佐渡市地域おこし協力隊サイト

佐渡市地域おこし協力隊全メンバーによる活動報告のサイトです

佐渡市地域おこし協力隊サイト

佐渡

 まだまだゴールデンウイーク佐渡の遊び方です。
 今回はシーカヤックで願集落から大野亀まで挑戦しました。
DSCF1358

 願賽の河原のそばからシーカヤックを降し、まず目を奪われるのが水質の良さです。さすが大野亀、二ツ亀エリア!抜群の透明度。きれいというより、「無」に近い状態です。波紋さえなければ宙に浮いているような錯覚を与えます。
DSCF1445


【【願・大野亀】佐渡の海をシーカヤックで(途中断念)】の続きを読む

 
 かりんです。
 ゴールデンウイークの佐渡といえば田植えですよ。私はいつもお世話になっている岩首のおじいちゃんとおばあちゃんの家へ田植えのお手伝いに行きました。とは言っても苗箱運ぶだけですけどね。しかしちょっとしたことですが、一人手伝う人がいるかどうかでだいぶ効率が違ってきます。
IMG_1193


【【岩首】ゴールデンウイークは佐渡でワラビ取りを】の続きを読む

 かりんです

 天気のいい日は どうしても出航したくありませんか。例えばこんな日(ちょっと前の佐和田の海ですが)
IMG_0591

 私は海に出たくてうずうずします。4月25日の天気のいい日に海にシーカヤックに乗せて連れてもらいました。

【【小木】ゴールデンウイークは佐渡の海をシーカヤックで】の続きを読む

 かりんです。
 いよいよ女子×祭りも残すこと松ケ崎篇のみ!

 2

 実は松ヶ崎篇の会場になるお家が地元名士の旧家(ホシヤマイチ)です。荒物商人、みそ蔵、銀行をやってきて、青木健三は地元の民俗史研究にも熱心でした。そして青木家とは関係ありませんが、お家の今の持ち主も遊び心がある方、「この家にいると松ケ崎の灯台は私の書斎机のランプだ」という言葉に思いが馳せます。

DSC_1792_R

 
【【松ケ崎】家を呼び覚ますー古民家探険清掃ボランティア】の続きを読む

  かりんです。

佐渡の島昆布聞いたことありますか。そうです!佐渡で昆布も採れるんです!

実は冷たい海洋深層水を使って放流のためのアワビの稚魚を育てているのですが、その餌として陸上で深層水を循環して昆布も育てていました。とても柔らかくておいしそうな昆布なので、試行錯誤を経て研究に成功し、現在は海で半年かけて育ったのが島の昆布になります。
IMG_1159

お裾分けしてくれるということで、今日多田漁港に行くと、普段見慣れない湯気むんむんの大釜が見えました。話を聞いてみると島昆布の販路を拡大すべく、南魚沼の海藻を取り扱う会社から松井さんが来てくれて、試作の塩蔵昆布を作っているそうです。南魚沼のおいしい水で全国各地の海藻を戻して販売している会社だそうです。松井さんはお母さんが佐渡新穂出身でせっかくだったら県内産の昆布を売りたいという一心で、試作をしてこれから販路を開拓するそうです。
IMG_1164


【【多田】塩蔵佐渡昆布 南魚沼通じて消費者へ】の続きを読む

 松ヶ崎の海岸で拾った貝殻と石でリース作ってみました。

DSC_0950

 
【【松ケ崎】貝拾い石拾いでクリスマスリース】の続きを読む


 10月12日の多田祭りに合わせて、
 「女子的!佐渡の祭りの楽しみ方」略称女子×祭りが無事開催されました。

DSC07233_R
 

【【松ケ崎】多田祭り 女子×祭り】の続きを読む

 松ヶ崎の かりんです。

 多田の上之山夫婦と一緒にイベントを企画しました。

 またまた10月、多田の祭りの季節になりました。去年多田の若衆十何人が自分のうちの前で門付けしてくれて感動したこと、岩首の方が私の家にお客さんとして上がってくれたことがどんなにありがたいことなのか思い出します。
 
 人が自分のうちに訪れること、人をもてなすことのありがたみをここまで感じられるのはお祭りしかないです。

 その喜びと感動を集落外の方にも味わってもらいたくて、地元の上之山さん夫婦とこのイベントを企画しました。

 大好きな多田の町並み、若衆の雄姿、地元お母さんから勉強するお祭り料理大いに楽しめます。

 それから神輿の還御(かんぎょ)はちょうちん山のもとで4時間歌って踊うところが、一番盛り上がるポイントです。

 島内島外問わず興味のある方はぜひ来てください。

 ■問合せ・申し込み:上之山(うえのやま)博文、京子
※集落在住の夫婦です。お気軽にお問い合わせください。
(Tel.090-2473-1449、Email:jyo@seagreen.ocn.ne.jp)

 

チラシ3修正


10613892_856939407652287_1495905372_n

10704963_856939467652281_682707255_n

 

