佐渡市地域おこし協力隊サイト

佐渡市地域おこし協力隊全メンバーによる活動報告のサイトです

佐渡市地域おこし協力隊サイト

小木

DSC04739

小木半島で大獅子が出る祭りの3つ目は、琴浦集落!
冬のおやつ「いももち」の生産が盛んで、(年中食べますけどね!)
その原料となるサツマイモを貯蔵するための、岩を掘って作られた「いも穴・いも蔵」は、
年中温度が一定で、まさに自然の冷蔵庫です。
宿根木にも同じような石室はいくつかありますが、
各家石室を所有しているのは琴浦だけ。
あァ、いももちが待ち遠しい…♡

琴浦祭りは毎年11月2日、3日に行われます。
初日の2日は、11月とは思えないほどポカポカした陽気に恵まれました。
13時ころから獅子が出るよーと聞き、いざ白山神社へ。
白山神社での奉納を済ませると、そのすぐ横にある天神さんへ。
DSC04743DSC04744
琴浦の大獅子は赤いのです。口づてに聞いた話によると、牝(メス)なんだとか。
そして沢崎か宿根木の獅子と、きょうだいにあたるとか。
やはり幣束を持った子どもたちが獅子の前を行きます。
琴浦の場合は、午後からの半日で35軒の門付けを回ってしまいます。
日が暮れる前に終わるのか!!??

DSC04753
背中に大きく「祭」と書かれた法被を着る琴浦住民。
前面には各家の屋号が書かれていて、一軒に一着だけ。
秋の祭りに限らず、年に数度ある講中にもこの法被を着て集うんだそうです。
真ん中のお父さんが長い竹竿を持っていますが、これは獅子の骨組みです。
集落を練り歩いているときに折れてしまった場合の代替品。
ってことは琴浦の獅子も荒荒しいのか!!??
祭りを見て歩いていると、いろんなことが推測できるようになってきます。


ピー!っと笛が鳴ると休憩の合図。
DSC04768
DSC04766DSC04767
枝豆と唐揚げと、スミイカの…なんていう料理かな、甘くてやわらかい!
そして祭りの定番、御煮しめ~。(カマスの煮付け撮り忘れ!)

休憩にはたっぷり時間をとって、さくさくとテンポよく門付けが行われていきます。
DSC04772
あまりにテンポが良いので、聞いてみたところ、
琴浦の場合は集落で5つの組に分かれていて、
休憩をするのは組長の家と決まっているのだそうです。
どうりでさくさく進むはず!
そういえば、沢崎や宿根木では玄関先でお花代を読み上げていたけど、琴浦は??
「琴浦はね、口座引き落とし!」
なんでも祭りにかかった諸費用は、各組長が組の家から集めて、
そして組のお金として引き落とされるんだとか。
集落によっていろいろと違うんだなぁ。面白い。

共通しているのは、
DSC04774
沢崎の獅子と同様、しっぽが荒荒しいことや、
DSC04788
祭りは無礼講!大人がはしゃいでいることでしょうか。

DSC04795
平日だったこともあって、小学生は琴浦の子に限られていましたが、
10代20代が多く、世代交代している家が多いなぁという印象でした。
(中にいるんです若者が☆)



沢崎集落の祭りに続いて、
10月7日(土)、8日(日)に宿根木集落の祭りがありました!
DSC04567
写真のように、宿根木はもともと谷に家が密集してできた集落ですが、
谷のなかに納まりきれず、土地の高いところへ広がっています。
祭り一日目は、そうしてできた高山組や新田組を門付けに回ります。

っと!まずは白山神社への奉納です。
朝9時、ちとちんとんが始まりました。
DSC04432DSC04441
祭文読み               赤鬼と青鬼の舞
DSC04448DSC04450
右が男役の「ちとちん」、左が女役の「とん」

赤鬼と青鬼は、力の神やスポーツの神といわれる「ダジカラオノミコト」に真似て、
世を洗い清める躍動感ある舞を踊ります。
そして「ちとちん」と「とん」は、男女の秘事をこっけいに舞い、
それらにあわせて笛と太鼓と拍子木のお囃子が奏でられます。
DSC04447
ちとちんとんの起源は、かつて廻船業で栄えた宿根木の廻船が
海上の難所を通過する際、初航海の安全を祈願した若者が
船玉明神に奉納した踊りが発生の起源と言われています。
そのため元は男性たちによる芸能でしたが、時代は変わり、
現在は女性も参加・活躍しています。

