11

山東 村伝

(横浜)

米を振る  (昨年に続き飛び入り出演)

群馬県水上町

12

大岩ミドリ

赤泊・山田

トキのたまご

赤泊-畑野?

13

大場美恵子

羽茂

ぼたもち坂

羽茂・大崎

14

渡辺 タイ

赤泊・鍛冶屋

きまぶり銀杏(いちょう)

新穂・清水寺

15

児玉 宗栄

金井

姉打島3話その②竜王の巻

外海府・願集落


DSC08098
DSC08121
DSC08100
DSC08124 (1)

P7110824
宿根木のまちなみに車で向かう途中、白山丸はあります
いつも少しだけ顔をのぞかせている船体が
年に一度だけ青空の下に帆を掲げる、それが白山丸祭りです! 

H26白山丸まつりポスター

《白山丸祭りスケジュール》
26日(土) 前夜祭(17時~21時)
 19時00分 小木おけさ子供連の郷土芸能
 19時30分 鼓童公演 小編成
27日(日) 本祭り(9時~15時)
  9時10分  船体の曳き出し、帆柱立て、帆揚げ ★参加者募集中★
 10時30分 船内見学(15時まで)
 11時30分 宿根木伝統芸能ちとちんとん公演
 12時30分 弦楽座公演
 14時00分 フラダンス公演
場所 佐渡国小木民俗博物館内千石船展示館
※焼きそばやタコ焼き(宿根木で捕れたタコ入り)などの軽食、地場産野菜の販売あり

(去年の様子)
IMG_7745
前夜祭
IMG_7921
船体曳き出し

スタッフと同じ白山丸Tシャツを着て船体曳き出しを体験してみませんか?
中学生以上であればどなた様でも歓迎!お問い合わせは白山丸友の会(電話0259-86-1234)まで♪たくさんの方のお越しをお待ちしております。
※雨風により帆揚げができない場合もあります。ご了承ください。

P7180037
晴れますように!
白山丸友の会HPへはこちらから

今週末はカンゾウ祭りでした。

朝、両津では大雨だったそうで祭りも中止か?と問い合わせもチラホラ。
当の大野亀は風が少し強かったくらいでなんら問題なく開催決定。
昼頃に雨が降りましたが、最後まで実施することができました。

DSC00910

バスや車がひっきりなしに行きかいます。
例年駐車場の混雑で来場者にご迷惑をおかけしているので、今年は少しでも
円滑に回るよう警備員を増員するなどの工夫をしました。
おかげで大きな問題はなかったようです。

DSC00896

島内のたくさんの企業やホテル・民宿から協賛をいただきました。
皆様有難うございます。

さてこのカンゾウ祭り、地域の子供達も大活躍します。

まずは内海府小学生によるマーチングと中学生による海府太鼓。
祭りのオープニングを飾ります。

DSC00934

DSC00940

終了後、一部の子供は子供鬼太鼓や佐渡民謡を披露します。

DSC00970

DSC00986

中には鬼太鼓と佐渡民謡をかけもち、という子も。着替えるだけでもひと苦労。
このステージに立つために、連日練習を重ねました。
子供達も大変ですが指導者や親も忙しい中時間を作っています。
こうして地域文化は伝承されていくのですね。

6年生の2名は近くにある弾崎灯台の一般公開を記念した「1日海上保安官」と
「1日灯台長」に任命され、PR大使として現地にも赴きました。

DSC00991

制服も決まっていますね。

お祭り恒例の中学生によるカンゾウガイド。今年も人気です。
自分たちで調べて作った資料を見せながらカンゾウや地区のことを丁寧に説明。
その詳しい内容に観光客も感心していました。

DSC01009

そして今年から小学生による「カンゾウ保護募金」活動が始まりました。
カンゾウボランティアにも毎回参加して頂いていますが、祭りでも力になれたらと
学校側のご好意で声をかけてくださいました。

DSC00955

元気よく募金活動を呼びかけます。
募金してくださった人に「有難うございました!」とお礼をしたところ
「カンゾウを守ってくれてありがとう」と声をかけられ嬉しかったそうです。

DSC00848

私も何かお手伝いできたらと思い募金箱とボードを作ってみました。
少しはお役に立てたかな。

供達の頑張りもあり、たくさんの寄付をいただきました。
募金してくださった皆様に感謝申し上げます。
観光協会内で管理し、今後の保護活動に大切に使わせていただきます。


