佐渡市地域おこし協力隊サイト

佐渡市地域おこし協力隊全メンバーによる活動報告のサイトです

佐渡市地域おこし協力隊サイト

内海府

寒ぶりまつり、無事終了しました。
前日の大雪でどうなることかと心配しましたが
天気も何とかもってくれて助かりました。
何より寒ぶりが豊漁だったことがまつりを盛り上げてくれましたね。

kanburi

目の前で水揚げされるぶり。その迫力に歓声があがっていました。

来年に20回目の節目を迎える寒ぶりまつり。
記念回を盛大に祝うべく経験を積んでおこうと、今年の寒ぶりまつりではいくつか新しい試みを行うことになりました。

寒ぶりまつりは内海府漁協と地元集落、企業が中心になり運営しています。
私も事前準備や運営などトータルな部分でかかわらせていただきました。

まずは「魚つかみ大会」「魚さばき講座」「まち歩き」の3つのイベント。
せっかくここまで足を運んでいただいたのだから、ぶりなどの魚や鷲崎集落を
もっと知ってもらい親しんでもらいたいなと思い企画しました。

ikesu

sakanatsukami

いけすを悠々と泳ぐ魚たち。それを手づかみでつかまえます。
魚つかみは子供限定でしたが、むしろ後ろの親御さんが必死だったような(笑)。
中には大きなぶりをつかまえた子供もいて、持ち上げるのも一苦労でした。

sakanasabaki

sakanasabaki2

魚さばき講座は近くのふれあいセンター(活性化センター)で。
漁師の奥さんからコツやアドバイスを受けながらとれたての魚をさばきます。
なかなかうまくさばけず四苦八苦する人も。
さばいた魚はその場で食べたり持ち帰ったり。
地元で水揚げされたばかりの魚、お味はいかがでしたでしょうか。

machiaruki2

まち歩きは港町鷲崎の路地や神社仏閣を巡りました。
案内役の観音寺 梶井住職が地元民でも知らないような由来やエピソードを
たくさん披露してくださり、参加者もとても喜んでいました。

3つのイベントを行ったことで、新たな発見や効果がありました。

魚つかみは子供が歓声をあげて魚をもちあげたり
魚さばきは普段あまり経験のない人がぎこちない手でさばいていたり、と
新聞やテレビがニュースにしやすい面白い「画(え)」を撮ることができます。
なので、サドテレビはアナウンサーさんが実際に魚さばきにチャレンジして
ルポ風に放送されましたし、魚つかみは映像が関東にも送られたようです。
マスメディアを通して発信されることで、多くの人にまつりの存在を
知ってもらえることができます。
実際サドテレビを見た人から「自分もやってみたかった」という感想を聞くことも出来ました。
もしまつりに来たことのない人が「じゃあ来年行ってみようか」となれば万々歳です。

まち歩きは、梶井住職のお話の面白さが伝わり、地元民向けにも
やってもらえないかとの声があがり、検討することになりました。
自分の住んでいるところって案外知らなかったりしますし
それが地域への愛着や誇りにつながっていくといいなと思います。


出店者の方たちにもいろいろとチャレンジしていただきました。
海上保安庁さんには、ライフジャケットの説明を・・・なんと

kaiho2

kaiho3

じゃぼーん。!!実際に海に飛び込んで実践していただきました。
冬の海、さぞ寒かったことでしょう。
でも見学者にはライフジャケットの重要性が十分伝わったと思います。

また“ぶり仲間”を応援するために人気の「ブリカツ君」も来場!

burikatuonddo

佐渡おけさや鷲崎の民謡を踊ったり

写真 2 (1)

寒ぶりレースのお手伝いをしたりと大活躍でした。

寒ぶり漁の紹介も。

写真

寒ぶり漁の様子は、一般の人にはなかなか見ることができません。
そこで内海府の海で行われている漁や海中で泳ぐぶり、そして海府地区の自然や伝統文化などさまざまな財産をおさめたプロモーションDVDを作成しました。
プロのカメラマンが善意でボランティア参加してくださったことで完成度がとても高く、周囲の評判も上々。
地域のよさをアピールする絶好の素材となりました。


