佐渡市地域おこし協力隊サイト

佐渡市地域おこし協力隊全メンバーによる活動報告のサイトです

佐渡市地域おこし協力隊サイト

斉藤千里(佐和田地区)

あっという間に今年も7月がやってきましたね!
陽ざしが「暑ちぃ~」そんな季節、そろそろ海に入りたくなりませんか?

じゃじゃーん!そんな皆さんに『佐和田海岸』よりお知らせです 🌊

png

海水浴じゃ、満足しないお子さんには・・

DSC_4437
「バナナボート」で『絶叫』してもらいましょう!

子どもだけじゃない、パパ・ママだって・・・


DSC_4376

DSC_3902 (2)
波風・しぶきに『大絶叫』してもらいしましょう!

なんと当日(7/19)は
ワンコイン(ひとり1回:500円)で体験できます!
リゾート地では考えられない、とっても素敵な料金。

海で遊んでお腹がすいた時は、「飲食販売コーナー」もあるそうなので、家族そろって一日楽しめるイベントになりそうですね!

佐渡海上保安署やライフセーバーによる「海の安全対策」の講演や体験会もあるようなので、海のレジャーシーズンに向けて、心得を身に着ける機会にしてみては!

「佐和田海岸でマリンスポーツを楽しむ人を増やしたい!」という
主催者の熱い思いをもとに今年は7月19日(日)に開催予定です。


42

これからの佐和田海岸が、マリンスポーツで賑わうことを願って。





ヘタの部分まで真っ赤に色づき、実もぎゅっと張っていて、
少しつついたら、じゅわっと水分がこぼれ落ちそうな「トマト」


16
 佐渡産トマト、いよいよお目見えです! 
トマトは一年中食べられる便利な世の中になりましたが、
やはり本来の時季にとれるトマト、すなわち”旬”が、
一番美味しく、体にも良い(体を冷やす効果)気がします。

そんな”旬”の野菜が手に入るのが、佐渡の「定期市」
18
実は島内で月に約11日も定期市が開催されています。
(※日数はイベント等で変動あり)
これからの時季は、何といっても夏野菜♪
皆さん目を丸くするような、とってもお手頃な値段
ちなみに私は、ざる一杯に入ったトマト(約8個)を500円で入手。笑
14
そして6月頃までは、苗木や種、お花も盛んです。
定期市があると通りが一気に明るく、きらきら輝いて、
フラワーストリートに大変身!
28

17

そして市に欠かせないのが、食べ歩きですよね。
ありますよ、定期市名物!
いつも行列が出来ているのがこの『栗型のお焼き』
38

08
一個ずつ丁寧に焼いているお焼きはいつもアツアツで、
ほんのり黒糖っぽい風味が美味しく、リピーター続出です。

そんな佐渡の定期市をまとめたカレンダーを作成してみました! 図3
農家さんに今年の栽培状況や、今が食べごろの一押し野菜を、
直接聞けるのが「佐渡マルシェ(定期市)」
きっと驚きと、一期一会の楽しさが溢れていると思います!

次は13日(土)両津の湊市(湊本町通り)で開催予定です。
週末にふらっと買い出しへ行ってみては♪ 

「土曜日の朝くらいは、のんびりさせておくれ~」

そうつぶやきたいお母さん、お父さん、そして子どもたちの皆さん!

 皆さんには、河原田本町商店街の第一土曜恒例!
「ぷち本町市」がおすすめですよ。 
 24

「ほぉ~ら、このもちもち食べてみぃ!」と近所のおばあちゃん一押しのドーナッツ。
01

このドーナッツは「ぷち本町市」名物で、いつも大人気の一品!

ドーナッツと一緒に、自家焙煎のオーガニックコーヒーも販売しているので、のんびりほっと一息なブランチ」には最適です。


36 (2)
 
 
フェアトレードのチョコレート雑貨も販売しています! DSCF3730

  おおっと!スタミナ料理が何品も作れそうな農家さん自慢のにんにく!
DSCF3704
(注:販売商品は日によって違うので、同じものが売っていない場合もあります。)

そして先週は・・
特別ゲストの演奏や、ペシャルランチの販売も行われました!
03 (2)
 
外国はパリ、プラハ、ウィーン、ザルツブルグ、台湾、台北、国内は、つくばまちかど音楽祭、つくばの季節市、巣鴨とげぬき地蔵尊での定例ライブ、札幌から長崎までさまざまな街角で、ライブをしている・・・
ストリートミュージシャン「のぶさん」
日本抒情歌・・・「故郷」「赤とんぼ」「浜辺の歌」などをぷち本町市で演奏をし、ゆるりとした雰囲気をつくってくれました。

今回スペシャルランチで提供されたメニューもご紹介!