一方神社の社務所では、大獅子に入るお父ちゃんたちが、
子どもたちが持つ幣束を作っていました。田舎はなんでも手づくりです。
DSC04456DSC04460



そして10時、大獅子の奉納です。
DSC04530
奉納が済むと、称光寺から高山組、新田組へと各家へ門付けに回ります。

DSC04484DSC04477
人が入るほど「獅子は太る」!     玄関先で

「休んでいってください」と声がかかれば、
DSC04473DSC04474
胴は「骨抜き」になり         頭は玄関先の机に安置され
DSC04541
DSC04479DSC04480
ひと休憩。祭りといえば、御煮しめに魚の煮付け。(カマスの煮付け撮り忘れ!)

大獅子ばかり追いかけていますが、同じ時に、
ちとちんとんと鬼太鼓も各家を回っていました。
DSC04508DSC04507
DSC04496DSC04504


私が住む家も、大獅子・ちとちんとん・鬼太鼓に門付けしてもらいました!
DSC04485DSC04518
DSC04509DSC04525
DSC04524DSC04489
初めてのことで“祭り料理”は用意できませんでしたが、
福島県の酒蔵に勤める知人夫婦から届いたお酒が好評でした✌


二日目は、‘下’の宿根木の家々(観光で来られた皆さんが歩くところ)と、
‘上’にある高岡組を回ります。
DSC04534DSC04539
奉納を見終えたおばあちゃんたち    狭い道の奥にある家の門付け
DSC04542DSC04552
祭りにあわせて、「遠くへ行きたい」という番組の撮影がありました。
DSC04562DSC04564
あっという間に夕方。最後は宿根木公会堂の門付けを済ませて、
俳優の石黒英雄さんを囲んで撮り納め。
放送日は、日本テレビ H29年11月12日(日)朝6:30~7:00
     よみうりテレビ H29年11月12日(日)朝7:00~7:30
※残念ながら新潟県での放送予定はないそうです😨😨


祭りはまだまだ終わりません!
夜には公会堂でカラオケ、抽選会、そしてメインの青年芝居がありました。
この日のために宿若連の皆さん、一か月以上前から毎晩集まっては
芝居の練習を重ねてきました。
DSC04570DSC04586

子どもたちの笑い声が響いて、ますます賑やかな祭りでした。


小木半島は秋が祭りシーズンです。
9月下旬の沢崎集落の祭りを皮切りに、
この後11月下旬まで各集落で祭礼が行われます。

祭りの日程を抑えねば!と、まずは各集落に日程を聞き取り。
すると日程以外に見えてきたのは、さまざまな情報や事情でした。
・だいたい二日間かけて行われる
・獅子が出る集落と、もともと出ない集落とがある
・昔は芝居をやったが、今もやっているのは宿根木集落のみ
・平日だと子どもや勤め人の参加が難しいので、数年前から土日にずらした
などなど。

そんな中、「沢(崎)の獅子はひと味違うっちゃ!」と聞き、
祭り二日目(9月24日)の沢崎祭りに行ってきました。
この日は見事な快晴で、まさに祭り日和!
DSC04273
神子石(みこいわ)神社での奉納を済ませた大獅子。
獅子の中には大人が十数人入っています。

大獅子の前を行くのは、幣束を持った子どもだち。獅子を誘導します。
沢崎の子どもたちに限らず、別の集落から来ている子も。
DSC04277

大獅子は、集落の一軒一軒を回ってお花をもらい、門付けをします。
DSC04300
獅子の頭は、なんと重さ20㎏超え。
それを何度もパッカンパッカンと打ち鳴らすのです。
子どもたちも唄にあわせて幣束を振り、家の邪気を払います。

DSC04286
家の中まで土足でどんどんズカズカと。

獅子が去った後、中からは掃除機の音が聞こえてきました。

「休んでいってください。」と家の人から声がかかれば、
獅子を置いてみんなでひと休み。
大人はお酒、子どもたちにはジュースやお菓子が振る舞われます。
BlogPaint
BlogPaint
「ゴッツ」と呼ばれる鬼も栄養ドリンクで一服。