警備面でもチャレンジ!

board

まつりには多くの方が自家用車で来場されます。
県道から鷲崎漁港には2ヶ所入り口がありますが、二ツ亀側の入り口は急なカーブも多く道や駐車場も狭いため、過去たびたび大渋滞が起こったりバスが立ち往生したりと色々と問題がありました。
重大事故が起きる危険性もあったため、今年はお客様の入り口を両津側のみとさせていただきました。
警備会社にも事前に場所を見てもらい、極力お客様にご迷惑をおかけしないよう試みましたが
近くの駐車場が満車後、遠い場所に止めることになったみなさまにはご不便をおかけしたと思います。
この場を借りてお詫びいたします。

他にも小さなことを含めるとチャレンジはたくさんありました。

これまではまつりの2ヶ月前くらいから準備を始めることが多かったようで
それだと時間も足りず、やりたいこともできません。
そこで今回は夏くらいから話し合いを始めました。
それでも最後は時間が足りず追い立てられるようでしたが。
チャレンジしたことで失敗や課題、反省点もたくさんあります。怒られたり呆れられたこともありました。
でも様々な発見と次につながる力の方が大きかったように思います。
何より実行委員会や漁協など一緒にまつりに携わったチーム、そして地域の人たちの温かさを実感しました。
大雪極寒の中、会場設営や掃除を行う漁場や集落のみなさん。
下ごしらえや大根、ネギの収穫など1週間前から準備を行い、美味しいアラ汁を作ってくれた寒ぶり応援隊のお母さん。
学校田で収穫したお米の販売や赤い羽根募金活動を頑張ってくれた内海府小中の子供たち・・・ etc。
みな協力しお互いを助け合いながら取り組む姿に、地域の良心をヒシヒシと感じました。
19回つなげてきたまつりの経験は、地域の誇りややりがいに間違いなくつながっています。

夏のカンゾウ祭り、冬の寒ぶりまつりは海府地区が誇る大きな財産です。
過疎高齢化などで人手確保が難しい状況になっていますが、地域力でなんとかつなげていってほしいと思います。

長文最後までお読みいただきありがとうございました!

W杯始まりましたね!睡眠不足の日々が続きます。
このブログもイタリアvsイングランドを見ながら書いてます。
今は少し落ち着きましたが実は私サッカーが大好き。
なのでW杯はお祭り状態。現地観戦に行ったこともあります。
ブラジルにも行きたかったなぁ~。

W杯開幕を祝して、というわけではないですが
14日(土)マグロ祭りが開催されました。
今年は例年にないほどのマグロ大漁が続いています。
前日の金曜には内海府や和木などでなんと1000本近くも取れたそうです。
大漁はとても喜ばしいことですが連日遅くまでの作業に漁師さんも疲労困憊。
本当にお疲れ様です。

しかし取れたマグロのほとんどが築地に出荷されるため
地元の人でも食べる機会は少ないそうです。
そこで近隣集落や島民のみなさん、ダイバーや観光客にむけて
海の恵みに感謝しマグロに親しんでもらう“マグロ祭り”を開催することに。
無類のマグロ好きな私、参加せぬわけには行きません!!
待ちきれないので“解体ショー”から見学です。

DSC01069

DSC01075

まな板の上のマグロ。40kg級です。板に収まりきれませんね。
漁師さんが手早く豪快にさばいていきます。

DSC01061

ん?窓から視線を感じます。

DSC01066

「早くちょうだ~い」。ネコも解体作業を見守ります。

DSC01072

わ~い。アピールの甲斐があってご馳走をいただきました。
マグロの中おちですよ。いいなぁ。

DSC01082

解体されたマグロは食べやすいサイズにサクサク切られていきます。
トロットロのトロ。おいしそう~。

DSC01087

DSC01088

マグロは小分けされ会場の食堂に運ばれました。
マグロ以外にも地元の野菜や山菜、海藻を使ったご馳走が並びます。

DSC01091

料理は全て地元のお母さん方の手作り。心がこもっています。
朝から仕込みで大忙し。有難うございます!

