佐渡市地域おこし協力隊サイト

佐渡市地域おこし協力隊全メンバーによる活動報告のサイトです

佐渡市地域おこし協力隊サイト

無形民俗文化財





今年で2年連続となりましたが、1月3日に、月布施集落の毘沙門堂にて行われた、


「堂押しという奇祭に参加してきました!


IMG_3189


1700年代から続く行事。(享保末年から元文ころまでに成立。)

25歳と42歳の厄男にあたった者を、ふんどし姿の男衆が担ぎ上げ、堂内を押し回り、振り回すことで厄を祓います。

この堂押しは、市の無形民俗文化財にも選ばれています。


IMG_3196

ふんどし衆は鬼(おに)と呼ばれます。

このように担ぎ上げられながら堂内を押し回ったり、

IMG_3215

手足をつかまれ振り回されたりします。激しいです!

IMG_3218

堂内にある囲炉裏で豆がらを焼いているのですが、
この囲炉裏の炎の上を駆け抜けることが、厄を払うという点で最も重要だそうです。
にしても、熱いです!

IMG_3225

厄年ではないのですが、今年も担いで頂きました。
「来年は減量して参加します!」
という約束を果たせなかったことをまず初めに謝罪…。

IMG_3233

…脂がしたたるくらいたっぷりと炙ってもらいました。

IMG_3195

押し回り、振り回され、炎の上を駆け抜けた後、魔法の呪文のような言葉

「しゃんしゃんしゃんとせ おしゃしゃんのしゃんとせ」

と唱えて、終わります…。

おしゃしゃん…。

今年は私を含む5人の方が、担がれ、行事を終えました。





この最後に唱える言葉の意味を知りたかったのですが、担ぎ手の鬼の方に聞いても

「良く分からない」

とのことで…。

図書館に行き堂押しについて調べても、この言葉の意味についての書いてある文献は見当たらなかったです。

気になって夜も眠れなくなった私は、毘沙門堂の堂守さん(堂の番人。堂を守っている人。)である脇坂さんのお家に、お話を伺いに行きました。(最初からそうすれば良かった。)

月布施 脇坂さん
        ―脇坂さんご夫婦―

「しゃんしゃんしゃんとせ おしゃしゃんのしゃんとせ、とはいったいどういう意味なのですか?」

と聞いたところ、

「昔は、しゃんしゃんしゃんとせ、おっしゃりさんのしゃんとせ、と言っていたんだけどねぇ…。」

とのこと。

おしゃしゃん✕  おっしゃりさん〇

このおっしゃりさんというのは、月布施集落で昔からとれ大事にされている、お米のような形をした白っぽい石のこと(石自体はセキエイ)を言います。


大昔、弘法大師さんが月布施集落を訪れた際に、白いお米のようなものを撒いた物が、このおっしゃりさんに変わった、という言い伝えもあるそうで。


堂守の脇坂さんも、あくまで推測らしいのですが、

しゃんとせ=しっかりしなさい

おっしゃりさん=月布施集落の代表的な石。つまり大きく言えば月布施、月布施の人を指す。

ということから、

「しっかりしなさい。月布施の人ならしっかりしなさい。」



という意味なのではないか。と、おっしゃっていました。


これならすんなりと意味も通る気がしますね!

月布施 海


月布施集落の方で、丁度おっしゃりさんを探しに行くという方がいたので、同行しました。


月布施 石image2



思ったより早く見つかりました!粘土質な岩の中に、お米のように丸くて小さなセキエイが入っています。

これがおっしゃりさん。

堂押しという行事からジオパーク的な話までに広がり、地域の伝統ある行事と、そこの風土は、やはり深い関わりがあるんだと、実感。

300年も続く、無形民俗文化財の堂押し。

担ぎ手の高齢化もあり、月布施集落の方達だけでは、継続は難しくなってきています。

あくまで地域が主体となり、また地域が望むのであれば、この伝統を、自分のような人間などが、もう少し輪の中に入り、守っていければと強く感じます。



みな様、明けましておめでとうございます。
2015年も宜しくお願い致します。

さてさて、佐渡はお祭りや行事などがたくさんある島ですが、

正月も、それはそれはたくさんあります!

自分が参加した行事を、何回かに分けて紹介したいと思います。



1月1日―東立島 卯の日祭り―

今年は1月1日に行われましたが、毎年12月の卯の日に行うことから、卯の日祭りと呼ばれています。
この卯の日祭りとは、いわゆる新嘗祭(にいなめさい 収穫祭にあたるもの)です。

卯の日祭り9卯の日祭り4

東立島にある小田原神社。
畳二畳分ほどの狭い部屋で、何やら男性の方達が作業します。
高校の部室より狭いです!

卯の日祭り2卯の日祭り8卯の日祭り6

出来たのがこちら…。
カブとワラビとお米を蒸したもの(ムシと呼ぶそうです)お膳に盛り、
最後にヤナギの木を削って作った箸を置きます(このお膳を3セット作ります)。
それと各家々から持って来た、米粉を練って作ったお団子を神前に供え、神事の始まり。

卯の日祭り5



卯の日祭り3卯の日祭り1

神事が終わったら、囲炉裏にて団子を平らに伸ばし、炭火で焼いて食べます。
私も頂きましたが、素朴な味わい。


お供えしたムシ・焼いた団子は重箱に分け、家々のお土産に。


卯の日祭りの映像が資料として残っていたので見させて頂きましたが、

昔は、祭りの一週間前から、男性達は神社に泊まり寝食を共にしたそうです。

映像と今回の卯の日祭りを比べても、やはり簡略化されてる部分が多いです。

映像の中にいた人達がそのまま歳を取り、祭りに参加してました。

卯の日祭り10


人口20人ほどの東立島集落。

神主さんはそれでもニコッと

「続けていくことが大事。」

ちなみに、この卯の日祭りは県の無形民俗文化財に選ばれています。




このページのトップヘ