そうして集落27軒を回っていきますが、
まだ数軒残したところで浜へ向かった大獅子。
するとしっぽが暴れ出し(?)、頭がしっぽを追い、
と・・・とりあえずアブナイ!!
DSC04326

あ~~~~!海に落ち・・・!      た!!!
DSC04320DSC04327
引き上げても               また落ちる(同じ写真ですが)。。
DSC04321DSC04327

しっぽは暴れどおし。ぐんぐる回って転んで海に落ちて…
DSC04325
DSC04329
合計6回くらい海に落ちていました。
これが、他所とは違う獅子の気勢!
この「海に落ちる大獅子」を見に、たくさんの人が来ていました。

獅子の中には高校生くらいの若い人も入っていて、
20kgを超える重さの頭を鳴らしていたのも、若者でした。
でも、声を張り上げたり、激しくしっぽを振り回していたのは
おじさま方の方がまだまだうわてでした。

荒荒しい沢崎の大獅子、小木半島の祭りのスタートは強烈な印象でした。


スポーツの秋に食欲の秋!
10月1日(日)に、小木地区の運動会がありました。


秋晴れのもと、小木地区に在住あるいは小木地区出身者の老若男女が
旧小木小学校のグラウンドに集結!
DSC04359



小木小学校の生徒によるマーチングバンドの入場行進☆
息もぴったり!衣装もばっちり!
DSC04348
DSC04350


DSC04356

小木中心部の町場で2分団、まわりの集落を組み合わせて2分団構成し、
計4分団からなるチーム編成です。
地図上で分けるとこんなかんじでしょうか。
IMG_20171005_0005
     青➡第1分団紫➡第2分団緑➡第3分団赤➡第4分団
なんだか・・・町場とまわりの集落の、人口の偏りが・・・。




種目は、大玉送りから始まり、保育園・幼稚園とその父兄による踊り、
ゲートボールリレー、じゃんけんサッカーなど、
お年寄りから子どもまで活躍できるよう、多種多様に展開されました。
DSC04366DSC04379
ゲートボールリレー        近代5種リレー
DSC04397DSC04402
玉入れ競争             男女混合リレー


宿根木に住む私は第4分団として、
大綱引きと、玉入れ、〇✖クイズに出たほかは、
記録係と応援に徹しました。

お昼には、宿根木産コシヒカリの新米でにぎったおにぎり🍙をいただき、
DSC04389
久しぶりの🍙おぎにぎり🍙!具は、宿根木のおばあちゃんからもらった梅漬け!



そして午後も運動会は熱気に満ちあふれました。
DSC04403

総合優勝は、第4分団🚩🚩
2位と1点差という、最後の最後まで結果の読めない!?運動会となりました。

地区の運動会は、私が想像していたよりも大々的でした。
普段はお勤めなどの若い人もこの日はいっぱいいて、
年配の方々も家から出て来られて、
みんなの顔が集まるいい場だなぁと思いました。






小木町・宿根木地区の担当となって、
お会いしたい方のひとりに、竹細工職人さんがいました。


まずはその方の作品を…
①
◇本煤竹手付き花篭(千筋編み)◇
 

②
◇本煤竹長角黒竹手付き花篭(千筋編み)◇



「職人」さんだから堅気で気難しいお方かな~~~と、
すごくドキドキしながら伺ったのが4月末。

ちょうど新潟市であった展示会を終え、佐渡へ戻ってきたところで、
「一服するところだったんだよー」と作業場の中へ上がらせてもらい、
ご夫婦そろって応対してくださいました。

かつては佐渡全体で盛んだった竹細工も、生活様式の変化に伴い、
竹製品の需要が減った現在、それを生業にしている人は
小木ではいるか、いないかというくらいに僅かなのだそうです。

確かに我が家に竹製品はいくつあるかな。。。

花篭づくりに特化したものの、展示会を開くと「目の保養になりました」と
言ってもらえるけれど、なかなか購買にはつながらない…そんな話も。


私も、素敵だなぁとうっとりするばかりで、易々とは手が出ません。
今の身の丈に合ったものを身に着けさせてもらっています。
DSC03229
それが髪留めと、スカーフリング。
髪留めの色の濃い方は、秋・冬、白い方は春・夏に(^^♪

