佐渡市地域おこし協力隊サイト

佐渡市地域おこし協力隊全メンバーによる活動報告のサイトです

佐渡市地域おこし協力隊サイト

古民家

佐渡に移住して三度目の冬を迎えました。
担当地区である宿根木に、一軒家を借りて家族三人で暮らしています。

今回は活動紹介・・・というより、暮らしの中での雑感です。

夏には涼しくて過ごしやすい古民家も、冬になると恐ろしく寒いです。

特に、夜になると強風吹き荒れることが多々あり、
家の中にいても壁がバタンと倒れるのではないかと思うほど。
まるでドリフターズのおちのように。

窓を木の雨戸からサッシに替えたことで幾分解決しましたが、
それでも築
150年以上経つ古民家。

どこからともなく吹いてくる隙間風が冷たい。。

 

\今年の寒さ対策/

①囲炉裏がある居間の天井が高いので、農業資材の寒冷紗を張ってみました。

②防寒カーテンの購入をしぶり、梱包剤(ぷちぷち)を窓に貼ってみました。

③床にはジョイントマットと絨毯(お下がりでいただきました)。

7LDKの二階建て家屋ですが、6畳の一部屋を居間兼寝室にして一部屋で完結。

他にいい防寒対策があればぜひ教えてください。

 

帰宅後17時半から20時就寝までの2時間半は、まさしく超特急!

お風呂は薪風呂なので、雨風(雪)を背に風呂を沸かす父ちゃん。

電子レンジを持たないポリシーを貫き、コンクリ敷きの土間で食事の支度をする母ちゃん。

そんな両親の姿をベビーガード越しに見つめる子ども。
→その姿が寒々しいのでおんぶ。

「みんなそう、みんな頑張ってるんだ」と自分に言い聞かせての日々繰り返しです。

 

不便で寒くて一見辛そうな古民家暮らし・・・でも、

\いいところだってたくさんあるさ!/

①夫婦間の団結力は深まる一方!(たぶん)

②身体の芯の芯まで温まる薪風呂。

③冬は家中が冷蔵庫。物が腐りにくい。

④子どもが走り回ってもジャンプしても大声で泣いてもお構いなし。

⑤ほどよい開放感。プライバシーは「見て見ぬふり」で守ります。

⑥暗いのではなく、室内はほどよい明るさ。
 見たくないもの(ホコリとか虫)があまり目に留まりません。


住めば都・暮らせば城、と不便も前向きに受け入れて、
何よりも150年も前から住んでいた人たちに思いを馳せたときに
大切に暮らさなければと思うのです。


とはいえ春が待ち遠しい佐渡の冬の暮らし。
冬はまだ始まったばかり!

空き家見学に来られたかたが佐渡の家を見て一言「もう少し小さい家はないですか」・・・と。

ありません!・・・とは言いませんが、とても広く立派なお家が多いです。
家に一歩入ると目に入る太い柱に梁、凝った意匠、どれをとっても美しく、これだけのものを備えるならこれくらいの広さは必要ですね、と納得してしまうほどです。

今回もそういうお家。「海が見えるお屋敷!一生に一度は住んでみたい立派な古民家!」
どんなんかなぁ~お邪魔します。
IMG_8835
玄関開けると改修され、比較的新しいところが見られますが、目に入ってきたのはふってぇ(太い=佐渡弁)大黒柱!
 IMG_8837IMG_8838
そして、ふすまではなく・・・なんていうんでしょう?
夏用の仕切り戸。
昔の家は冬用と夏用と使い分けていたんです。
 IMG_8836
とても広い(本当に広い)御前。天井もいわずもがな。
手前には応接セットがありました。
IMG_8842
仏間床の間の他に小座敷が4つ、納戸が2つ。
納戸とと言っても普通の部屋と言っても遜色ないくらいの広さがあります。
槍の間があるなんて!!!
IMG_8862
向かって右床の間、左小座敷。
この間は槍の間と呼ばれる廊下です。
畳の長さ(もちろん長い方の辺約180センチ)があります・・・伝わりますか?このお屋敷感!!!

改修したリビングはすぐにでも使えそうです。
IMG_8848
トイレやお風呂は改修済み。
IMG_8853IMG_8854
これはポイント高いですね・・・。
水回りは新しいに越したことはありません。

さて、外に出てみましょう♪
IMG_8869
お!海が見えます!高台にある海の見える古民家。
この心躍るワードはぜひ佐渡暮らしを始める方に見てもらいたい。
思わず「佐渡に引越してよかったわ~」なんて友だちに自慢したくなると思いますよ!

気になるこちらの物件、詳しくは佐渡島移住定住支援情報 両津-70 をご覧ください。
IMG_8866


 

 かりんです。
 いよいよ女子×祭りも残すこと松ケ崎篇のみ!

 2

 実は松ヶ崎篇の会場になるお家が地元名士の旧家(ホシヤマイチ)です。荒物商人、みそ蔵、銀行をやってきて、青木健三は地元の民俗史研究にも熱心でした。そして青木家とは関係ありませんが、お家の今の持ち主も遊び心がある方、「この家にいると松ケ崎の灯台は私の書斎机のランプだ」という言葉に思いが馳せます。

DSC_1792_R

 
【【松ケ崎】家を呼び覚ますー古民家探険清掃ボランティア】の続きを読む

このページのトップヘ