参加スケジュール(多少変更する場合があります): 

10/12(日)〉
 ●13:0016:00 
  シェアハウスにて、参加者みんなでお祭り料理準備 
 ●16:0016:30 
   最も見どころの多田・黒根の鬼太鼓・大獅子・ 御神輿見学 
 ●17:00 
   シェアハウスにて、祭りお迎え。その後、シェアハウス・
  多田本町にて、お祭り・おけえり(神輿の還御)参加
 


10/13(月・祝)〉 
  10:0011:00 シェアハウス片付け等の後、各自解散 

ついに!この時が来ましたよ~♪

7月27日(日)早朝、私のネクタリンを無事収穫致しました!
P7270578
今年は収穫時期が例年より早かったそうで、つい先日袋掛けが終わった(押せ押せで7月上旬までかかってしまいました)と思ったら、早やM先生から連絡が…。

仕事の合間を縫って、上新穂のネクタリン畑へ行くと、ネクタリンの甘い香りが木の側にいて香ってきます。

収穫し時かどうかは、いくつかの判断材料があるそうです。
私の場合はまずお尻の赤みと、手で触ってみて硬さを確認(ただネクタリンは桃より触感では判断しにくいそうです)、その後香りがするか、鼻先を近づけて香りを嗅ぎます。その次に、ヘタの周辺の色を見て、青みが薄いかどうかチェック。

先生曰く、熟したものは皮の表面のテカりがなく、マットな色になるのだそうですが、私にはそこまで区別できず。
(人間と同じ、熟す(歳をとる)と顔の脂もなくなってくる…、けど、それが熟した証拠!なんて冗談を言うのは、果樹の大先生Sさん。)
P7270580P7270584
摘果が遅かったせいか、やや小ぶりの出来。大きいもので190gでした。核割れ(種が真っ二つに割れてしまうこと)も多いように感じました。摘果で残す実の選別が、まだまだだったなと反省。

それでも、「秀」12個入りが2箱完成!家族とお世話になっている方に贈りました。それぞれに甘くて美味しかった!と感想を頂き、本当に嬉しい♪
P7270585IMG_2155
果樹農家さんの作業を実際体験し、どれだけの手間暇をかけて実が育てられているのか知りたくて、Myネクタリンのお世話をしてきました。
最後の袋掛けでは、私が思うように畑に行けず、3分の1はM先生が掛けて下さり、その他木の防除や下草刈り、私が手を加えたのはほんの一部だったと感じています。

それでも、季節ごとにすべき仕事があり、毎年天候や、木の具合などを見ながらの作業、木に実が生って当たり前の世界から、一歩踏み込んだ果樹栽培の世界を経験できたこと、とても勉強になりました。
P7270587
佐渡はフルーツ王国。実?身をもって実感。




高千・外海府担当の中村です。

先日、東京出張の際に都内で開催された「佐渡ナイト@にっぽんの...」に参加させて頂きました。


佐渡ナイトとは・・・


佐渡にはトキ・金山・鬼太鼓などよく知られた自然と文化の宝があるとともに、

まだまだ隠れた魅力もたくさんあることから、水辺と田んぼをフィールドに展開

している2つの取り組みを紹介し、今の佐渡を語りながら佐渡の食材を活用し

た料理を堪能する。


といったイベントでした!


お店の名前が「にっぽんの...」といって今までも“○○ナイト”が開催されていたようです。


image (9)



この地図上の佐渡島にも赤いしるしがされるんでしょうね^^


参加者は佐渡に興味がある、佐渡のことが好きな人などなど40名ほどいらっしゃいました。


image (3)


トークセッションでは、

加茂湖で水辺再生に取り組んでいるカモケン理事長の豊田さん、

棚田の保全活動をしている岩首の棚田おじさんの大石さん、

市役所農林水産課長の山本さん

がそれぞれプレゼンをしました。


image (2)

image (1)



ひととおり佐渡のことを話した後は、お待ちかねの佐渡の食材を楽しむ会です。


まずは、北雪の梅酒で乾杯。


image


その他、山菜てんぷら、煮しめ、刺し身盛り、イカの塩辛・一夜干し、白米(棚田米を使用)、鳥汁、

などを頂きました♪

お酒ももちろん佐渡の酒各種勢ぞろいでした。



image (4)

image (5)


image (6)

image (8)




参加者の中には、佐渡出身の方もたくさんいて色んな方とお話できてとても楽しかったです。

島を離れていても佐渡のことをPRしてくれている方がいて嬉しいですね。

中にはまだ佐渡に入ったことがない方もいらっしゃったので、是非どんどん遊びに来て

新鮮な食材をもっともっと堪能して欲しいです。



ちなみに、この日の佐渡ナイト@にっぽんの…は雑誌「Discover Japan」7月号にて取り上げられます♪

http://discoverjapan-web.com/


チェックよろしくお願いします~!

以上



image (7)

このページのトップヘ