後日、何気なく身に付けて作業場へ伺った帰りに、
「スカーフリングしてくれていたのが分かりませんでした。
母さん、早う教えてくれりゃあいいのに。ありがとうございました。」と
メールをいただき、初めて伺った日のドキドキを上回る心拍数でした。



この小木の誇れる逸品を、より多くの方々に知ってもらいたいなぁと思っていたところ、
同じ4月から協力隊に着任した林隊員が「ふるさと納税」の担当で、
返礼品開拓をしていることを思いつき、相談を持ち掛けてみました。

そうして林隊員に小木まで来てもらって詳細を説明してもらい…
DSC02573
左が林隊員。右が竹細工職人の数馬さん。


私の熱い押しを受け入れてくださり、
このたび、佐渡市のふるさと納税返礼品に登録される見込みです!



囲炉裏やかまどが現役だった時代、その家の天井や屋根裏で二百年もの間
燻されてきた煤竹(すすだけ)は、今では本当に貴重なものです。
その煤竹を使った作品は、当然ながら1点1点色や模様が異なり、
そんな花篭に季節の草花を挿すと、より一層美しさが引き立ちます。

もう一度、載せさせてください。
①②


花篭だけではなく、バッグもあります。本当に素敵です。
ただ、ご紹介するにはまだまだ勉強不足なのでまた
のこのこと作業場へお邪魔させてもらおうと目論んでいるのです。

DSC03241
4月に催された展示会のDMはがき。
バッグやアクセサリーもご覧あれ!

小木物件!!!実は今まで小木の物件は出ていませんでした・・・少しずつ少しずつ南部の方へもこの空き家情報が浸透しているのでしょうか、嬉しい限りです。

今日は「Aコープも行政サービスセンターも近い!家主さんの優しさがつまった物件」

どんなんかなぁ~お邪魔します!
IMG_1758
まず奥に見えるのがお風呂。
IMG_1747
この富士山のタイル・・・昭和4,50年代に流行ったのでしょうか。
なかなかいいですね♪今これを手に入れるのは絶対難しいでしょう。
IMG_1748
トイレは汲み取り式ですが、下水が来ているのでつなぐのにさほど大きな工事は必要ないです。
IMG_1752
台所もきれいに片付けてくださっています。
「次に入ってもらう人が大変だから・・・物もすてたかったし、ボイラーもとりかえたかったの」と家主さん。ボイラーは新品です☆
IMG_1749
2階へいってみましょう。
IMG_1757

IMG_1744
きれいに片付けられたお部屋は6畳が2部屋、3畳が1部屋。3畳間は大きなクローゼットとして使うといいかもしれません^^
IMG_1745
2階には洗濯ものを干せる十分なスペース。小木町は納屋がない家が多いので、このスペースは2階と言えどもありがたい広さです。

外へ出てみましょう。
IMG_1759
外からは分かりにくい(!)けど、水回りなどすぐにでも住めるくらいきれいに直っています。そしてこの価格は・・・(*´▽`*)

さーて、気になるこちらの物件!詳しくは佐渡島移住定住支援情報 小木ー8 をご覧ください!!

昨日、仕事終わりに小木の隣にある羽茂(はもち)へ行ってきました。
目的は、草苅神社で公演される薪能をみることです。
DSC02564
かがり火が焚かれ、その中で能楽が演じられる「薪能」。
人生初めての能楽鑑賞でした。
私にとっては高尚な世界で、ただ幻想的な雰囲気が心地よかったという感想です。
DSC02548DSC02559


神社に到着した時は、開始にはまだ時間があったので拝殿へお参りに行きました。
すると、地面を見ながらうろうろしているおじいさんがいて、
「佐渡市指定の木の若木があるんだよ~」と教えてくれました。
「アテビ!ですか?」
「そうそう、これなんか5年くらいじゃないかな。」
(佐渡弁でお伝えできずごめんなさい。。)
DSC02530
ほぉぉ~、アテビはゆっくり成長する木なんですね。(立地条件等にもよるのでしょうが。)
先っちょの淡い緑色が、今年伸びた部分だそうです。
たまたま居合わせた地元のおじいさんに、境内の木をいろいろ教わりました。


能を見に来ていた人々の中にも、手を振り合うくらいの関係性の知り合いが
10人くらいいて、佐渡に徐々に馴染んできた!?とニンマリ。



そして(?)あさって18日(日)には、小木で
「佐渡小木 たらい舟・さざえ祭り」が開催されます。
芸能ステージや、たらい舟競漕の他、さざえのつかみ取りもあります!
日本海浜汁の無料振る舞いや大抽選会はなくなり次第終了ですので、
ぜひ朝からお越しください。

ネコも宣伝中!   ん?・・・魚狙い!?