そして今年のカンゾウ祭りも無事に終了することができました。
トータルで7000人の来場があったそうです。
島内や県内はもちろん、関東や東北、名古屋からもいらっしゃいました。
訪れていただいたみなさま有難うございました。


今年は祭りの開催時期も早く(6月第2週の土日)、また5月中旬の強風で
岩近辺の開花が送れたこともあり、全体的な花の量は少なめでしたが
大野亀や二ツ亀の美しい景色を堪能していただけていれば嬉しいです。


そして本日の大野亀です。

1032

1014

カンゾウの見ごろはまだまだ続きます。今週末くらいまでは大丈夫、かな?

最後までお読みいただきありがとうございました!

こんばんは。

今日の大野亀は晴れたり曇ったり雨が降ったり、なんだか慌しい天気でした。
朝からたくさんのお客様、中には台湾からのみなさんも

DSC00825

DSC00828

DSC00832

丘や遊歩道はカンゾウもずいぶん開花しました。

DSC00840

大野亀岩周辺は見ごろまでまだ少し時間がかかりそう。
5月中旬の強風の影響で茎が曲がってしまい花が咲くのが遅れているようです。

DSC00844

看板も出来上がりました。準備もいよいよ大詰め。
連日時間に追われながら作業しています。

DSC00823

ご存知の方も多いと思いますが、大野亀では毛虫の被害が出ています。
草刈や駆除も行いましたが中々改善されません。
なるべく肌の露出の少ない服装でお越しいただくのと、草むらには入らないようお願いします。
ご迷惑をおかけしますがご協力をお願いします。

DSC00796

DSC00679

祭りでは子供達もマーチングに太鼓、そして子供鬼太鼓や佐渡民謡など大活躍。
練習にも力が入ります。

カンゾウ祭りは明日7日が前夜祭(20時~)本祭は8日10時からです。
天気はなんとか持ちそう、かな?

みなさまのお越しをお待ちしています!

いよいよ本日よりカンゾウウイークがスタートしました。
朝からたくさんの観光客が来訪。
駐車場も車やバスの往来でひっきりなしでした。

DSC00742

私の地元の観光バスも 地元名産の錦鯉をあしらっています。

DSC00744

大野亀岩近辺でもカンゾウの花がかなり目立つようになりました。

DSC00750

DSC00747

DSC00748

遊歩道はかなり咲き誇っています。
今日は風も穏やかだったので、大野亀岩に登る人もたくさんいました。
頂上からの景色は格別だったとのこと。

DSC00757

DSC00772

海の美しさも大野亀の魅力です。どうです!この透明度。

写真 2 (1)

カンゾウライナーも走り出しましたよ。(~6/15の土日のみ)
路線バスと併用して海府観光、というのもいいですね。

写真 1 (2)

恒例のアラメ汁サービス。ロッジ前で10:00~14:00に行っています。
アラメを初めて食べる、という方も多く好評でした。

今日だけで多分1000人以上(個人的体感)の人がいらっしゃいました。
これから祭りに向かって、大野亀はどんどん盛り上がっていきます。

DSC00763

カンゾウの花も皆さんをお待ちしていますよ~。


最後までお読みいただきありがとうございました。


PS 佐渡島内で発生している毛虫、残念ながら大野亀にもいます。
   いらっしゃる際はなるべく肌を露出しない格好をおススメします。

中村です。


カンゾウに続いて、高千の海岸線には岩ユリの花が咲き始めました!


CIMG3642



北片辺の藻浦崎公園には岩ユリが群生しています。


CIMG3644


CIMG3640


最近になってようやく咲き始めました。


まだ2,3割しか咲いていません。


ここの群生地は、過去に嵐が来て波を浴びてしまったらしいです。

そのせいで岩ユリが減ってしまったそうです。

どのくらい群生していたか気になりますね~


岩ユリという名前のとおり、岩の間に咲いているものがたくさんあります。


CIMG3646


CIMG3647



岩から花が咲いているのはなんだかすごいですね。

ここら辺の岩の色は、オレンジ色をしているので花の色と合ってますね。

海の青と岩ユリや芝生の緑とオレンジがきれいです。


遊歩道もあり歩きやすいので是非みなさん見に来てみて下さいね!



