佐渡市地域おこし協力隊サイト

佐渡市地域おこし協力隊全メンバーによる活動報告のサイトです

佐渡市地域おこし協力隊サイト

薬師如来


外海府の矢柄(やがら)という集落には、とても小さな薬師堂があります。
観光名所になっているわけでもなく、ガイドブックにも載っていないような、
小さな、小さな薬師堂です。

あえて、この薬師堂の記事を書きたいと思う出来事がありました。

DSC_0629


矢柄の薬師堂では、毎年旧暦の3月8日に、護摩焚き法要を行っており、昨日がちょうど、それにあたる日でした。


2年前、私が着任したばかりの頃にも、その体験の一部始終をこのブログで書かせていただいたことがありました。
こちら↓
http://sado-chiiki-okoshi.blog.jp/archives/1025736118.html

今回お伝えしたいのは、この薬師堂で行われている「33年に1度の御開帳」のことです。

DSC_0627
<矢柄の薬師堂>


相川地区で「33年に1度」を行っているのは、金泉は姫津集落の薬師堂と、ここ外海府の矢柄集落のみだそうで、矢柄集落の御開帳は、再来年に迫っています。

金泉・姫津集落の薬師如来御開帳のブログはこちら↓
http://sado-chiiki-okoshi.blog.jp/archives/1056018617.html


DSC_0631
<矢柄の薬師堂/金色の幕の向こうにお薬師さんが・・・>


今回なぜ、再来年という少し先の告知を書いたかというと、
単純に、私の任期終了までに間に合わないからです。

来年の今頃には協力隊ではなくなり、告知記事をここに書けるのが、今年で最後というわけです。

DSC_0633
<お祝いに欠かせない団子>


姫津集落での御開帳の記事を見ていただくと分かる通り、
33年に1度となれば、それはそれは盛大なお祝いとなるわけです。

矢柄集落でも、お坊さん数名にきていただき、盛大にお祝いをする・・・・・
そうなのですが、矢柄集落は、15軒ほどの小さな集落、いわゆる限界集落です。

外海府には「限界」とよばれる集落が多いのですが、私自身、その言葉で集落を表現することに抵抗を感じていたこともあり、あまり使わないようにしていました。

しかし、矢柄集落が33年に1度のお祝いをするにあたり、集落外からの応援も必要だなと感じることがありました。

それは、単刀直入にいうと、お金です。

何事においても、気持ちだけではどうにもならない事ってあると思うんです。
等身大の表現も大切ですが、ここぞ、という時もあるように思うのです。

矢柄集落での33年に1度のお祝いを、一人でも多くの人に見てもらいたいという気持ちと、
外海府のくらしの美しさのようなものを、垣間見る機会になればという想いがあります。


IMG_7477
<美しい矢柄の浜>


矢柄の薬師堂で行われる「33年に1度の御開帳」は、再来年、旧暦の3月8日です。

もう一度。


再来年 旧暦 3月 8日 で す。


是非、是非、その日は気持ちばかりの御祝いを握りしめて、矢柄集落へお越しください。

その日よりも前に、御祝いを握りしめて、矢柄の総代さん宛にお渡し頂いても構いません。

こういう類の記事って、書いてよいのだろうか・・・・という迷いもありました・・・が、
えいや!と投稿。

想いだけでも伝われば、幸いです。


IMG_4336
<矢柄の「三島」>

33年に1度、お薬師様を拝見できる日。

姫津の歴史はお薬師様なしでは語れないと言えるほど、集落が大切にしている仏様です。先週末416日と17日、先祖や水難事故などで命を落とした人の冥福を祈り、日々の漁で取った魚を供養するための法要が行われました。

すべてではありませんが、写真とともに振り返ります。

4
16日、とっても気持ちの良いお天気でした。
P4160201

P4160204
お薬師様の体に巻かれた紐のようなものが5色のリボンにつながり、お堂前の供養塔に結ばれています。この塔やリボンを触ることで、お薬師様を触れたと同じご利益があるそうです。全身にご利益があるように塔に抱きつく人もいました。

15㎝程の黒い像で、目を凝らしましたが表情や着物までは見えませんでした。左手に薬の壺を持っており、身体が苦しい時や心が苦しい時に助けてくれるそうです。

P4160220

P4160218
「百味供」
普段私たちを見守ってくださるお薬師様への感謝の意味を込めて、山海の珍味に模した野菜や乾物などを百味と見立ててお供えします。水引を結んだり、季節のお花をそえたり、どれもかわいらしく、あたたかい印象をもちました。

P4160264

P4160282

P4160297
「稚児行列」
1歳~12歳の子供たちがお化粧して衣装を着て、親御さんと共に歩きました。きらびやかな袈裟を着た僧侶に赤い傘を差しているのは青年会です。役員は羽織り袴姿で、観客側も身が引き締まりました。

P4160377
「大般若法要」
大般若経600巻全ての経本典をバラバラと広げ略して読みます。その間、身体の悪い部分を経本で叩いてもらうと良い効果があると言われ、参拝者は僧侶のそばへ座り、肩や腰などを叩いてもらっていました。
(私は頭を叩いてもらいました。頭の回転が良くなりますように…。)

P4160415

DSC02102
「奉納太鼓」
はじめに青年会長から力強い言葉が述べられ、その後、青年会OBによる「波濤(はとう)」、子供たちと青年会による「出船(でふね)」、青年会による「薬師」の3曲を打ちました。大漁旗で作った半纏を羽織り、過去、現代、未来につなぐ願いが込められています。外で響く太鼓の音はどうだったでしょうか。普段にぎやかな子供たちもさすがに緊張していましたが、いい音が出ていたと思います。

