佐渡市地域おこし協力隊サイト

佐渡市地域おこし協力隊全メンバーによる活動報告のサイトです

佐渡市地域おこし協力隊サイト

中村暢子(高千・外海府地区)

 昨日、とある機会で「ぽっぽのパン屋」さん(http://www17.ocn.ne.jp/~poppopan/)のパン屋職人さんと会いました。

試作品の黒ゴマあんぱんを頂きました!


あんこが苦手なんですが、これはとても美味しく頂く事が出来ました!

黒ゴマペーストを練りこんだ記事に粒あんが入っています。

香ばしいゴマの香りがよかったです。

また食べたいです。








先日、大量のシタダミを頂きました。

水で洗ってから塩でゆでて、中身をくるっとひっぱり食べます。


今まであまり気にしたことは無かったんですが、

この見事なまでの渦巻き感がすごいなぁとおもいました。




陶器みたいにツヤツヤしてました。

なんだか箸置きにでもなりそうな感じでした。



食べはしなかったんですが、ヤドカリも中にいたそうで茹で上がってしまいました。






貝から出したらこんな感じです。

なんか丸裸にしてしまったみたいで申し訳なかったです。

 


あと、地元の人たちは「グメ」と呼んでいるアワビの小さい貝も食べました。

動いている時を観察しているとかわいらしかったです。

見ていたら愛着がわいて来てしまったので、この2匹(?)は海に返してあげました。






ちなみに茹でるとこんな感じです。

美味しかったです。






サザエやアワビも美味しいですが、まだまだ食べれる貝類はたくさんあるんですね~

 
7月13日(土)14日(日)佐渡セントラルタウン20周年創業祭に「たかちもんて会」のブースを出店致します。
高千・外海府で採れた魚介類・米・味噌などを販売しますので、是非皆さまお越しください!

<詳細>

「佐渡セントラルタウン20周年創業祭」

・日時:7月13日(土)11:00~18:00
     7月14日(日)11:00~18:00

 ※雨天決行

・場所:佐渡市窪田6-2(TEL:0259-57-5139)
     佐渡セントラルタウン ショッピングセンター駐車場内
     http://www.mapion.co.jp/phonebook/M02004/15224/L15107040000000000016/

・販売商品

 ・たかち美人(コシヒカリ)3kg
 ・玉ねぎ
 ・ホッケ(開き)
 ・カレイ
 ・一夜干しイカ
 ・イカの沖漬け
 ・もずく
 ・メバル
  ・焼きアゴ

です!


ちなみに商品は創業祭限定パッケージ仕様となっており、

デザインは渡辺裕太によるものです!

デザインは見てからのお楽しみに^^


★14日(日)のみ、テレビ番組「あすなろラボ」にテスターとし
て現在出演中の俳優 渡辺裕太も店頭に立ちます!


雨が降ったり止んだりの日々が続きます。

ようやく今日は午後から晴れてきました。


先週、外海府地区で「民泊」の受け入れが始まりました。

民泊は、佐渡地区農山漁村体験推進協議会(http://www.sado-kouryu.jp/)による事業で、

小学生を一般家庭に宿泊させて色々な体験をしてもらう取り組みです。


この日は、佐渡島内の二宮小学校の5年生35名が来ていました。




外海府活性化センターに集合し、対面式を終えてから各家庭へ受け入れてもらいます。

ちなみに午前中は、天気がよければ石名の天然杉散策の予定でしたが、あいにくの天気だった為

よのみ鉄砲づくりとしんこもちづくりをしていたそうです。


地域おこし協力隊としても、この民泊事業の手伝いをさせてもらい、

北田野浦の飲食店「赤ちょうちん」を経営してる家庭で女の子3人を受け入れるとの事で、

この日は送迎をさせてもらいました。

その後、“暮らし体験活動”開始!!ということで、近くの浜へ貝を採りに行きました。

 



二宮小学校は、山の方にある学校だそうでこうやって浜で遊ぶという事は新鮮だったのか、

とても楽しそうに貝採りをしてました。


ちなみに貝は、、シタダミという貝です。
味噌汁やおつゆの中に入れて食べると美味しいです。


貝採りの後は赤ちょうちんに戻り、メンチカツとカレーライスを一緒に作ったみたいです。






そして次の日のお昼には、お別れ会です。


たったの1日ですが、各家庭で子どもたちと過ごして色んな体験をしてお別れするのはきっと寂しいでしょうね。


また是非外海府に子どもたちが遊びに来てくれたり、体験したことを他の子たちと共有してくれたら良いですね。












そして日曜日には、高千・外海府地区青少年育成協議会主催の乗船・魚さばき体験イベントが

開催されました!