DSC01902



佐渡産の食材で🍙おにぎり🍙をにぎり、
小木のどこかでいただきます。
佐渡の食と風景をゆるく紹介していきたいと思います。
小木+🍙=おぎにぎり

今回は…
小木港をのぞむ、城の腰公園の東屋にて昼食。
ただの東屋ではありません!屋根が笠のかたちをしています。
DSC01884
そしておにぎりは、宿根木産コシヒカリと、沢崎産ワカメでにぎりました。
佐渡に来て、ワカメの歯ごたえと美味しさに感動。

手洗いと、うがいもできます。
そしてなぞのタオル。
DSC01883DSC01893
ぼんやりと海を眺めながら、
力屋観光汽船さんから流れてくる佐渡おけさがBGM。




笠といえば、元小木には、笠を被ったお地蔵さんがいます。
DSC01681

交通安全標語の看板もおけさの踊り手さん。
DSC01399DSC01400



ごちそうさまでした。

今年初めてのビーチ紹介。
シュノーケリングシーズン始まりましたよ。

木流集落から井坪集落までは佐渡の中での離島、ほとんど通る人がいなく、砂浜は海水浴場として指定されているわけではないです。しかし佐渡では唯一といえるほどの白い砂浜です。もちろん海もエメラルドグリーンに輝いています。
P8160750
 
ここの海はとてつもなくきれいな色ですが、残念ながら風がよく吹き今まで一度も潜ることができませんでした。天気の良く晴れた7月の北東風のある日中、やっと念願を達成しました。
P8160760
 
まるでサンゴ礁がある南国の海です。
P8160792

今回はこの白い丸で囲まれたテトラの内側範囲で潜りました。
図2

海中の状況を見ると陸上よりさらに広い白い砂浜が広がっています。天気がいい時はこのように太陽の光が金の鎖のように一面に広がります。
P7220356

それから陸の近くには藻のついた磯が森のように広がっています。
P7220348

砂と磯が入り混じったところもあり、潜っていて景色に飽きないし生物相が豊富です。
P7220342

テトラの付近では魚が多く、メジナ、おおあじ、大きなクロダイも見かけました。
P7220265

クラゲ一匹発見!緊張不要!これはプランクトン食のミズクラゲ、刺されることはほとんど心配ありません。
 P7220232

一匹、もう一匹
佐渡 クラゲ水族館

向こう側にもいっぱい見えてきました。クラゲは潮目に集まり、私はいつの間にかその群れに囲まれました。
P7220281

ミズクラゲは佐渡では決して珍しいものではありませんが、シュノーケリングの時に大群に遭遇するのは初めてです。海面からの光と相まって幻想的な空間が広がっていました。
P7220312

おまけにクラゲのマクロ写真です
P7220245

注意:このビーチは海水浴場ではありません。地元の方の大切な場所です。マナーを守り、安全に注意して遊泳してください。


今年も小木の風物詩あのイベントの季節がやってきました!

佐渡小木たらい舟さざえ祭り
6月19日(日)9:30~15:00 小木みなと公園にて

IMG_0409

名物 たらい舟競漕は13:30スタート!
地元の腕利きの船頭や漁師たちがその技を競う姿は圧巻!
普段はどんぶらこ~♪とのんびり進むたらい舟の姿しか想像できない方は、ぜひこの機会に熟練者の技を見てみましょう!
競漕の前は同会場でたらい舟の乗船体験もできますよ♪(10:30~12:00)

さざえのつかみ取りは先着300名!
どれだけとっても大人は200円 子どもは100円
お土産として、晩のおかずとして、自分の手でゲットしましょう!

新鮮!生マグロの販売!!
10:30~、12:00~の2回に分けて販売します。お早めにどうぞ!

