佐渡市地域おこし協力隊サイト

佐渡市地域おこし協力隊全メンバーによる活動報告のサイトです

佐渡市地域おこし協力隊サイト

外海府

中村です。

11月3日(火・祝)、4(水)は神奈川県の相模女子大学の文化祭「相生祭」での第8回地域物産展が開催されます。

毎年8月13日に行われる「夏の彩典 たかち芸能祭」を運営しているたかち芸能祭実行委員会のメンバーが販売・PRしに行きますヨ!

たかち芸能祭での相模女子大学生の相互交流は夏と秋に行われていますが、夏の体験合宿は今年で7回目、物産展の参加は今年で6回目となります。

物産展には毎年来場してくださるお客さんもいて、嬉しい限りです。

とれたての佐渡産コシヒカリ「たかち美人」新米や、今が旬のおけさ柿やあんぽ柿、海産物などご用意していきます!


IMG_5399


CIMG2618

CIMG2002


詳細はこちらです↓

<第8回地域物産展>

・日時:11月3日(火・祝)10:00~16:00、4日(水)9:00~16:00
・会場:相模女子大学 マーガレット本館1階テラス ほか
・入場無料/予約不要

第8回地域物産展のホームページです
http://www.sagami-wu.ac.jp/news/2015/10/20/006308.html


皆さまのたくさんのご来場お待ちしています~♪

IMG_8229



中村です。

お米の収穫が終わり、農作業もひと段落する10月半ばは、小麦の種まきの時期でもあります。

以前、6月に収穫体験をさせてもらった本間さんの小麦畑で、今回は鶏ふん&種まきを一緒にやらせて頂きました。
(収穫体験のときのブログ記事はこちらです →
http://sado-chiiki-okoshi.blog.jp/archives/1031457318.html

当日は、他集落でも小麦栽培を始めた方や、小麦作りに興味のある方も一緒に集まりました。

DSC_1241
仲間が増えた!
農作業は1人でやると“てぇーすい”(しんどい)けど、皆でやれば楽しい

IMG_5524
種まき前の畑


まずは畑に鶏ふん(肥料)を蒔きます。
この大きなトラクターを使います。
IMG_5525

IMG_5526

緑色のタンクに入れて、機械が粉砕しながら蒔いてくれます。
鶏ふんなので、なかなかの臭いがしてました。マスク必須です。

IMG_5528


そして、少し作業をしたところで一服です。
佐渡弁で“こびりぃ”といいますが、一服のときのおやつみたいなもので、
なんと出てきたものは、自家製小麦の食パン。

IMG_5534

朝出来たてのホカホカ食パン。美味しかったです。
IMG_5535


さて、こびりぃ後は、いよいよ種まきです。

IMG_5533

本間さんが、長野県からわざわざ仕入れた小麦の種を使います。
品種は、ゆめかおり。
先ほどのトラクターの後ろ部分を種まき用の機械に取り替えます。

IMG_5536

IMG_5538

蒔いた後の畑。かすかに小麦が散らばっているのが見えますかね?
IMG_5540


我われ協力隊の重盛隊員と私も、本間さんにご指導頂きながら慣れないトラクターを運転しました。
少し曲がっている列は、素人がやった箇所だとすぐバレてしまいますね。。

DSC_1262

IMG_5546

これで種まきは終了です。
小麦は、雨が降ればすぐに芽が出るそうです。

ちょうど次の日に雨が降り、芽が出たとの連絡があったので1週間後くらいに見に行きました。

IMG_5662

可愛らしい草が芽えてました!!!
周りは田んぼなので、刈り取り後の寂しい風景の中に、黄緑色の芽が映えていました。

IMG_5664

IMG_5668

IMG_5671

この後、丈が2,30cmになったら麦踏みという作業をします。
根っこが地表に出てきてしまうので、足や機械で踏んでいく作業だそうです。

収穫までの間の成長が楽しみです。


 