高千・外海府地区青少年育成協議会は、「地域の子どもは地域で育てる」をモットーに地域の方々、
高千小学校・中学校のPTA(保護者・教職員)と力を合わせて子どもの為に活動しています。



実行委員の一人でもある漁師の弾正さんの船での乗船体験や、会長の荒木さんによる魚さばきのやり方伝授などをしました!

また、新潟県地域振興局の方による佐渡の海についての勉強会もあり子どもたちは真剣に聞いてました。

















魚は、朝釣れたトビウオやアジ、タイなどをさばきました。


トビウオはつみれにして味噌汁に、アジは開きにして塩焼きにしてお昼ご飯は皆で頂きました^^












昼食の後は、役に立つロープの縛り方についての実習もありました。

これがなかなか難しくて、簡単に覚えられませんでした・・・。





こういった体験を通じて、漁師になりたいとか言う子がいれば嬉しいですし、地元に誇りを持って貰えるだけでもいいと思います。

大きくなっても忘れない思い出になってもらえるといいですね!





 


こんにちは、高千・外海府地区担当の中村です。

最近、いろいろな魚に触れる機会が多いです。


これはマグロです。

佐渡でマグロが捕れるのは驚きました。

しかも今年は例年以上の量だそうです。

地元の漁師さんに連絡を頂き、高千漁港まで釣れたてのマグロを見学してきました。









初めて間近でマグロを見ましたが、やはり大きかったです。


このマグロ達は新潟市場へ運ばれていきました。


何人分食べれるんでしょうかね。。。










イカも釣っていました。


ピチピチのイカを何匹か頂き、お昼ご飯に美味しく頂きました^^




次に、今が旬のトビウオ漁に連れて行ってもらいました。


今年はトビウオが連れてらちかん!!(※らちかん…佐渡弁でどうしようもない、大変だの意味)
だそうです。


この日も大漁でした。

朝の3時半に起きた甲斐がありました。


1500匹くらいだそうです。

初めて漁船に乗らせて貰いましたが、トビウオ漁の網は刺し網漁で行い、そこまで沖に行かなくても大丈夫みたいです。


深さ12~3mくらいの所でこんなにかかってました。









陸についてから網からトビウオを外す作業が一番大変でした・・・。
網目に頭が引っかかってなかなか取れず。。


そして漁師さんからたくさんお裾わけを頂きました。


全部三枚卸にしてみました。

ちゃんと魚をさばいたのは、もしかしたら中学校の家庭科の授業以来かもしれません。

ガタガタながらもなんとか卸せました。


この後は、から揚げにして美味しく頂きました^^









次は、川魚です。


地元の方で渓流釣りをした方が、大きなマス(50センチ弱くらい)と鮎を釣っていました。


あいにくお魚の味見をする事は出来ませんでしたが、つやつやで美味しそうな川魚でした。

佐渡は渓流釣りも楽しむことが出来るんです。


鮎は手づかみで捕れたりするそうです。今度やってみたいです。









そして最後は、マグロです。


「マグロを食べる会」に参加させて頂きました。


市場には出せない大きさのマグロを頂き、お腹いっぱい頂きました。


贅沢すぎる会でした。






















これも弾正さん(漁師)と握ってくれた大谷さんのおかげです。


ご馳走様でした!


漁港でマグロ祭りなんてやったら楽しそうですね。

先着10人カマトロ炙り早いもん勝ちですね。









 http://www.facebook.com/home.php#!/fujitv.asunarolabo?hc_location=stream


少しだけ告知します。

フジテレビ「あすなろラボ」のFacebookにも載っていますが、6月3日(月)に町田市役所でイベントを行います。

佐渡市地域おこし協力隊、高千・外海府地区担当の私も一緒に協力する事になりました。

詳細は、後日改めてさせて頂きます!