家族が喜ぶみんなが大好きな定番メニューが、持ち帰りもOKで販売されていたら、お母さんも助かりますよね♪

焼き立ての香りがふわぁ~と広がる「佐渡産イカのお好み焼」
04
「できたてアツアツのうちに食べぇ!」
45 (3)
ボリューム満点!旬の野菜を使ったキーマカレーとデザート♪
04 (2)
今話題の「おにぎらず?!」おばあちゃんの”おけさんど”
28 (2)

「ぷち本町市」は気どらず、ゆるりゆるりとした時間の流れる、
そんなイベントとして毎月第一土曜に開催されています。
<時間:10時~15時頃まで 場所:本町会館(河原田本町商店街内)>

今回は特別ゲストや、スペシャルランチの提供がありましたが、
その都度、内容は変わってきます。
毎月のイベント案内は、
「かわはらだ本町商店街 facebookページ」(クリック可)
に情報を載せているそうなので、ぜひ「ぷち本町市」が気になった方は、チェックをして遊びに行ってみてください♪


もし皆さんが月5千円で自分のお店を持てたら、何を始めますか?

小さな頃、夢を語るときに「○○屋さんになりたい!」と話していた方も多いのではないでしょうか。

大人になるにつれて、夢は趣味に代わることが多く、家でひっそりと・・
お花を育てたり、写真に没頭したり、ケーキやお菓子を焼いたり、アクセサリーや雑貨を作ってみたり、好きなモノやコトを繰り広げている方、たくさんいられると思います。

そんな方へ、もう一度夢を叶える企画が河原田本町商店街で始まります!

 
「平成27年度 まちなかチャレンジショップ事業」出店者募集

チャレンジショップ告知チラシ

本日525日(月)~612日(金)まで、
まちなかチャレンジショップの出店者を募集します!

 

・本格的にがっつりとお店をやるなら
 “店舗型”(
2/5千円)

・日中お店にいられないけど、自分のお気に入りを販売したいなら
 “シェルフ型”(6/5百円)

 

学生さんも出店可能らしいので、若い方もどんどんチャレンジしてみてくださいね!(※高校生以上且つ学校長の許可ありの場合)

<商店街の「プレール」内にあるテナント>

商店街の通りに面した場所にあるので、お店はすぐに見つかります!
なんだか、商店街メンバーに仲間入りした気分になりますよね。 
38
 

<通りに面したテナント①>大きな窓が印象的!中も広々とした空間
一つ目のテナントは、何といっても全面がショーウィンドウ!

店内ディプレイを楽しめる事間違いなし!道行く人の興味をひける場所になります。※シェルフ枠はこちらの店内に設置予定 
04

19

<奥に入ったテナント②>ポップな黄色い壁と照明のある空間

二つ目のテナントは、一人でお店を開くにはちょうど良い広さ、やりやすさは抜群です。照明やコンセントも数多く設置されているので、作品の展示向けかもしれませんね。
07

17

さてさてこの記事を読んで気になった方、ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

一人ではちょっと・友達とシェアしたい・等質問や相談も受け付けます。

 

※まちなかチャレンジショップ事業募集要項

【事業目的】起業予定者を対象とした試験的に営業するための店舗を商店街内に設置し、一定期間貸与することで、市内における起業支援と商店街のにぎわいの創出を図る。

【設置場所】河原田本町商店街プレールテナント内(河原田本町193番地)

【出店形態】店舗型
     (常時1名以上の店員を配置し、販売・サービス提供を行う)

      シェルフ型
      (棚型のスペースで小物や雑貨などを展示・販売する)

【対象業種】小売業、生活関連サービス業、娯楽業、教育・学習支援業、サービス業

【利用料】 店舗型:月5千円(光熱水費含む)/シェルフ型:月5百円

【利用期間】原則3か月

【募集枠】 店舗型:2/シェルフ型:6

【応募方法】必要書類(出店申請書/事業計画書/履歴書/納税証明書)を募集期間内に提出

※出店申請書/事業計画書の規定様式は、産業振興課へお問合せ下さい。

【お問い合わせ先】

 佐渡市役所 産業振興課 商工振興係(第2庁舎内)

 TEL:0259-63-3791 FAX:0259-63-2750

 

はじめまして!