秋ですね。

自然の恵に感謝しつつ、収穫を祝う季節となりました。

毎年この時期に、外海府の岩谷口集落では、
「収穫文化祭」を開催しています。

今年はスペシャルなプログラムがもりだくさん。
「食」を通じて、外海府・岩谷口の暮らしを体感しませんか。

名称未設定-1


この「収穫文化祭」の目玉は、
なんといっても地元特産品の販売ではないでしょうか。

天日干しの岩谷口産コシヒカリをはじめ、地元で採れた野菜類・豆類のほか、
海産物の販売もあるようです。

DSC_1165 (2)
写真:岩谷口産 ”はざ掛け米”


「岩谷口か・・・遠いな」 と、思いますよね。
実際、遠いです。
でも、国仲方面から車で1時間以上掛けてでも、
岩谷口産のお米を手に入れる価値はありますよ♪


DSC_0853
岩谷口産のもち米で、もちつきやります。

IMG_4344 (2)
写真展・作品展も面白いですよ。


★ 岩谷口 収穫文化祭 ★

【日時】  2015年10月25日(日) 午前9時~
   ※ 地元特産品の販売は、10月24日(金)~27日(火)まで行います。

【場所】  岩谷口公民館
【参加費】 200円 (昼食会の材料代 込み)


外海府の集落
岩谷口集落で、おまちしています。

外海府担当、重盛でした。


中村です。


8月に入り、夏本番となってきました

今年で13回目となる「夏の彩典 たかち芸能祭」の季節です!

今年も相模女子大学から伝統芸能体験で10名ほど学生が来られます!

その他に、高千出身のフラメンコのニシミエコさんや両津福浦の鬼太鼓の出演もありますよ。


今年のポスターはこんな感じです。


takachi_poster


新潟県民にはおなじみの、甲子園の出場校を県内企業が応援する“あの”CM(○○は××高校を応援しています)のような仕上がりになっています。


もちろん我々、地域おこし協力隊も応援させていただきます。


芸能祭ポスター


実行委員会の皆で手分けして、島内各所へ配布しに行っております。

ご協力のほど、よろしくお願いします!!


当日の詳細とプログラムはこのようになっております。


8月13日(木)の夜は、高千中学校グラウンドへぜひお越しください☆


日時: 平成27年8月13日(木)午後5時~午後9時頃
会場: 市立高千中学校グラウンド(雨天時 同校体育館)
※駐車場に限りがありますので、できるだけ乗り合わせてご来場ください。

 【 出   演 】(出演順)

・高千中学校 「文弥人形芝居」 17:05
・YAMATOミニライブ 17:25
・ニシミエコ フラメンコ 17:45
・南片辺 「御太鼓」 18:00
・北立島 「鬼太鼓」 18:15
・両津福浦「鬼太鼓」 18:30
・高千カカロモダンサーズ 「創作ダンス」 18:45
・海府民踊クラブ・みすじ会 「相川音頭・佐渡おけさ」 19:05
・北川内 「豆まき」 19:20
・後尾 「鬼太鼓」 19:35
・北田野浦 「花笠踊り・小獅子舞」 19:50
・千本 「鬼太鼓」 20:05 
・石花 「鬼太鼓」 20:20

※出演時間は大まかな目安です。当日の進行により前後します。
※出演順は参加団体の都合により変更となる場合がありますので、ご了承ください。

主催: 夏の彩典・たかち芸能祭実行委員会

お問い合わせ先: 佐渡観光協会相川支部 電話:0259−74−2220


 

中村です。

日本人なら米だ!

もちろん佐渡でも米の稲作が主流ですが、そんな中、国産小麦の栽培を広めようとしている方もいるのです。
ここ石花(いしげ)の田んぼの隅に、その名のとおり小麦色をした畑があります。

本間さん(写真)は、Uターンで佐渡へ戻ってきて地元の工務店に勤めながら、実家の米作りを手伝い農業に携わってきました。

小麦粉を作ろうと思ったのは、日本人の米離れがきっかけだそうです。(※もちろん今でも米作りもしています)

IMG_4257


5年ほど前から、減反制度により休耕田となった田んぼで国産小麦の栽培にチャレンジし始めたそうです。

ちなみに農薬や化学肥料を使わずに、有機肥料だけで作っています。

昨年は、全部で500kgほどの小麦粉を収穫できるまでにしたそうです・・!

