佐渡市地域おこし協力隊サイト

佐渡市地域おこし協力隊全メンバーによる活動報告のサイトです

佐渡市地域おこし協力隊サイト

山王祭

明日に迫った山王祭りの大祭。射手さんや下がり羽、鬼太鼓に加えて、忘れちゃいけない新穂が誇る「新穂山車」。

島内の多くの山車が廃棄処分され姿を消しつつあるなかで、新穂には5台の山車が現存しており、新穂山車保存会の皆さんがその保存と継承に取り組んでいます。

古くは(記録によれば1728年には山王祭りに登場)祭りに欠かせなかった山車も、戦時中に引き回しが中止となり、それから長い間山王祭りで披露されることはありませんでした。その山車が、2011年保存会発足を契機に、数十年ぶりに山王祭りに復活、今年も2台の山車が出る予定です。(雨天中止)

10170919_724196454289728_7689163201408636525_n
スタート地点(新穂行政SC)から山王さん(日吉神社)までの道のりで上演される、春駒さんや日本舞踊。門付け中の鬼太鼓との共演も見られるかもしれませんよ。

この山車引き回しは、事前申し込みをすれば誰でも参加することができます。祭り前に特別な準備や練習も必要ないですし、新穂に住んでいない人でも、山王祭りを盛り上げる「一員」になりながら、お祭りを楽しむことができるんです。

単なる見物人ではなく、一参加者として祭りに関われるナイスなアイディア。このアイディアにプラスして、参加者にさらに楽しんでもらう何かができないか…と考えた挙げ句、試しにこんなものを作ってみました!
P4131300

山車が山王さんへと向かう道は、多くの人が普段なら車で通り過ぎてしまう県道です。その道をてくてくとせっかく歩くのだから、その途中 途中にある「これは!」というスポットを、商工会や地元のお店、山車保存会にご協力頂いてまとめました。

P4131301

山王さんへの道のりに隠れた魅力を、山車を引く手を時たま休め、立ち止まって見てもらえたら…と思います。今回は、(いつもの如く)アイディアが閃くのに時間がかかったことと、まずはお試しでやってみよう!ということで、大々的に募集をかけることはしませんでした。今後に生かせる仕掛けになれるかな。

あとは当日のお天気を、祈るばかりです。お祭りで会いましょう!

☆「山車とゆく新穂まち」にご興味ある方☆
・明日14日、新穂歴史民俗資料館の受付にて、冊子を限10部置かせて頂きます。どうぞ手に取って、その足で新穂まちを再発見してもらえたら嬉しいです。
・冊子は無料ですが、お時間ありましたら是非、資料館で開催中の「新穂銀山絵図特別展」を併せてよろしくお願いいたします!(要入館料)
・山車の組み立ては資料館近くの駐車場(トキ夕映え市会場)で行われます。10時半頃山王さんに向け出発予定です。尚、雨天の場合は山車引き回しは中止となります。中止の場合はFacebookにてお知らせします。
 
P4081395
◎新穂歴史民俗資料館
・開館時間 8時30分~17時
・入館料   大人200円 小中学生100円
(上記入館料で、常設展と特別展どちらもご覧頂けます。)


あれよあれよという間に、もう週末。12日から山王祭りが始まります!お天気が心配ですが、今は神様に祈るだけ…。

さて、山王祭りの神様といえば…白塗りに赤い紅がなんとも凜々しい射手さんです。

10247499_724195580956482_3005266984067043450_n

4月14日大祭、朝の7時から夕方まで、1日大役を任されるのは、新穂北方・上新穂・下新穂の3つの集落から毎年持ち回りで2名選ばれる男の子たち。神様の代わりとして、大祓の儀式や、塩くみ(新穂の街中を馬で移動し、現在はその後車で住吉まで塩くみの儀式へ出かける)、流鏑馬などなど祭りの神事の中心にあり、14日の主役と言っても過言ではありません。

そんな神様を、ずっとお世話し続けている方がいると聞き、お話を伺いに行ってきました。

P3271369

味のある真っ赤な扉は、新穂の街中に昭和5年から店を構える「かわらパーマ」さん。店内も、昭和にタイムスリップしたかのようなレトロな雰囲気で、何とも落ち着きます。(昭和生まれですので。)

P4101421

ご主人曰く「うちのばあさんの頃から…」山王祭りで射手さんの着付けをされているかわらさん。昔は射手さんを出す家々で着付けを済ましていたので、祭り中に着崩れを直す程度だったのが、いつからか着付けをお願いされるようになり早50年あまり。毎年暮れ頃、翌年の射手さんが決まる時分にはどんな子が来るか、いつも気になってくるのだそうです。

今では子供が少なく、集落から射手さんを出すことが難しくもなってきています。島外に住むお孫さんに依頼するケースも増えています。それでも、800年以上と言われる祭りの歴史を途切れさせないために、皆できることをやっている。

祭りの存続は、どこに行っても危うく厳しい現実がありますが、個人ではできなくなってきた部分を、周りが応援する、続けさせていこうと踏ん張る力が、佐渡には根強くあるように感じます。

P4101419
「射手さんをやるのは、嫁さんをつくるのと同じ意識なんだよ」

ハレの日は、誰にだって嬉しいもの、尊いもの。80歳を過ぎたかわらさん、ハレの日の立役者の一人です!

 

昨年の春、山王祭りに鬼太鼓の裏打ちとして参加をさせて頂きました。生まれて初めて祭りの当事者側となり、祭りを滞りなく執り行うために、あらゆる人の力が必要とされていることを知りました。

歴史の深い、古式ゆかしいだけとも違う祭りの姿。今の時代にどんなかたちで、どんな人たちによって山王祭りが支えられているか…。今年はそんなところを掘り下げてお伝えできたらと思います!

名付けて「山王祭りへの道のり」、第一回目にご紹介するのは…

P4021342

一列に正座して、何やらニヤニヤしているのは、山王祭りで「下がり羽」の大役を仰せつかった子供たちです!この日は祭りに向けての練習初日。お師匠さんである阿部さんに、まずは「よろしくお願いします」の挨拶から。

下がり羽は、太鼓3つと小鼓2つを子供たちが担当します。その他、大人の笛吹きや保護者が数名付き、山王祭りの大祭(14日)で神輿を先導しながら奏楽をします。
新穂区にある5つの祭組から一人ずつ、小学校低学年までの男の子が選ばれます。ただ、現在は子供が少なく、他集落のお子さんにお願いすることもあるのだとか。

P4021352

背の高い子が小鼓を、小さい子たちが太鼓を叩くのが通例だそうです。当日見て頂くと分かりますが、3つ並んだ太鼓を挟むように小鼓が、その周りを大人の笛吹手が歩きます。小さな子を大きな子、大人がサポートするかたちが出来上がっています。

P4021358 P4021367

さぁ、練習が始まりましたよ。教える側も、付き添いの保護者さんも大変なことだと思います。それでも、「神様ごとなんだから、有り難いことだと思って受けるといいよ」と仰る方の言葉に、これからもそんな気持ちが変わらないで欲しいと願います。

P4021376 P4021369

休憩とおやつタイムを挟みながら、子供たちの練習は11日まで続きます。たまにふざけて見せる子も、その上達の早さはさすが子供!この地のDNAに組み込まれているのかもしれません。

4月14日、15時頃から新穂日吉神社にて鬼太鼓の露払いが行われ、続いて下がり羽の奏楽が始まります。羽織袴にお化粧した子供たちの勇姿、是非見に来てくださいね!

このページのトップヘ