佐渡市地域おこし協力隊サイト

佐渡市地域おこし協力隊全メンバーによる活動報告のサイトです

佐渡市地域おこし協力隊サイト

後継者不足




担当地区の1つ、片野尾集落には

「片野尾歌舞伎」

という伝統芸能があります。

その名の通り歌舞伎です!


みなさんは佐渡に歌舞伎があるのを御存知でしたでしょうか?


今の佐渡の若い世代は知らない人が多いと思います。

無論、佐渡出身の私もその一人であり、この地に来るまで全く聞いたことがありませんでした。

IMG_5857


明治に旅役者から伝承されたのがこの片野尾歌舞伎の始まり。

戦争や時代の流れで歌舞伎が何度か中断されるものの、

「歌舞伎保存会」を昭和にいち早く結成し、今に至ります。


片野尾歌舞伎の定期公演会は二年に一度。
その第18回目が、5月25日(日)に片野尾の公民館で行われました。



本番に向けて役者の方々は今年の2月頃から稽古に励んできました。

IMG_5387IMG_5229IMG_5580


舞台や照明、音声も地域の方々だけで仕上げるのが片野尾集落の凄いところ。
地域の人達って本当にたくましいなと思います。


IMG_5367


そんな私も今回、家来役として出させて頂きました!



―本番当日―

IMG_5854

朝早く集合し、午後の開演に向けてメイクや着付けが始まります。


IMG_5655

化粧はまず、眉を脂(片野尾の人はロウと呼びます。)で潰し、次に顔全体に脂を塗ります。
これで化粧のノリが良くなるそうです。



IMG_5658IMG_5689

ロウが塗り終わったら白粉を塗り、隈取(歌舞伎独特の化粧法)をしていきます。



IMG_5652IMG_5654

化粧を専門に行う顔師の方(普段は片野尾の漁師さん!)

IMG_5862IMG_5868

みなさんどんどん仕上がっていきます。



IMG_5682  IMG_5687IMG_5740

自分も歌舞伎メイクに初挑戦!!!
なんか、これはクセになります…!!




IMG_5711IMG_5723

開演まで化粧が崩れないように黙々と待ちます。

異様な緊張感…





IMG_5793IMG_5800IMG_5805


前座として水津の鬼太鼓、舞踊などが披露され、



IMG_5792

そして歌舞伎の始まりです!



IMG_5806IMG_5817

今回の演目は「奥州安達原 袖萩祭文の段」。

片野尾集落のみなさんの間では、人気の演目のようです。
人気の理由は何といっても、中心人物として出てくる子役の演技です。

子役は片野尾の小学生。

集落のみんなの孫のような存在の名演技に、冒頭から拍手が生まれます。

小学生とは思えない演技。その完成度から稽古の量の多さが伝わってきます。





IMG_5808IMG_5812

腰元役の2人は片野尾の若きレディース。

この2人も子役を経て今、この舞台に立っています。




IMG_5809IMG_5807

要所要所に、ベテランのきわ立つ演技。




IMG_5826IMG_5815

黒子は歌舞伎保存会の部長。今回の歌舞伎を、稽古から常に雰囲気良く牽引してきました。

義太夫は部長の父。親子二代!そして子役は部長の娘さんなので親子三代!がこの芝居を支えています。




IMG_5840IMG_5831

IMG_5741IMG_5850

終盤になるにつれて、話も盛り上がって行きます!





IMG_5750IMG_5762

自分もセリフ等ありませんでしたが、一生懸命演じました!!




IMG_5842IMG_5841

一人ひとりが、


IMG_5837IMG_5765

最後まで気持ちを込めて…。




IMG_5852

こうして無事、今回の片野尾歌舞伎定期公演会が終わりました。
大きな拍手が、最後に会場を包みました!






二年に一度の公演。

片野尾歌舞伎の歴史を築いてきた名役者の方々も、年々その姿を消し、

片野尾歌舞伎をこれからも続けるか、続けないかというのは問題にもなっています。


それでも、

「片野尾歌舞伎は続けていかなければいけない」


という志のある人達のもと、
今回の公演は開かれました。






伝統とは「苦しみ」なのか「喜び」なのか。


そんなことをふつふつと、私は考えていました。


IMG_5730IMG_5731


確かに苦しみであるかもしれませんが、

公演会後の慰労会のみなさんの笑顔を見たら、

苦しみの先に必ず喜びがあると感じました。




後継者不足により、伝統芸能というものも今までのようには存続していけない中で、
かたちを変えていかなければいけない部分もいっぱいあり、


「片野尾歌舞伎とは何か?」というのはとても不鮮明なものになっていくかもしれません。


それは佐渡の他地域の伝統芸能にも言えることだと思います。



IMG_5708IMG_5866


それでも、一つの伝統芸能に、集落が一つになれるということは、

片野尾歌舞伎が、集落の人々の元気の「源」の役割を果たしているということです。






二年後の歌舞伎公演は、地域おこし協力隊として任期中最後の年。
私も、今度はセリフのある役をやらせてもらえるようなので、気合を入れて頑張ります!