CIMG7496

小麦の収穫は6月なので、今回は収穫から製粉してパンを作る工程までを体験させていただくことになりました。

3月から地域おこし協力隊になった、外海府地区担当の重盛隊員と、パンを愛してやまない佐和田地区担当の斉藤隊員も一緒にやらせて頂きました!

CIMG7509


私も今回初めて小麦畑を目にしました。

小麦畑を見ていると、北海道やアメリカの畑を見ているようでした。

IMG_4260


まずは、収穫作業!

2条式のコンバインに乗らせてもらいました。

CIMG7518

IMG_4254

最初は、操作に慣れずなかなか手こずりましたが、慣れてくると皆さんスピードを上げてどんどん刈っていました。

本間さんはコンバインのほかにも、バインダーでも刈ることがあるそうですが、この「みほ27」というバインダーはじゃじゃ馬らしく、扱いが難しいそうです。

実際、触らせてもらいましたが、真っ直ぐ進ませるのが難しかったです。

CIMG7523

ある程度、刈り取り作業を終えたら、刈った小麦を乾燥させます!

お家のビニールハウス内に敷いて広げておきます。

このまま1週間ほど乾燥させるみたいです。

CIMG7525


今日、刈った小麦をすぐには製粉する事は出来ないので、この日は昨年収穫した小麦を使い、製粉させてもらいました!

IMG_4268

米粉も作れる製粉機です。黒くてピッカピカのかっこいい機械でした。

IMG_4263

小麦を入れると、3種類に分けてくれます。

IMG_4269


IMG_4270

これは、一番粗い「ふすま粉」です。

IMG_4271

これは2番目に粗いもの。

CIMG7535

そしてこれが、「あがり粉」です。白くてさらさらです。

IMG_4272

これは水分量を測るものです。
ちなみに、乾燥させた小麦の水分量は約13%です。
収穫したての小麦は、23%ほどありました。


そして小麦粉が出来たら、パンを作ってみよう!

ということで、ホームベーカリーで挽き立ての小麦とその他材料を入れて、食パンが完成しました!

IMG_4282

この少し茶色がかった手作り感あふれる食パン、いいですね。

IMG_4283


ちなみに、全粒粉の場合は、ふすま粉と2番目の粉を、もう何回か製粉機にかけて全て混ぜた物になります。
全粒粉の方が、香りが増して香ばしいパンになるそうです。


次回は、この日に自分達で収穫した小麦を製粉する予定です!

10月になると畑に種をまく作業が始まります。今度はその体験をしてみる予定です!


今回は色々体験させていただき、初めてのことで楽しい時間でしたが、年間を通して農作業をするのは苦労する事も多いそうです。
製粉するのが思っていた以上に時間がかかりましたし、話によると種を撒くのを以前は手で蒔いてたそうですが、色々試行錯誤しながら、今では機械を入れることができ、だいぶ楽になったそうです。


まだまだ小麦栽培は道半ばだそうですが、少しずつその魅力を周りの人に伝えて担い手を増やしたいとのこと。

私も自分に出来ることで支援したいと思います! 

中村です!

先月末、新潟大学農学部の演習林山開きに参加してまいりました。

小田(こだ)集落内にある「新潟大学農学部付属フィールド科学教育研究センター佐渡ステーション」(通称:佐渡ステーション)が、大佐渡地域の森林の一部を森林科学の研究や教育の実践のために演習林として利用しています。

毎年4月末に、大学の関係者や学生、地元の集落の方々を招待し、山開き交流会を開いています。

私も今年初めて参加する事ができました。

向かう先はこの辺です。↓

演習林

朝の8時半に出発し、車で岩谷口~黒姫を結ぶ道路をひたすら登っていきます。

途中、鍵のかかっているゲートがあるので、演習林エリアは普段、大学の関係者やガイドの人と一緒に行かなければ入山する事ができません。

このエリアは佐渡島の中でも標高が高い場所なので、冬になると雪が4,5mくらい積もるそうです。

ほとんど雪は解けていましたが、頂の付近はこのくらい雪が残っていました。


CIMG7019


また、ここは谷になっていて、日本海から吹き上げてくる風がとても強く、生えている木々はこのように斜めに生えています。。。

CIMG7021

この演習林一帯は、海からの湿った風が吹き上げてくるので、霧が発生しやすいみたいです。

小さい水溜りや池も多いです。

途中の池に、クロサンショウウオの卵がありました!初めて見ました。

CIMG7009


さらに上に登っていくと、自分の背丈よりも雪が積もっている場所にたどり着きました!