DSC01094

いよいよ祭りの開幕です。続々とお客様が訪れます。
午前中の大雨が嘘のように晴れ、心地よいお昼になりました。

DSC01102

佐渡民謡が祭りに花を添えます。
会場の下は海。波音が心地よく響きます。
お昼から美味しいマグロや地元料理で飲むビール、最高ですね。

このお祭り、決定したのがギリギリだったため周知ができませんでした。
知っていれば参加したかったという方もいらっしゃると思います。
次回は広くお知らせしますので、是非いらしてくださいね。


夕方からは鷲崎集落の慰労会。青年会で道路の草刈を行いました。
こちらでもマグロ1本さばきました!豪勢でしょ。

DSC01115

DSC01118

パットにどーんと並べるあたり、漁師町らしいですね。
身も厚く食べ応えがあります。口に入れるととろけていきます。
お腹一杯でもう食べきれない

昼夜マグロづくし、とてもとても幸せな1日でした。
海府地区に配属されて良かったと心から感謝です(笑)。

島内でも佐渡産マグロを扱う店やスーパーが増えてきているそうです。
でもまだまだ入手しづらい状況です。
色々課題はありますが、もっと手軽に食べられるようになるといいですね。


さてまもなく日本代表の試合です。相手はコートジボワール。
試合が楽しみのような怖いような(苦笑)。
大海のマグロのようにピッチを回遊して勝利をつかんでほしいです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

待ってました!
内海府にマグロの季節が到来です。
昨日フェイスブックにアップしましたが、鷲崎と黒姫合わせて約100本のマグロが入りました。
この時期としては数年ぶりの大漁だそうです。
果たして今日もマグロは入っているのでしょうか。。。

DSC00510

港に船が戻ってきました。
なんと今日も70本近くの水揚げ!大漁です~
船内の水槽には納まりきれず、船上に積んで運んできました。

DSC00511

マグロだけでなく、ブリ、ワラサ、カワハギ、フグなどもたくさん獲れていました。
アンコウちゃんもいましたよ♪

鮮度が落ちないうちに急いで市場に向かいます。
陸送だけでは間に合わないので水槽のマグロはそのまま船で運びます。

私も出荷と競りを見届けようといざ魚市場へっっ

DSC00610

DSC00518

あれ?誰もいない。もしかして終わってしまったの?
実は今日 市場はお休みでした。
が、マグロが獲れたとあっては話は変わる。
競りは明日ですが、マグロの保存作業を休日返上にて行います。

まずは陸送で来たマグロから。計量した後、丁寧に氷保存します。

DSC00544

DSC00572


DSC00521

氷詰めされたマグロがフォークリフトでどんどん運ばれてきます。
基本は発泡スチロールに入れますが、それに収まりきれないものはこの木箱に。
果たして今日出番はあるのか?


ところでマグロの品質の見分け方ってご存知ですか?

DSC00540

DSC00538

DSC00568

計量後、尾の部分を切り落とします。市場や仲買人はそこを見て判断するそうです。
見るポイントのヒントを教えてもらいましたがさっぱり分からず。。。

そんなこんなしているうちに鷲崎からの船が到着しました。

DSC00558

DSC00579

着船後すぐにクレーンで水槽に移し替えます。
ん?1本、他とサイズが違うマグロが。。。カメラからも見切れています。
すごい存在感。とても気になります。

気になるカレをいざ計量。

DSC00602

DSC00603

デ、デカイッ!間近で見ると改めてビックリ。計量は96kgありました。
鮮度を保つため船上で内臓を取ってしまうので、実際は100kg以上です。

DSC00605


DSC00607

じゃじゃーん。とうとう木箱が登場です。使用する氷の量も多い多い。

本日の木箱入りはこの1本でしたが、50kgクラスのマグロも結構取れていました。
競りでどんな値がつくでしょう。明日も見に来ちゃおうかな

大漁なことはとても喜ばしいですが、その後の作業がこれまた重労働。
早朝から漁に出て、全ての作業が終わったのはお昼前でした。
漁師さん本当にお疲れ様でした。


で、作業場脇にあってずっと気になってたコレ↓

DSC00595

実は

DSC00593

トラックで運んできた大きなブロックアイスを・・・・・

DSC00594

コンベアでビュンっと上げて・・・・・

DSC00592

機械でクラッシュ状に砕き、船内の水槽に流し込みます。
スケールの大きなカキ氷器ですね(笑)


最後までお読みいただきありがとうございました!