 こんにちは、中村です


まず、タイトルの「たかちもんて会」とは・・


→農業や水産業を主体として暮らしていける強い地域づくりを目指し、農業で生産される産品と水産業産品を使った商品開発と販売戦略の策定や直売所・加工所・農家(漁家)レストランなど、販売体制の整備を行い、地区内の農家、漁家がそれぞれの強み弱みを補いながら就業機会を創出し、所得工場と地域の維持継承を図るために高千・外海府地区の30代から60代の次世代農林水産業の担い手で組織された会です。




まだ出来たばかりで2012年から活動をしております。
メンバーは、15人くらいです。

そして活動内容はこのような感じです。まだ実現に向けて動いている事ばかりなのですが・・

・会員の皆さんに年会費1万円にて年3回に分けて高千で採れた食材を宅配便で配送する
・特産品開発(日々試行錯誤中)
・直売所設置計画
・加工所設置計画
・カタログ販売(現在作成中)
・ホームページ、ブログの運営(夏までに開設予定)
・農地保全活動

などなど。

ちなみに平成24年度は、会員約40名の方々に食材をお届けしたり、特産品を考えたり(サザエご飯等計画中)といった活動をしていたみたいです。

お届けした食材は、お米や柿、しいたけ、なめこ、魚介類等だそうです!

(また、たかちもんて会の収益の一部を高千・外海府地区青少年健全育成協議会へ寄付しております)



私としては今までに2回しか打ち合わせに参加していないのですが、
活動内容はとても興味深いですし、地域おこし協力隊の活動でも大いに貢献したいと思っています。

現在は、カタログ作成のために高千・外海府地区で採れる農林水産物のカレンダーみたいなものを作ろうとしていますので、地道に生産者さんや漁師さんを訪ねてどんな物が収穫できるか聞き取りしてます!

高千・外海府地区ではあまり農協に納入している方が少ないのですが、各家庭用で畑を持っている方が多いです。
(その点、ここら辺では地産地消がかなり活発だと思えます!!)

たかちもんて会では、そういった各家庭で育てている野菜なども少しずつ集めて、ご希望される会員の皆さんに届けることを目指そうとしています!

安全に食材を届けて召し上がって頂く為には、いろんな問題点、課題はあると思いますが一つ一つクリアできたらいいなぁと思います。


最後に、たかちもんて会では会員になって頂ける方も随時募集しております。

詳しくは、もんて会会長 山本寛さんまで!(e-mail:mont_ekai@yahoo.co.jp)







4月24日(水)に、北田野浦活性化センターにて「伝統芸能道具 管理・保存相談会」を開きました。

NPO法人佐渡芸能伝承機構(http://sadomaturi.grupo.jp/)の松田理事長のご紹介で、東京 
浅草の老舗「宮本卯之助商店」さん(http://www.miyamoto-unosuke.co.jp/)の岡部営業係長を招いて開催しました。

今回の相談会は、高千・外海府地区対象となり全18集落のうち12集落20名の参加者がありました!




中にはお祭りが無い集落からの参加者もあり、興味を持って頂き嬉しかったです。

当日は実際に祭り道具を持ち込める方は是非お願いしますとの案内をしていたので、大倉・北川内・後尾・北田野浦が持って来て頂き、それを見てもらいながら説明して頂きました。




これは北川内の3獅子の太鼓です。
馬革で張られており、木の部分はスギだそうです。




これは北田野浦の太鼓です。

よく見ると上に伸びた楕円形になっています。
この太鼓の革は牛の革なのですが、伸びる方向と伸びない方向が決まっているそうです。

こういう風に上に引っ張られていると楕円になり、太鼓の身体の部分も形が変わり最悪の場合割れてしまう恐れがあるそうです。
そうなる前に、革の張替えをしながらまん丸を保つと良いそうです。

また、この太鼓は表と裏の革を張り替えた時期が違うようで、表の音が高い状態にあるのが悩みとの事で、音を低く鳴らす為に岡部さんに応急処置をしてもらいました。

応急処置ですので、あまりお勧めは出来ないそうですが。。。


・まず濡れたタオルを用意し、革を少し湿るくらいに拭きます。
 拭く向きは、太鼓の巴柄の方向で拭くそうです。




・そして上から肘で押し付け革をやわらかくします。これも均等に巴柄の方向に押していきます。



この作業を数回繰り返すと音が低く叩けるようになります!


ちなみに太鼓の保存方法は、面を横にして布をかぶせておけば良いそうです。
布は夏用のシーツでも良いそうです。
縦に置かないといけない場合は、床と面の間に割り箸を置いてその上に太鼓を乗せておけば良いそうです。

置く場所については、直射日光を避けて、風通しのいい場所に置いてください。
また、空調が直接当たるようなところも避けて下さいとの事です。

面の部分の手入れですが、何も塗らないのが一番良いそうです。
つばき油・ニベア・卵・まつやにを塗ると良いとたまに言うそうですが、逆効果だそうです。
縁起が良さそうだからと言ってお酒をかけるのもだめだそうです。