佐渡ステーションの技術職員さんが重機を使って道を作ってくれました。

IMG_3416

IMG_3417


ここで車を降りて、少し歩きます。
雪山をこのようにして歩くのは初めてだったので、わくわくしました。


CIMG7031


参加者の中には、こんな履物をした方もいました!

CIMG7051


そしてこれが大王杉です!

佐渡観光ルートにもなっている原生林のトレッキングツアーでも見れる天然杉です。

とても大きかったです。

IMG_3426



IMG_3430


両津方面を眺めると、両津湾がうっすら見えました!


CIMG7057


佐渡の人もなかなか入ることの出来ない山のエリアへ行ける事が出来て楽しかったです。

天然杉は、屋久島が有名ですが佐渡島の杉も面白い形のものがたくさんあり、とても魅力です!
特に、6~7月の霧がかった森へ入るととても幻想的ですよ!

普段は、ガイドがついていないと入れませんので、行ってみたい方は佐渡観光協会へお問い合わせ下さい。 佐渡観光協会ホームページ
http://www.visitsado.com/00sp/1110/sugi_front.shtml




  また、新潟大学農学部の佐渡ステーションのホームページやブログもありますのでこちらも是非ご覧ください☆ http://www.agr.niigata-u.ac.jp/fc/sado_html/sado_index.html

中村です。

4月に入り、春祭りのシーズンです。

毎年4月11日は、外海府地区の大倉祭りです。 今年は土曜日になりました。
(昨年のブログはこちらです
http://sado-chiiki-okoshi.blog.jp/archives/1001566629.html

10日の夜には、宵宮があり、11日の大祭は12時頃から始まります。

大倉祭りの見所はなんと言っても、流鏑馬です。

例年は浜での流鏑馬を行っていましたが、ここ数年は馬に乗っての流鏑馬は行っていませんでした。

今年は馬を連れてくるそうです。私も初めて見るので楽しみです。

流鏑馬のほかにも、薙刀・棒振り・豆まき・獅子・お神輿が出ます。


DSC00551
(昨年の写真)


また大倉祭りは、佐渡市の無形民族文化財に指定されています。

http://www.city.sado.niigata.jp/sadobunka/denbun/bunkazai/sado_city/minzoku/m_mukei/city_no142.htm

言い伝えによると、流鏑馬をやる頃に北風が吹くそうです。

神様がアイの風(北風)にのって来るからだそうです。


確かに毎年この日は、風が冷たい日だったような気もします。


当日は雨が降らずに晴れることを祈っています。


お時間のある方は、是非見に来てくださいね。

中村@高千・外海府です。

今週末に佐渡で開かれる「さど食の陣」に今年もたかち芸能祭実行委員会が出店します。

今年は、やぼらバーガーに加えて新メニューを販売します!

★その1★ やぼら丼(知る人ぞ知る「やぼらバーガー」のどんぶり版)
★その2★ むっさんこ(“むっさんこ”とは、佐渡弁でものすごく・とても・むちゃくちゃという意味です。中身は当日までのお楽しみ♪)

です。

その前に、、やぼらバーガーの説明をさせてもらいますと・・・

“やぼら”というのは、高千弁で“すごい!”とか”とんでもない!”という意味です。
漁師さんたちが市場には出荷はしないけど味の良いシイラやサメ、季節によって安くなるような魚を材料にし、地産地消を活かした驚きの詰まったバーガーという意味を込めて作られました。

2010年の相川こいっちゃ祭のうまいもん合戦でB級グルメ初代グランプリを取り、審査員さんに「究極の地元愛だ」と絶賛されたそうです。

やぼらバーガーは、夏の彩典「たかち芸能祭」での屋台やその他イベントで販売しているので普段はなかなか食べることは出来ませんよ!
(簡単に言うと、フィッシュバーガーです。)


