佐渡市地域おこし協力隊サイト

佐渡市地域おこし協力隊全メンバーによる活動報告のサイトです

佐渡市地域おこし協力隊サイト

さど暮らし

さど暮らしを考える方に・・・
・暮らしの中に見つける小さな幸せ
・佐渡での働き方のヒント
・島内の人脈作り
にお役に立ててもらえるようなツアー内容にしました。


佐渡旅行をした・・・なぜか気に入ってしまった・・・何度も旅行した・・・住んでみたくなった・・・。


じゃあ・・・。

観光と暮らしは見るポイントが違いますよね。 
その「じゃあ」の先をご用意しました。

私が佐渡に来る前に知りたかったこと。
「佐渡に移り住んだ人って楽しくやってるの?」ということでした。
佐渡在住の方のブログを読みあさる日々。「暮らし」は人が作るもの。「この人の暮らしって素敵だなぁ。会ってみたい・・・。」そんな思いを膨らませていました。


今回は当時の私に送りたいような内容、そして暮らし始めてから気づいたキラメキをちりばめたつもりです。


\Sadoで暮らす、Shimaで暮らす、Sターンのススメ!/
■6月11・12日
■1泊2日2食付き(潮津の里)+2日目の昼ご飯付 
■船代付き なんと新潟→両津はジェットフォイル利用!


佐渡で仕事をつくる・・・って?
「リアルに大変な話、準備してたほうがいいこと、地域に住んでからの体験談もろもろ聞きたい!」
5月オープンの古民家農家民宿YOSABEIさんを訪問。

農業に興味があるんです・・・が?
「憧れだけじゃ難しいってわかってるんですが、自分で作物を作りたい!実際どうなんですか、聞きたい!」
農業を勉強しながら地域に住むがチョイスできる就農シェアハウスに訪問。 

暮らしの中の小さな幸せ・・・って?
「佐渡暮らしを始めたら今までにないことを始めてみたい!」
島ならではの海・山の楽しみ方。釣り・野草摘みを体験。


●参加条件●
①佐渡移住をお考えの方。
②ツアー終了後には必ずアンケートにお答えください。

お一人の参加ももちろんOKです。

ツアーの中ではたくさんの人に会えます。
「この人の暮らしって素敵だなぁ」と思う人に会えると嬉しいです。

定員は25名!

問い合わせ・お申込先は
ふれあいハウス潮津の里
0259-55-3311
shiodu@e-sadonet.tv

詳しい内容は
こちら→https://www.city.sado.niigata.jp/z_ot/u_i_turn/info/20160513.html
DSC_0197
(YOSABEI内部)

こちらもオススメ!
6月4・5日:さど女子ファンクラブモニターツアー


 

2013年から活動が始まった佐渡市地域おこし協力隊。
現在、島内各地域で18名の隊員が幅広い分野で活動しています。

そして1期生4名の任期満了が目前に迫り、1期生の後任に継続で4件、新規で2件の募集を行います。
棚田保全をはじめとした農業分野、地域団体と共に行う地域資源の発掘、商品開発などの産業支援、里山里海などの自然保護分野での環境活動など、各地域で業務は多岐に渡ります。

興味がある人は、ぜひじっくり要綱を読んで、来た事ない人は1度「佐渡」に来てみてください。
どんな地域なのか、どんな人たちが暮らしているのか、自分の目で確かめてみてください。
もちろん、Uターンも歓迎します。いつでも地域での相談、承ります!

■佐渡市ホームページはこちら→
https://www.city.sado.niigata.jp/info/data/2015/1114.shtml 

■募集要項はこちら(PDF)→
https://www.city.sado.niigata.jp/info/data/2015img/1114/outline.pdf 

※募集締め切りは、12月11日(金)です!
 
 

協力隊制度の運用には、まだまだ課題があります。
でも、佐渡暮らしの最初の一歩としては、とても得るものが多いものだと思っています。
想像していたことと違うかもしれません、風当りが強いこともあります。
まだまだ、「協力隊って?」な状態のこともあります。
行政も地域も隊員も、それぞれ思惑があります。
それぞれのギャップを埋められるようにしたいと思っています。
色々あるのは、どの自治体もどの地域もそうだと思います。

それでも、やっぱり佐渡がいい!と思ってくれる人がきてくれたと思います。
佐渡が好きな人たちを精一杯、サポートしていきたいと思っています。

ぜひ、ご興味ある方、1度募集要綱読んでみてください。

♪佐渡でお待ちしています♪

協力隊1期生


集合写真1
写真は、現在活動中の18名です☆

なんと!佐渡単独で移住相談会を行います。
31チラシ表
「佐渡って島だから・・・」なんて言ってられない。
攻めますよ。佐渡。


お知り合いで、「佐渡、行ってみたいんだよね」って方いませんか。


いやいやいや、そこまで具体的でなくて構いません。
「どこか移住考えてるんだよね、将来的に」とか、その「どこか」が決まってなくても「将来的に」がいつか決まってなくても、ぜひ、佐渡暮らし相談会へ!