CIMG3648




 

今週に入りバスや車の往来、カンゾウの咲き具合についての問い合わせが格段に増えました。
いよいよだな、と実感しています。

本日の大野亀です。

DSC00639

昨日の雨と本日の晴天のおかげで開花が進みました。

DSC00644

遊歩道の南側はかなり咲いています。

DSC00643

大野亀岩のふもとも結構咲き始めましたよ♪

DSC00657

今日は風も波も穏やか。海も透きとおり水面がキラキラ輝いていました。
大野亀近辺は漁場としても恵まれているようです。


今週末よりカンゾウウイークがスタートです!

DSC00671

今回もポスターとチラシを作成しました。大野亀近郊や汽船ターミナルの他
各観光協会などに配布しています。

次回の観測はカンゾウウイークの様子を交えてアップする予定です。

最後までお読みいただきありがとうございました!






中村です。

カンゾウの花といえば、佐渡では大野亀が有名です。

この時期になると海岸線沿いや山では黄色いカンゾウの花が咲いてきます。


石名の県道沿いの山側にもカンゾウが自生しています。

最近、集落の方が看板を立てたので分かりやすくなりました!

CIMG3453

CIMG3456



山道を自由に登ってください。


ベンチなども設置していただきました。


※この時期は毛虫がいるのでもし歩かれる方は気をつけてくださいね。


CIMG3459

CIMG3460

CIMG3461



写真を撮ったのは、先週の月曜日ですので今はもう少し咲いているかと思います。



CIMG3468



CIMG3463


そういえば、キジもみかけました。

一匹でのこのこ歩いてました。


CIMG3469


CIMG3470


相川方面から向かえば、大野亀のカンゾウを見に行く途中にありますので是非お立ち寄りください♪


以上


 

昨日の大野亀です。

ここ数日雨で気温の低い日が続いたので、カンゾウもあまり生長していないかなと思っていましたが

05231

05232

05233

遊歩道の回りは花が目立つようになってきました!
大野亀岩周辺はまださほど咲いていません。

写真 3 (3)

カンゾウの色を文字で表現するのは難しいです。
黄色でもないし、オレンジでもない。
うーん、カンゾウ色という呼び名を作りたいなぁ。
これは曇り空での撮影でしたが、青空の下だともっと色が映えます。

写真 (6)

カンゾウウイークまであと1週間を切りました。準備も最終段階です。

この日はカンゾウ祭りの実行委員会が行われました。
祭りは住民や学校、地元企業が協力して行います。
皆さんに楽しんでもらえるよう、色々とアイデアを練っています。

次の観測は来週前半です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

先週の強風から一転、今日は穏やかな気持ちの良い一日でした。
大野亀の緑もますます濃くなってきています。

DSC00485

DSC00493


日当たりの良い南側斜面ではカンゾウの花が目立つようになって来ました。

DSC00495

カンゾウは花の美しさももちろんですが、グイっと伸びた茎も魅力の一つです。
風に負けず伸びていく様に元気付けられます。

ところで、大野亀の巨岩は角度によって全然違う景観になります。

DSC00502

これは坂を下りて北鵜島へ向かう途中から。

DSC00504

願大橋からは集落も含め全体が撮れます。
個人的に大野亀の一番好きな角度です。

他、北鵜島の高台からは大野亀もちゃんと亀の形をしているのが分かります。
カンゾウを見にいらしたら是非その周りにも足を伸ばしてみてください。

「でも土地勘があまりないし・・・」という方には
今春完成した海府地区の観光マップをおススメします。
大野亀はもちろん近隣集落の見所が載っています。
海府地区9集落のみの地図、ニッチですね(笑)。
各観光協会や佐渡汽船などにお配りしていますがおかげさまで好評のようで
残りわずかとなってしまいました。
データでよろしければこちらもご活用ください。

light_map

light_info


次の定点観測は今週末の予定です。

最後までお読みいただきありがとうございました!







こんにちは。
本日の大野亀です。

0512-2

0512-3

日当たりのよい斜面では花が咲き始めてます。
といってもまだほんのわずかですが。

0512-1

先週の強風で葉と茎が曲がっているものもありました。
風は場所柄仕方のないことですがちょっと心配ですね。


今年もカンゾウライナーが運行されます。
両津発着が2往復 相川発着が1往復です。
(前日17時までに予約が必要となります)
詳しい内容は 新潟交通佐渡 定期観光バス予約センター(0259-52-3200)
までお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございました!