ちなみに新メニュー「やぼら丼」には、高千のお米「たかち美人」を使用させていただきます!
ほかほかのご飯の上に、タレにつけたフィッシュフライ、タルタルソースをかけます★
タルタルソースは、選べるソース3種類を用意してみましたよ。

IMG_2546
(昨年のやぼらバーガー)

当日(15日出店)は、

・やぼらバーガー 150食限定
・やぼら丼    150食限定(選べるタルタルソース3種類ご用意してます)
・むっさんこ     100食限定

の予定です。 なくなり次第終了ですので、みなさんお早めにお越しください★
初めて販売する「やぼら丼」や「むっさんこ」も是非お試しくださいませ!


■さど食の陣■

 ・開催日時 3月13日(金)~15日(日)10:30~14:00
         ※たかち芸能祭実行委員会は15日(日)のみの出店となります。  
 ・場所    真野活性化センター「いぶき21」(佐渡市真野691)

 さど食の陣ホームページ
  http://sadoshokuno-jin.com/

 

中村です。

外海府の岩谷口集落では毎年公民館にてひなまつりを開催しています。

今年で7回目となります!

開催期間中[3/1(日)~10(火)]は、公民館を開放してどなたでも見学する事ができますよ◎

入り口では、特産品の販売も行います!
岩谷口産はざかけ米のコシヒカリ(とても美味しいです。レアもの!)、もち米、小豆、野菜、くるみ、海藻、(株)かいふ発酵の「麹のおちち」などを予定しています。

公民館の中はひな檀や集落の写真がずらりと並んでいて、記念撮影もできますよ★

毎年遠方からのお客さんもいたり、団体でのお客さんも来てくれます。
小さい集落ながらの温かみのあるひなまつりです。


帰りには海府荘のカレーランチや、與左ェ門のそば&パスタランチ、赤ちょうちんのラーメンなど食べていくのもいいかもしれないですね!

是非、みなさまお越しください。

CIMG2620

CIMG2612
(写真は昨年の模様です)

<詳細>

・開催期間   :2015年3月1日(日)~3月10日(火) 10日間
           午前8時~午後5時
・場所      :岩谷口公民館
・お問い合わせ:0259-78-2391(田中) 


2/28から開催の相川ひなまつりのホームページにも、その他相川地区のひなまつり情報が載っていますのでそちらもぜひご覧ください!
     ↓
http://aikawa-hina.jimdo.com/ 

中村です。

高千・外海府からイベント開催のお知らせです!

2月1日(日)に『地域活動報告会~たかち芸能祭と相模女子大学の6年から~』を開催します。
場所は、両津に新しく出来たインフォメーションセンター“あいぽーと佐渡”です。

あいぽーと0001


毎年、8月13日に開催している「たかち芸能祭」ですが、
7年前から神奈川県の相模女子大学との交流を続けてきました。

夏には高千・外海府の集落で学生を受け入れて伝統芸能体験をしてもらい、8月13日のたかち芸能祭に向けて練習、披露してもらいます。
秋には相模女子大学の文化祭での地域物産展へ高千・外海府や佐渡の物産販売をしにいっています。

若い人が少ない地域で、女子大生との交流で集落が活気づいたり
佐渡でしか出来ないことをたくさん体験してもらったり
都心ではなかなか見れない佐渡の伝統芸能を披露して楽しんでもらえたり
新鮮な佐渡の海産物や美味しいお米を味わってもらったり

また今年も、、、と、いつの間にか当たり前のようになっていた地域交流です。


当日は、この寒い厳しい時期にも関わらず(!)相模女子大学の学生にも来ていただき、地域の人と一緒に芸能披露をしてもらいます★

芸能披露する集落は、

・南片辺 「御太鼓」
・石花   「鬼太鼓」
・後尾   「鬼太鼓」
・北川内 「豆まき」
・北立島 「鬼太鼓」
・小田   「麦まき」


また、芸能披露以外にもパネルディスカッションや飲食・物産販売、展示などもご用意しています。

飲食・物産販売では、

・関に昨年オープンしたそば&パスタ屋「與左ェ門」の手打ち蕎麦
・知る人ぞ知る“名物ばぁ”で有名な赤ちょうちんのラーメン
・たかちもんて会の沖汁
・高千のB級グルメ?海府やぼらバーガー

その他、お米や干し柿などの販売も予定しております♪


最後に、昨年たかち芸能祭のプロモーションビデオを制作いたしました!
You Tubeに動画を掲載しているのでご覧ください☆ (7分くらいの映像です)




2月1日(日)は皆さま是非両津へお越しください!