大抽選会開催 & 日本海浜汁サービス

一等は一万円相当!空くじなしだから得しかない!
浜汁は1000食限定の早い者勝ちですよー。

佐渡の芸能を観賞するなら特別ステージへ
佐渡民謡に鬼太鼓、小獅子舞、宿根木のちとちんとん等々
9:30~13:00に同会場で行います!(雨天はマリンプラザ小木2階)


小木港では11時10分~11時50分前後に発着する高速カーフェリーあかねを見ることもできますね
飲食テントもあるので昼食がてら足を運ぶのもオススメ♪

6月19日は小木みなと公園でお待ちしていまーす! 

 
★追記★(6月14日)
今年のたらい舟さざえ祭りは夕方まで盛りだくさん!
「佐渡から江戸へ 御金荷(おかねに)の道」が小木町木崎神社にやって来る!

佐渡の金銀はどのようにして江戸まで運ばれたのか。当日、「金の道」 と呼ばれる相川~小木の道を歩いてくる皆さんをお出迎えしませんか?

小木町への到着は16:40に稲荷町着~本町通り~17:00頃 木崎神社に到着する予定です! 


一昨年の「ぱしふぃっくびいなす」、昨年の「カレドニアンスカイ」に続き、小木港へのクルーズ船の寄港は3年目を迎えました。

今年は昨年と同じカレドニアンスカイが連休中に2回寄港し、今回の「ル・ソレアル」と5月は大勢の外国のお客さんが小木にいらっしゃいました 
IMG_9935
ル・ソレアル(Le Soleal)
総トン数10,700トン 船客定員264名

IMG_9982 (2)

船からの行き来はテンダーボートに乗って

IMG_9960
元気なクルーがサドッキーも巻き込み、園児たちと列車ごっこ!

IMG_9967
お土産は郷土料理「たいごろ」(端午の節句に頂くカヤの葉で包んだ団子)

今回のお客さんは太鼓体験交流館で鼓童の演奏を見学、宿根木で田植えの様子を見学して出発して行かれました。
IMG_4454

今後も、飛鳥Ⅱやにっぽん丸などの大型の船が両津港、二見港に寄港する予定です。

お出迎えやお見送り、単に船を見に行くだけでも!
興味のある人は行ってみてくださいね~




3月になりました。
おひな様に関連したイベントが各地で活発な佐渡ですが
小木についてお知らせします♪
 2016ogihina

期間は3月12日(土)~4月3日(日)
歴史あるおひな様から現代のものまで、小木の商店街を中心に各所に飾られています。 お店の中に飾っている店舗が多いのでお気軽に、また買い物ついでにのぞいてみて下さいね。

■お問合せ
小木町商工会 0259-86-2216

また、今年は飲食店「稲よし」さんで、ひな御膳の限定ランチが食べられます♪
小木の町並みをゆっくり歩いて、のんびりお食事もいかがでしょう

■稲よし(いなよし)
佐渡市小木町383-1
0259-86-3788

2016nehanzu


そして、今年もおひな様とお寺の涅槃図、そしてひなさん節句に頂く郷土料理を楽しめるイベント「涅槃図ひなさん巡り」を行います。
今年は平日開催ですが、ささやかなお土産付き!
こちらも多くのご参加をお待ちしています。
(※上記のポスター画像が昨年のものになっていました。大変失礼致しました。 3.11追記)

■申込み
小木湊まちなみの輪 080-7719-3512
イベント詳細FBページ  第4回涅槃図ひなさん巡り 


3月は佐渡でおひな様巡りのはしごもできちゃいますね!

DSC00983
個人的なお楽しみはやっぱり「おこし型」。
この時期の郷土食ですよね。涅槃図ひなさん巡りにて食べられますよー。


忙しい夏が終わっても、次から次へと新しい季節はやってきます!

秋風薫る夜の小木町を、ぶらりまち歩きする企画
「秋の田楽ちょうちん巡り」を今年も開催します! 

小木町は港町として栄え、歴史的な建物が今も多く残る全国的にも貴重な町。
夜になると各家に飾られている田楽ちょうちんの灯りがとても美しいです。 facebook_dengaku

地元ふれあいガイドによる町歩きを“夜”に行うなんて、なかなかない体験!
会場は今年小木町に新たに誕生した「寄れっ茶屋 もやい」
さらには、田楽ちょうちんにちなんだ「田楽弁当」(+デザートも!?)が食べられる!