こんにちは。
GWが終わってしまいましたね。リフレッシュできましたでしょうか。

大野亀にもたくさんの観光客が訪れてくださいました。
他県ナンバー、関西方面のものも見かけました。
そしていよいよカンゾウシーズンに向けてカウントダウンが始まります。

この時期カンゾウの成長具合について多くの問い合わせをいただきます。
なので少しでも参考になれば、と現況の様子を定期的にお知らせします。

今日の様子はこちら

0507-1

ちなみに1ヶ月前はこんな感じ。

0507-3

ほぼ毎日見ているとあまり気づきませんが、改めて変わりように驚きです。


カンゾウ 今年は天候に恵まれていて今のところ例年より生長が早いそうです。
日当たりのよい南側では茎がぐーんと伸びすでにつぼみが!

0507-2

カンゾウの生長は気温と適度な雨、そして風向きに影響されるそうです。
このまますくすく育って欲しいですが、カンゾウウイーク前に満開になられてもちょっと困りますね。

今年のカンゾウウイークは5月31日(土)~6月6日(金)
好評のアラメ汁無料試食(200食限定)やライトアップを行う予定です。
カンゾウライナーも走ります。
そしてカンゾウ祭りは6月7日(土)に前夜祭。
翌日の6月8日(日)に本祭です。
みなさま是非遊びに来てください。

詳細はまたお知らせしますね。

最後までお読みいただきありがとうございました。


佐渡はホワイトクリスマス、朝から小雪が舞っています。

さて、今回は旅行プランのご案内です。
大野亀・二ツ亀のある海府地区は毎年多くの観光客が訪れます。
でも観光地や海水浴場以外の場所に立ち寄る方は少なく
多くの車やバスが集落を素通りしていきます。
できたら海府でもっと楽しんでもらいたい。
地区の魅力をもっと伝えるにはどうしたらよいのかと日々考えていました。

そんなことを地球のココロ(nifty)さんに相談していたところ
なんと海府地区中心のツアーを企画してくださいました。
(催行は JTB さん)

来年4月19日(土),20日(日)の1泊2日で大佐度をグルリと周ります。
初日は真野湾を眺めながらランチの後
相川の北沢浮遊選鉱場跡や京町通を散策
外海府の海岸線を北上し、大野亀のある願地区に宿泊します。
夕食は主人自らとってきた新鮮な魚介類に
周辺で収穫した野菜やご飯など、お腹一杯になるまで堪能し
波の音が聞こえる部屋でくつろいでいただきます。
翌日は山菜採りの後、カンゾウの保護活動に参加して
地元の人たちや近隣小中学校の子供達と触れ合います。
山菜料理の昼食の後、内海府の海を見ながら帰途につきます。
他にも、オプションで釣りや海岸散策、日の出見学など
盛りだくさんの内容です。
地球のココロ担当者が、実際に来島して体験したり話を聞いたりして
参加者に喜んでもらえるプランを一生懸命考えました。
佐渡をこよなく愛するライター玉置豊さんも、もちろん同行します。

いつもの旅とはひと味違う感動を味わいに
是非、佐渡 海府地区にいらしてください!

旅行について詳しく知りたい方はこちらへ
http://chikyu-no-cocolo.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-1913.html
https://minkip.jp/product_bookings/index/event_id:00260
 
よろしくお願いします。

           non@海府地区担当

行ってきました。

平成24年1月24日に国の指定記念物にされた鹿野浦の石切り場跡です。


http://www.city.sado.niigata.jp/sadobunka/k/kuni/28_14.htm


鉱山用石磨の石材切り出し場だったそうです。


場所は少々分かりにくいですが、安寿塚がある海岸沿いを南へ進んだところにあります。





進んだ先の海岸には、ハマナスの実がたくさんありました。

そろそろ赤く熟して食べれる時期だそうです。







色々な柄の石が転がっていました。


※石を持ち帰ることは禁じられております。




着きました。





確かに人工的に切られたような跡が見えました。







矢穴痕がこれです!!!










崖の方まで行くと海風も気持ちよく、静かでいい空間でした。






きっとここで昔は船を停めたりしたんでしょうね。





人がめったに通らない場所なのでゆっくり過ごせる穴場ですよ。

このページのトップヘ