・イベントのお問い合わせ先は、特定非営利活動法人 佐渡芸能伝承機構 080-6634-3423(松田)

・佐渡インフォメーションセンター「あいぽーと佐渡」についての情報はこちらから
 ↓
https://www.city.sado.niigata.jp/ic_r/index.html

中村です。

今年の夏に海岸沿いにピンクの花を咲かせ赤い実をつけるハマナスをたくさん拾ってきて、手作りハマナスティーにチャレンジしました 

これはハマナスの実です。
CIMG4230

そこで
せっかくなので地元の方にも味わってもらおうと思い、外海府の関にオープンしたそば・パスタのお店「與左エ門(よざえもん)」の女子会ランチセットにつけてもらうことになりました☆

(※ちなみに今回はハマナスの量が少ない為、期間限定・人数限定で先着順で予約を受け付けさせてもらいました><。締め切り済みです)

10834124_985176638163883_223471966_n

飲んでいただいた感想が楽しみです。


このハマナスは、バラ科バラ属の植物です。赤い実にはビタミンCがたくさん含まれているそうで食べることもできますが、結構すっぱいです。ジャムやリキュールにも出来るそうです。
佐渡では昔の人はよく浜で拾ったハマナスを持って山を登り、おやつ代わりに食べていたと聞いたことがあります。
いろいろ調べてみるとバラ科ということで、ローズヒップティーとして飲むことも出来ると知り、自分でも作ってみることにしました。


IMG_0729

拾ってきたハマナスの中の種と繊維みたいなものをひたすら取り除いて

CIMG4238

CIMG4240


乾燥させます。私は天日干しで試してみました。カラカラになるまで1ヶ月ほどかかりました。。


自分で試しにお湯をいれて飲んでみましたが、ハーブティーみたいな味でほのかな甘い香りがしました。

来年は、ジャムを作ってみたいです。


ちなみに今回、試飲ランチ会にご協力いただく與左エ門さんについて以前ご紹介させていただいた時の記事はこちらです→http://sado-chiiki-okoshi.blog.jp/archives/1009136241.html

この場を借りて宣伝をさせて頂きますが、與左エ門さんでは年末の年越し蕎麦の時期にあわせて手作り生蕎麦を販売するそうです!!

10859397_566977930069795_967148029_n


10863738_566977950069793_2024751491_n


★打ちたてそば販売(数量限定)のお知らせ★

 ■内容
    1パック(2~3人前) 500円
       自家製つゆ付 800円
   

 ■販売日&数量(※店頭販売です)
    12月30日   100食
       31日    90食   ※いずれも先着順

 ■備考
   *電話にて予約
   *3パック以上ご注文で配達可(ただしお店~相川辺りまで)
   *30日よりも前の販売は要相談
 
 詳しくはお電話にてお問い合わせください。
 →與左エ門  電話:0259-78-2806/090-7832-5806 (川嶋)
 

中村です。


12月に入った途端に寒波がやってきました・・


IMG_3283



IMG_4068
(入崎キャンプ場から外海府方面を望んでいます。奥には大野亀が小さく見えます)


昨日から佐渡は暴風・波浪警報がずっと続いております

唯一の本土への交通手段の佐渡汽船もフェリー、ジェットフォイル共に欠航のままです。


今年も佐渡の冬がやってきたそうです。


私は、昨年の1月に佐渡へ来たのでこれで3度目の冬を過ごすことになります。

東京に住んでいた頃とはまったく別の世界で、びっくりしました。

夏の青々とした穏やかな海からは想像がつかないほどの荒々しい ”THE 日本海” の海です。
(ちなみに佐渡では大時化の海のことを ”のた” といいます) 