また、万が一雨で濡れてしまった場合は、からぶきをし風通しのいいところで2週間くらい乾かせばいいそうです。ストーブに当てるのもだめだそうです。



次に、獅子です。



これは大倉の獅子頭です。
大倉の獅子頭には、まさかの展開がありました。

岡部さんが頭を持ち上げ、すこし穴の開いたところを下にしてトントンとすると、白い粉が出てきました。

「あー・・・これは、虫が入ってしまっていますね。。」

どうやら、まだ虫が獅子頭の中で生きているみたいです。
こうなってしまったら、虫に食われてしまった部分を削りとって復元するか、虫を殺さないといけないそうです。

獅子のたてがみは馬のたてがみだそうですが、最近は採れないそうです。
長くても15センチくらいのものしかなく、馬の尻尾の毛を使うそうです。

獅子頭やお面は木で出来ているので、たまに割れてしまうことがありますが、その際によくやってしまう事でしてはいけない事は、釘や金属の物で補強する事だそうです。
木よりも金属のほうが堅いので、木が傷んでしまい更に割れ目を増やしてしまうそうです。
割れてしまった時の応急処置としては、木工用ボンドや膠(にかわ)で塗るといいそうです。
アロンアルファなどの瞬間接着剤は向いてないそうです。




また、保存方法について質問がありましたが、防虫剤は保存箱の下に入れて置くだけでは意味が無いそうです。
下の方にだけ防虫剤が効いてしまうそうで、入れるのであれば箱のふたの裏に張ると薬が全体に行き渡るそうです。


相談会は1時間だけでしたので、あっという間に過ぎてしまい足りない位でしたが、参加された方々は興味深く岡部さんのアドバイスを聞いていました!

私も知らない事だらけでメモを取るのも大変でした。。

佐渡は、祭りがさかんな所ですので是非またこういった催しが出来ればと思いますし、他の地区でも開催出来たらいいなぁと感じました。

祭り道具を長くなるべくいい状態で保存していく為には、ちゃんとしたケアをしていかないといけないんですね。



 4/24は、外海府地区の関という集落にある関牧場の放牧式に行ってきました。


佐渡の牛の飼育は、夏山冬里方式を取っており、4月の下旬から10月の下旬までは山で放牧して育てます。冬は寒いので、牛舎で育てるそうです。

そして関岬(せきざきと読みます)牧場では、今日から放牧が始まりました。

ここで放牧されたのは、28頭の牛たちです。




放牧される前に、ダニや寄生虫予防の薬を付けたり、





角が伸びすぎてしまった牛の角を削ったりしてから放牧します。





いざ、綱が解かれて牧草地へ放たれると牛たちは、喜びのせいか飛び跳ねておりました。






そして広大な牧草地へと向かっていきました。

中には、放たれて早々にけんかし合っている牛たちもいたりしました。


関崎の牧場は、見事なパノラマ景色の見えるところにあり、海から吹き上げてくる潮風をあびたミネラルたっぷりの草を食べます。



こんなところで育った牛は、さぞ美味しいんでしょう。なんて想像を膨らませたりしました。。。

この日はあいにくの天気で残念でしたが、快晴の日は最高の景色だと思います。

関牧場は、普段は関係者立ち入り禁止なので入ることが出来ませんが、

来月また検査があるため、いったん牛を柵の中に入れるそうです。

その時は天気がいい事を祈っています。








 昨日から公式に発表されました!

フジテレビ新番組「あすなろラボ」内の1コーナーで、
高千・外海府地区にある北田野浦集落がロケ地に選ばれました。
http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2013/i/130418-i065.html

http://www.sanspo.com/geino/news/20130418/oth13041805050019-n1.html

4月21日(日)21時から放送です!毎週日曜の夜9時です。


3月からこちらに来て撮影が始まっております。


私も同じ集落に住んでいるので、何か一緒に活動できたらいいなと思っています。

皆さん、是非ご覧ください。

 金曜日には、岩谷口という集落で毎月行われている「茶の間の会」に参加
してきました。

茶の間の会は、毎月第二金曜日に開催されております。

岩谷口の集落に住む人たちが気軽に集まることが出来、顔を合わせて日常
のいろんなことをおしゃべりしたり、季節の歌の合唱をしたり、頭の体操をし
たりするのが特徴です。



この日のプログラムは、

・平成25年度事業計画の確認
・頭の体操
・健康体操
・昼食
・春の歌の合唱

でした!

今年度の茶の間の会は、こんな予定だそうです。


42人ほどの小さい集落なので、無理せず出来る範囲での活動を心がけてい
るそうです。

この日の昼食も、茶の間の会が細く、長く続くようにとそうめんをゆでて頂きまし
た・・!!