9月の連休の初日に、小木を選んでみませんか

※詳細は、小木湊まちなみの輪フェイスブックページへどうぞ!

〈訂正〉入舟町の漢字が間違っていました。正しくは「入舟町」。大変失礼いたしました。 


夏本番!!!!

夏休みに入った子どもたちを連れたファミリーをよく見かけるようになりました。

新しい船に乗って佐渡に渡るみなさんや、佐渡での観光プランに「宿根木」や「たらい舟」を入れているみなさんに、この夏使える!ちらしをご紹介します♪

日帰りで楽しむ♪佐渡・小木
sadoogi_01

4月に新しく就航した高速カーフェリー「あかね」。
直江津~小木航路の便数が1日2往復に増えたことで日帰りも可能になりました!

エコチャリや路線バスを使った観光プランを提案していますので参考にしてみてくださいね!

sadoogi_02

さらに!
お客さんからよく聞かれる質問のひとつ。
「このあたりでお昼食べられるところってありますか?」に、対応した飲食店マップを裏面に掲載。地図と写真付きでわかりやすいっ。

せっかくの旅行、ランチタイムも楽しみたいですよね。
お昼の時間に営業しているお店を中心に掲載しています。

定休日、混雑状況等もありますので、電話してから行ってみるのがオススメ!



このチラシは小木の観光施設、案内所で配布しています。
また、上越市役所や観光案内所にも置かれる予定。 ぜひご利用くださいねー♪

 

かりんです。
7月半ば午後3時からのシーカヤックでの出港です。前回夕方に深浦をチャレンジしましたが、日差しのあるときに来たほうが絶対きれいと思いましたので、太陽の光が暑い午後に命知らずに出かけました。海の上は意外と風があってそこまで熱くなかったです。
1

前回同様入江を楽しむことが最大目的です。海が驚くほど透明で生物豊かな入江がたくさんありました。
【【小木・犬神平】佐渡の海をシーカヤックで 働くたらい舟遭遇】の続きを読む

かりんです。6月頭の平日仕事終わってシーカヤックでの出港です。
宿根木から沢崎灯台までとても多くの入江があり、前からシーカヤックでじっくりめぐることがきっと楽しいと思っていました。特に深浦はその名の通り一番深い入江です。今日は長者橋の下を通って出発です。

DSCF3296

いつも橋の上から見下ろす海はとにかくきれいで色彩に富んでいましたが、今は夕方、周囲は少し暗くなり始めました。
DSCF3312

神秘的な雰囲気です。
DSCF3307

【【小木・深浦】佐渡の海をシーカヤックで 南仙峡の入江をめぐる】の続きを読む

☆成約いたしました。ありがとうございます(10.22追記)☆
小木第2弾! 連続で小木の物件のご紹介です。

本日は『一体何部屋あるの?!小木的古民家物件』

どんなんかなぁ~お邪魔します!
IMG_0721
 小木らしい!町家作り。奥へ続く長い廊下が特徴的です。
 IMG_0724
2階へ続く階段。この格子の障子襖がいい雰囲気を出しています。いい色ですね~これは漆でしょうか・・・。
さて、お風呂を覗いてみましょう・・・
IMG_0725
えっ。
IMG_0729
富士山を眺めながら入浴?!
これは・・・このセンスはナイスですっ。

他にも見て頂きたいのは間取り・・・。
このお家、部屋数が思いのほかあるんです・・・。
IMG_0736
まさかそんなに部屋数があるなんて思わなかったです・・・。
☆成約いたしました。ありがとうございます(10.22追記)☆
気になるこちらの物件、詳しくは→→→佐渡市空き家情報 こちらは『小木-7』です。



皆様のお問合せ、お待ちしております。

!急募!
地域振興課離島交流係では、空き家情報を求めています。
「島から出てもう戻ることはない」「盆にしか帰らないので手入れができない。誰か入ってもらえると・・・」などなど、誰かに貸してもいいよという物件をお待ちしています。
人が入らないお家は、あっという間に朽ちていきます。佐渡に移住希望されている方に貸出してみませんか?
詳しいお問合せ、 登録は地域振興課離島交流係 0259-63-4152 まで。
お待ちしております! 