テトラポットは景観をくずすという人もいるかもしれないですが、テトラポットがなければ私たち海岸線に住む人の家はどうなってることやら、、と思います。


ちなみに冬ですが

車を走らせると、フロントガラスはすぐ潮だらけになります。
(ウォッシャー液がすぐ減ります)

家にいると窓ガラスがガタガタ言いますし、外はゴウゴウ・ビュービューとすごい音です。

日が照る日も少ないですし、 洗濯物も部屋干しでなかなか乾きません。

船が欠航になるとコンビニの棚は殻っぽになりますし、本屋さんの雑誌コーナーもさみしくなります。郵便物も届くのが遅くなります。

とにかく冬は風が強くて外に出るのもおっくうで、とても寂しいです。


けれど、

町には意外と雪が積もらないですし(両津方面はちょっと違いますが)、雪かきもほとんどすることはないです。

日本海の荒波もダイナミックで見ごたえがあります。(それが好きという人もいます)冬にしか見れない景色です。

新潟の本土よりも少し気温が高いです。



私は寒いのは苦手ですが、

この厳しい冬を耐えてその先の春が来たときの喜びを味わうのが好きです。

佐渡は四季がハッキリとしており、自然と密接に暮らしているので

それぞれの季節にしか味わえないこと、見れない景色を存分に楽しみたいと思います。 

高千・外海府担当の中村です。

相川方面は、秋祭りのシーズンです! 
 
外海府の関集落のお祭りは、毎年旧暦の9月15日なのですが、

今年は10月8日(水)でございます。

元々、この集落には太鼓を叩いて門付けをするお祭りは無かったんですが、

自分達の集落でも祭りをやりたいという熱い想いから、

平成20年から誕生して、翌年から門付けするようになったそうです。

その時の詳細については、こちらの記事をご覧ください→
http://www.chiiki-dukuri-hyakka.or.jp/book/monthly/1007/html/f04.htm



太鼓は2尺なので、とても重いです。

男性4人がかりで運んでいます。

CIMG1579

(昨年の様子)



関の太鼓は、集落以外の人も自由に叩いて良いので、毎年新潟大学の学生や

宿泊客の常連さんなどもお祭りに参加しています。


今年も9月から太鼓の練習が始まりました。

IMG_1356



当日はいい天気に恵まれますように!

お祭りのごちそうも楽しみです。。。。

CIMG1624


CIMG1663



中村です。

先日、外海府の関集落に新しいお店がオープンしました☆

相川方面からだと、禿の高トンネルを抜けてすぐ右側にあります。




CIMG4715

CIMG4716


そばとパスタが食べられるお店「與左エ門(よざえもん)」さんです。

この日は、お店のオープンを祝う会に呼んで頂き、お店兼ご自宅におじゃましてきました。


CIMG4712


窓からは見える景色には、田んぼと海。

遠くには大野亀も見えました。


CIMG4713



CIMG4714



CIMG4709





CIMG4710



お蕎麦を頂きました♪

かけそばです。

CIMG4703



そば粉のクレープをつかったお料理も。

CIMG4706



メニューはこんな感じです。

CIMG4743


皆さん、ぜひ大佐渡方面へお越しの際は寄ってみて下さい。


■お店情報■

與左エ門(よざえもん)

住所:新潟県佐渡市関339-1
電話:0259-78-2806/090-7832-5806(川嶋)
営業時間:11:30~15:00(ラストオーダー14:30)

※※ご予約は3日前までにご連絡ください※※





中村です。


毎年8月13日は「夏の彩典 たかち芸能祭」です!

今年で12回目となります。

お盆で帰省した人たちに、故郷を懐かしんでもらうため、高千・外海府の伝統芸能がこの日だけ集まります。

プログラムはこんな感じです!

CIMG4248


この日までに6月頃から練習をしていた高千中学校の全校生徒による文弥人形芝居から始まり、

昨年テレビ番組の企画で来ていた俳優の渡辺裕太君も出演した北田野浦集落の花笠踊り・小獅子舞、

岩谷口出身のミュージシャンや、

4月のお祭では7年ぶりに行った「麦まき」を披露する小田(こだ)集落、

などなど全13演目ありますよ!