佐渡が単独で移住相談会なんてそうそうないですよ。
新潟暮らし相談会とはわけが違います。

なぜなら!!!

●ウマウマ味わいコーナー
佐渡産品を味わいながら、先輩移住者や協力隊とのトークの場があります。

●佐渡ってどんなの?リアル佐渡情報発信コーナー
子育て・生活環境・物価・観光情報・佐渡の遊び方などなど、リアルな声を聞いてください。

●佐渡で働くってどんなの?佐渡企業紹介ブース


通常の新潟暮らし相談会では、これらが1つのブースで終わってしまうところを、この佐渡暮らし相談会では、細かに分けて色んな人の角度からご相談に乗れます。

特に若い方で「今から移住考えてみようか」という方には打ってつけ!
若者就農者・若者移住者が体験談を話します。
ちょうど今あなたが迷ってること・・・もしかしたら、この方たちも通った道かもしれません。

そして「地域おこし協力隊に興味があるんです」でももちろんOK!
最近、大学卒業を控えた方の中にも、「地域おこし協力隊になりたいです!!!」という方、結構いらっしゃいます。

思っちゃうんですよ、斜めに構えてる私なんかは。

「地域おこし協力隊」って最近ブランド化されてない? 
なんて。
すごく期待に胸躍らし来ちゃわない?
なんて。

地域おこし協力隊のリアル話、聞いといて損はないと思います。
協力隊の仕事も・・・だけど、やはりそこは「佐渡に暮らす」というのが前提です。
なので、やはり「佐渡暮らし相談会」へ来てみてください。
31チラシ表
31チラシ裏

■日時  10月31日(土)13:00~15:00(受付12:30~)
■場所  ふるさと回帰センター5階@東京交通会館 ※最寄駅 JR有楽町駅
■申込先 佐渡市役所地域振興課 0259-62-4152

もちろん、途中参加でも構いません。
皆様のご参加をお待ちしております。





 

お待たせいたしました!
さど暮らし体験住宅、7月8日9時より仮予約を電話・ファックスにて受付開始です!!
佐渡市のHPにアップされる予定です)
無題

①はたの住宅・・・スーパーや役場に近い比較的町場にあります。病院も近いところにあるので生活基盤を確認したい方にはピッタリ!
②かわも住宅・・・川のせせらぎが聞こえるとてものどかなところにあります。田舎暮らしの楽しさを体験したい人にはぴったり!

両方とも冷蔵庫・電子レンジ・炊飯器・洗濯機・テレビ・ガスレンジ・掃除機、完備!
寝具のご用意だけで、すぐ住めます。
※②かわも住宅は特に自家用車の持込みがないと不便です。 

1か月から6か月の貸し出しで、前納が条件です。
体験住宅を起点に佐渡暮らしを本格的に進めませんか?
地元の人との交流を通して、佐渡に愛着を持っていただけたらとっても嬉しいです。

お問合せ・お申込は 佐渡市地域振興課 TEL0259-63-4152 FAX0259-63-5125 まで!
さど暮らし体験住宅について・・・」とお声かけください!
簡単なヒアリングをさせていただくかもしれませんが、その時はご協力のほどよろしくお願いいたします♪

 

27年度市制でもっとも力を入れていると言っても過言ではない。
「移住支援」

いきなり佐渡に住むのは不安・・・
納得いく家がすぐに見つからないのでは・・・
まずは暮らしてみて情報を集めたい・・・

などなど、佐渡は島であるがゆえ、土日に通いながら移住準備・・・というのがとても難しいです。

さど暮らしが気になって仕方ないっ!だけど移住してしまったら戻るに戻れなくなってしまう・・・。
 


じゃあ、仮住まいできる物件があれば?? 
無題


佐渡市では「さど暮らし」を始めたい方を対象に、体験住宅を始めます!



皆様の佐渡暮らしが少しでもスムーズにいきますように、ご活用ください!
coming soon



わたくしと市役所の担当者(いつもコンビ)が、ほっかむりをし、ハウスダストで鼻の穴を真っ黒にし、一生懸命掃除いたしましたが、何せ長いこと使っていない空き家・・・蜘蛛の巣だけはとったつもりでございますが、至らぬところもあるかもしれません。どうかご了承ください。


 

このページのトップヘ