☆成約いたしました。ありがとうございます(10.22追記)☆
すっかり暑くなりました。
今回はアースセレブレーションの開催地区小木の物件のご案内。

「収納力抜群&広々ベランダのある物件」

どんなんかなぁ~お邪魔します!
IMG_0704
床も壁もまだ比較的新しいお家。
空き家になってから1年しかたっていないので、お部屋の畳もまだきれいな状態です。
IMG_0713
階段を上がると、民宿のような作り。
写真の右側が階段で、左側には3室独立したお部屋があります。
IMG_0711
とてもいいなと思ったのがこの奥!
IMG_0714
大容量の押入れがあります!昔のお家はあんまり収納場所が多くないんですよね~。これは嬉しい!
そして・・・
IMG_0710
広いベランダ!家が建てこんでるところだと、これくらい広いところがあるのは助かります。
日当たりも見ての通り、抜群です。

外へ出てみましょう~。
IMG_0718
小木の物件は久しぶりです。
待っていらっしゃった方も多いのではないでしょうか?
☆成約いたしました。ありがとうございます(10.22追記)☆ 
気になるこちらの物件、詳しくはこちら→→→佐渡市空き家情報  こちらの物件は『小木-6』です。

!急募!
地域振興課離島交流係では、空き家情報に登録していただける物件をお待ちしています。
「島を離れてもう帰る予定がない」「親と同居を決めたので家が空いた」など、屋根が落ちてからでは登録することもできません!!!
お盆に帰省されたとき、親戚家族で話し合ってみませんか?「うちのあの家どうするかさ~」どうするどうするではどうにもなりません、一歩踏み出して佐渡の移住希望者に貸出していただけると大変ありがたいです。
家待ちの人、多いんですよ。

詳しいお問合せ、ご相談は地域振興課利用交流係 0259-63-4152まで! 皆様のお電話お待ちしております。





 



町人文化薫る、小木の町を歩いてみませんか?


昨年、小木開港400年を記念して開催した小木の「市」。
今年も開催することになりました!

日時 7月25日(土)11時~16時頃
場所 小木町商店街(本町通り)

image_ouginoichi

★扇の市と言っても、扇子を販売する市ではありません。
小木町の商店街が扇の形をしていることからこのような名前になっています。

本町通りを中心に、なんとも盛りだくさんな1日になりそうです!

・竹かごづくりワークショップ(事前予約制)
・スポーツカーの展示試乗会
・専門店の飲食販売
・1箱古本コーナー
・酒の試飲
・フリーマーケット

・町屋カフェ
・竹のおもちゃを使った遊び
・1杯200円の激安激うまカレー
・ お肉屋さんのできたての揚げ物販売
・竹細工の展示販売
・小木町の写真展

車から降りて商店街を歩いてみると、新しい何かに出会えるかも?


また、同日17時~宿根木では白山丸まつり前夜祭を開催します!

ライトアップされた千石船を前におこなわれる、鼓童小編成の公演と小木おけさ子供連による郷土芸能発表は雰囲気バツグン♪


イベントづくしの週末、ドライブも兼ねて小木の方へ・・・

いかがでしょうか 

 


小木から、夏のビッグイベント“アースセレブレーション”の楽しみ方をご紹介♪

この夏は佐渡で「芸能」「音楽」「自然」「交流」を存分に楽しみましょう!


さらに今年は初めての企画もあるんです

「島外から来ると、地元の飲み屋は入りづらいな…」

「佐渡だけど、小木の飲み屋って行ったことがないなぁ」

「小木に住んでるけど、新しい出会いがほしいぜ!」

そんなあなたにオススメしたい!

佐渡の街 交流会!
★佐渡の街交流会チラシ


日時 8月22日(土) 13:15~16:30
会場 小木町の居酒屋、割烹、料理店など
対象 20歳以上の方ならどなたでも!
料金 男性5,000円 女性3,000円

お問合せや詳しくは、実行委員会HPをチェック!

ちょっと気になるな~という方、事前情報ならFBページをチェック!

土曜日はコンサートへ行く前に食と酒と交流を楽しむのもありかも。

まだまだ参加者募集中です


このページのトップヘ