屋台もありますので、ビールやジュース片手に懐かしい地元のお祭を楽しんでください。


そして、毎年どんなデザインになるのか楽しみにしている人が多いというたかち芸能祭のポスターです。

今年のポスターはこんな感じです。

 CIMG4280

島内の各所で見かけた方もいらっしゃるかと思いますが、可愛らしいポスターですよね。


また、今までのたかち芸能祭の様子や活動などは、こちらのブログでご覧いただけます★
 ↓

たかち芸能祭 | 佐渡島たかち地域の伝統芸能が一堂に会す夏祭★毎年8月13日★

http://blog.goo.ne.jp/takachi_geinousai


そしてそして、

5年ほど前から佐渡市との交流が始まった相模女子大学生の伝統芸能体験は今年も行います!

今年は11名の大学生が高千に来て、芸能祭に向けて太鼓などの練習をします。

練習時間以外には、佐渡観光や地元の人との交流もしてもらっています。

相模女子大学のホームページにも佐渡市との交流のことを書いていただいてます^^
 ↓
http://www.sagami-wu.ac.jp/bloomy/11/p2.html
 


たかち芸能祭は、地元の有志で実行委員会を立ち上げて地元の企業・団体さんなどに協力をして頂きながら行っています。

私は去年から事務局のお手伝いをさせてもらっていますが、

この芸能祭があったおかげで高千・外海府地区の20代~30代の若い世代の人たち(意外といっぱいいて驚きました!!笑)と知り合えることができたと思います。

地元の人たちも世代を越えて関わり合いをもてるきっかけになってると思います。


帰省した同級生や先輩・後輩と久しぶりの再会の場になれば良いなと思いますし、

また来年もお盆には帰って芸能祭に足を運ぼうかなと思ってもらいたいし、

そういう気持ちを忘れないようにこの先もたかち芸能祭を続けていきたいという有志の想いが詰まっています。


台風も過ぎたので、天気は心配ないですね!

13日(水)は、是非高千中学校グランドへお集まりください!(夕方5時から9時までです)


 

中村です。

カンゾウの花といえば、佐渡では大野亀が有名です。

この時期になると海岸線沿いや山では黄色いカンゾウの花が咲いてきます。


石名の県道沿いの山側にもカンゾウが自生しています。

最近、集落の方が看板を立てたので分かりやすくなりました!

CIMG3453

CIMG3456



山道を自由に登ってください。


ベンチなども設置していただきました。


※この時期は毛虫がいるのでもし歩かれる方は気をつけてくださいね。


CIMG3459

CIMG3460

CIMG3461



写真を撮ったのは、先週の月曜日ですので今はもう少し咲いているかと思います。



CIMG3468



CIMG3463


そういえば、キジもみかけました。

一匹でのこのこ歩いてました。


CIMG3469


CIMG3470


相川方面から向かえば、大野亀のカンゾウを見に行く途中にありますので是非お立ち寄りください♪


以上


 


高千・外海府担当の中村です。

昨晩は、外海府の大倉集落の宵宮が行われました。

大倉のお祭は毎年4月11日に行われます。

その前日に宵宮があります。


DSC00419[1]



DSC00499[1]




DSC00495[1]


場所は、大幡神社です。


提灯が神社までの道に並んでいてとてもきれいでした。



DSC00432[1]



DSC00433[1]



昨日は、祭道具の準備や衣装合わせが行われました。



DSC00469[1]


DSC00476[1]



DSC00486[1]


大祭は、本日の12時頃より始まります。


例年、浜での流鏑馬が見所だったのですが昨年より人手不足などの理由により行っていません。

昨年から神社の敷地内で弓を打つことになっています。

今年は関集落の子どもが射手になります。


そのほか、薙刀や棒振り、箱馬、豆まき、獅子、お神輿が出るのでお時間ある方は是非お越しください!



ちなみに、高千地区でのお祭は来週14日(月)と15日(火)に行われます。

14日は宵宮、15日が本祭です。

太鼓の音が鳴っている所へ向かおうと思います。


 

このページのトップヘ