新米地域おこし協力隊の斉藤です。
3月より佐和田地区担当として活動しています。
 


今回は担当地区(佐和田)で昨日開催された『万燈祭り』に
密着取材をしてきましたので、
熱冷めやらぬうちに、
熱い熱い一日をお届けしたいと思います。

 

【その壱】朝の陽を浴びて響き渡る‐鬼太鼓‐ 


図2

まだ太陽が昇りきらない早朝、
太鼓の音が街中に響き渡るところから祭りは始まりました。

諏訪神社(河原田諏訪町)を出発した鬼太鼓が、家々の門付けに出向き始めます。

 

「よし行くぞ!」と、気合いが入った鬼太鼓の鬼たち

図3

朝からキレのある動きで、門付けを待つ人たちを楽しませていました。
流れるような動きの中で、“動”と“静”が明確でメリハリがあり、自然と決めのポーズが写真に納まる姿は、やはり見ていて圧倒、そしてドキドキする格好よさがありますよね。

 図6

皆さんご存知の方も多いかと思いますが、
鬼には2種類あるそうで、

 

赤鬼:荒々しく、動きが激しいオス鬼

白鬼:優美で、しなやかな動きのメス鬼

図③
指先の動きや、足の引きずり方等、細部まで比較して見てみると、2種類の動きの違いを発見出来てより見応えを感じられるかもしれませんね。 
 

【その弐】昼、夕方、そして夜と三度楽しめる‐手作り万燈‐
図9
町ごとに有志が集まって制作しているそうで、

去年~今年の話題も分かる作品があるのも特徴です。

図8

一日お祭りに密着していて気が付いたのが、
万燈×時間で見え方がガラリと変わり、
万燈を三度楽しめる事。
昼~夕方~夜にかけてそれぞれの魅力が感じられませんか?

図⑧

【その参】溢れんばかりのパワーが集結‐諏訪神社への帰還‐ 
図13 

夜になると万燈が街中を練り歩き、最後は全種類が諏訪神社前に集結します。そこで今年の万燈の採点結果を発表。町対抗戦なので、制作者も町の住民も、みんなが盛り上がるクライマックスを迎えます。

図12
 
一日中門付けにまわっていた鬼太鼓組も加わり、溢れんばかりのパワーで、最後の見せ場を盛り上げます。観客もここぞとばかりにシャッターを押していました。


祭りは神輿を神社に入れてしまうと終わってしまう!

祭りを終わらせたくない人々が「きやり」と言う掛け声と円陣で
神輿の侵入を阻止する
熱気あふれるシーンにに私も参加させてもらいました。

図11

みんなの思いも無念に、神輿は神社へ戻っていきこれにて今年のお祭りは終了。

図15
最後は紅白まんじゅうが参加者に配られ、一日(祭り)の終わりを感じます。
図17

寝ても覚めても、まだ頭の中にドまだンドコと太鼓の音が響き、鬼が夢に出てきそうな強烈な余韻が残りつつ、既に来年が待ち遠しいのでありました。

図16

 

 

16cs

→斉藤千里(佐和田地区)の記事一覧

投稿名
 斉藤千里

担当地区 佐和田地区(河原田本町商店街を中心に)

出身地 埼玉県(狭山市)
 
任期 2015年3月~

経歴 
秋卒業で大学を出た後、就職までをギャップイヤーと題して、オーストラリアやイギリスに滞在。その後、東京にてマーケティング・PR会社に約3年間勤務。
 
地域おこし協力隊への応募動機・佐渡の感想
PRの仕事経験を地方で活かしたいと考え、東京での仕事の合間をぬっては、日本各地へ「どこへ移住しようか旅行」を始めていた中で、佐渡と出会いました。
佐渡には、自分が生活の中で大切にしている事、「遊べる海」「魅力的な人」「味わえるご飯とお酒」「ゆとりのある時間」が揃っていると思い、佐渡に住もうと決心。
「地域おこし協力隊」募集を見つけて、即応募となりました。

佐和田地区について
商業施設や飲食店などが集まっている佐和田地区。
佐渡の遊び場として、土日や夜などに人が多く集まってくるそんな場所です。
海が近いのも佐和田の特徴。
青い海が続く佐和田海岸は、朝・夕ともに太陽の光を浴びる海岸線で、ランニングやウォーキング、ドライブの休憩ポイントとしても絶好の場所です。 

これまでの活動内容・今後の活動予定
河原田本町商店街の活性化を中心に活動中。
商店街店舗の取材、イベント企画、販売促進企画、商店街の情報発信、新規参入店舗のサポート、空き店舗・スペースの活用等を実施予定。

コメント
佐渡は生活圏と自然が本当に近い!
思い立ったらすぐに、海でも山でも遊びに行ける環境、最高です。
 
DSCF3840DSCF3841


このページのトップヘ