てんぷらがとても美味しかったです。




頭の体操では、季節の歌を書きなぞる作業をしました。

きれいに線をなぞるのは私でもちょっと難しくもありました。




中には筆ペンで書いている方も・・




昼食後には季節の歌の合唱です。

伴奏は、独学でキーボードを覚えた分館長の田中さんです。



ちなみに来月は、端午の節句を楽しむ会です。
石臼で米粉を挽き、粽(ちまき)を作ります。


そういえば、先日テレビのニュースで新潟市での茶の間の会が紹介されて
いたので、気になったので調べてみました。


新潟県新潟市 常設型地域の茶の間「うちの実家」
http://www.sawayakazaidan.or.jp/ibasyo/case/04koushinetsu/
uchinojikka.html


http://www.sawayakazaidan.or.jp/ibasyo/workup/uchinojikka.
html


集落が小さく、高齢化・過疎化が進んでいるのはどこも同じ、暗いことばかり
考えていても仕方ない、明るく元気に年を取っていこうと、よく分館長の田中
さんも話していますが、その通りかもしれないですね。

一人リーダーみたいな人がいれば、まとまりやすいのかもしれませんが、そ
んなに負担をかけて色々やる必要もないのかもしれませんし、そうめんのよ
うに細く長く続く公民館活動が各地で行われればいいなぁと思います。



 4月になると佐渡では各集落でのお祭りの季節がやってきます。

旧暦に従う集落もあるので、それは9月や10月に開催されます。

先週4月11日には、外海府地区の大倉という集落のお祭りが大幡神社にて開かれました。

大倉は、人口51名(2013年1月末時点)で高齢化率が72.5%のいわゆる限界集落です。

大倉のお祭りは、浜で行う流鏑馬で有名だったみたいですが、今年は高齢化や過疎化の為、神輿の担ぎ手がおらず、御浜下りが出来ないとの事でした。

当日の天気は、寒いながらも晴れて、多くのお客さんがカメラを構えて観覧していらっしゃいました!









神社の中で、神事式を終えてから境内での警護の式が始まります。

まずは、獅子や箱馬、棒振りです。





豆まきや、





なぎなた、




そして最後に流鏑馬です。





流鏑馬は、昔は集落の中学1年生が担う役だったみたいですが、今では担い手がいないため、2つ隣の関の集落からの参加となりました!


この大倉の祭りは、佐渡の祭りの中でも一番古いと言われている諸説もあり、700年代から行われていたそうです!!!

この代々行われているお祭りがなくなってしまわないように、どうやって今後続けていくかが課題となっており、祭りの後の反省会でもその事について話をされていました。

毎年この祭りを見に来ているというお客さんも来ていたので、無理せず長く続けられるような祭りになることを願います。

何か良い案がないか私も考えないといけません!!



  初めまして、こんにちは。
佐渡市地域おこし協力隊の中村です。

1月から東京から佐渡に来て、4月から高千・外海府地区にある北田野浦の空き家に住んでおります!

ブログは、以前別のサイトで書いておりましたが、今月よりJUGEMに移行し、更新していきたいと思います!

1~4月上旬までの記事はこちらです↓
お時間あるときに詠んでみてください^^


2013年4月2日 「牛の競り」
http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/blog/4186/15890


2013年03月22日 「東京での物産店 3月15日~16日」
http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/blog/4186/15819


2013年03月07日 「東京での物産販売の告知」
http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/blog/4186/15739

2013年03月03日 「岩谷口ひな祭り」
http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/blog/4186/15713


2013年03月01日 「にいがた地域サポート交流会」
http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/blog/4186/15708

2013年02月22日 「佐渡南部めぐり」
http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/blog/4186/15654

2013年02月13日 「2月11日(月)市長との懇談会」
http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/blog/4186/15579

2013年02月13日 「2月10日外海府文化祭」
http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/blog/4186/15578

2013年02月07日 「外海府文化祭のお知らせ☆彡」
http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/blog/4186/15529

2013年02月06日 「民泊事業と麹のおちち」
http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/blog/4186/15526

2013年02月01日 「テレビ取材と柿の選定」
http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/blog/4186/15490

2013年01月29日 「塩辛」
http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/blog/4186/15468

2013年01月27日 「低気圧到来」
http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/blog/4186/15446

2013年01月25日 「映画「飛べ!ダコタ」の撮影現場」
http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/blog/4186/15437

2013年01月23日 「はじめまして」
http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/blog/4186/15421


このページのトップヘ