新年度でブログも衣替え
どうぞよろしくおねがいします。

さて定置網が盛んな内海府の海で、最近アザラシらしき謎の生物が
網の魚を食い散らかして困るという話を聞いたので、早速取材に行ってきました。

1写真 (4)

朝日に向かって出航。
ここのところ暖かな日が続き、波も穏やかで気持ちの良い早朝クルーズです。

1写真 (3)

出航を待ってましたとばかりに海鳥がやってきます。
エサをくれ~っと我先に競い合いぶつかり合い。
鳥好きの私でもちょっと引いちゃうような勢いです。

5分ほどで定置網の場所に到着。
準備に取りかかろうとした矢先、黒い物体がスススーっと移動して行きます。

ん?あれは?

船頭さんが「今日もやられた~」とため息。

船が着いたことに気づいた“ヤツ”が、そそくさと逃げていったようです。
しかも船の方に近づいてきて顔をひょこっと出し挨拶のサービスまで!
普段はそんなことしないのに、同行したテレビクルーに向けてなのかしら?
その余裕っぷりがまた憎らしいやら愛らしいやら。
ひとしきり戯れた後、バイバイと手を振り?沖に消えていきました。

・・・すみません 既にお気づきでしょうが、私は“ヤツ”に見とれていて
肝心の写真を撮ることを忘れていました(汗)。
取材者失格ですね。

テレビクルーはもちろんバッチリ撮影していました。
顔を出してくれたおかげで“ヤツ”の正体が「キタオットセイ」と判明。

そのオットセイ、これまで何度か網にかかり、その度に逃がしてあげていたら
網の仕組みを覚えそこにいけば魚食べ放題だということを学習し、すっかり居ついてしまったそう。
しかもメジマグロなど旬の魚ばかり食べるグルメっぷり。

1写真 (8)

ちなみにこれが“ヤツ”の飽食の後。なんと豪快な食べっぷりなんでしょう。
水温が温かくなると北上するようですが、しばらくはお付き合いするのかなぁ。

“ヤツ”が去り、本格的に漁開始。
しかし今日はこれだけでは終わりませんでした。
網を引き上げている途中、海面から背びれがヒョコヒョコ現れます。

1写真 (5)

分かりますか?
なんとイルカ、しかも2頭網に入ってきてしまったのです。
イルカの大群が日本海にいるとのニュースがありましたが、佐渡沖でも何度も目撃されていました。
その仲間なのか、網に迷い込んでしまったようです。
ぴょんっと飛び越えて逃げてくれればよいものの、網の中を悠々泳いでいます。

1写真 (6)

向かいの船が迫ってきてイルカもさすがに焦り気味?
どうなっちゃうのかと、こちらもハラハラです。

イルカ絶体絶命!?いやいや大丈夫。
漁師さん達が傷つけないように保護しすぐに沖に返してあげました。
去っていく姿を眺めながら、もう二度と来るんじゃないよと祈りを捧げて。


写真 (7)

港に戻るとお迎えが来ていました。まるで「ご飯まぁだぁ?」と言いたげな態度。

アザラシやイルカなどの生物が網に入ると、魚を食べられる以外にも
魚が逃げる、網を破られるなどの被害が出ます。
網起こしの作業にもひと手間かかります。
生物も怪我をしたり命を失うこともあります。
でも防ぐのは中々難しいこと。
運悪くかかってしまったときにはできるだけ傷つけないよう気を配っています。

当然ながら海はみんなの宝。うまく共存していきたいですね。


最後までお読みいただきありがとうございました。

このページのトップヘ