今まで片野尾歌舞伎を知らなかった人、また今回観れなかった人は、是非二年後見に来てください!



IMG_5853

たくさんの方達が観に来て、観客として芝居を盛り上げ、この島全体で、片野尾歌舞伎を盛り上げていきませんか?


それが、これからの伝統芸能の新しいかたちなのかもしれません。




―水津地区担当 岩﨑―


※この記事を書くにあたり、たくさんの写真を提供して頂きました。誠にありがとうございました!



こんにちわ!水津地区担当の岩﨑です!!

少し日が経ってしまいましたが、

水津の春祭りが4月の11日(夜祭)・12日(本祭)にありました!

鬼太鼓が水津の家々を一軒一軒回る、春の訪れを告げるお祭りです!

P1010044



私は2月から役2か月程、男鬼の新鬼として練習してきました。

IMG_4536


厳しいご指導の中にも、新鬼を育てようという愛を感じました!(私の勘違いではないはずです!)

祭り本番、感謝を込めて新鬼として一生懸命舞うことが、
自分の出来る恩返しだと思いながら、日々の練習に励んで来ました。


IMG_4596
 
 ―夜祭当日―
夜祭、本祭りの朝の始まりと夜の終わりは、水津にある白山神社で舞います。
P1010019


P1010008

子供達の提灯も並びます。


P1010014

初めて衣装を着させて頂きました。
脚絆を付けると足が締め付けられ軽くなります。
気合いが入ると共に緊張が…。

P1010016




P1010021



夜祭は男鬼と女鬼が1人ずつ踊り、次の日の本祭を迎えます。
※黒髪が男鬼、白髪が女鬼

P1010034



P1010040


P1010053



p1010063

自分は緊張のあまり途中フリをど忘れしましたが、なんとか舞い終えました…。


P1010002

―本祭当日―
白山神社で祈祷してから、境内で舞います。

P1010005




P1010019




P1010020




P1010042-001



DSC_0010

そして門付けの始まりです!!

約40軒の家々を朝から夜まで回ります。

水津は太鼓を叩く人は5人程。男鬼女鬼はそれぞれ3人ずついて、交代しながら舞います。

DSC_0002


P1010015

保育園にも行きました!泣いちゃう園児もちらほら…。


P1010059

水津の漁師さんへ!大漁祈願の舞!!!!


IMG_4631

獅子と鬼のやりとりも面白かったです!


DSC_0054

DSC_0064

狭くてその場で舞うような坂になったところもあります。


P1010031

水津の道路沿いには桜の木が並んで咲いています。

天候にも恵まれお花見日和でした!



P1010019



水津は一軒一軒たくさんの料理やお酒など、『ふるまい』が用意してあります!

『〇〇さん家は〇〇が美味しいんだよ!』

と、その家その家で毎年出る物が決まった料理もあるようです。

回るのが楽しくなりますね!


P1010078



P1010039



P1010106-001


漁師町ならでは、素晴らしいお魚達も並びます!




水津はふるまいをとても大切にしていると感じました!

みんなで料理を囲みながら世間話。

水津が一つの大きな家族になったような、

鬼太鼓というものが、地域間交流の意味でも大きいものを持っていると感じました!


P1010006





DSC_0046

さらに水津のいいなあと思ったところは、来る者拒まずの心です。

祭りの日に私の友人達も見に来てたのですが、

『そんなとこおらんで、家ん中入れっちゃ!』と水津の方々は大歓迎してくれました!


P1010027

カメラマンさんも引き入れてはっぴを装着!

大学生のサークルの方達も水津の鬼太鼓を見に来ていたのですが、
水津のみなさんは優しくお声をかけ、ふるまいを学生にも配っていました。



P1010049




DSC_0103



DSC_0110-001




IMG_4598



IMG_4613

白山神社にて最後の舞。
感極まるものがありました…


DSC_0091

鬼太鼓の後継者不足はこの水津地区も否めません。
そういった中で、
水津地区は転勤してきた駐在所さんが鬼組に入るという風習があります。

また、今回のように自分も鬼組に入らせて頂いたり、
『よそ者』に対して大きく家族のように出迎え、1つの伝統を守っていくとうのは、
水津のみなさんの人柄ならではだと感じました!

来年からは自分も古鬼…
もっともっと水津の鬼を極めたいと思います!!!!

このページのトップヘ