青年会からの提案で、集落の女性が太鼓を叩くきっかけになればと、太鼓のシメに私を指名してくださいました。おそらく、見ていた方は「あの子はどこのもんや」と口々にしていたと思います。がんばれ~!」と掛け声をくださった方もいました。緊張しながらも力いっぱい打ちました。このような特別な舞台に立たせてくださったことにとても感謝しています。


P4160526
「婦人会による読経と、僧侶からのご講話」

婦人会の皆さんは月に2回集まってお参りをしています。音程が難しいお経を声を合わせ読まれていました。その後、僧侶によるご講話では、薬師如来にまつわるお話などをわかりやすく聞かせてくださいました。

P4160330
来場者数は数えていませんが、とてもたくさんの方が薬師堂へ来てくださいました。

P4160509
翌日2日目は屋外で行われる法要が予定されていましたが、大荒れになるという予報が出ていました。姫津にとって大事な法要です。実行委員長の苦渋の決断で、稚児行列は外を歩かず薬師堂の中で行い、流灌頂の海上法要は延期することになりました。


2
日目と海上法要の様子は、後編にてご報告します。

(長い記事です。ご了承ください。)

私はこれまで、お寺の行事や法事にそれほど興味がなく、家族に言われるがままに参加していました。佐渡で暮らし始めてから、集落のお堂で念仏を唱えたり、大きな数珠を大勢で回したり、さまざまな行事に参加させてもらううちに、仏さまを少し身近に感じられるようになりました。


集落の皆さんが「ご馳走を食べたり、お菓子を撒いたり、楽しみがあるから集まるんだよ。ご馳走がでるからおいで。」と声をかけてくれます。その
楽しみに惹かれて行きますが、お堂の雰囲気や行事の内容が私にとっては目新しく、興味深いものに感じています。


4
3日。
相川金泉地域・小川集落にある多聞院にて、
「ねまり遍路」と「大般若」が執り行われました。

「ねまり遍路」は、お遍路でめぐる四国八十八箇所の88の数だけ念仏を唱えます。

もう一方、「大般若」は、大般若経600巻すべての経本典を広げ略して読みます。
IMG_3186

IMG_3211

経本を11バラバラと上から下に流れ落ちるように広げます。家内安全、五穀豊穣、ボケ防止、宝くじ当選などの願いとともに「~~~奉詔訳(ぶじょうやく)!」と大きな声で唱えます。三蔵法師にまつわるお言葉だそうです。


その間、まわりに座っている皆さんは、お賽銭をあげる意味合いでたくさんの
1円玉を投げます。当然、僧侶の頭や背中、経本にも当たります。ある人はおひねりのように手いっぱいの1円玉を僧侶の胸元に入れます。

お寺の行事は厳粛な雰囲気のなかで行われるものだと思っていましたが、とても賑やかで笑いが起きるほどでした。最近は遠慮がちな人が増えたのか、昔はもっと賑やかだったと僧侶から聞きました。

ちなみに、なぜ
1円玉だけかというと、10円玉や100円玉が当たると痛いからとのことでした。当たることが前提なんですね。大量の1円玉が必要になりますが、両替する係もいるのです。一斗缶いっぱいに1円玉が用意されていました。


「だんだんと参加人数が減ってきている。檀家だけでなく、どなたでも見に来てもらっていい。継承していきたい。」と檀家総代が話してくださいました。
毎年
43日に行われます。


ここからは告知です!



今ご紹介した「大般若」が今週末、同じ金泉地域の姫津集落にある薬師堂にて行われます。

『第12 薬師如来三十三年御開帳法要』

なんと、
33年に1度という年が今年に当たり、その法要が416(土)・17日(日)にあります。先祖や水難事故などで命を落とした人の冥福を祈り、日々の漁で取った魚を供養するために法要などが行われます。

昔あるとき、航海に出た蟹工船が大しけにより沈みました。乗組員
200人余りのうち、積んでいた川崎船に乗り移った13人だけが奇跡的に助かりましたが、その船の櫂(かい)をこいでいたのがお薬師様だと伝えられています。また、集落ではこれまで大火が3度ありましたが、いずれも延焼が免れたのはお薬師様のおかげといわれています。姫津の歴史はお薬師様なしには語れません。

大般若のほか、僧侶、集落役員、稚児衣装を着た子供たちとその親御さん、総勢
80人程が列を成す稚児行列16日①9時と②14時、③179時 計3回】。
四箇法要大般若法要(1円玉は投げません)【
169:45】。
青年会
OBと青年会、子供たちによる奉納太鼓は、大漁旗で作った半纏を羽織り、過去、現代、未来に集落をつなぐ願いを込めて大きな太鼓を力強く打ちます【1613時】。
毎月
2回お薬師様にお参りをしている婦人会による読経と、僧侶からのご講話1619時】。
7枚の塔婆を合わせた大塔婆(中央の
1枚は2.8ⅿもの長さ)を船で沖へ曳いていく流灌頂(ながれかんじょう)が執り行われます【1712:30大塔婆を漁協方面へ運び、13:00出航】。

 

薬師如来像は小さな木彫りのものだそうです。お姿を拝見することができるのは、169:35幕が上げられ、1712:15幕が下ろされるまでの間です。

 IMG_3076+


33
年前の「稚児行列」の光景
般若経の転読
33年前の「大般若」の光景

 

実行委員長(集落総代)の西埜修一さんは「33年に1度の行事に携われることに感謝している。たくさんの方々に参拝に訪れていただきたい」と話してくださいました。

みなさまのお越しを心よりお待ちしています。


長い記事を読んでくださり、ありがとうございました。

このページのトップヘ